浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 伊吹山

Comment (8)  Trackback (0)

2017.2.26伊吹山。

土曜は、もうすぐ高校生になる長女と一緒にスマホを買いに行ってきました。
なまいきにもアイフォン7ですわ。
くぅ~~出費が増える、、、
まあ仕方ない、今どきの高校生には必要でしょうからね。


さて日曜は次女と伊吹山にいってきました。
おとなり滋賀県の百名山。
行こう行こうと思いつつ、やっと登ることができましたv( ̄Д ̄)v
当日眠くって、いっそ日野山にしようか迷ったのですが、次女がせかっくついてくるのでプチ遠征ですよ。
sP2260002.jpg
上野会館前で誘導され、ここの駐車場に停めました。高橋さんの駐車場は有名見たいですね。

この日、お天気ナビゲーターによれば、しり上がりに天気は良くなる予報。
そうなんです、イマイチ天気の良くない福井から、天気の良いと思われる伊吹山まできましたからね。
期待が膨らみますよ。

三の宮神社にお参りし、協力金300円と登山届を提出して出発。
sP2260004.jpg
伊吹山、どんなやまなのでしょうか。

sP2260005.jpg
予想では雪があるはずでしたが、最初はまったくなく靴もどろどろ。
はやく雪の上を歩きたい。

一合目。
sP2260008.jpg
ここからは今は営業していないスキー場跡を歩きます。
sP2260010.jpg
sP2260012.jpg
徐々に雪が増えてきましたが、まだまfだ登山道は泥まみれ。

二合目。
sP2260013.jpg
泥地獄からは脱出。
いよいよ雪の伊吹山に突入です。

順調に三合目。
sP2260014.jpg
しかし、人気の山だけあって人はたくさん。
トレースがないという心配はなさそうです。

四合目。
sP2260015.jpg
リフトの基礎だったのかな。
小休止。次女が腹減ったというので、カントリーマ〇ムのバッタもん的なクッキーを食べます。
私は念のため赤袋。
今日は、八ヶ岳の時と違い、荷物が軽い。
3分の1以下。
荷物が少ないとこんなにも快適だったなんて。
軽い荷物になれすぎなんだよな~(^_^;)

sP2260018.jpg
しかし天気が回復しないな。
次女はまだまだ元気だからいいけど、できるなら素晴らしい青空をみせてやりたいです。

五合目。
sP2260019.jpg
ここでみなさんアイゼンを履いていました。
我が家は、、まだツボ足で頑張ります。

六合目の避難小屋にてザックをおろして休憩。
なかはそれほど広くなく、ご夫婦!?の登山者の方がお昼を食べていました。
ゆっくり休憩し、ここで我が家もアイゼンに。
小屋の外でアイゼンを履いていると、次女が私に、
「とおちゃんの友達いるよ」
と。
まさかここであうとは、びっくりです。
sP2260024.jpg
ゼロポイントの雪山用ザックに赤のシェルといえば、、、
としパパ教官です(∩´∀`)∩ワーイ
としパパさんは、駐車場で私の車を見て、おいついてびっくりさせてやろうと思ったらしいのですが、次女に見つかってしまったようです(笑)
ここから、としパパさんがいっしょに登ってくれることになりましたよ♪
sP2260028.jpg
六合目からは斜度も急になってきて、なかなかの負荷です。
次女も斜面が急になってくるにつれ弱気に(>_<)
しんどいのではなく、怖いらしい。
奥穂の上りを見たかんじ、そういった高さ的な怖さは克服したのだと思っていましたが、そうでもなかったです。

ペースも一気に落ちました。
s0003_xibularge.jpg

としパパさんが専属カメラマンのように、私たち親子をたくさん撮ってくださいました。
そして、もれなくその画像は、、、
今回もふんだんにお借りしておりますm(__)m

激写されまくりでした、ありがとうございます^^/
s0007_xibularge.jpg
s0009_xibularge.jpg
s0012_xibularge.jpg
こうやってみると、かなりの斜度ですね。
ビビリーの次女とはうらはらに、今日は調子が良いぞ、これも荷物が軽いからですな<(`^´)>

天気の回復はなく、何気に悪天候。。
しかしその人の多さに、安心してしまいます。
なによりとしパパさんがいてくれることが心強い。
次女は、その斜度になかなか足が上がらず、恐怖心もあって苦戦中。
としパパさんに、ときどき手をひいてもらい、私が後ろをガード。
本当に助かりました(>_<)
ありがとうございますm(__)m

プチえびの尻尾も。
sP2260032.jpg

頑張れ~、もうひと踏ん張りです。
s0018_xibularge.jpg

9合目まできたら、あとは平たん。
しかし天気はイマイチでした(^_^;)

ふつうにホワイトアウト!?
s0023_xibularge.jpg

しかし、その踏み跡の多さに迷う事はありません。
無事に山頂到着(*^^)v
sP2260042.jpg
ここって、中に入れるらしい。

おお~これが見たかった(´∀`*)ウフフ
ヤマトタケル像。
sP2260043.jpg
征西、東征と戦いつづけたヤマトタケルは、ここ伊吹山にも戦いに赴くも、病にあい、これがもとで亡くなってしまいます。
詳しくはウィキなどを参照してください。
伊吹山もセメントが採れる鉱山で、ここは秩父の武甲山とよく似ています。
武甲山もヤマトタケルにちなんだ逸話があるのですよね。
鉱物資源を奪わんがために、攻めにいったのでしょうかね。
なかなか面白いですよね。
こんどじっくり調べてみよう。

sP2260046.jpg

建物の陰でランチ。
アカン子のお湯でカップラーメン。
としパパさんはバーナーでお湯を沸かそうとしていたが、これがなかなかわかない。
今思えば、ガス缶が冷えすぎてパワーが出なかったのだと思います。

しかし天気も晴れず、吹雪いているし、まったく天気予報が当たらんではないか。
急いで食べて撤収です。
s0031_xibularge.jpg
下りだすと晴れ間も。
まさに下りると晴れるの法則発動か。

下山も次女にはなかなか厳しいものでしたが、としパパさんのフォローもあって、少しずつ標高を下げます。
下りは上りの場所から、離れた場所を歩くのがルールだと、としパパさんに教えてもらいました。

8合目を過ぎたくらいかな、少しシリセードで下りてみようと思い、まず私が滑ってみましたが、これが思ったよりも止まらずにまあまあ焦った(^_^;)
振り向くとなんと次女までシリセードして下りてきてびっくり。
私を抜いてさらに滑って行ってしまい、あせって追っかけました。
次女は笑っていましたが、まじでビビった(>_<)
周りの人は滑落したとびっくりされたと思います。
次女は、下まで(六合目の小屋まで)下りれるかと思ったと笑っていましたが、そこまで行くころにはえらいことになってますよ。
シリセードはもう少し下りてからにしました。

慎重に慎重に標高を下げつつ。
ここならシリセードしても大丈夫。

(∩´∀`)∩ワーイ
s0053_xibularge.jpg
s0054_xibularge.jpg

次女も~。
sP2260070.jpg
sP2260071.jpg
sP2260072.jpg
sP2260073.jpg
sP2260074.jpg
sP2260075.jpg
sP2260076.jpg
大喜び♪

としパパさんのシリセードを撮るのを忘れた(>_<)
次女ばっか写真撮ってすいません(^_^;)

伊吹山のヒップそり率が凄くて、登るとき、かなり上からシリセードしてくる人見て楽しそうでした。
これも人気の秘密だったりして(笑)
sP2260091.jpg
スキーやスノボを担いでいる人もたくさんいて、楽しそうでしたね。
バックカントリーか、興味が増しましたよ。

5合目からもシリセードポイントは、まだあったらしく、途中でシリセードの跡を何か所か見ました。
また来年、次女が付き合ってくれたら、今度はヒップソリ持ってきて遊ぼう。

今回はサプライズでとしパパさんとご一緒でき、本当に助かりました。
私たち親子のペースに合わせてくれ、すっかり遅くなってしまいましたね。
上りも下りも次女を守ってくださり、親子ともども感謝仕切りですm(__)m
sP2260100.jpg
ありがとうございました^^/
またツギもよろしくお願いします。

三之宮神社にお礼参り。
s0063_xlarge.jpg

無事下山できました。
s0064_xlarge.jpg
これも伊吹山の神様と、としパパ大明神様のおかげです。
ありがたや~(´∀`*)
伊吹山、今まで登った山とはまた違ったテイストの、楽しめるお山でした。
また来年きますね。
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 県外の山 > 八ヶ岳

Comment (8)  Trackback (0)

ブルーブルーブルー!! ~後編~

八ヶ岳赤岳登頂できず、実力不足を感じて週一登山は欠かさず行うと誓ったのですが、早速いきなりピンチでした。
が、
今週は無事登ることができましたよ(*^^)v
それを書く前に、まず後篇書かねばです。


テント設営後、行者小屋を目指したわけですが、まあテンバを離れ上りだし、すぐに足に違和感(>_<)
ペースはぎりぎりコースタイム位だったと思いますが、もういっぱいでした。
sP2190022.jpg
中山乗越からちょっと下り、助かった、、、

コムレケアは出発前に飲んだのですが、効く気配はなく。
行者小屋で小休止とトイレ。
ここで何とか持ち直して欲しいところですが、、、
sP2190025.jpg
行者小屋にはテントがいっぱい、そして広がる八ヶ岳ブルー。
テンションは高まりますが、不安もいっぱいでした。


赤岳。
sP2190026.jpg
展望荘も見える、もう赤岳山頂はすぐそこに。
行者小屋からは、コースタイムで約2時間、標高を550m弱登る感じ。
地元の里山換算(私独自の計算ね)なら文殊山一回半、日野山一回分もない。
それが遠い、、、
あつぷりさんの計画からは、30~1時間遅くなったとは思いますが、それでもコースタイムより多少遅くはなりますが、16時には戻ってこれる、、、
なんとかいけるか。
地蔵尾根から登りだしました。

が、

すぐにやはり足が思うように前に上がらない、これ以上ペースを上げて踏ん張ると、そく攣るのがわかる。
顔色も相当悪かたようです。
ここであつぷりさんから。
「今日はここであきらめましょう」
最後通告です。
そうだな、これ以上は無理、回復の見込みは立たず、途中で踏ん張りが効かなかったら滑落するでしょう。
私は行者小屋まではほぼ下りだし、時間を少しばかりかければ問題なく帰れるので、せめてあつぷりさんには赤岳登頂してもらいたい。
ここまできて、おあずけさせるのは申し訳なさすぎる。
そう思ったのですが、彼は頑として聞かず、グループ登山としておいていくわけにはいかないし、なによりここからソロで登っても面白くないからと。
すいません、、、
私から誘っておいて、ここで断念させてしまいました。
この八ヶ岳ブルーを、あの赤岳山頂で味わいたかったし、一緒に感動したかったのですが、、、
自分の準備不足が本当に悔やまれます。
京都トレイルはのときは、そもそも離脱は前提としてあり、エスケープポイントも自分で調べていた。
そういったこともあったので、あの時も残念ではありましたが、すぐに受け入れられたのですが、今回は、もう手の届くところにあるのにいけないもどかしさと、申し訳なさでテンションがだだ下がりでした。

切り替えてテンバに戻ろう。
また来年リベンジしよう。
あつぷりさんに励まされ無念の撤退でした。

テンバに戻ってまずはお昼ご飯。
温かいものでも食べて元気を出そう。
小屋でラーメン、そしてもちろん、、、
sP2190034.jpg
ちょっとほろにが味の残念乾杯です(>_<)

ラーメンめっちゃ美味かった^^
sP2190036.jpg

まだ時間にして正午すぎぐらいだったと思います。
こうなったら時間が余りすぎる。
なので、贅沢に昼寝しよう、というかそれしかない。
sP2190040.jpg
テントに戻って私はお昼寝。
これが朝と違って、テント内は日の光で暖かく、途中何度も暑くて起きて、結局、シュラフのジッパー開けて半袖で寝ていました。
あとで、あつぷりさんに聞いたところ10度ほどの気温だったらしい。
小一時間ほど寝たのかな。
起きてアイスキャンディー挑戦中の方を見物したり、小屋に入って読書。
まさかの、、、
ゴリラーマン(爆)
sP2190046.jpg
ここでゴリラーマンが読めるとはびっくりでしたよ。
なつかしい、読んでいたころはまだ高校生くらいだったと思います。
めっちゃ面白いんですよ^^

夕食は小屋食手配してありました。
まずは乾杯。
sP2190049.jpg
メインはステーキ。
山でステーキを食べれるとは、しかも白飯が美味い♪
一つだけ言わせてもらえれば、生が飲めたらもういう事なしでした^^d

赤岳鉱泉、とっても素敵な山小屋でしたよ。
sP2190050.jpg

夕食後はテントに戻って就寝。
私はもう19時過ぎには爆睡でした。
翌日は天気大荒れみたい。
風もきつく、稜線は風速30m超えの模様。
朝飯を食べて、テントそく撤収。
早めの下山。

右ひざ上の筋肉に、弱冠の違和感はあり、まだ全回復ではなさそう。
下りだし、そこは無理せずぼちぼち帰りました。

下山でガッツポーズ。
sks0083_xaklarge.jpg
山頂でしたかった、、、

sks0086_xaklarge.jpg
sks0092_xaklarge.jpg
sP2200056.jpg
sP2200062.jpg
画像はモザイクですが、彼の笑顔をお見せしたかった。
それも山頂で。
来年、リベンジします。
ぜひおつきあいくださいm(__)m

下山後はお風呂で汗を流し、松本でカモシカスポーツに立ち寄り、白馬でノースにも。
小谷で夕食。
帰路も福井に着くまで飽きることなく、山、それ以外の事も話し込んで、いつのまにか着いていた、そんな感じでしたよ。

今回の山旅、赤岳のテンバの寒さにブルブルーに、赤岳に登れず気持ちはブルーに、しかし初日の八ヶ岳ブルーは素晴らしかった。
ブルーブルーブルーつくし(笑)

20代前半、スキーで白馬に友達と行っていたことを思いだし、今回同じ道をあつぷりさんと旅し、なんか若かりし頃を思いだし、今回おっさんの青春を感じた思い出に残る旅になったな~。
赤岳登頂はできませんでした、旅としては満点でした。
あつぷりさん、ありがとうございました。
また旅に出ましょう^^/

ブルーブルーブルー(完)


にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 県外の山 > 八ヶ岳

Comment (8)  Trackback (0)

ブルーブルーブルー!! ~前篇~

気温10度越えたり、また寒くなったりと、はっきりしないお天気ですね。
暖かい春が待ち遠しい気分でもありますが、雪山もまだまだ登れていないし。
欲しがりかってな感じです(笑)


さて、遠征の行く先はと言うと。
八ヶ岳です<(`^´)>

仕事が忙しい中、なんとか有休もとれまして。
山も大事ですが、なにより心の休養が欲しいのですよ(>_<)
日常からの解放!
これ大事ですからね、旅気分で行ってまいりました。


山仲間にお誘いをかけたところ、PBAP隊長こと、あつぷりさんがご同行してくれることになりました。
まあまあ急だったし、ソロかな~っと思っていたので、これはとても心強いです^^
当初は日曜に、赤岳鉱泉テント泊、翌日赤岳アタックでしたが、月曜が風が強く、日曜のうちに赤岳に登ってしまい、そのあとはテンバでまったりという計画になりました。
なので、少し予定より早く福井出発。
インターを21時出発で、6時までには美濃戸口駐車場に着く予定です。
そうそう、今回も、あつぷりさんの画像をたくさんお借りしておりますm(__)m


とうわけで行きましょう。
s0002_xaklarge.jpg
夜勤明けの土曜は、昼過ぎから就寝し、夜の運転に備えバッチリ。
しかし、まさか雪が降っていたとは思ってもいませんでした。
高速も糸魚川インターに近づくにつれ、雪は激しさを増し、インターを降りてからもなかなかの降雪。
ですが、糸魚川~白馬間の道程は、私がスキーをしていた20代のころに比べたら、トンネルができていたりと道もかなり良くなっていて、快適に進めました。
あつぷりさんも、出発時間近くまで仕事をしてたにもかかわらず、起きていてくれて、話も弾み楽しい雪のドライブでした。

深夜3時ごろに八ヶ岳山荘 美濃戸口駐車場に到着。
2時間程仮眠してから出発です。
sP2190004.jpg
駐車場は6~7割近く車が停まっていました。

sP2190001.jpg
入念にGPSそして地図をチェックするあつぷりさん。
頼もしいっす^^d

では行きましょう八ヶ岳ブルーはもうそこまで来ていますよ♪

林道を1時間程、一応この林道は車でも走れて、赤岳山荘までは行けます。
しかしチェーンを装着した4輪駆動じゃないと厳しいとは思いますね。


sP2190006.jpg
天気は申し分ない、風はそれでも20M越えの強風のようですが、晴れは間違いないです。
コースタイム位か、もうちょっと早かったかな、そんなくらいで林道終点まで。
sP2190012.jpg

いよいよです。
まずは赤岳鉱泉まで。
北沢ルート。

林道は堰堤広場まで続きます。
時々ショートカット。
s0016_xaklarge.jpg


ここまでそれほどきつくはありません。
ただ林道はがっつり凍っており、つるっつるでした。
アイゼン履いても良い位かも。
あつぷりさんが、最初チェーンスパイク、途中からアイゼンと言うレポを事前に読んだらしく、なんでかなと不思議に思っていたのですが、このアイスバーンの林道をチェーンスパイクでという事かと、納得されていました。
なるほどです。

林道終点から北沢ルートで赤岳鉱泉までも、急な箇所も全くなく、それはもう雪の集団登校のような感じ。
まったく厳しさを感じないのですが、、、、
全く調子が上がらないΣ(゚д゚lll)ガーン

雲も見えますが、それもすぐに消え去り、それはもう素晴らしい青空が見えます。
sP2190018.jpg
八ヶ岳ブルー(人´∀`).☆.。.:*・゚

しか~し、私はと言うと、、、
s0029_xaklarge.jpg
もういっぱいなのですよ(;´д`)トホホ…

テンションだだ上がりのあつぷりさんとは裏腹に、イマイチ乗り切れない私(>_<)
久々に重いテント泊装備。
16㎏強を担いできました。
これが悪かったのかな~、、、
やっぱり雪道で、地味に体力を削られているのかな、、、
写真を撮る余裕もなく。
ペースも速いわけでもないのに、、、

s0032_xaklarge.jpg

なんだろう、このしんどさは(>_<)
途中の堰堤広場辺りですっかり足は終わった、、、、
ペースを上げると太ももが攣る、、、
膝がしら上の、筋肉が変にのたうちまわるというか、、、
もうとりあえず、赤岳鉱泉まで。
まずはそこしか頭になかったです。

赤袋も鉱泉に着くまでに2袋をあけた(^_^;)
でも全く効かず。
あつぷりさんに励まされ、なんとかここまでこれた。
sP2190021.jpg
これがアイスキャンディーか。
目の前に飛び込んできたアイスキャンディーに、やっと着いたと感動よりも、むしろ安堵の気持ちが先にきました。

荷物をデポして赤岳アタック。
そのために、まずは適当な場所に片方のテントをさくっと設営して荷物を放り込む予定でしたが、いい感じで並んでテントを張れる場所も見つかったため、テント設営。
しかし、足先が冷たい。
というか、体中冷たい。
汗も冷えたのか、設営中はとっても寒かったです。

10時に赤岳鉱泉出発の予定でしたが、15分程の遅れ。
しかしこれはテント設営は考えてなかったので、まあなんとかななる。
設営している間に、足が回復してくれればよいのだが。
コムレケア効いてくれるか。
テントを設営したことで、一気に荷物は軽くなりました。
必要な荷物だけを背負って、赤岳に。
まずは行者小屋を目指しました。

つづく。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 日常

ただいま~。

無事遠征から帰還しました(`・ω・´)ゞ

sP2210065.jpg

無事カエル君の御利益があったのか、それとも、、、
とりあえずです。
ぼちぼち続きを書いていきます。
ではでは。

コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

2017.2.12 文殊山

先週から全国的に天気が悪い日が続きましたね。
もれなく福井も雪雪雪。
といっても、まあこんなもんかて感じでした。

さて土曜出勤なので、貴重な週一の休み。
天気は悪いしな~、、、
そんな時はやっぱり大好き文殊山です(笑)

sP2120002.jpg

二上駐車場は、、、
sP2120003.jpg
これまたなかなかの盛況っぷり。
こんな天気でも皆さん登られるんですね。

sP2120005.jpg
雪だるまも。
ちょっと犬のおしっこかけられているのかな(>_<)

登山口分岐。
今日は半田コースの方から攻めてみましょう。
sP2120007.jpg

下りで一回使ったくらいですが、しっかりトレースはあります。
半田コースとの合流。
sP2120009.jpg
少し晴れ間も見えてきました。
いくらトレースあってもだれも通らないかと思っていたら、ご夫婦の方が前を歩かれてました。
追い抜かせていただき先を急ぎます。
小文殊の大杉にタッチしてから大文殊。

この日の福井平野はこんな感じ。
sP2120014.jpg
晴れたのも少しだけ、やっぱり曇り空です。

奥ノ院も考えましたが、今日はほかにやることがありまして。
急いで下山。

下山途中でけにぃさんとばったり。
今日はプリティーな奥様とはご一緒ではなくソロ山行でした。
しばし談笑してお別れです。
sP2120017.jpg

七曲りを過ぎたころに、、、
としパパさん登場。
sP2120018.jpg
今日はワカン装備で奥ノ院、いや~きっと橋立山まではいくな。
そんな感じでした(笑)

みなさん天気悪くても登りますね~。
私も頑張ろ~。

昼からは来週の準備とコースのイメトレ&計画。
そうなんです、来週はイベント。
遠征いってきます<(`^´)>
装備等の準備は大丈夫だとは思うのですが、山に登る体力の準備はどうだろう。
この前、皆さんとの医王山&鞍掛山から、二週間ぶりの山でしたが、イマイチ調子が出ない。
文殊山がこんなにつらかったかな~、、、
そんな感じでした(>_<)
仕事疲れだ、きっとそうだ、そういうことにしておこう。

もう少し標高のある山に登っておきたかったのですが。これでは準備不足な感も否めない(^_^;)
まあ無理なく、安全第一でいってきます。
でもな~多少は頑張らねば、ご同行してくれるPPAPいや違う、PBAP隊長に怒られる~(笑)
PBAP隊長!?
そう、彼は更なる進化を遂げパーフェクトボディを手に入れたようです。
なので略してPBね(´∀`*)ウフフ
お手柔らかにお願いしますm(__)m

ではまたです。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017