fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 八ヶ岳

Comment (6)  Trackback (0)

おNEWのテントを持っておニュウに行ってきました。後篇

昨日今日と全国的にも天気が良かったですよね。
各都道府県の成人式もいいお天気の中行われたのではないでしょうか。
もちろんお山の方も。

そんな素晴らしいお天気の中、昨日は風邪が結構酷かったのですが、頑張って地区の左義長と新年会に参加。なのでお山にいけず(;´д`)トホホ…
今日はというと、風邪が昨日に比べかなりましになったのですが、まだ鼻水と頭痛が続くので大人しくしていました。
仕事のローテ的に明後日からしばらく連続した勤務になるので、ここいらできっちり風邪を治しておこうと思います。



では続き。


目覚ましをかけないゆる~いテント泊。
時間に追われないスタイルは気持ち的にも楽ですよね~♪
自転車でのポタリングでは、ほぼ時間にとらわれないフリーなスタイルが当たり前だったので、この時のような、ざっくりしためどだけ立てて歩くというのは、ほんと嬉しいです。
でも。
街の中を走る自転車と違い、エスケープが容易ではないし、天候や自分の体力・精神力がまともにひびいてくる登山では、計画が大事なのは事実。
無理なく自分の実力にあった、余裕のある計画を今後とも立てていきたいです。
まあ今の自分にはこんなくらいで十分かな~と思っています。

確か6時半くらいに起床して、ごそごそと準備。
テンバを出たのが9時前だったと思います。
s201910a0081_xlarge.jpg
ジェダイ初の雪山の夜ですが、まったく結露することもなく快適でした。
気温の方はあつぷりさんによると、マイナス3度前後だったようで昨年の天狗岳ほど寒くもなく、また風もいい塩梅だったこともあるし、これでもって判断はできませんが、今回は満点だったと思います。
雪山に関していえば、まあ最低限のレベルは間違いなくあるでしょう。
あとは雨の時などにどのくらい結露するかでしょうね。
これからもビシバシと使っていくつもりです。


今日は午前中は晴れ予報。
「にゅう」のあたりが一体どういった状況か、稜線歩きなのか、そのあたりが全く読めなかったのですが、逆にあまりヒットしなかったことから大体が樹林帯の中だと読んでいます。
なので、多少曇ったところで、また風が多少強くても問題ないはずです。

白駒池をショートカットして。
s2019110P1100092.jpg
どうやら雲一つない晴れは期待できなさそう。
でも青空も見えていますし、まあ充分と言えば充分。

樹林帯突入。
「にゅう」目指しますか。
s2019110P1100094.jpg
あつぷりさんは、ザックでかいな~。
75リットルの容量に優しさをがっつり詰め込んだらしい。

白駒湿原。
s2019110P1100096.jpg
きっとここも凍っていて歩けるのでしょうね。

にゅうの森に突入。
s2019110P1100100.jpg
徐々に勾配をあげていきます。
さすがに雪のテン泊装備は重いな(汗)
汗をかかないように、また足も上がらんけどゆっくり登っていきます。

きち~っす(汗)
s2019110a0095_xlarge.jpg
心配していた降雪ですが、ほぼほぼ問題なく、樹林帯の中は5cmほど積雪があったかなくらい、たまにくるぶしくらいもあったけど、ラッセルするような場所はなく、トレースもばっちりで危険個所無し。
12本歯あった方が良いかなという場面も、まあなきにもしもあらずといったところか。
でもチェーンスパイクで問題はありませんでした。

稲子湯との分岐も。
s2019110P1100108.jpg
みどり池林道最終地点駐車場近くからの登山道から登ると、ここに来る模様。
年末に登山道入り口はありましたね。でも冬季通行禁止だった気がします。
トレースがあるところを見ると登られてはいるようです。

きっとあの光の先が稜線。
s2019110P1100113.jpg
太陽も出ているようで、テンションも上がります。

稜線にでると、、、
富士山がとても美しい。
s2019110P1100116.jpg
素晴らしいな。
右の硫黄岳の稜線奥に見えるのが富士山。
上手に撮れないのが悔しいのですが、富士山もっときれいにはっきり見えました。

稜線からすぐに「にゅう」山頂があるようです。
早速言ってみよう。

360度パノラマやないか♪
s2019110P1100119.jpg
とりあえず三角点。奥の白いのが白駒池。

それであれが「にゅう」突端か!?
s2019110P1100122.jpg

突端はひとまず置いておいて、こちらは天狗岳と硫黄岳。
s2019110P1100123.jpg

白駒池。奥が縞枯山と横岳、双子山、蓼科山になるのだと思います。
s2019110P1100128.jpg

ちょうど山頂にいるあいだはすごい太陽があって、景色も素晴らしく、見惚れてしまいました。

この山頂が「にゅう」なのですが、その名前の由来がどうも見えた気がする、、、
s2019110P1100126.jpg
おっぱいではなく「にゅう」
乳でもないよ、にゅうな。
ではあの突端はにゅう首、、、
まあいいか(爆)

荒島岳のモミモミの木よりもご利益がある気がしましたよ(笑)

謎もとけた気がする。
心に暖かいぬくもりを感じたし、そろそろ巣立ちの時。
いつまでも甘えてはいられない。
とりあえず黒百合ヒュッテに向かいました。

さてここから中山峠まで地味に下るのかと思いきや、標高で150mほど上げるんだねΣ(゚д゚lll)ガーン

重いテン泊装備の上りが「にゅう」までだと勝手に思い込んでいたのもあって、脚がなかなか進みませんでした。
s2019110P1100135.jpg
黒百合ヒュッテに近づくにつれて、風もびゅんびゅん強くなります。
今迄優しい山域にいたのですが、すっかり厳しい山域に変わりつつあります。

天狗岳近い。
s2019110P1100140.jpg
それでも天狗岳は、八ヶ岳の中でも入門編なんだけど。
風が強い稜線というだけで、がっつりハードルが上がります。
今日はこのまま天狗岳はいかずに黒百合ヒュッテに行きますよ。

s2019110a0117_xlarge.jpg
おお一年ぶりです~な。

今山行でも、気温の低さと、汗をかかないスピードで歩いたこともあり、水分補給はまったくしなかったのですが、さすがに「にゅう」から中山峠の間では、ザックを降ろして水分取るべきだったかな。
雨蓋でもなく、ザック本体に閉まってしまったペットボトルを出すのがめんどくさく、また実際「にゅう」からの距離にしても大したこともないので我慢していたのですが、それも余計に疲れさせた気がしました。

とりあえず、予定通りここでランチです。
残念ながら人気のビーフシチューはありませんでした(>_<)
なのでカレーうどんと、ホットカルピスを。
s2019110P1100150.jpg
生まれて初めてホットカルピスを飲んだのですが、こんなに美味しいとは思わなかったです。
別に「にゅう」に登ったから、乳製品というわけではありませんからね。

すっかり元気になったところで下山。
まあ上りももうないしね(^_^;)

また来ます黒百合ヒュッテ。
s2019110P1100151.jpg

すっとばして。
s2019110P1100162.jpg
上るときもちゃんとありました雪だるま。
ただこんなに毛が生えていたかな(笑)

渋の湯入りましょうね。
s2019110P1100166.jpg
無事下山。
お疲れ様でした。

漆黒の機体に戻って荷物をおろして渋の湯に。下山後は渋の湯と今回は決めていました。
なんでも信玄の隠し湯らしいので。
お風呂は、ぬるい(冷たいと言った方がいいかも)源泉と、あついお風呂に交互に入るタイプのようです。
雰囲気あるお風呂でしたよ。

いや~、ゆる~いまったりした良い山旅でした。
青苔荘のテンバ最高でしたね。
白駒池の風景や「にゅう」からの景色も。もちろん「にゅう」も(´∀`*)ウフフ
なによりも天気が良かった。
初日と二日目「にゅう」山頂までは晴れ。八ヶ岳ブルーを堪能しました。
気温も年末に比べて随分暖かかったと思います。

もう少しが近かったら、良いのですけどね。
八ヶ岳、まだまだ行きたいところがいっぱいあります。
今回はあつぷり隊長の運転で楽させてもらいました。
ありがとうございましたm(__)m
またツギもよろしくお願いします。

次回の雪山テン泊に向けてシュラフや足元冷え対策、またもう少し削れる荷物も見えてきたし、良い経験値が積めた素晴らしい山旅でした。
ではまた^^/

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト




Newer Entry今更ですがSolo Stove購入しました。 Older EntryおNEWのテントを持っておニュウに行ってきました。 前篇
Comments


ゲンジさん、こんにちは。

冬の八ヶ岳いいですね。
八ヶ岳は、今年は雪も多くなく歩きやすいようですね。
がりがりに凍ってるわけでもなさそうですし。

75Lのザック重そうだな。これでラッセルとかあると大変そうですね。
雪山テン泊のテント内の温度ってどれぐらいになるんだろう。
とにかく、冬の八ヶ岳、楽しそうで何よりです^^
Re: タイトルなし
> やまびこさん
おはようございます。

今回いってきた山域は、危険個所もほぼなく、手軽に2000m以上を体験できる雪山初心者には持って来いのコースだったと思います。
苔も有名らしく、また雪が溶けてからもいってみたいと思いましたよ。

雪山でのテント内の気温ですが、風を遮れる分外に比べ暖かく感じる、そんな程度なきもします。
防寒着の適切な選択が大切だと感じました。
ニュウ nwe 乳 からの カルピス
快適な2日間ありがとうございました。

マジで今回の周回、良かったですね。
まったり山行にはちょうど良いナイスプランです。
贅沢を言えば、もう少し気温が低かったら完璧でしたね。

それにしても「ジェダイ」見た目も性能もめちゃいいですね。
ただ、テントは消耗品なので庶民にはちょっと手が出ないです。
あ!思い切って俺のクロスオーバードームと交換しますか!

ゲンジさんのおっしゃる通り、安全性という面でも次の段階に進まなくてはいけないと思います。また、いろいろ教えてください。

ツギもよろしくお願いします!
楽しそう
風邪で大変なのに左義長に参加お疲れ様でした。

にゅう登山は天気に恵まれ、超高級超軽量ドームテント設営し雪山テン泊できて良かったですね。
未経験者から見たら凄い事なんですけど、ゲンジさんの本気度が伝わってきます。
お仕事忙しいから大変でしょうが、次回も楽しみですね(^▽^)/
Re: ニュウ nwe 乳 からの カルピス
> あつぷりさん
こんばんは。

こちらこそ二日間楽しかったです。
良い山旅になりました♪

たしかにテストには気温は高すぎたかな、しかしあれ以上寒いのはホントはダメですよ(笑)
いい具合に換気できたのか、まったく結露しなかったし、テント内でストーブ使ったのに凍結もなかったですよね。
いつもこのような状態ならいいのですが、まだまだ未知数なので、ハイライトも含め、ガンガン雪山テン泊で試していきましょう。

何をおっしゃいますやら、庶民は私ですよ。ノリと勢いでポチッタだけですから(汗)
貧乏性故、もとはきっちり取るつもりです(笑)

こちらこそいろいろ教えてくださいね。
またためになる話は仕入れてきます(`・ω・´)ゞ
次回を楽しみに^^
Re: 楽しそう
> ビーカブさん
こんばんは。

風邪いまだに治りきらないのですよ(涙)
熱はないのですが、お腹と頭痛が少し、医者に行くほどでもないのですがちょっとがおかしいです。
ビーカブさんもお気を付け下さいね。

雪山テン泊、天気も良かったし大成功でした。
仕事を乗り切るためにも、ご褒美を設定して今後も頑張ります(笑)






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024