fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 八ヶ岳

2018登り納めは温泉付きだぁ~ 前篇

お正月ってほんと良いですよね。
もう何とも形容しがたい嬉しさがありますよね。
もちろん同意しますよね。

でも、、、
いつまでも続かないのですよね。
もうすぐ仕事が始まるのですよね(涙)


さて、悲しんでばかりもいられない。
ツギのご褒美のために頑張りましょう。
そんなご褒美でもあった年末忘年会を兼ねた山行。
ぼちぼち書かねば(汗)


2018年度最後の山行は、ツギロウさん、としパパさん、私の3人で日本最高地点の野天風呂、ついでに山もいっとく!?
そんなゆる~いプランで行ってきましたよ。
(今回もツギロウさん、としパパさんから画像を多数お借りしております。)

もちろん登山届をバッチリ記入です。
s20181229g0005_xlarge.jpg

本日のスタート地点は稲子湯ですよ。時間は8時半くらいだったかな。すっかり忘れました(>_<)
s20181229PC290065.jpg
稲子湯は、映画「岳」の撮影も行われた場所なのだと、としパパさんに教えてもらいました。
まさみちゃんも来てたんだ~(´∀`*)ウフフ
ってもちろん私の事なんて、知らないでしょうけど。

たのしい旅を!!
s20181229PC290079.jpg
素敵なフレーズだ♪

それにしても寒い、、、
分かってる。2017年度末の天狗岳も寒かったから。
今回もあの時に劣らずやばいくらい寒いっすよ。
s20181229t0021_xlarge.jpg
それはこの小さな沢が凍りつくくらいですから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今回のいでたちはと。
上半身
ミレードライナック(ベースレイヤー)。
フーディニのメリノとテンセルの混紡長T。
ティートンブロスのサラトガフーディー。
アウターにはツルギJK。

下半身
ノースのタイツ(ホットトラウザース)。
フーディニのロッジパンツ。
アウターパンツはティートンブロスグローリーパンツ(多分)

手袋はホムセンで買ったネオプレンの手袋にノースのオーバーグローブです。

上半身は2017年天狗岳と同じ、下半身については、今回はロッジパンツを一枚多く履きました。
それとタイツはいつもモンベルのジオラインの最厚手を使っていたのですが、多分昨年の骨折の際、最初の処置の時にハサミで切ったのだと思う。
それで見つからないので、今年はノースのものを使ってみました。

もし寒かったら、上半身はノースホワイトランニングJKも着込む予定。
それでも寒いのなら、ビレイパーカーも着るつもりです。
手袋については、予備インナーグローブにモンベルの極厚ウールとウィンドストッパーの薄手のもの。予備グローブ単体でBDのグリセードです。

しらびそ小屋までは、こんな感じのゆるい林道チックな道を。
s20181229g0037_xlarge.jpg
2017年の天狗岳は気温も低いことはもちろんなのですが、やっぱり汗冷えが寒さを引き立たせたのだと思います。
今回は寒さ対策として下半身を三重にしたことと、とにかく汗を一滴もかかない。
ここに注意して、ゆっくり歩きましたよ。

汗をかかないように歩く。
汗かきな私には相当難しいのはわかっていますが、さすがに気温マイナス10度以下の厳しい寒さ、かつ地元の雪山を登るペースより、さらにゆっくり歩いたことにより、汗は最小限に抑えられたと思います。
まあ、荷物が今回小屋泊なのに14kg強という、ここ最近では最も重いこともあり、速く歩けないというのもあったのですけどね(汗)

しらびそ小屋。
s20181229PC290126.jpg

とりあえずまったりしましょう。
s20181229t0029_xlarge.jpg
ホットコーヒーを頂きました。
値段500円だったのですが、ケーキセットが700円だったことにあとで気が付いて失敗(>_<)
つぎはケーキセットにしようっと。
薪ストーブがほんわかと暖かい、優しい感じの山小屋。
ツギはテント泊で来てみようかな。時々小屋でコーヒー頂いて。
本でも読みながら一日まったり過ごしたい。
そんな素敵な雰囲気の小屋でしたよ^^

小屋の目の前にはみどり池。
気温はマイナス11度。
池はばっちり凍っていました。
s20181229t0033_xlarge.jpg

ツギロウ兄さんと氷上の演技でとしパパ教官を癒します。
s20181229t0034_xlarge.jpg
s20181229t0037_xlarge.jpg
癒すどころか、さらに寒さを増したかも(^_^;)
まあそんなことは気にせずに行きましょう。
はやく~、動かんと寒いんだって(>_<)

基本的に傾斜もゆる~く登っていく感じで危険個所は全くなく。
寒波直撃の中突っ込んでいったわけですが、心配していた積雪も大したこともなく、完全にスノーシューは重しにしかならなかったです。

着きました。
今日のお宿「本沢温泉」。
s20181229t0049_xlarge.jpg
汗を気にしながらゆっくり登ってきましたが、やっぱり荷物が重くてしんどかったので早く歩けないというのもありましたな(汗)
コースタイムは3時間40分のところを大体そんなものかな。
しらびそ小屋で、かなり大休止したから、実際はもうちょっと早く着いたとは思います。

小屋で受付を済ませ荷物を置いて。
あれ!?
今日はここまで!?
そうなんですよ~。
ヘタれなので、本日はお山は登らないのですよ。
天気が予想では15時ごろから曇りマークというのもあって、ピーカン予報の明日にアタックしようということにしておこう。

でも日本最高地点の野天風呂だけは押さえます。
s20181229PC290163.jpg
さあいってみよう。

小屋から5分ほど登ります。
s20181229PC290170.jpg

つきましたぞ。
ではさっそく、、、
と言いたいところなのですが。
s20181229g0135_xlarge.jpg
寒い、まじで寒い。
こんな気温で野天風呂はいったら、もう出られない。
湯冷めどころか体吹いているうちに凍りつくでしょ。
なので、脳内だけで入浴しましたよ。

ちなみにバックは登山予定の硫黄岳爆裂火口。
s20181229PC290180.jpg
なかなかの絶景。
もうちょっと暖かくなったらまた来よう。
ネタでも今回はお風呂に入ることはできませんでした。
そのくらい寒いっす。

小屋行こう、寒いっすー(涙)

談話室にて。とりあえずまずはビールで乾杯。
s20181229PC290189.jpg
談話室には灯油ストーブあるにはあるのですが、、、
ちなみに薪ストーブもあるのですが、こちらはただの飾りなのか、、
s20181229PC290191.jpg
使用禁止ってどういうこと!?

小屋の中の気温はマイナス4度と、なかなか過酷((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ストーブも頑張ってはいるのですが、自然には勝てない。
ビール、、、
よく冷えてます(涙)

部屋はね、今回個室かつ、こたつ付なのですよ(´∀`*)ウフフ
こたつは電気ではなくて、炭!?を利用したものみたい。
こたつ入って温まりましょう。
s20181229g0145_xlarge.jpg
雰囲気ある良い感じのお部屋ではあったのですが、いかんせんマイナス4度にはかなわず。
こたつも今一歩本気を出してくれない(;´д`)トホホ…
今持ちうる冬期テント泊装備の全力を出し切りました。
この画像。
としパパ教官と私を撮っていただいたものなのですが、画像処理で顔お見せできないのですが、表情はけっこうシュールです(-_-;)
寒いんじゃ~!!!
心の中にとどめ置いたつもりが、すっかりもれてしまったようだ。。
冬の八ヶ岳なめたあかんね。

楽しみにしていた内湯。
s20181229PC290192.jpg
(-_-;)

ちなみに乾燥室は一番ぬくもりを感じることができました。
s20181229PC290193.jpg

外湯の石楠花湯は入れます。
時間制でこの日は14時までの男性タイムに間に合わなかったので、ツギの15時からの時間にダッシュしました。
s20181229PC290157.jpg
小屋玄関から20秒ほどか。
としパパさん情報では、風呂は3人も入ったらいっぱいになるような小さいお風呂だと思うよと教えてくれて、まずは私とツギロウ兄さんが先に入らせてもらいました。
教官は今日も優しい(人´∀`).☆.。.:*・゚

この時間一番にお風呂に突入したのに、あまりの寒さから写真をおさえるのすら忘れ二人して湯船に飛び込みます。
しか~し、
気温は寒いが、お湯は激熱やないか~。
私は何かで見た情報では、外湯は気温もあってかぬるいと聞いていたのですが、そんなことは全くなく。
でもだ。
なんとか肩まではいってしまえば、そのあとは熱くて耐えれないという事はなく。しっかりと芯まで体を温めることができました。
脱衣所もお風呂からの熱気もあってか、それほど寒いこともなく快適でした。
湯冷めする前に着替えて小屋に戻ります。

お風呂パワーで温まったのですが、それもそれほどは続かず、、、、
乾燥室で過ごしたりもしたのですが、最終的にお部屋に戻ってこたつに潜り込み凌ぎました。
こたつも最初よりは暖かさもましてきて、なんとか頑張れそうです。

夕飯。
食堂は暖かかったですε-(´∀`*)ホッ
ss20181229PC290195.jpg
かわいいおでんに、キムチ汁てきなもの。
同じテーブルになったおじさんたちは、野天風呂入ったみたいでした。
身体拭こうと思ったら、タオル凍ってたらしいです(^_^;)

しかし寒くてビールがすすみません。
結局ちび缶一本でやめときました。

天気予報では明日はピーカンです。
しかし風速は25m予報。
ほんといけるのか!?
こたつをみんなで囲むように、布団にくるまり、いつの間にか爆睡。
やっぱりお風呂に入ったことが良かったのかな。
なんだかんだと体の芯は冷え切っていなったのかもしれません。
夢も見ることなく、朝を迎えました。

続く。

コメはクローズしますね。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト




Newer Entry2018登り納めは温泉付きだぁ~ 後篇 Older Entry2019.1.1今年最初のお山はやっぱり文殊山からです。
プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024