浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 裏劔

2017.秋のソロロング その1

久々に据え置きのゲームをしたのですが、なかなか楽しいものですね。
なんのゲームかって?
マリカーなんですが、ハードは今話題のスイッチなんですよ<(`^´)>
1か月前、長女に何度も頼まれ、ニンテンドー公式の予約サイト、F5連打すること40分の格闘。
やっとつながり購入に至ったわけです。
天気の悪い日は当分インドアになりそうな予感だな~(笑)


さて仕事が変則ローテになったこともあり、その仕事と休みの間隔が短い場所に有休をいれてテント泊してきました。
2017sP9290001.jpg
前日にパッキング。
3泊分の食糧と、気温の低さも考えダウンパンツ、像足、フリースも足し11kg。
ここに水分2.5ℓと充電中のモバイルバッテリー他、小物スタッフサック入れ、計14kgほどの荷物になりそうです。
ちょっと重たいかな。
しかしこの位は担げないと4泊、5泊のロングを今後考えるときびしいものもあるし頑張ります。

22時すぎに自宅を出発。
0時ごろ無料駐車場に到着。
4時まで仮眠して出発です。
イルミネーションが素敵でした。
sP20179300003.jpg
いったいどこなん!?
えへへ、まずは切符買わないとね。
登山口までもうちょっと移動。
察しの言い方はすぐにばれましたよね(^_^;)

じゃん。
sP20179300005.jpg
立山。

天気は良さげですよ~。
初日の行程を考えたら、こんなに早く出発する必要もなかったのですが、少しでも早く着いてテンバでまったり。
翌日に備えたいからな~。
時間には十二分すぎるほど余裕はありますし、ゆっくりいきましょう。

みくりが池。
sP20179300006.jpg

雷鳥沢のテンバも結構なテントが。
sP20179300012.jpg
しかしまあいいお天気だわ。
紅葉もど真ん中かも。
でもね、いくらなんでも今日は雷鳥沢ではないです。

雷鳥沢を上るより、大日の方に向かい、新堂乗越を剣御前に向けて歩いたほうが楽な事はお見通しだ~!!
ってあつぷりさんに教えてもらっていました<(`^´)>

sP20179300018.jpg
木道もあって紅葉もいい感じだし素敵です。

今日いいわ~(´∀`*)ウフフ
sP20179300020.jpg
ただ、テン泊装備が重いのか、体調も病み上がり一歩前なのか、たんに根性が足りんのか。
大日岳に向かう登山者にたくさん道をお譲りするという体たらくでした(涙)

青空が凄い。
sP20179300025.jpg
雷鳥沢の方よりも稜線歩いてるって感じもするし、こっちの方が断然おすすめ。
もうちょっと歩けたらな~。
この日もイマイチ乗り切れないままやっとの思いで剣御前。
sP20179300029.jpg
一気に寒くなった気がします。

剣岳。
sP20179300034.jpg
雲一つない。
絶好のアタック日和。
今日は土曜日。
ものすごい人たちが挑戦しているのだろう、、、

まずはテンバだ。
sP20179300038.jpg
思ったより空いています。
まだ時間も早いこともありますから当たり前か。
野営管理所にて受付。
ちなみに剣沢小屋とテンバは関係ありません。

周りががっちり囲まれた個人スペースがあったのでそこに設営。
sP20179300042.jpg
小屋飯を今回考えてないので、狭いヘリテイジより安定のダブルウォールのカミナを持ってきました。

野営管理所には売店がないのが残念なところです。
ちょっと下った剣沢小屋にて、まずは、、、、
一本目(∩´∀`)∩ワーイ
sP20179300051.jpg
全く剣に登る気ないんかい(^_^;)
いやいや、今日の予定はここまでと決めていたからね、登山計画書にもそう書いて提出してるから~。
まずはゆっくり休養。
明日に備えるのがこの日の一番の目的。
急いては事をし損じる。
戦いは始まる前から勝負がついていることが多いのだ。

っと自分に言い聞かせて(笑)
しかし風も少しふいてきてちと寒い。
まずは一本目といいつつ、結局この日はこれ一本のみでした。

テンバに戻るのがしんどい。
一応10分らしい。
sP20179300052.jpg
まあ近いものはあるな。

昼飯は袋麺の出前一丁。
乾燥ワカメなしの乾燥具材にしたのですが、う~ん今一歩。
なにもなしの方が良いのかもしれませんね。

剣を眺めたりしながらまったりした時間が過ぎます。

今回浄水器を新調しました。
sP20179300060.jpg
カタダイン ビーフリー。

ソーヤーの浄水器も持っているのですが、まだ一度も使ったことがなく。
ビーフリーは、さくっと水すくって飲めるお手軽な感じがしていたので迷っていたんですよね。
ちょうど、テンバの水場も消毒は取ってあってあり、気になる人は煮沸してからにしてくださいといっていたし、飲み水にする分は、ビーフリー通して作りました。

テンバは電波も届くし、スマホいじって遊ぶこともできたし、景色見たりじっくり携帯ゲーしたりと、それはもうゆる~い時間を過ごしつつ、夕方には飯も食べずに爆睡でした。
さすがに夜は寒く、起きてしまい、ダウンパンツ、像足装着。
またしばらくすると寒くて起きてしまい、さらにレインを着こんで寝ました。
おそらく気温は氷点下かそれに近いでしょう。
旧表記のモンベルの♯3でも厳しいか。
エマージェンシーもさらに羽織ろうかと考えている間に寝入ってしまいた。

明日が待ち遠しい、早く朝が来ないかな。

その2に続きます。
コメはクローズです。
ではでは。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry2017.秋のソロロング その2 Older Entry山めしと秋の白山。
プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017