浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 次女と登山テント・小屋泊 > 槍ヶ岳(小梨~殺生~槍ヶ岳)

Comment (4)  Trackback (0)

2017夏・次女とのオプションプラン発動!! 前篇

うう~。。
おじさんの夏休み終るよ(;´д`)トホホ…
今日は縁側でお茶でもすすりながら、この一週間の回想シーンをエンドロールしながらすごそう、、、
縁側ないんだけどね。



さて我が家の上高地キャンプの二日目は、予定通り次女とのオプションを敢行します。
初日は全身全霊をかけて体力の回復に努めただけあって、仕上がりは8割くらい。
んっ!?
昨日と変わらんてか!?
そうだな~、あんまりよくはないんだけど、別に支障があるような感じではないです。
気持ち的に仕事モードだけはすっかり抜け、バカンスモードには突入しました(笑)
ここが一番大事なのです。


早朝3時半すぎに起床。
昨日のうちに小梨食堂でパンとミニッツメイドの朝バナナ1/2を仕入れておいたのでそれを食します。
朝早いので嫁さんを起こすつもりはなかったのですが、起きてきてスープを作ってくれました。
感謝です。

4時25分スタート。
次女も調子は良いようです。
というのも、初日はテント設営後長女と周辺散策した後に時間を持て余し、テントで寝てる私を起こして、ひまや~、どっかいこっさ~、焼岳なら今からでも登れるんじゃ!?
などど体力が有り余っている様子。
なんだかんだと気合が乗っているようです。

小梨キャンプ場をでてすぐ、先行者がいました。
そのおじさん(60過ぎ位)は休憩して看板を見ています。
なんと、、、
自転車に乗って。
チープな折り畳み自転車に乗って、いったいどこに行くんですかね。
そもそも、、、
上高地バスターミナル以降は自転車乗り入れ禁止のはず。
30リットルほどのザックを担いでいたし、そもそもヘッデンがまだ必要なこの時間帯に業者さんとか関係者ということはないと思います。
徳澤まで行くのか横尾まで行くのか、ただの散策なのかはしれませんが、このていどの林道歩きもできないような体力なら山なんぞやめちまえ。
って言いたいですわ。
そんなえらそうなこと言えるほどの経験も実力も知識もないですが、常識は守っていきたいものです。

気を取り直して。

s2017812P8130028.jpg

朝焼けが美しい。
きっとこの素晴らしい朝焼けを山頂やテンバ、小屋、登山道で見ている人たちがたくさんいるんだろうな。
テンションも高まります。

明神でペットボトルのお茶購入。
次女は調子も良いみたいで休憩もさせてくれません。
s2017812P8130033.jpg
迂回路になっていました。

徳澤到着。
s2017812P8130035.jpg
s2017812P8130034.jpg
昨年はここを通った際、雑誌のインタビュー受けたのですが、結局その雑誌に載ることはなかったです。
山雑誌ではないのですが、言えばわかる月刊誌で、春先からチェック入れていましたがどうも企画自体がボツったようです(>_<)
全国誌デビュー無念(笑)
徳澤ではOPP対策を次女共々。
男子トイレの方が大待ちがあって、開いた洋式に入ったら紙がなく、いったん撤収。
TPもって再たび列に並んでトイレ休憩で20分ほどかかりました(爆)
私の前後の方で大された方がどうやって拭いたのかは謎だ(^_^;)

少しでも重い荷物を担がず済むよう、水の補給は次のポイントまで。

横尾到着。
s2017812P8130036.jpg
コースタイムは約3時間位ですが、2時間半かからず。
徳澤停滞がなかったら2時間位でここまで来たのだと思う。
次女の気合いの入り方に秘かにびっくりです。

さて分岐になる横尾。
穂高に行くのか蝶に登るのか、、、
そんな我が家はこちら。
s2017812P8130039.jpg
ついにこの日が来た。

槍ヶ岳。

まさかね、あの穂先を目指す日がくるとは。
おそらく次女との山行はこれがラストになる。
そんな集大成に槍を持ってこれた事。
素直に次女に感謝です。

なんだかんだと今迄北アの山は次女と登ってきました。
焼岳、西穂独標、立山、蝶ヶ岳、奥穂、、、
2014焼岳のとき、次女はまだこんなにも小さかったんだな、、
私もこの時はまだ、年に1~2回の登山イベントとして登る程度で、その後これほど山にのめり込むとは思ってもいなかった。
そんな私も山にがっつりはまって丸二年と二か月が過ぎました。
ここまでくると、槍ヶ岳も私にとってはただの通過点で、もう一段階次のスッテプを踏む山となり、次女とは一つの区切りの山でもある。
考えたら少し切なくもなり、だが次女の成長も感じてきたわけだし嬉しくもあります。

そんな私のノスタルジー色な気持ちをまったく意にも介さず、次女はサクサクと歩くんだなこれが。

まあいい、とにかく槍見河原。
s2017812P8130044.jpg
今日初の槍様にテンションあがります。

ここは二の股。
s2017812P8130052.jpg
前日に地図を確認し、槍沢まではおそらくゆる~い沢筋を登って行くのだと思っていましたが、まさにその通りでゆる~い感じで楽ちん。
また沢がとっても綺麗で素敵です。
s2017812P8130055.jpg

槍沢小屋ではコーラ補充。
s2017812P8130057.jpg
ここからは地味にきつくなっていきますよ~。
次女にもとりあえず時間にも余裕はあるし、ゆっくり休憩しつつ歩こうという事で一致。
次の休憩ポイントババ平まで。
s2017812P8130061.jpg
トイレ休憩して出発。

少しずつ次女にも疲れが出始めてきました。
ここまでは急な上りもなかったのですが、距離的にはそうだろう、横尾までが11㎞ですから、13~4㎞ほどは歩いてきたのだと思います。
無理することもなく、ゆっくりと。

夏道が出ているので、雪渓を歩く場所はほんの少しでしたが、個人的には夏道より雪渓歩いたほうが楽なんじゃ!?
と思っていました。
s2017812P8130069.jpg

すぐに夏道合流。

イチゲちゃん発見♪
s2017812P8130072.jpg

天狗分岐。
s2017812P8130076.jpg
さすがに疲れてきました。
私は体調の割にまだ余裕があったのですが、次女はお疲れモード。
しかしここは次女のペースをきっちり守ります。
頑張れとかは言いません、あんまりいうとおこになりますからね~。
むしろどんどん休憩しようと言った方がいいのです。
すっかり次女との山行のコツをつかんでいるのです(笑)

世の中の子連れ登山者の皆さん。
わりといまのところ大事だと思いますよ~。
頑張りたくない気持ちをせっつく必要はないのですよ、どうせ自分の足で歩くしか登ることも帰ることもできないのですから。
本人が一番よくわかっていますからね。
そんな次女も愚痴を言う事もなく。
ていいますか、割と何にもの登山者抜いていますから(もちろん抜かれもしますが)疲れてきたと言えども決して遅くはありません。
少なくともコースタイムはしっかりキープです。

槍様に向かう道のりは激しさを増し、途中の水場の沢で頭をがっつり洗ってやりました。
私も復活です(笑)

最大ズーム!!
あれが今日のテンバ。
殺生ヒュッテだな。
s2017812P8130080.jpg
まあ小屋が見えてもまだ長いんだな(^_^;)
この位まで来ると、次女のペースが上がってきました。
や、やるな、、
槍が見えると次女のテンションが上がりますからな~。

播隆窟
s2017812P8130086.jpg
ほんとは笠ヶ岳登ってから槍ヶ岳に登るつもりだったのですが、、、
笠ヶ岳、、、
笠新つらそうなんだもん(汗)
そ、そのうちね、いつか登ります(^_^;)

播隆上人に思いを馳せ。

もう一息だ。
s2017812P8130088.jpg
まっとけよ~。明日だけど。

殺生小屋到着。
12時50分。
コースタイムで9時間半か10時間か、その位だったのですが、8時間27分でつきました。
なかなかの長丁場。
次女も頑張りました。

二人で話をしていて、13時までに殺生なら槍ヶ岳山荘までいってテント張る、もしいっぱいで張れなかったら殺生戻るかと話をしていて、一応13時前だったし山荘までいっても良かったのですが、疲労もあったし割と次女より私の方が疲れていたので、殺生にテントは張ることに。
受付してテント張る前にランチ。
s2017812P8130096.jpg
牛丼1000円。
これがまあ美味しかった。お腹すいていたこともあったので3割ましかもしれませんが生き返りましたよ。
次女はなんだかんだとカップヌードルをチョイスでしたね(笑)
設営前だしまずはコーラで。
s2017812P8130093.jpg

飯食ってる間に、ばんばんテン泊者やってきてちょっと心配になったので、さくっとわたしだけ牛丼かきこんで設営をしに。
s2017812P8130097.jpg
テンバは岩なのでペグは必要ありません。
地面の岩が大きく寝心地はイマイチそうでしたが、ちょうど平らなところが小屋近くにあり、迷わずそこに設営。
安心の。そして一番大好きなテントドマドーム君。
この後ドンドンテン泊者増えてきてテント張る場所もうないんじゃないかと思うくらい。
殺生小屋のテンバは60~70張り位だったと思うのですが、ほんとに快適スペースは限られているので(実質半分の30張くらいかも?)槍ヶ岳山荘向かわなくて良かったです。
皆さん狭いスペースをやりくりしてうまく張っていました。

ひとしきり落ち着いてから本日の一本目。
s2017812P8130099.jpg
お疲れちゃんでした~(´∀`*)ウフフ

17時すぎ明日の水を購入しに小屋にいったら、こんな時間でもテン泊者がやってきてテンバは開いてますかと。
これも50~60過ぎのおじさんでしたが、受付の人(多分小屋の管理者)が開いてますと言うと、ヘリポートに張っていいかとたたみかけるように質問して、即座にダメだと言われていました。
そのおじさんは、食い下がってどこのテント場も17時過ぎたらどこ張ってもいいはずだと言っていましたが、それでも小屋番さんがだめだ、まだこの後暗くなってからもやってくる登山者もいるかもしれんしダメなものはダメだと。
その後おじさんは、あきらめてどこか探してテント張ったのだと思います。

多分、このおじさん、いやおっさんはやり取りから推察するに、確信犯でどこのテンバでも同じように遅くにきて張れないからヘリポートだの小屋の前のスペースだのに張っている輩なんだと思います。
そういうの分かっていて山行計画たてているんでしょうな。
聞いていて見苦しく気持ちの良いやつではなかったわ。
自転車といい、テンバの事といい常識は守っていきたいものです。

またまた気を取り直して。
s2017812P8130101.jpg
槍にガスかかったり、またそのお姿を見せてくれたり。
雨が降ることはなく、日がさすと暑いのですが、日がさえぎられると寒い、、、
そんなテンバで槍様を飽きることもなく眺めて。
晩飯は袋麺と棒ラーメンのラーメン祭りで、これがまあマズイΣ(゚д゚lll)ガーン
最近は小屋飯を取り入れて少しでも温かく美味しいものを食べたいなと。
け、けっして荷を軽くしたいからとか、飯作るのが面倒とか、そんなんじゃないんだからね(汗)
あらためて実感した、そんな晩飯でしたね~。
次女もくそマズって不機嫌でしたし、すまんな。

暗くなるとガスも濃く、夕日を見れそうもなったので就寝。
明日は気合入れまっせ!

後篇に続きます。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry2017夏・次女とのオプションプラン発動!! 後篇 Older Entry2017夏・ば、ばれた!?そうです上高地小梨でキャンプですよ。 前篇
Comments


次女さんと槍ヶ岳登頂目指して殺生小屋までの登山でも大変なのが伝わってきました。
そこでテン泊され、いよいよ槍ヶ岳登頂ですね。
なんかワクワクします。
続き楽しみです(^▽^)/
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
ついにやってきましたよ(*^^)v
いよいよです、この山をはじめて登るときは次女と一緒と決めていましたから。
続きも読んでやってくださいm(__)m

ゲンジさん こんにちは

6か月前にお会いした次女さん、すっかり山ガールさんに変身されましたね!
2014焼岳のレポも拝見しましたが、娘さんと北アルプス歩けるなんて
羨ましい限りです(^^)

槍さんアタック編、楽しみ~^^
Re: タイトルなし
> としパパさん
おはようございます。

今後にも期待したいのですけどね、とりあえずここまでって感じです(>_<)
としパパさんもまだあきらめるのは早くないですか?
上高地散策からいかがですか^^/






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017