浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 八ヶ岳

アイ・シャル・リターン!! 其の弐。

久しぶりの雨です。
やっと梅雨らしくなってきたのでしょうか。
雨音を聞きながら寝るのは好きなんですよね~。
でも休みの日は晴れてほしいものです。
そううまくはいきませんかね。



さて日曜はいよいよ赤岳に登ります。
5時29分スタートでした。

まずは行者小屋まで。
途中の階段にマムートマーク。
sP20176180028.jpg
2月の時は雪に埋もれていたからか、全く気が付きませんでしたが、ほぼすべての階段にマムートマークがありましたよ。

中山乗越到着。
sP20176180030.jpg
そう言えば、前回の最高度地点になるのかも。
今日はぐっすり寝たこともあって調子は悪くはなさそう。

行者小屋が見えてくると、、、
テントが木々の間のスペースにも張られていました。
sP20176180034.jpg
行者小屋周辺のテンバは満員御礼。
かるく口をすすぐ程度の水を頂き。
sP20176180040.jpg
朝食を食べている方や、寝ている方(多分)が多かったと思います。
みなさん前日のうちに登られたのかな。

阿弥陀岳との分岐。
sP20176180042.jpg
今回のコースは文三郎尾根で赤岳、そのまま横岳~硫黄岳~赤岩の頭~赤岳鉱泉です。
土曜に地図を見ていたら、阿弥陀岳に登って、中岳、赤岳、、、
ここ追加しても、十分時間が余りそうだと思ったのですが、家族には先のコースで登ること、また登山届もそのように書いてしまってあったし、計画変更はせずそのまま文三郎尾根で赤岳に登ることにしました。
文三郎尾根に差し掛かる前に小休止。
sP20176180043.jpg
ドラゴンフライ18ℓデビュー。
これは大正解でした^^
ベースキャンプ型の登山で今後とも活躍してくれそうです。
ストックも装備していざ文三郎尾根。

しかしまあなんだ、この登山道は、、、
sP20176180045.jpg
階段地獄やないかヽ(`Д´)ノ
sP20176180047.jpg
sP20176180048.jpg
後半ずっと階段やん(涙)

修業やね、ここ。
たまらんす。

あともうちょっと。
sP20176180051.jpg
なんかいっきに標高をあげるような感じはしていましたが、こう階段が続くと萎えるな~。
でも階段がないと、きっとここは急すぎて登れないとも思うし、仕方ないか。

やっぱり阿弥陀岳登っておけば良かったかな(^_^;)
かっこいい~。
sP20176180052.jpg

遠くに槍様も見えました。
sP20176180053.jpg
文三郎尾根を登りきり、小休止したのち出発。
さすがに階段地獄で足にきましたが、赤岳まで登ってしまえば、そのあとはきっと楽しい稜線歩きのはず。
頑張ろ~。


もうひと踏ん張り。
sP20176180055.jpg

キレット分岐。
sP20176180058.jpg
さすがにストック持って登れるほど器用ではないのでしまいます。
しかしまあ、予想以上の岩場でした。
雨の日なんかはちょっと避けたいですね。
急には見えますが、あせらず登れば特に問題はありません。
むしろ楽しいくらいです。

クサリ場も。
sP20176180061.jpg
落石には注意が必要です。

赤岳に登るまでの間に、下山してくる7~8人くらいのパーティーがいました。
写真のような険しい岩肌を下りてきます。
パーティーのリーダー格の男性、年齢は50後半~60歳前半位の方二人が先に下に、私はその二人の方と下で待っていたのですが、3~4番目位に下りてきた30代前後位の女性の方が、あっっと言ってソフトボール大の石をおとしてしまい、ヒヤッと。
リーダー格の方が声は出していこうと言った矢先に、その後ろの後ろ私と同じくらいの年の男性が、これまた同じくらいの石を落としまして。
らく~。
っとすぐに声は出していましたが、先ほど落石させた女性が、まだ体制を立て直さんと座っているところに石は転がってぶつかっていました。
距離は2~3mほどだったからか、女性の方は何ともなさそうではありましたが、あれはきっと痛かっただろうな。

下りてくる方々に、お待たせしました的なあいさつされたとき、思わず「お気をつけて」と言ってしまった。
笑っていましたが、まあ確かに笑いごとで済みましたが、ヘタすれば大きな事故になったかもしれないし、自分自身気を引き締めなおす出来事でした。

慎重に安全に。
ただ上りながら、うちの次女はきっと喜びそうだな~なんて思いもしました。
結構ビビりの次女も、奥穂ではビビらなかったのは、こういった縦方向移動の岩場なら、周りの景色を見ることなく上に攻めていくだけなので、もしかしたら高度感を感じないからなのかもしれないなと。
多分さくっと上ってしまいそうです。

そんなことを考えているうちに赤岳登頂(*^^)v
sP20176180069.jpg
なんかけっこうあっさり登ってしまった。

富士山もばっちりです。
sP20176180065.jpg

頂上でまったりするにはすこしが狭いので、後から来る人に場所をあけるためにもそそくさと撤収。
次に来るときは雪の赤岳、、、のはず(笑)
そう誓って山頂をあとにします。

赤岳頂上山荘。
sP20176180076.jpg
おお~、ここいつか泊まってみたいな。
夕日も御来光もさぞかし美しいだろうな。
そんなことを考えていると、、、

この写真わかります!?
よ~く見てくださいよ。

雲が山の右側から駆け上がってきているのです。
それが、そのまま反対側の方に流れていく、まさにその最初のどんぴしゃのタイミングでした。
sP20176180079.jpg
sP20176180083.jpg
ちょっと写真では解りにくいのですが、雲が巻くというか、何とも言えない光景に周りの方々からも歓声が。
ここで動画を取るべきだったのですが、スマホはザックに閉まったまま。
カメラの動画も普段使わないし、どれ押せば道が撮れるんだっっけか!?
そうしているうちにまたたくまに雲は流れ辺りはガスガスになってしまいました(>_<)

しかし貴重なものを見れました。
いいわ~σ(゚∀゚ )オレもってるかも!?
調子こき!?思ってしまいましたよ(笑)

しばし雲に見惚れましたが、先に。
というのもトイレがしたくなったのでとりあえず、赤岳頂上山荘に。
sP20176180084.jpg
気温は8度。
私的にはちょうどいいかな。
中に入ると、トイレはタイミング悪く清掃中でした。
なのですぐに出ます。

風もふいてきた。
sP20176180085.jpg

このガスを風が吹き飛ばしてくれればいいなと。
トイレしたいので急ごう。
sP20176180086.jpg
振り返るとガッスガス。
いいタイミングで山頂でしたね。
しかし、雪の赤岳となると、この写真の場所を多分上るわけですよね。
まあまあきついっすよ、この斜度。
これは予想以上に厳しい気がする。
もし、2月の時、無理して地蔵尾根登りきったとしても、結局登頂は無理だったと思います。
あのときの判断は間違いではなかったと確信。
雪の赤岳に登る前に来ておいてよかった。
私が今まで登った数少ない雪山の中で間違いなく一番厳しいものになると思います。
リベンジ、、、
達成するためにも今のうちから鍛えておこう。

さく~っと天望荘。
sP20176180090.jpg
おトイレ休憩後、まったりコーヒーブレイク。
このアトホーム感がまたいい♪
ここもお風呂入れるのですよね、まったく魅力的な山小屋ばかりです。
時間に余裕はたっぷりあるので急がずまったりと。

次は横岳目指します。

地蔵尾根のお地蔵様。
sP20176180094.jpg
首はばっちりです。
地蔵尾根がどのような感じなのかはちょっとわかりませんが、階段地獄ではないことを祈ります。
でも雪の時はどっちにしろ階段は雪の下かな。

これもまた絶妙な。
sP20176180099.jpg

振り返ると赤岳&阿弥陀岳がまたかっこいい♪
sP20176180101.jpg
ガスもいつの間にか無くなっていい感じだ。
これで晴れたら申し分ないな。
そこまで望んだら贅沢ですね。

さてそろそろ横岳に向かいますよ~。
sP20176180102.jpg

思いのほか長くなったのでいったん切ります。
其の弐に続きます。
コメはクローズで。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entryアイ・シャル・リターン!! 其の三。 Older Entryアイ・シャル・リターン!! 其の壱。
プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017