浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 八ヶ岳

アイ・シャル・リターン!! 其の壱。

今日の夕方無事帰宅しました。
良き旅でしたよ~。
早速の更新、明日から仕事だし、余力のあるうちに、そう書けるうちに書けの巻です(笑)


今回のテント泊山行のテーマ。
それは「癒し」です(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)
まあ私の場合、癒しとかまったりとか、のんびりとか、そういうゆる~いのが多いのですが、それはまああれだ、深く突っ込まなくていいいから。
一言でいえば疲れとんねんヽ(`Д´)ノ
もちろん世の中疲れている方はごまんといるのは承知しております。
が、
そこをあえて最近ワンステージ先に行った気がする今日この頃。
ちょっとこの辺で息抜きしておかないとね。
ここ大事ですから(笑)

で、

今回土曜の休日出勤はお断りさせてもらっていました。
ちょっと連休ないとやってられんし。
そしたら振休(有休ではありませんよ)を気を使ってくれたのか月曜にしてくれて三連休となったのですよ。
なので、日程に余裕ができました。

当初は2連休の予定だし残雪の薬師岳テント泊しようと思っていました。
それで連休確定した先週月曜にお天気ナビ見ると土曜(17日)は雪マークもちらほら。
天気の悪い雪中テント泊はちと嫌だな~。
それで少しでも天気の良い山域はないか検討したところ、少し南に。
3連休だし無理も効きます。

しかもファイスブックの山コミュ見てたらこの時期限定の花が良い感じじゃないですか♪
さらにですよ、、、
ここってお風呂も入れちゃう(´∀`*)ウフフ
まさに今回のテーマにどんぴしゃだわ、我ながら冴えてるわ(*^^)v

先週の仕事は妄想で乗り切りましたわ。
金曜22時帰宅。
気を利かせて定時で帰らせれや!!
わりとまじで思ってたのですが、致し方ない。
帰って風呂入って。
ほぼほぼパッキングは済ませておいたので、あとは凍らせておいた食材を入れるだけ。
sP20176160002.jpg
今後2泊3日程度のテント泊山行は、この重さをベンチマークとしてさらなる軽量化で楽してやろうと思っております。

なんだかんだと23時すぎだったかな、出発したのは。
今回は全高速でいきます。
出来るだけ早く登山口の駐車場に着いて仮眠したいのですが、高速乗って金沢越したくらいからもう眠気がやばく、、、
命の危険を感じたので、小矢部SAで2時間弱ほど仮眠Zzz。
眠気もばっちりとれたので出発。
しかし糸魚川ICをこえ、さらに高速をとばしますが、もうあかん、、、
どこか忘れましたが、長野県に突入してしばらく走ったPAで爆睡Zzz。
30分強ほど寝て出発。

結局駐車場に着いたのは土曜の7時前でした。
ま、初日は(というか今山行すべて)時間にも余裕があるし急ぐことはありません。
ただあまり遅いとテンバがいっぱいかも。ここ心配。
なので速やかに出発です。
sP20176170006.jpg
7時20分。
11時~12時の間にはテンバに到着予定。
まったりいこう。

そう今回訪れたのは、、、
sP20176170004.jpg

きちゃった(>_<)
sP20176170003.jpg
そう、2月に惨敗を喫した八ヶ岳。
赤岳よ私は帰ってきた!! (アナベル・ガトー風に)
なのであります。
そのときの記事はこちら。
今回は雪の八ヶ岳ではないので、厳密リベンジにはなりませんが、今後の偵察も兼ねて。
索敵をおろそかにしては勝てるものも勝てませんからね。

というわけで出発です。
ほんとは、やまのこ村駐車場まで行きたかったのですが、週末の八ヶ岳美濃戸口。
甘かったΩ\ζ°)チーン。
あのときはAP隊長がいてくれたから何とも思わなかったのですが、くそ面白くない林道を40分弱とぼとぼと。
sP20176170007.jpg
sP20176170008.jpg
やまのこ村駐車場も、赤岳山荘駐車場もパンパンです。
林道は車高の低い車は厳しいとのことでしたが、普通にセダンやジムニーなどではない普通の軽4も停まっていました。

さて今回も北沢。
sP20176170009.jpg
計画段階で行者小屋と迷ったのですが、翌日の山行行程を考え、先に楽するか後にするか、、、
それとやっぱりあれだ、お風呂
これが決め手です(笑)
大体ほかの登山者の方は南沢に向かわれていました。
おそらく日帰りで赤岳・阿弥陀岳方面に行かれる方が多いからだと思います。
北沢に向かうのは、おれっちのみ。しょぼ~ん(>_<)

まあいいや、2日目の晩飯は小屋飯頂くんや~(´∀`*)ウフフ

赤岳鉱泉が近づくにつれそんな妄想をしつつ、、、
最初の休憩ポイント。
sP20176170010.jpg
そうだ、あの時はもうこの辺りからやばかったんだ、、、
ザックをおろし小休止。
時間に余裕はあるし、無理することもない。
2月のときより3kgほどには軽くなっています。くわえて夏道。
なのにしんどー(>_<)
無理せずゆっくりと。

半分以上はきましたね。
ここまでに追いついた方はソロの方とカップルの方、ご夫婦の方、この位。
多分みなさん、赤岳鉱泉泊、もしくは硫黄岳からですかね。
下ってくる登山者もそれほど多くなく、静かな登山道でした。
sP20176170013.jpg
良い天気だ。
あの時も良い天気だった。
sP20176170014.jpg

出発前に天気の確認をすると、この土曜が一番よく、日曜は終日曇りマーク。下山の月曜は晴れでした。
なので、このあと一気に登ってしまうのが良いのですが、、、
sP20176170016.jpg
お、ついたついた赤岳鉱泉。
今回は足が攣ることもなく無事に到着。
2時間15分程でついてしまった。。

アイスキャンディーはすっかり溶けちゃった。
sP20176170019.jpg


しかし9時半過ぎにテンバって(^_^;)
2月は夏道で2時間ちょいの道を歩くためだけに、福井からあつぷりさんにお供させてしまったのかと思うと申し訳ない気持ちがこみ上げてきた、、、
AP隊長、すみませんm(__)m
もうちょっと歩けるようにトレーニングしておきます。

受付して設営。
sP20176170018.jpg
そこそこいっぱいで、なかなかいい場所がなく妥協して。

みなさん赤岳方面に向かっていきますな~。
sP20176170021.jpg

しらんし。
sP20176170020.jpg
とりあえず一杯ってやつね(笑)

今日はここから一歩も動く気はございません。
だって、、、
テーマはそう、、、
「癒し」だから(爆)

とにかくまったりしたいのよ。
それで小説一冊持ってきました。
sP20176170022.jpg
「ちょっと今から仕事やめてくる」
いやいやそこまで追い込まれてはいないのですよ。
心身をゲージ化するとしたら、、、
心ゲージが満たされ度100%中、70%くらいまで減った感じ。
ただ、、、
身ゲージは、う~ん20%まで減少中。危険水域です。
そんな感じ。
体力的にしんどいっす。
ノルマがどうこうとかいった仕事ではないので。
心の方は休みが取れない=遊べないといったところが大きいだけでそこが心ゲージを減らしているだけ。
年をとったんですよね、リカバリーする力が若いときに比べ格段に減った気がします。
なので、今山旅ではゆっくり睡眠もとって体力回復に努めます。

で、この小説を選んだ理由。
たまたま何かの番組の番宣かCMかで映画化の話をみたのと、出勤時に聞いていたラジオでこの小説の映画化の話が合って、興味がわいただけです。
いつもの歴史小説や、山岳小説と言ったところから離れたいのもあったから。
ちょっとミステリアスな部分と前向きな話なんだろうなと思いまして。
ソロでの山行で、しかもテーマを「癒し」においているのに暗い話もいやですからね。
話の内容は書きませんが、一言でいえば展開は読めてしまいますが、ほっこりした感動の話でした。
北川恵美氏の小説、読みやすく疲れないストレートな感じで(好き勝手いってすいません)気に入りましたよ。
本屋さんに、また別のものタイトル忘れましたが、どーんとおいてあったので、また買ってきて読もうと思います。

こうして小説読んだり昼寝したりのんびりとした初日。
夕飯は食材としてずっと残っていた乾燥白菜とぷちっと鍋すき焼きの賞味期限が過ぎていたので、ここで使ったりました。
sP20176170024.jpg
お腹一杯でほろ酔い。
翌日の用意して19時前には就寝。
日曜は4時半ごろ目覚まし前に自然に起床。
昼寝と合わせると12時間以上寝ていたと思う(笑)
寝過ぎで疲れた気もしますが、朝はアルファ米の赤飯とお吸い物を流し込み出発。
2月に登れなかった赤岳。
まずは行ってきますか。

其の弐に続きます。
コメはクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entryアイ・シャル・リターン!! 其の弐。 Older Entryギア記事でも。
プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017