浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 吉野ヶ岳

2017.5.14 吉野ヶ岳。

ギア記事書こうかなと思ったのですが、その前にこちらを。

14日(日)は夜勤明けになる休みだったので、ガッツもなく、、、
でもそのまま寝てしまうと、もったいないので、負荷の少ない里山。
ついでに越前五山スタンプラリーもという事で、吉野ヶ岳(蔵王山)に登ってきました。

嫁さん誘ってみると、行くとのことで、この日は夫婦登山です。
sP20175140003.jpg
場所が分からなくて、ググったらツギロウさんの記事が検索で出てきたので場所が特定できましたε-(´∀`*)ホッ
さすがは吉野ヶ岳人気復活委員会 福井支部長のムツギロウ氏。地図の画像があって良かった♪
もっと永平寺の方だと思っていましたよ(^_^;)

鳥居横の駐車スペースはすでに先客がいらしたので、ちょいバック。
sP20175140001.jpg
二台ほど止めれるスペースがあったので、停めさせてもらいスタート。
しかし登り始めて、奥の方に駐車場的な場所があるのに気が付きました。
sP20175140006.jpg
まあいっか。

今日も嫁さんのペースでまったり登山。夜勤明けだし疲れていたからちょうどいいです。
sP20175140008.jpg
歩き始めてこちらの石碑。
矢印!?
でもそちらは特に踏み跡はなさげ。でも昔道があったような気がしないでもないです。

こんな感じで残り何mとでるので、嫁さん的にも先が見えて良かったと思います。
sP20175140012.jpg

おお~、なんかの花。
sP20175140013.jpg

こんなのも。
sP20175140017.jpg
花にはさっぱりなので、今年はもう少し勉強したいです(^_^;)

これは多分、紫陽花なんだと思う(^_^;)
sP20175140018.jpg

思っていたよりも、しっかり整備されていました。
車の数からもかなりの人が登られているようです。
sP20175140023.jpg

一旦林道。
sP20175140026.jpg
ここも車いっぱい。
マイナーな山なんだと思っていましたが、なかなかどうして人気の山なのかな。
吉野ヶ岳人気復活委員会 福井支部長のムツギロウ氏の活動の成果がでているのでしょうか。

ここからは階段らしい。
sP20175140028.jpg
ボチボチ行きましょう。
嫁さんも疲れが見えますし。

一の花立地蔵。
sP20175140034.jpg
こちらで休憩。
距離的に長くなく、1時間もあれば登れてしまうようですが、嫁さんにとってはこれでも十分しんどいみたいです。
距離の割に標高が上がるからかもしれません。気のせいかもしれませんが。
富士写ヶ岳では下山でフラフラでしたが、こちらの方がキツイみたいです。
富士写は登り上りは何ともなかったし、悪いイメージはないとのことでした。

もうすぐです。
sP20175140041.jpg

蔵王大権現。
sP20175140058.jpg
立派なお宮さん。
地域の方がたくさん登られていて、草刈り機もって整備されていました。
だから車がたくさんだったのかもしれません。


とりあえず。
sP20175140043.jpg
スタンプ二個目(´∀`*)

せっかくなんで展望台に。
sP20175140045.jpg

展望もないのかと思っていましたが、なかなかの風景。
sP20175140049.jpg
親子連れの方や山ガールのかたも山頂におられました。
トレランの人もいたし、なかなかどうしていい山じゃないですか。
嫁さんは昼すぎから用事があるので、長居してられないのでとりあえず下山。
sP20175140059.jpg
ツギロウさんの記事にも出ていましたね。
3?ヨ?
今度聞いてみよう。

いっきに無事下山。
sP20175140061.jpg
蔵王山 開山1300年。

二時間ほどの山散歩でした^^
私は時間のないときには、いい山かな~と思ったのですが、嫁さんはしんどかったらしく、ここはもういいとのことでした(^_^;)
上り一辺倒だったからのようです。
トレーニングには良いと思うのだけどな~。

目的のスタンプもゲットできたし、夜勤明けの週末、疲れがピークの私にはちょうど良いボリューム。
また夜勤明けに来よう(笑)
文殊山、下市山、そして吉野ヶ岳(蔵王山)。
時間のないときは、この三本柱で行きますよ~(*^^)v
展望広場から、さらに奥の方に進む道が見えたのですが、これはムツギロウさんに一回聞いてみよう。
もしか周回できるのかもしれませ♪

ではまたです。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry最近のギアを少々。 Older Entry2017.5.7富士写ヶ岳。
プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017