浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 次女と登山テント・小屋泊 > 燕岳(燕山荘泊)

Comment (12)  Trackback (0)

今年も次女と残雪の北アに行ってきましたよ。後篇

長い付き合いになる足の裏のうおのめが、指や手の甲にもうつったので、この際治してしまおうと皮膚科に通っているのですが、なかなか時間がかかるみたいで。
皮膚の薄い手の甲は治療数回でずいぶん治ったのですが、看護師さんの話では、足の裏のものは時間かかりそうですね~って。
最低1年は覚悟した方がいいみたいです。
はやく治らないかな~(>_<)



さて続き。

小屋に戻ってからほぼほぼ寝てたので、いったい何時に本格的に眠りについたのかわかりません。
おとなりは私と同じくらいの年齢の夫婦の方で、その旦那さんのいびきがうるさかったのは覚えています(^_^;)
それで次女に聞くと、私のいびきもかなりのものだったらしく、間に挟まれたお隣の奥様はさぞかしうるさかったであろうかと思います。
申し訳ありませんm(__)m
山で泊まる以上、小屋であろうがテントであろうがいびきや話し声は避けては通れないと思うので、耳栓はあった方が良いですね。
いびきをかいて寝ていた私が言うのもおこがましいのですが、しっかり準備していきましょう(^_^;)

朝食は5時、5時45分、6時30分の三回に分けられており、夕飯と違って、どの時間でもおkでした。
この日の日の出は5時ごろらしく、私たちは5時45分狙いの朝食。
夕日は見れなかったので、御来光はちゃんと見よう。
sP20175050094.jpg
たくさんの人たちが御来光を待っています。

遠くに富士山も見えます。
sP20175050097.jpg

そのうち御来光が。
sP20175050106.jpg
今日も良い天気になりそうです。
素晴らしい御来光でしたが、やっぱり一番印象が強いのは、次女と登った三の峰で見た御来光。
ここは次女と意見は一致です。

朝食はこんな感じ。
sP20175050109.jpg
まるでふつうに家で食べるような朝食。
テント泊の朝食ならそうですね、、、アルファ米とかラーメンとか、そんな感じですから、まったくもって幸せです♪
とても美味しかったです。

食後はちゃちゃっと準備して下山。
sP20175050113.jpg
一人一畳のスペースとお布団が保証されたのなら、テント泊よりも小屋泊の方が良いかも~(笑)
だって撤収もそうですが、ご飯の準備もしなくていいし楽ちんですから(^_^;)
そう思わせられた良い小屋泊でした^^

記念撮影。まずは燕山荘前。
sP20175050116.jpg

槍様を遠景に。
sP20175050119 - コピー
コマクサの時期にまた来たいですね。
燕岳というよりも燕山荘目当てで(笑)
良い小屋泊になりました。

sP20175050121.jpg
昨年秋にこの稜線をずっと歩いたことが思い出されます。
この時期でも大天井岳まで行かれる人もいるようで、もう少しレベルが上がったら、私も行ってみたいと思いました。
あの山にも、きっと誰かが今日も登っているのでしょうね。
sP20175050124.jpg
私にはまだ10年早いです(^_^;)


慎重に慎重に。
sP20175050127.jpg
ピッケルでも良かったかな。

sP20175050126.jpg
sP20175050129.jpg
下山するのがもったいない位の天気ですな~。

上りではあんなに時間がかかったのですが、下りではあっという間で合戦小屋。
sP20175050134.jpg
テント泊者も一組いました。
とりあえず、ここまでくればちょっと安心です。
まだまだ気は抜けませんが、滑落の危険度はぐぐぐ~っと下がります。

次女も良いペース。
下りはやっぱり好きらしい(笑)
第一ベンチまでアイゼンつけていようか迷ったのですが、第二ベンチでアイゼン外しました。
アイゼンを外した第二ベンチで休憩したので、あとはさくさくっと下りちゃいます。

第一ベンチで休憩している郵便局の方。
燕山荘にポストあったけか!?
コスプレではないですよね!?
sP20175050138.jpg
かっこよかったので写真撮らせてくださいとお願いすると、画像は好きに使ってくださいとのことでしたので、顔出しで(笑)
お仕事ご苦労様です。


もうちょっと~。
sP20175050139.jpg

無事下山。
休憩込2時間半かからずでした。
登山口でザックをおろして次女に見ていてもらい、私だけ車をとりに。
中房温泉駐車場に停めなおして、着替え持って中房温泉湯原の湯に。
燕山荘で割引券もらったのですが、勘違いしていて、登山口すぐよこのお風呂は、燕山荘とは関係ないみたいですね。
燕山荘グループは有明荘でした(^_^;)
中房温泉湯原の湯は、殺生ヒュッテなどのグループです。

今回の父娘残雪の燕岳は、次女も昨年の蝶ヶ岳テント泊と違いめちゃめちゃ喜んでくれてよかったです。
やっぱり天気が良かったのが一番かな~。
昨年はテント設営したあとからずーっと雪でしたから。
小屋泊も寒くないからと、次女も気に入ったようです。

夕飯の時、燕山荘グループ代表の赤沼氏が御挨拶にと、映像を踏まえてお話をしてくれました。
その中で、特に子供にはたくさん山に登ってほしいといっておられました。

学校の授業は聴いたり書いたりと覚えること主体ですが、山では自らが感じる事、感性を育てられるから。
山に登っていると、しんどいな、まだつかないのかな、もうやめて下山しようか、、、
そう思う事たくさんありますが、ぱっと開けた稜線や頂上につくと、気持ちが昂揚し重い荷物のことが忘れて元気になる。
そういったことがないかと。
そのような経験は自分の足で登ったものにしか味わえないもので、そんな体験をたくさん積ませてあげてほしい。
こんな感じだったと思います。

合戦小屋から合戦の頭まで上り、ぱっと開けた稜線。
そこから見えた槍ヶ岳と北アルプスの山々を見た次女がまさにそんな感じでした。
一気にテンションが上がり元気になりましたから。
次女も、つきあいで仕方なく登っているんだか、ほんとに登りたいんだか分からない感じですが、たまについてきてくれるのは、こういった経験をし、何か感じるものがあるからなのかもしれません。
私はと言えば、そんな次女が楽しそうに山に登っている瞬間を見るのが嬉しいのですよね。
私の感性も次女といっしょに育っているのかな~と思います。

これから部活も本格化し、次女も忙しくなり、山にいっしょに登る機会は限られてくると思いますが、タイミングが合えば北アルプスのどこかに登りたいな。
そしていっしょに感動を味わいたいです。

この後は、私の登山靴を買いに、松本の石井スポーツに。
テント泊装備を背負った縦走用として、カチッとした靴が欲しかったんですよね。
まえに同じ松本スポーツで冬靴のセライGTXを購入したとき、購入予定の靴は決めており、ばっちりためし履きもしてありました。
それで、買ってから福井に帰るつもりでしたが、残念なことに、石井スポーツ松本店には、すでにその靴はなく、、、
松本パルコ内の好日に見に行くと、お目当ての靴があったので買ってかえりました。

その後は、白馬のノースフェイスグラヴィティによって、これまたお目当ての商品、試着。
お買い上げ~です(´∀`*)ウフフ
山に登ったし、がっつり買い物もしたし、仕事のストレス抜ける抜ける(笑)
sP20175050141.jpg
次女はこの建物がおシャンティ、こんな感じのうちに住みたいと言っていました。

あとは安全運転で福井まで。
またも次女と良い山旅ができ感謝です。
とっても楽しかった~♪
夏休み、また次女が北アに付き合ってくれること願って。
それとなくリビングなどに登山雑誌を置いておく作戦決行しようと思います(笑)

今年も次女と残雪の北アに行ってきましたよ。後篇おわりです。
ではでは^^/

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry2017.5.7富士写ヶ岳。 Older Entry今年も次女と残雪の北アに行ってきましたよ。前篇
Comments


小屋に泊まると利点が多いですね。
富士山が見えるのも凄いけど、ご来光は素晴らしい!
登った者しか味わえない景色ですから最高ですね!
登山は体力も必要でしょうが、精神力の鍛錬にはばっちりですね。
これからの人生で辛い事があっても、乗り越える事が出来ると思います。
帰りに登山用品の買い物もできてストレス解消ばっちりですね!
今回も次女さんと思い出に残る燕岳登山、燕山荘宿泊で良かったですね(^▽^)/

ゲンジさん、こんにちは。
ほほぉ〜燕岳からはお槍様が見えるんですか!
おかしいなぁ?ワタクシが行った時は、
二回とも白い幕しか張ってなかったんですけどねぇ(笑)
冗談はさておき、次女さんとの親子ハイクお疲れ様でした。
私達のような老眼おっさんコンビと違って、
今回もブログから爽やかで優しい風が吹いて来ましたよ!
次女さんとのお槍様登頂も、きっと現実になりますよ。
ええ、ワタクシ近くの物は見えませんが、
遠くの事は分かるんです(笑)

PS 次女さんは写真のセンスもありますね〜
山の切り取り方とか感心しちゃいました!
おつお疲れ様でした
流石、燕、綺麗ですね~!
お目当てはイルカ岩、なんだか可愛いくってほっこりしました。
お子さんと登れるなんていいですね。
パパが大好きなんでしょうね☆
パパのストレスも抜けたご様子ですね(笑)


娘さんとの山行素敵でしたね!
写真がまた素晴らしい(>_<)!!
実際の景色は、何百倍も素晴らしかったのでしょう(o^^o)
大切な人と感動を分かち合うことは、人生の中で一番大切な事だと思います。
娘さんも、これから忙しくなると思いますが、今回の体験は、彼女の心の故郷の一つをなったと思いますよ。
ゲンジさんも、心と身体が進化していますね〜!
魚の目、早く治らないとね(>_<)
それにしても、帰りに登山靴と???を買うとは!
恐れ入りました(^_-)
最後に、物欲情報
既にチェック済とは思いますがσ(^_^;)
「アウトドアアクティビティの軌跡を3Dで記録できる新ソーラーウォッチ」
https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/land/landtracer/special
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
こんにちは。
プライベートを重視するのならテントが良いのですが、かわりに荷物は重くなるんですよ。
一長一短使い分けていこうと思います。
自転車も同じだと思いますよ。
ビーカブさんのヒルクライムのストイックな姿を想像すると、体力だけでなく負けない精神力も必要なんだろうなと思いますもの^^d
なにげに買い物ってストレス発散ですからね(笑)
次女とまたいい思い出つくりができました♪
Re: タイトルなし
> ツギロウさん
こんにちは。

(`ω´)グフフ
ツギロウさんは燕岳には、そっぽ向かれてますよね。
なのでかわりにその姿を見ておきましたよ(笑)

いえいえ、ツギロウさんと一号さんの山旅もいつも楽しそうです。
新しい山域にどんどん挑戦していきますよね。
ツギロウさんはいつも目標になりますよ~^^

今のところ槍様は見るだけで、登らんっと言っていますが、まだ時間はあります。
少しずつ洗脳していきます(笑)
写真私も上手に撮ったなと思いました。
私の登山雑誌なんかの画像見て、なんとなくこうやって写真撮るんだろうなと感じているのかもしれませんね。
Re: おつお疲れ様でした
> へいほーさん
こんにちは。
ありがとうございます。

イルカ岩は、雑誌で見ていて気になっていたようです。
しかし実際に見て見ると、ほんとにイルカみたいだね~、、、、終わり
そんな感じでした(^_^;)

次女とは良好な関係が取れている気はします(笑)
ストレス発散には良い旅となりました^^
Re: タイトルなし
> koro156さん
こんにちは。
ありがとうございます。

景色は最高でした。やはり天気が良い高い山はたまらんものがありますね^^
私にとって次女との登山は忘れることはないですが、次女はどうかな~。大人になっても覚えていてくれたらとてもうれしいです。
今回は奥穂に次いで感動したらしいので、きっと覚えていてくれると期待しています(笑)

必要なものは手に入れておかないと、いざというときに困るので。
でもこれで、あらかたそろいました。
あとは消耗品だけかな。

時計は今使っているものがシンプルで使いやすいので、今のところこのままいくと思います(`・ω・´)ゞ

ゲンジさん こんにちは

小屋から富士山が見えたんですね。
それに素晴らしいご来光です♪天気もバッチリ!

そういえば昨年に僕が燕岳に行ったとき、
学校行事で小屋泊されてた高校生の団体さんの前で
赤沼氏がホルンの演奏されてたの思い出しました。
子供たちに少しでも山に関心をと思われていたのかもしれません。
うちの娘は今のとこ全く山行に興味持ちませんが、
なんとか今年は文殊山デビューさせようと思っています(笑
Re: タイトルなし
> としパパさん
おはようございます。
ありがとうございます。

今年は天気は申し分なかったですよ、六甲もね^^d
赤沼さんの思いが反映されているかのように、うちいがいでも子供登ってましたよ。
うちの子は中一ですが、ほかにも同じくらいの年の女の子もいたし、小学校低学年の男の子も登りですれ違ってびっくりでした。
きっとどの子も感性が磨かれたと思います。

娘さんと文殊山デビュー良いですね^^
実現できます様に^^/

ゲンジさん、こんにちは。

5月のアルプスは、まだ雪ですが、いい景色ですね。
天候にも恵まれて何よりです。

小屋泊でも、ベットが別々ならいいですね。今年は夏に燕岳行ってみようと思ってます。

槍ヶ岳か、、、いつか行ってみたいですね^^
Re: タイトルなし
> やまびこさん
おはようございます。

GWの燕岳は天気に恵まれました。
昨年が厳しかったからかも。

一人一畳が確保できれば小屋泊は良いと思いましたよ。
槍、行ってみたいですよね~^^/






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017