浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 銀杏峰

Comment (10)  Trackback (0)

白と青。

卒業シーズンですね。
我が家は長女次女が卒業となります。
二人とも卒業式は泣くのかな!?
まあ、うちの長女は泣きそうにはないです(笑)でも次女は泣くかな~。
卒業も次のステップ、4月からは各々が新入生。
小学校より、中学、中学より高校、大学と上の学校にいくたび楽しさが倍増した気がします。
長女次女もきっと楽しい学校生活を送ってくれるでしょう。
なんだかうらやましいです。


さて、日曜は週一登山しっかりできました。
行先は銀杏峰です。
先週に登ろうかと思っていたのですが、一週ずらしました。
それはですね、次女と登ろうと決めていたからなんですよ^^

次女は晴れなら登ってあげると、めっちゃ上から言われてしまいましたが、見事に晴れまして約束通りついてきてくれました。
雪の銀杏峰山頂の景色を見せてあげたかったんですよね~。
というわけで行ってきました。
sP3120001.jpg

てっきりキャンプ場スタートと思っていたら、林道は雪で通行不可。
すでにたくさんの車。
道路脇にも車があり、雪の銀杏峰は人気です。
しかも晴れ間違いなしですからね。
六時半スタートでしたが、先行者もすでに何名もいるようです。

sP3120002.jpg
前日の土曜も天気が良かったので、きっとトレースはばっちりだと思っていましたが予想通り。
これは楽できそうです。
先行者の皆様に感謝です。
自分のため、いやいや娘のためにトレースの期待できる日曜を狙ったんですからね、そういう事にしておいてください(^_^;)

林道から登山口までのショートカットにすでに四苦八苦の次女。
sP3120003 - コピー
大丈夫ですか。まだ先は長いよ。

名松新道登山口へのハシゴのところ。
sP3120005 - コピー
ほんの少しだけ登ったのですが、次女は足の置き場なんかにも困っているので、一旦下りてアイゼン装着。
私はツボ足で登ります。
最初急ですからね、アイゼンを林道から履かれているかたも多数おられましたよ。
大体ここで7時過ぎくらいだったかな。

ほんと初めが急なんですよね^^;
sP3120007.jpg
最初からこんなに雪がある銀杏峰も初めて。
といっても昨年デビューなので、それほど来たこともないのでえらそうなことは言えませんが。
でも、なんだかんだと昨年より雪が今年は多いのだと思います。

夏道なら、一旦林道にでて登山口からなのですが、しっかりショートカットができていました。
しかし今日は素晴らしいお天気が期待できそう^^
sP3120017.jpg

はごろもの松を通り、冬道は仁王の松の裏に出ました。
sP3120018.jpg
裏から見る初めての仁王の松。
ここで小休止。

次女に無理のないよう、次女のペースで登ります。

今日は荒島岳も凄い人出だろうな。
sP3120021.jpg

前山手前から一気に急になるよっと次女に伝えておきました。
sP3120020.jpg
予想通りここは厳しい。
私もアイゼンを履こうかと思ったのですが、まだツボ足で頑張ります。
ここまで余裕すら感じた次女でしたが、前山手前の急登でビビり気味。
しかし、この前の伊吹山よりはましなようで、一歩ずつマイペースに進みます。

前山到着。
sP3120025.jpg
ここで小休止。
目指すはあの奥ですよ。
次女には、一番厳しいところは乗り切ったからと伝えると、安堵の表情も。
充分休憩したのち出発。

私も次女も途中からフリースを脱いで、アンダーの上に速乾ロンTでしたが、さすがに前山越すと風も出てきてすぐにフリースを羽織りました。
シェルまではいらなかったです。

最後までツボ足でいけると思ったのですが、念のため私もアイゼン。
sP3120026.jpg
上りに関しては、多分アイゼンは必要なかったと思います。
それほど踏み固められた高速トレースでした。

もう天気も良いし、テンションはだだ上がり。
次女は疲れたの連発。
そう言うなって、もう少しですから。

他の登山者の方を抜いたり追い越されたりとデットヒートを繰り返しつつ。
sP3120028.jpg
sP3120029.jpg
sP3120030.jpg
sP3120031.jpg
霧氷は見れませんでしたが、太陽の光と雪が相まっていい感じでしたよ。

この樹林帯を抜けると、一気に景色は広がります。
sP3120034.jpg
ツギロウさんがブログで書かれていた、どこかの惑星のような風景。
まさにそうですよね。
だけの世界。
(人´∀`).☆.。.:*・゚
これを娘に見せたかったのですよ。

多分、降雪量を測るための棒かなにか。
sP3120039 - コピー
ここで次女にポーズは?と聞くとガッツポーズ。
次女のテンションもかなり上がったようです。

山頂が見えますよ。
しかし凄い風景です。
しかも青空。
sP3120045.jpg
次女も凄いと喜んでくれました。
頑張った甲斐があったね。

プチモンスター。
sP3120047.jpg

頂上v( ̄Д ̄)v イエイ
sP3120051 - コピー
sP3120052 - コピー
次女のペースもつかめず、4~5時間程かけてゆっくり登ろうかなと思っていたのですが、9時半過ぎたくらいに頂上に。
これは、、、
いけるかも!?
そう部子山に!!
先行者の方のトレースはまっすぐ部子山に向かっています。
ちょうどほかの先行者もワカンを履かれていました。
よそい我々も行こう!!

っとちょっとだけ極楽平の方に足を踏み入れましたが、スノーシュー疲れるから嫌だ~、というかすでに疲れた~。
sP3120053 - コピー
という次女を無理に誘うわけにもいかず、部子山の手前は急だと仲間のみなさんにも教えてもらっていたし、無理は禁物。
部子山はまたこんど、来年かな。
楽しみは取っておきました。

ここまでのvサインでした(^_^;)

ゆっくり下山しますか。
ああ~
sP3120054.jpg
部子山、これってビックチャンスなのに。
後ろ髪魅かれるわ~。
今日この時間帯に銀杏峰に来られている方は、ほぼほぼ全員部子山狙いですよ。

撤収前に。
sP3120057 - コピー

銀杏峰ブルーです。
sP3120064.jpg
ああ~、部子山。
登りたかったな~って次女に女々しくも訴えますが、また一人で来たらいいよっと言い放たれました(;´д`)トホホ…
下山中ぞくぞくと登られてくるかたに、もう部子山までいった!?とか、早いね、もう帰るのとか。
いやいや、今日は娘連れなので銀杏峰までなんですよ~(>_<)
来年は部子山周回してやるぞ~っと誓いながらの下山でした。

山頂は風もあって寒いから木がいっぱいあるところでご飯にしようと次女から提案され、少し下ったところでテーブル作ってランチ。
sP3120067 - コピー
締めるところは締める、二割引きのクリームパンです(笑)
それとアカン子でカップードル。
冬山で温かいものは美味さ倍増です^^

では下山。
sP3120073.jpg
前山からの下りは急です。

下りは早いっすね。
sP3120074.jpg
sP3120075.jpg

お疲れ様でした~(*^^)v
sP3120076 - コピー
終始晴れの銀杏峰。
なんだかんだと銀杏峰山頂を含めて天気が良いのは初めてだと思う。
良い日に登れました。
次女もしんどい言いながら、頂上での風景には喜んでいました^^
ペースもそれほど悪くなかったです。

MAX標高1440.7m(銀杏峰山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
378m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-552m/h
積算高度 上昇(m)
1100m
積算高度 下昇(m)
-1088m
行動時間(休憩込)
5時間40分

私たち親子にしては上々。
頑張ったご褒美にヴィオのミスドでシェイク買って帰りました。
今シーズンの銀杏峰はラストかな。
また来シーズンよろしくお願いします。
次女様もついてきてくれるかな~、さすがにもう無理かな(^_^;)

終始天候に恵まれた快適な雪山親子登山でした。
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry2017.3.19文殊山。 Older EntryALTRA ローンピークという選択。
Comments


なんと!次女さんと一緒に雪の銀杏峰登山に行かれたんですね!
それも天気に恵まれホントに白と青の世界ですね!
ペースも次女さんに合わせて、余裕の銀杏峰登頂だったんですね!
他の方達が部子山に行かれても次女さんの体調を気遣って下山とは流石です!
そこで無理しないのが次に繋がるんですもんね。
娘さんと一緒に親子登山ってメッチャ羨ましいです。
楽しい思い出がまた一つ増えて良かったですね(*^▽^*)

ゲンジさん こんにちは。

白色惑星ゲナンポの探査任務遂行おつかれさまでした。
次女さん、地球を飛び出して、とうとう宇宙に行っちゃいましたね(笑)
いや、ホントにスゴイです。
もちろんお父さんのお導きの賜物でもあるんでしょうけど・・・
これから暖かくなると、ますます楽しみですね!
お嬢さんに素敵な山旅を、これからもどんどんプレゼントしてあげて下さい。
あっ、いや、毎回プレゼントをもらってるのはお父さんの方かな(笑)

ゲンジさん、こんにちは。

いい天気でよかったですね。
樹林帯を抜けたところの雪の景色はいいですね。行ってみたいです。

僕は鈴鹿に大分春が近づいてきているので、明日は入道に福寿草を探しに行こうと思っています^^

こんばんは。ゲンジさん。
娘さんと銀杏峰ですか!!仲睦まじくてうらやましい限りです。
嶺北ののお山はまだまだ雪たっぷりですね!海老の尻尾も強烈ですし・・(笑)
嶺南はぼちぼち、足元のツール選びに悩ましい時期となってきました!

ゲンジさん こんにちは

同じ日に奥越でしたね~。

9時半に山頂なら時間的に部子山目指したくなりますよね。
ガスもなくトレースも踏まれててとなると尚更かもしれませんが
でも無理は禁物、また次回の楽しみですね(^^

雪の伊吹山や銀杏峰登頂、娘さん頑張りましたね!
ん?もしかして真の"鬼教官"はゲンジさんなのかも(笑)
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
こんにちは。
とてもいい天気で、地元の冬山に次女がついてきてくれるのは、これがラストだと思いますので頑張ってきました。
次につながればいいのですが、夏の北アルプスが次女との登山はラストだと思います。
さすがに中学になるといろいろ忙しくなりそうで、里山くらいなら運動の延長でつきあってくれるかも(笑)
いい思い出になりました。
Re: タイトルなし
> ツギロウさん
その先の探査任務は未到達となってしまいましたが、天気が最高に良く今まで登った銀杏峰では一番でした^^d
次女がさらに進化してくれたらいいのですが、ラスト登山までのこりわずかになりそうです(>_<)
今後は三女を洗脳したいところですが、、、
これが難しそうですよ(^_^;)
Re: タイトルなし
> やまびこさん
こんにちは。
天気は申し分なかったです。
鈴鹿の山もそろそろ雪も溶けて春らしくなってきたのではないでしょうか。
福寿草今年も見にいこうとは思っていますよ^^/
Re: タイトルなし
> 居酒屋与太郎さん
こんにちは。
今年の夏までは次女は山付き合ってくれそうです。
三女を山の世界に誘いたいところですが、なかなか難しいですよ(^_^;)
春の気配が近づいていますよね^^
Re: タイトルなし
> としパパさん
こんにちは。

荒島だったんですよね。
結構迷ったのですよ、きっと登られているとは思いました(笑)
部子山はまた来年にとっておきます。
テント泊周回で来たらいいとは思うのですが、担げるかな(>_<)

次女も前山手前までは良いペースでしたが、そのあたりからペースダウン、でも頂上では喜んでくれました。
しかし今後雪山についてくるかは微妙でした(^_^;)






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017