浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 八ヶ岳

Comment (8)  Trackback (0)

ブルーブルーブルー!! ~前篇~

気温10度越えたり、また寒くなったりと、はっきりしないお天気ですね。
暖かい春が待ち遠しい気分でもありますが、雪山もまだまだ登れていないし。
欲しがりかってな感じです(笑)


さて、遠征の行く先はと言うと。
八ヶ岳です<(`^´)>

仕事が忙しい中、なんとか有休もとれまして。
山も大事ですが、なにより心の休養が欲しいのですよ(>_<)
日常からの解放!
これ大事ですからね、旅気分で行ってまいりました。


山仲間にお誘いをかけたところ、PBAP隊長こと、あつぷりさんがご同行してくれることになりました。
まあまあ急だったし、ソロかな~っと思っていたので、これはとても心強いです^^
当初は日曜に、赤岳鉱泉テント泊、翌日赤岳アタックでしたが、月曜が風が強く、日曜のうちに赤岳に登ってしまい、そのあとはテンバでまったりという計画になりました。
なので、少し予定より早く福井出発。
インターを21時出発で、6時までには美濃戸口駐車場に着く予定です。
そうそう、今回も、あつぷりさんの画像をたくさんお借りしておりますm(__)m


とうわけで行きましょう。
s0002_xaklarge.jpg
夜勤明けの土曜は、昼過ぎから就寝し、夜の運転に備えバッチリ。
しかし、まさか雪が降っていたとは思ってもいませんでした。
高速も糸魚川インターに近づくにつれ、雪は激しさを増し、インターを降りてからもなかなかの降雪。
ですが、糸魚川~白馬間の道程は、私がスキーをしていた20代のころに比べたら、トンネルができていたりと道もかなり良くなっていて、快適に進めました。
あつぷりさんも、出発時間近くまで仕事をしてたにもかかわらず、起きていてくれて、話も弾み楽しい雪のドライブでした。

深夜3時ごろに八ヶ岳山荘 美濃戸口駐車場に到着。
2時間程仮眠してから出発です。
sP2190004.jpg
駐車場は6~7割近く車が停まっていました。

sP2190001.jpg
入念にGPSそして地図をチェックするあつぷりさん。
頼もしいっす^^d

では行きましょう八ヶ岳ブルーはもうそこまで来ていますよ♪

林道を1時間程、一応この林道は車でも走れて、赤岳山荘までは行けます。
しかしチェーンを装着した4輪駆動じゃないと厳しいとは思いますね。


sP2190006.jpg
天気は申し分ない、風はそれでも20M越えの強風のようですが、晴れは間違いないです。
コースタイム位か、もうちょっと早かったかな、そんなくらいで林道終点まで。
sP2190012.jpg

いよいよです。
まずは赤岳鉱泉まで。
北沢ルート。

林道は堰堤広場まで続きます。
時々ショートカット。
s0016_xaklarge.jpg


ここまでそれほどきつくはありません。
ただ林道はがっつり凍っており、つるっつるでした。
アイゼン履いても良い位かも。
あつぷりさんが、最初チェーンスパイク、途中からアイゼンと言うレポを事前に読んだらしく、なんでかなと不思議に思っていたのですが、このアイスバーンの林道をチェーンスパイクでという事かと、納得されていました。
なるほどです。

林道終点から北沢ルートで赤岳鉱泉までも、急な箇所も全くなく、それはもう雪の集団登校のような感じ。
まったく厳しさを感じないのですが、、、、
全く調子が上がらないΣ(゚д゚lll)ガーン

雲も見えますが、それもすぐに消え去り、それはもう素晴らしい青空が見えます。
sP2190018.jpg
八ヶ岳ブルー(人´∀`).☆.。.:*・゚

しか~し、私はと言うと、、、
s0029_xaklarge.jpg
もういっぱいなのですよ(;´д`)トホホ…

テンションだだ上がりのあつぷりさんとは裏腹に、イマイチ乗り切れない私(>_<)
久々に重いテント泊装備。
16㎏強を担いできました。
これが悪かったのかな~、、、
やっぱり雪道で、地味に体力を削られているのかな、、、
写真を撮る余裕もなく。
ペースも速いわけでもないのに、、、

s0032_xaklarge.jpg

なんだろう、このしんどさは(>_<)
途中の堰堤広場辺りですっかり足は終わった、、、、
ペースを上げると太ももが攣る、、、
膝がしら上の、筋肉が変にのたうちまわるというか、、、
もうとりあえず、赤岳鉱泉まで。
まずはそこしか頭になかったです。

赤袋も鉱泉に着くまでに2袋をあけた(^_^;)
でも全く効かず。
あつぷりさんに励まされ、なんとかここまでこれた。
sP2190021.jpg
これがアイスキャンディーか。
目の前に飛び込んできたアイスキャンディーに、やっと着いたと感動よりも、むしろ安堵の気持ちが先にきました。

荷物をデポして赤岳アタック。
そのために、まずは適当な場所に片方のテントをさくっと設営して荷物を放り込む予定でしたが、いい感じで並んでテントを張れる場所も見つかったため、テント設営。
しかし、足先が冷たい。
というか、体中冷たい。
汗も冷えたのか、設営中はとっても寒かったです。

10時に赤岳鉱泉出発の予定でしたが、15分程の遅れ。
しかしこれはテント設営は考えてなかったので、まあなんとかななる。
設営している間に、足が回復してくれればよいのだが。
コムレケア効いてくれるか。
テントを設営したことで、一気に荷物は軽くなりました。
必要な荷物だけを背負って、赤岳に。
まずは行者小屋を目指しました。

つづく。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entryブルーブルーブルー!! ~後編~ Older Entryただいま~。
Comments


ゲンジさん こんばんは

ううう・・・足、どうしちゃったんでしょうね。。。
太もも前の筋肉、僕だと踏ん張ったときや変に力を入れたりすると
時々攣るような違和感があります。
もしやアイスバーンの林道のとこでザック重いし転ばないようにと
余計な力が入ってたのかもしれませんね。

僕も登り始めから体が重くて調子悪いときあります。
大丈夫と思ってもなかなか回復しない時もありますし、
特に冬山は無理しないのが一番ですね。

お忙しくても有給取れて良かったですね。
赤岳鉱泉まで北沢ルートを16キロの荷物背負って頑張られたんですね!
調子が良くなかったとは疲労が溜まっていたのかな?
太ももが攣って辛かったでしょうね。
それでも頑張られたゲンジさんは凄い!
テント設営で荷物が軽くなったから、チョットは復活されたかな?
続き楽しみです!(^O^)

ゲンジさん 遠征お疲れさまでした。

ワタクシも仮想テン泊装備でこの冬銀杏峰登った時
せいぜい14kgほど、ラッセル無し、だったにもかかわらずマジで前山で帰ろうと思ったほどシンドかったので、ゲンジさんの困惑とツラさ・・・分かる気がします。同じザックを担いでいても、無雪期とは全く違う疲れっぷり・・・???しか浮かんできませんよね~
まっ、ワタクシのバヤイは、お正月に蓄えたお腹周りのウェイト2kgも悪さしていたんだと思いますけど(笑)
予断を許さない後編、公開お待ちしています!

ゲンジさん、お疲れ様です。

八ヶ岳ですか。テン泊いいですね。
16kg担いで八ヶ岳・・・・・

僕は体力的にとても行けそうにありません(笑)

16kgぐらいはウェイトを落として、夏チャレンジします^^
Re: タイトルなし
> としパパさん
こんばんは。
今回は、いや今回も準備不足が原因だったと思います(>_<)
もう少し歩きこめたら良かったのですが。
林道も凍っていて、そこで変に力が入っていたのもあったのかも。
荷物は軽いに越したことはありませんよね(笑)

これからも無理なく頑張ります(`・ω・´)ゞ
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
こんばんは。
赤岳の小屋までは、ぎりぎり頑張れたのですが、今回はそこでいっぱいでした(^_^;)
ビーカブさんのように、もっとストイックに練習しなけらばならないと実感中です。
続き早くかかなきゃ(>_<)
見てやってください^^/
Re: タイトルなし
> ツギロウさん
こんばんは。

そうなんです、テン泊装備重すぎました。
でもなにより歩きこみ不足だったと思います。
ツギロウさんなら、小屋までテン泊装備は楽勝ですよ。
ツギの機会は是非皆で登りましょう。
私は小屋泊かもしれませんが(笑)
Re: タイトルなし
> やまびこさん
こんばんは。

小屋まで担ぎ上げるのでやっとでした(>_<)
週一登山は欠かさずにトレーニングしたいです。

夏チャレンジですか、始動し始めたら、今度こそご一緒できたらいいですね^^/






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017