浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 常念山脈縦走(燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳)

Comment (8)  Trackback (0)

2016.秋のパノラマ銀座縦走 大天井岳~常念岳編

ではでは続き。

ウトウトと眠りについた燕岳のテンバ。
これがまあ寒い、寒すぎる(>_<)
どうやら気温は氷点下。
22時過ぎに起きてしまった、、、

それからというもの、1~2時間浅い眠りについては~起き、また寝ては~起きの繰り返し。
まったく寝た気がしませんでした。
モンベルのダウンシュラフの♯3にダウンにダウンパンツ、ダウンシューズを着込んで寝袋に潜り込んだのですが、保温が足りない。
GWの蝶ヶ岳と同じ装備、それでGWよりは暖かいはず。
余裕を持ったつもりですが、どうも違う。
そうだサーモリアクターがないんだΣ(゚д゚lll)ガーン
効果があるのかどうかわからないサーモリアクターですが、少しは効果があったんだ、きっと。
もうひとつ、、、
エマージェンシーシートをしいていないんだΣ(゚д゚lll)ガーン
エマージェンシーシートをテントの床面にひくと、地面からの冷気をかなり遮断してくれるので、こちらは効果てきめんなのですよ。
そんな大事なエマージェンシーシートを持ってきていないなんて、、、
俺のばかOrz
ないものは仕方ないですが、睡眠不足は美容に悪い、、、いや山行そのものに影響します。
へたしたら命に関わること。
肝に銘じました。大きく反省です。

結局目覚ましに頼ることなく、ほかのテント泊の方の目覚ましを合図に行動開始。
朝ご飯(アルファ米)をかきこんでると、外から御来光が良いね~、なんて聞こえたので急いで外に。
sPA130068.jpg
今日も天気は良さそう。

sPA130070.jpg


朝日を浴びてテンションはかなり上がったものの、寝不足続きの二日目。
これが山行に影響のないわけはない。
しばらく歩いただけで、疲れがしっかり体に残っているのが分かります。

燕岳。また来ますね。
sPA130073.jpg
さあ行こう。

槍に向かって歩いていくようで、なんか頑張れそう。
sPA130078.jpg

そう、頑張れそうなだけ(^_^;)

冬ルート。
sPA130082.jpg
雪が降ったら冬ルートも歩いてみたいですね。


とりあえずここまで。
sPA130086.jpg

そしてぐ~んと標高を下げてしまうのですよ(涙)
sPA130088.jpg
ほぼほぼフラットの稜線歩きなのかと思っていましたが、そんなわけない。
打ち砕かれました(;´д`)

大下りをくだり、また上る。

今日一番の難所!?
sPA130094.jpg
クサリ場です。

sPA130095.jpg
喜作新道を開いた小林 喜作氏のレリーフ。


さて後はここを上るだけ。
sPA130097.jpg
もう足は全く上がりません(;´д`)

大天井荘まであと500m
sPA130100.jpg
でも全くダメダメ。
写真を撮っている余裕もなく、、

すると、、、
sPA130101.jpg
初ライチョウやないか~♪
といっても、一度立山のみくりが池の近くで、かなり遠くにライチョウを見たことはあるので二回目なのですが、自分で見つけ、しかも至近距離ということで、これが初めてにします(笑)
急いでカメラを構えるも、後ろ姿しか取れなかった。
でも、これで少し元気が出ました。

そしてまたしばらく歩くと、、、

またでたか~(´∀`*)ウフフ
sPA130107.jpg
しかも二羽。
sPA130109.jpg
テンションあがるわ~。
ふくらはぎおかしなことになってたけど、元気でるわ~。
このあと、最後の力を振り絞って大天井荘まで。

着いた瞬間、ザックをおろし、山荘に。
いやまてまて、まずはトイレ。
ここのトイレはとっても綺麗でした♪
もちろんチップも忘れずに。

そして再び大天荘にて補給。
チーズケーキとコーヒー。1000円なり~。
なかなか高級なコーヒーと見た(笑)
なかで食べますかといわれたので、遠慮なくなかに。
sPA130110.jpg

雰囲気が良い食堂。
ああ~、今日はここまで。
って言ってしまいそう。
sPA130111.jpg
燕山荘と大天荘は同じ経営者なのですよね。
人気抜群の燕山荘に負けず劣らずな感じがしました。
ストーブにあたらせてもらい、ここまでの疲れもだいぶとれた、そんな気もする。

ヘタれなわたくしは、ケーキセットを運んできてくれたお姉さんに、ここから常念岳って下り基調ですよね(゚д゚)(。_。)
念を押すかのように訪ねたのですが、まあフラットって感じなのかな、っと教えてもらいました。
少なくても燕山荘からここまでよりはずいぶん楽だと思いますよっと言われたので、やっぱり常念小屋のテンバまで頑張ることにしました。

そうと決まれば、まずは大天井岳。
sPA130113.jpg
大天荘から10分かからないかな。

いや~眺めは最高(´∀`*)ウフフ
sPA130118.jpg
sPA130119.jpg
v( ̄Д ̄)v イエイ
sPA130121.jpg
360℃遮るものは何もない頂上はさむ~い。
この日も風は冷たく、氷点下ではないと思われますが、気温は2~3℃位だったと思われます。
なので、ベースレイヤーにメリノロンT、フリース、シェル。下は長パンの上にレインを履いています。
汗っかきのわたくしが、これだけきてもほぼほぼ汗はかきませんでした。

では、いざ常念に!!
大天荘には泊まってみたいな。また来ますね~。
sPA130125.jpg
さあいこう。

sPA130126.jpg

お姉さんに教えてもらった通り、ここ空常念小屋まではボーナスステージのようなトレイルが続きましたよ~。
sPA130127.jpg

涸沢ズーム!!
sPA130129.jpg
sPA130130.jpg

喜作新道。表銀座、来年歩いてみたいです。
sPA130132.jpg

この廃道が気になった。
sPA130135.jpg

常念の方から見ると、喜作新道との間にもう一本の稜線トレイルがみえます。
地図には乗っていませんが、昔はなにかしらの道だったのだと思います。
何処につながるのだろう?

見えた常念小屋と常念岳。
sPA130143.jpg
下がって上る、、、
調子に乗って蝶ヶ岳まで、な~んて妄想もしたのですが、あつぷりさんに常念の上りも結構きついよと教えてもらっていましたが、まさにそんな感じ。
あっさりやめ。
やっぱり今日は常念のテンバにお世話になります。

燕山荘のテンバから5時間49分で小屋到着。
コースタイムは6時間40分のようですから、まずまずかな。
大天荘から常念小屋までで稼いだのでしょう(笑)

まずはお昼ご飯。
小屋じまいも近いためか、そばとうどんしかないとのことでしたが、ここは常念ソバに。
sPA130145.jpg
美味い♪
ついでにストロベリーのソフトクリームも。
ここは写真押さえる前に食べちゃった(笑)

補給完了。
では手続き済ませてテンバに。
テンバ一番乗りで、風の影響を最も受けない場所をキープ。
sPA130146.jpg
トイレも近いし、臭いもなし。問題なしです。

テンバはこんな感じ。
sPA130147.jpg
テンバからは槍は見えますが、私的にはなんとも言い難い(^_^;)
稜線からふもとが見える場所では電波は飛びます。
ドコモの大きなアンテナ工事もしていました。
それができたら、小屋の中までドコモは電波は飛ぶみたい。
私はauですからダメかな。

テントでも補給。
この日はパイン。
sPA130149.jpg

寝たらいいのに、昼寝もできずだらだらと。
この日は私を含め、テンバは5張りでした。
sPA130151.jpg
夜ご飯は、アルファ米白飯に、フリーズドライのマーボ茄子で丼ものに。それとわかめスープ。
sPA130152.jpg
見た目はイマイチですが、これは美味しかった♪
今回は前回の親子丼の失敗をかてに、ちゃんとマーボ茄子だけシェラカップで作ってから白飯にかけました。
多分親子丼も同じことしたら、美味しかったことでしょう。

さて、テンバは電波も飛ばないし、スマホもいじれない。
早めに就寝しよう。
今度こそ寝れます様に。
続きます。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry2016.秋のパノラマ銀座縦走 蝶ヶ岳~上高地編 Older Entry2016.秋のパノラマ銀座縦走 燕岳編
Comments


エーッ!山の上は氷点下だったんですか!
ダウンシェラフに着込んで寝ても寒いとは、雪山でなくても大変なんですね。
寒いと寝られませんし、寝不足だと翌日の行動に支障がでますからね。
サーモリアクターやエマージェンシーシートなど防寒対策品があるんですね。
登山装備の重要さが分かりました。
雲の上からのご来光も素晴らしいですね。
稜線歩きは景色を眺められるから、良いですね。
岩場を登るのは怖そう。
雷鳥を近くで見れたなんて凄い!
大天居岳登頂おめでとうございます!
続き楽しみです!

ゲンジさん、おはようございます。

ライチョウですか~うらやましい。
この子らには、確実に山登りしないと
出会えそうもないですね、ハードル高い。
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
おはようございます。
実は山に行く2~3日前までは、気温がマイナスになるとは思っていなくて、山仲間に寒いよと教えてもらい、急きょダウンパンツ&ダウンシューズを持っていきました。
なかったら危うかったです(^_^;)

エマージェンシーシートは、本来緊急時に体にまとって体温を保持するものなのですが、地面にひくといい感じで冷気を遮断してくれます。ビーカブさんもサイクリングの前泊でテント使われることあるので、寒いときに持っていくといいと思いますよ。値段も1000円程です。

ライチョウはとってもキュートでした(´∀`*)ウフフ
Re: タイトルなし
> 三島の苔丸さん
おはようございます。

私もこんなに近くでライチョウが見れて嬉しかったです。
他の方の山ブログなんか見ていると、結構ライチョウの写真を見かけるのですが、実際に見たことはなく、ほんとにいるのかな~なんて思ったりもしていました(笑)

ゲンジさん こんにちは

文殊山であつぷりさんとお会いしたときに、
来週から山の気温が一気に下がりそうと話をしていたのですが
ゲンジさんの想像以上に寒かったようですね。
ご無事で何よりです。

レポ読みながら大天井岳そうだったなぁと思い出しました。
大下りってホントどんどん下るし大天荘への登りは辛いですよね(><)
あの坂で僕も何度も立ち止まりましたよ~。
でもライチョウさんに癒されてよかったですね(^^
あれっ、蛙岩は・・・?

山でフルーツ、いいですね!真似させていただきます(^^ゝ
Re: タイトルなし
> としパパさん
おはようございます。

予想以上の寒さにびっくりでした。
ダウンパンツとブーツは持って行っていなかったら危なかったです(^_^;)

燕岳まででも、まあまあ厳しいのに、さらに大天井岳までいってピストン、教官のパワーは果てしないです(゚д゚)!
蛙岩!?そんなんあったんですか、、、しまった(^_^;)
もしかして夏道と冬道の分岐岩かな?
フルーツありですよね、ゲ〇キーに売っていましたよ。

こんばんは。
とても美しいご来光です!この世のものとは思えない!!
モルゲンロートに包まれたんですね。ゲンジさん
燕岳から蝶ヶ岳の縦走なんて羨ましい。でも、よく考えてみたら、か・かなりきつそうです。
おまけに、猛烈に寒かったんじゃないですか。いくら気持ちがヒートしていても。

それにしても皆さん、段々何かに憑りつかれてますよね。恐ろしい~
Re: タイトルなし
> 居酒屋与太郎さん
こんばんは。

そういえば、、、モルゲンロートに包まれたのかも(´∀`*)
雑誌に初心者向けとか書いてあった割には、後半は特に厳しかったです。まだまだ体力も足りていないと思いました。
寒さは予想以上でした。来年同じ時期に北アルプスに行くことがあれば、もっとしっかりした防寒対策したいです。

皆さん気合乗りまくりなんですよ(笑)






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017