fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 次女と登山テント・小屋泊 > 白山(砂防~南竜~展望歩道~御前峰お池巡りなど)

Comment (6)  Trackback (0)

2015夏・白山テン泊父子登山 その1

ちょっと長めの夏季休暇がはじまりましたよ。
その夏休みを利用して、かねてから計画中の夏の父子登山に。
行先は「白山」です。
昨年、全く同じ時期に行くはずでしたが、その時は台風の影響だったかな!?
天気は大荒れで、計画中止、行先変更になりました。
ちなみに昨年は。こんな感じでした

が、今年は出発日前夜の段階では、予定日三日間とも、「てんきとくらす」ではAAAトリプルAです(´∀`*)ウフフ

一年温めた計画ですからね、、、
長かった、ここワンチャンスでしたから。
否が応でも期待が膨らみましたよ。

では本編に突入します。3~4回に分けて書きますが、気長~に読んでくださいませm(__)m


8月8日AM3時起床。
仕事が終るのが遅いので、前の休みの日にあらかたパッキングは済ませておきました。
出発前に行う事は、水1ℓと凍らせた食材を100均クーラーボックスに放り込んでザックに入れます。
あと充電完了させたモバイルバッテリー類も。

その重さ、な、なんと、、
sP8080002.jpg
まさかの20.9㎏Σ(゚д゚lll)ガーン
ちなみに次女のザックは。
sP8080004.jpg
前回の三の峰・別山より1㎏減です。
あれ、予定では18㎏ほどのつもりでしたが、凍らせた食材等々、以外に重かったのか、、、
まあ、いい、なんとかなるっしょ、いまさらメニュー変更はあり得ませんからね。
いざ出発!!

市ノ瀬には5時前にぎり到着したのですが、残念ながら始発のバス(3台)には乗ることができず、次発のバスに乗り込みました。
初日の工程は、南竜ヶ馬場に着くことが最低ラインですから、多少遅れても平気です。
sP8080006 - コピー
次のバス、5時30分くらいだったかな、戻ってきて乗り込みます。次のバスでも満席でした。

別当出合。
私は小2のときに白山に登っています。
父親が言うには、室堂泊で翌日、御前峰に登るはずが、天候が悪かったので、取りやめて下山したそうです。
ともかく、私はここに来るのは二回目となります。
次女はもちろん初めてです。
sP8080008 - コピー
時計のログを確認すると、5時53分スタートでした。
いよいよ白山登山がはじまります。

吊り橋にビビっている次女。
sP8080011 - コピー

コースは砂防新道。
ザックの重さもそれほど感じることなく、、、
といってもペースは鈍重。
これは想定内です。
中飯場~別当覗~甚之助避難小屋。
ここまでなんとか頑張りました。
sP8080020 - コピー
甚之助避難小屋からの別山。
次女は別山はどれ、あれか!とにかく前回登った別山が気に入ったのか、しきりに気にしていました(笑)
ここでザックを下ろして休憩。
10分程休憩したのち出発です。
sP8080022.jpg
甚之助避難小屋を出る時が8時27分でしたから、おおよそ2時間半でここまで来たわけですね。
私が参考にしている山渓のヤマタイムでいけば同じくらい、平均ペースのCTかな。

しかし、このあと歩き出してしばらくして、やたらとザックの重さを感じるようになり、、、
休憩したことで逆に良くなかったのか、、、
そうすると、次女もまさかのギブアップ宣言Σ(゚д゚lll)ガーン
甚之助避難小屋までは、白山余裕~♪とか言っていたくせに、もう嫌や~疲れた~って。
こういうときは、頑張れとは言いません。
これ大事です。
ま、とりあえず休もっかと、登山道の広い場所でザックを下ろしてまたも大休憩です。
飴を食べて水を飲んで、私も仕切り直しです。
そうしているうちに、やっぱ登ると歩き出しました。
南竜分岐から多分下りやで、この一言が効いたかな(笑)
しばらく歩くと、すぐに分岐。
CT的にも甚之助避難小屋から南竜分岐まで20分位なんですね(^_^;)

ここでも小休止。
時間はたくさんありますから、無理はしないのです。私もね(笑)
南竜まではたしかに下り基調ではありますが、ちょっぴり、ほんのちょっぴり崖っぽくなるので、次女はビビりまくっていました(笑)
なんとかクリアして、やっと南竜山荘が見えました。
このころには、すっかりご機嫌の次女です。
sP8080033.jpg

ニッコウキスゲと。
sP8080036 - コピー

テン場に行く前に、南竜山荘にてテント泊の料金を支払います。
ここは一日単位での支払いです。
料金は二人で450円と格安です。
ここで「白山・花ガイド」購入。
白山花ガイドがあることは、事前に調査済、こういったアイテムもあって、花調べたりするとたのしいかも、と次女の興味をひきよせるのも大事です。
sP8080053.jpg


つきました、南竜ヶ馬場野営場。
sP8080052 - コピー
山荘からテン場まで、微妙な距離が結構きつかったりして(^_^;)

テン場は広々として、まだ時間も早かったことだし、場所は選び放題でした。
ちょうど前の人が用意したと思われる木テーブルがあったのでそこに。
sP8080056.jpg
本日のテントはドマドームライト2です。
ギアをテーブルに並べて。
sP8080058.jpg


ここでご褒美の冷凍ゼリー♪
sP8080057.jpg
冷凍ゼリーを山で食べているブログを拝見し、これは美味しそうだと思いまして。保冷剤の役割も担ってます(*^^)v
もちろん、夏山で食べる冷たいデザートは最高でした(´∀`*)ウフフ
次女も大喜びです^^

ランチはアルファ米の白飯にレトルトの親子丼&中華丼。
sP8080061.jpg
sP8080062.jpg
まあレトルトだし、ただのアルファ米シリーズよりは全然美味しいです。
ただ、レトルトはやはり重いですね(^_^;)
明日の朝食はレトルトお粥です。
重いレトルトから消費していきます。

この時点で13時前位だったと思います。
予定では南竜近辺散策でしたが、時間もあるし、黒ボコ岩まで見に行くことにしました。
途中は、花の名前あてで盛り上がります。
sP8080068.jpg

南竜分岐までは、あいかわらずビビリーな次女でしたが、身軽になってパワーアップ、まあ急かす急かす(^_^;)
sP8080070.jpg
ズーム、あれが黒ボコ岩ですな。
黒ボコ岩って、火山が爆発したときの岩なんだってと説明すると、興味深々でした。
振り返ると別山がガスってきた。
sP8080072.jpg
少し肌寒くなってきましたよ。

延命水は超美味かった。
二人でシェラカップ2杯づつ飲みました。次女は明日も飲みたいとお気に入りでしたが、明日はこないんですよね(>_<)
sP8080073.jpg

黒ボコ岩。
sP8080078.jpg
まわりはすごくガスってきて、展望は悪いです。
このまま帰るのもなんだし、エコーラインで下ることにしましたよ。
sP8080089 - コピー
陀ヶ原はとっても素敵でした。
ガスのあいまから御前峰が見えました。

どこかで小さいとき、木道を長いこと歩いた記憶があるのですよね、それが取立山だったと思っていたのですが、それは実際に登ってみて記憶違いだったことがわかり。
両親が言うには、尾瀬や上高地にもつれて行っているからそこだよ、と言われたのですが、全く記憶になく、しかもそれって兄の事じゃないのかなと思います。
もしかしたら、弥陀ヶ原だったのかも。
当時も木道があったのかどうかは不明ですが。
sP8080092.jpg

エコーライン分岐。
sP8080094 - コピー
室堂0.3kmですが、あえての南竜に下山。
なんか通っぽい(笑)

エコーラインは花の名前あて。
sP8080100.jpg
チングルマ?ノウゴウイチゴ?
ガイドブック見ても、イマイチ違いがわかりません(^_^;)

コイワカガミ?
sP8080107.jpg

このガイドブック、花の色分けでも調べることができて解りやすいです。
(そのくせ自信はないのですが、似たような花が多いのですよ)
sP8080108 - コピー

イワイチョウ 多分。
sP8080109.jpg

これは間違いない、コバイケイソウでしょ。
sP8080112.jpg

そんなことをしているうちに、あっという間にエコーラインで南竜まで。

一時間程まったりして食事の用意。
我慢しきれずビールを♪
sP8080120.jpg
350ml缶はチタンマグ450にぴったりなのです♪

ここのテン場は炊事場があるのが素晴らしい。
sP8080117.jpg
トイレはごくごく普通の山のトイレって感じでしたが、ハエが多くてちょっとひきました(^_^;)

いよいよ晩飯。
この日は鍋なのですよ、もちろん味付けはあいつ。
って画像はないのですが、石川名物「とり野菜みそ」

これは、この春のツーリングでも、その美味しさは実証済みです(`・ω・´)ゞ
前日に嫁さんに頼んで、豚肉と絡めて凍らせて持ってきました。
鍋に投入。
白菜と豚肉のとり野菜みそ鍋です。
sP8080122.jpg
sP8080126.jpg
たまらんすわ~(´∀`*)ウフフ
食材を凍らせることで、初日だけできる豪華メニューですね。
このスノピのヤエンレードル ツグは使えますよ^^v
春のtikitツーリングのときに、これ必要だなと思って買っておきました。


ここにアルファ米の赤飯。
アルファ米の赤飯はいけますね、合格点です。

明日はあの向う、御前峰に行きまっせ!!
sP8080128.jpg

MAX標高(不明エコーライン分岐?)2347m
平均登高スピード 上り(m/h)
275m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-243/h
積算高度 上昇(m)
1285m
積算高度 下昇(m)
-476m
行動時間(休憩込)
8時間43分

カシミール、、、、苦労した、、、
201588.jpg
こんな感じです。

食後、明日の用意をして早めの就寝。
20時には二人とも眠りについていました。
その2に続きます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




Newer Entry2015夏・白山テン泊父子登山 その2 Older Entry準備中。
Comments


白山テン泊父子登山、天気に恵まれて良かったですね。
どんどんレベルアップされて、高い山にチャレンジされるゲンジ~さんは凄いです。
バスに乗車できないぐらい登山は人気なんですね。
20.9キロも背負って登山されるのは、相当な体力がないと挫けそうですね。
ゼリーを冷凍すれば保冷材代わりになるなんて、流石ですね。
奥様が作られた料理を冷凍食にされるのは、流石だと思いました。
レトルトは便利だからと思っていましたが、重いとは知りませんでした。
花の名前が分かる図鑑は便利ですね。
続き楽しみです。
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
ありがとうございます。
昨年の分を取り返すような、素晴らしい天気でした。
レベルアップは大してしていないんですよ(^_^;)
自転車と一緒でポタリング感覚、のんびり、ゆるく、まった~りとですから。
アルファ米は軽いですが、レトルトは水分を最初から含んでいる分重いです、次からは外そうと思いました。
花のガイドは、次女も大満足で良かったです^^

ゲンジさん こんにちは

楽しみにしてました^^

分岐から南竜までのあの場所・・・実は僕も大の苦手でビビリ場なんです(笑)
娘さんの気持ち、よ~く分かります ^^

白山・花ガイド、携帯できるサイズで便利ですよね。
いつも「コレかな・・・いや、アレかな」と見比べて悩んでます。

冷凍ゼリー、美味しそー!絶対、真似させていただきます!^^
Re: タイトルなし
> としパパさん
ありがとうございます。
次女はとてもビビりなので、ちょっと高さを感じると足が止まりがちです。立山雄山の下りのときは、トイレしたくて、めっちゃ速かったので、追い込まれると頑張れるのかもしれません(笑)
花ガイドは、見事に次女のツボにはまってくれてよかったです、大きさも見やすさも良いですよね^^
冷凍ゼリーは私も、ほかのかたのブログで拝見しました。
アイスはさすがにもちませんが、ゼリーならいけますね、山で冷たいゼリーとかとっても美味しかったです♪

親娘登山、素敵です(^o^)v
天気もAAA、ザックの重さもAAAσ(^_^;)
あなたはツヨイ!(◎_◎;)
凍らせたとり野菜味噌は、アイデア最高ですね!
お花もキレイですね!
昔取った杵柄、花の名前、ほとんど言えましたよ!
明日が楽しみです(^o^)
Re: タイトルなし
> koro156さん
荷は重すぎですかね(笑)
ここまでのはずではなかったのですが、凍らせた食材がおもったより重かったのかもしれませんね、あとモバイルバッテリーも地味い重いです(^_^;)
花の名前ちゃんと知っておられるんですね、私はガイド本見ても、分からないモノが多かったりしましたよ(>_<)






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024