fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 日常

Comment (4)  Trackback (0)

永遠の0

観てきましたよ~♪
「永遠の0」

とっても良かった、感動しました♪


駅前の映画館。
この映画館に来たのは、もうかれこれ高校以来のような、、、
何も変わってない古臭~い映画館。高校のころの記憶が蘇りました(笑)
開演二番目の客まだ映画館はガラガラです。しかしこのあと平日朝一だというのにポツポツとお客さんが。
話題の映画ですからね~。
sDSC_0045.jpg

内容はさておき、私は小説を先に読んでいたので、あらすじはすべて知っていました。
とあること真実を確認しておきたかったから観たかった、というのもあります。

まんまその通りでした、、、

スポンサーの意向ってやつですかねやっぱり。

某新聞社がスポンサーに名を連ねているからなんですかね。

そのようなことを書くブログではないのでこの辺で。

映画としては、文句なく最高でした。
映像も素晴らしく、岡田さんもカッコイイ(人´∀`)

ただ、原作は絶対に読んでほしいです!!

それではまた~^^/
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




Newer Entry雪なし。 Older Entryさむ~い。
Comments


「永遠の0」を観に行かれたんですね。
僕も素直に感動しました。
映画として最高だと思いました。


作品は坂井三郎さんなどの資料を元に作られたフィクションなので、歴史を追求される方からは問題点もあると思います。
当時のラバウルの時の映像記録では22型が多数写っていますが、一般的に分かりやすいように21型と52型の二種類だけにしたと思われます。
当時は情報が管理されていたから、新聞社も軍部の意向に逆らえなかったと思います。
現在でも、新聞社やテレビ局はスポンサーの影響を大きく受けているので、記事が全て本当だとは思っていません。
難しい問題ですね(^O^)
Re: タイトルなし
> ビーカブさん
素晴らしい映画でした。映像も迫力あってDVDでたら購入しようとも思っています♪

ネタバレになるのですが、小説では主人公の姉の仕事上のパートナーがたびたび出てきまして、その男の職業がジャーナリストです。彼は特攻についの考えが職業柄でしょうか、一方的な意見の持ち主です。
その点をバッサリと映画では使っていません。
その辺りの描写を描かせたくないために、朝〇新聞社などがスポンサーに入ったといったらしいです。
もちろん噂の域ですが、あながち間違いではないような気がしたので。

第二次世界大戦のあたりについてはほとんど知らないことばかりで、永遠の0をきっかけに少し調べてみようと思いました。というわけで週末は図書館に引きこもりです。だって多分天気も悪くて自転車には乗れそうもないから(笑)
懐かしい
僕も駅前の映画館によく行きましたよ~!
まず小説から読んでみますね♪
Re: 懐かしい
> 歳三さん
いらっしゃいませ~♪
歳三さんも福井の駅前の映画館にきましたか。時間が止まったかのように変わらない映画館でした(笑)
小説、ぜひ読んでください。歳三さんにはぴったりはまると思いますよ^^d






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024