fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー

Comment (0)  Trackback (0)

2024.2.17御前岳山スキー。

メルカリ頑張って見ようかな。







さておき。






土曜は山スキー。
メンバーは今シーズン初となるTGご夫妻、OMさん、私。
行き先は御前岳です。
白川郷エリアでもどうもかなり奥まった位置にありハードそうですが頑張って行ってきましたよ^^

なお谷沿いの林道を歩いてP1734尾根に取りつきます。
2024217 (2)
うう、、、雪がない(涙)
林道もところどころ雪切れでした。ここも雪不足なんでしょう。
シートラで50m程かな?標高をあがったとろこでスキー換装。
がっりっがりではなかったものの、私は上りでできるだけパワー温存したいのでクトー使用。
ジグ切るときなどにちょっとでも気を使わない作戦。
他のみんなはクトーなしでしたよ。
ある程度急斜面をこなしたあとは外して。


ラッセルはないのでそのあたりは楽です。
しかしその分ペースは上がります。
会でも最強の柱であるTGさんのペースに合わせるのは難儀します(汗)
2024217 (3)
もうひと踏ん張り。

OMさんがいつにもまして調子が悪くしんどそうだった。
が、おかげでTG夫妻もゆっくりペースで上ってくれてワイ自身も助かったりしたことはここだけの秘密(笑)

とにかくTGさんがガンガンルートを引いてくれるので何も考えずに足を動かすだけでほんと楽をさせてもらいましたm(__)m
トラバースもガリガリではなくって安心^^
2024217 (4)
この画像の最奥の白いピークが御前岳。
いちどコルに下りて三ツ谷を越える。
渡渉が心配だったけれどTGさんの読みどおりまだ雪は繋がっていました。

御前岳に向かって200ちょい上らないといけない。
へろっへろながら頑張る!

まん丸のピークにTGさん。
2024217 (5)
続いて我々も。
2024217 (6)

この日は降雪確率0パーの晴れ予報。
お天気の中のハイクアップが気持ちいい。
そして、、、
ピークはまるで独立峰のように360°丸っとお見通しだ~の絶景が待っていました♪
2024217 (8)
TGさん撮影準備完了!
2024217 (7)
お隣の栗が岳は当然の事、籾糠や猿ヶ馬場山、三方崩や野谷荘司山、遠く三が辻や人形山も。
この界隈の山々がそれはもう美しく見えた、、、素敵すぎる♪
TGさん御夫妻も、この界隈で御前岳のみはピークを踏んだことが今迄ないみたいでとても喜ばれておりました。
そんな瞬間に立ち会えて良かったです^^

ブロック風防を作りランチ。
他愛もない話で盛り上がります。
今日は天気が崩れる予報ではなかったはずだけど、ランチ中にガスがどんどん立ち込めてきて吹雪いてきました。
滑走準備。
ザラメを期待したけれど、ここはそうは甘くなかったですが、十分ターンはできるしっとり系の雪。
まずは鞍部に落とすよ。
TGさんはテレマーク!
2024217 (9)
2024217 (10)
Eさん。
2024217 (11)

ここ最近は昇温降雨もあったし雪質は全く期待しなかったので、これだけ滑れたら充分です。

再びの上り返しがまあまあ脚に来たけれど頑張らないと帰れないからね。
2024217 (12)
2024217 (13)
この尾根の北斜面がまあたまらなくそそられました。いつか滑ってみたいとヨダレが(笑)

再びP1734尾根を忠実に戻ります。
雪質が良かったら最高だったけれどそれは贅沢かな。
実は御前岳ピークでザックを下ろしたときヘルメットが無いことに気づく。
今回最後尾を終始歩いていたので仮に落としても誰も気は付かない。
途中で落とししてしまったのか、、、いやしっかりメットホルダーでカバーしてので、きっと忘れたんだ、、、いや車の中で外れてしまっていたんだ、、、
そう思い込んでいたヘルメット。
尾根に戻ったさいTGさんがしっかり見つけてくれていました。
もう何から何までお世話になりっぱなしですm(__)m

メットがないとやっぱり不安。
しかしこれで安心、藪にも突っ込めるってもんです(笑)
尾根スキーするころにはすっかりガスも晴れ視界良好。
雪質は、、、まあ何とか。
2024217 (14)
難しい雪質もシュテムでこなすOMさん。

ギリギリスキーでいけるとこまで滑ってシートラ換装。
2024217 (15)
標高1000mあたりで気持ちのいいザラメになったのに藪はそれなりにあって惜しかった。
でも山スキーはしっかりできましたよ♪

あとは林道を。
2024217 (1)
真正面は弓ヶ洞谷かな。
途中昨年滑った野谷荘司の東谷がバッチリ見えるよとTGさんに教えてもらう。
この界隈は素敵だな~。
昨年とっても楽しかった白谷&東谷。
また行きたい!!

無時下山。
行動時間9時間半。
中々ハードな山行でしたが、その頑張った分だけ感動も深い素晴らしい一日になりました。
今シーズンもTGさん御夫妻とご一緒できて良かった。
また素敵なところを計画していただきありがとうございましたm(__)m
仲間に感謝です!!!!
谷もいいけどツアースキーもまた素敵(´∀`*)ウフフ
ではまた~。
スポンサーサイト




Newer Entry2024.3.4ごまんどさん。 Older Entry2024.2.11銀杏峰山スキー。
Comments






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2024