fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 沢登り

Comment (0)  Trackback (0)

2023.7.16荒島岳極楽谷沢登り。

毎日暑いたまらん氏ねるよ(;´д`)トホホ…
忙しくってブログを書いている余裕もないけれど、沢も行ってるし記録だけ挙げていかないと忘れてしまうので。
ほんと適当に。

核心はここか。
20230716 (3)
堰堤をやっつけるのがまー大変でした。
古い記録だとアルミはしごもあったらしいけれど見当たらず。
いつからあるのか不明な古い残置ロープを頼りに、アブミつけて何とかBT師匠が突破。
あとはロープとお助けで何とか無事クリア。
そうそう、今回のメンバーも多数(笑)
みんな頼りにしております。

ゴルジュ帯が続く。美しい。
20230716 (4)

ここはTMさんが果敢に攻めるも。
20230716 (6)
流石に水量多くて厳しい。
巻くしかないのだがこれがめっちゃ大変でした。
先輩たちがいないととても突破できない苦しいものだった。
懸垂で下りる。
20230716 (7)

地獄谷のほうは北陸でもかなりグレードの高い沢みたいです。
最初の厳しい堰堤を越え、右に進むと地獄谷。
左が極楽谷となります。そこからワサビ谷や横谷に派生していくみたい。
ここは適当かもしれないのであてになさらず。
名前からしてやさしい沢なのかと思いきや、10年以上前に地獄谷を沢登りしたBB兄さん曰く、地獄より極楽のほうが厳しい気がするとのこと(((((((( ;゚Д゚))))))))
上れる滝もたくさんありつつも、高巻きをしいられる厳しい滝もあったりと(この高巻きがほんと怖いんよ涙)苦しい戦いが続きました。
ここは私だけレイン(笑)
20230716 (2)
みんなはシャワークライムでした。
暑がりなのに寒がりでもあるわがままボディ&わがままメンタルなんですワイは。

たまにのんびりもあるよ。
20230716 (8)
大ワサビ谷を詰め中荒島あたりに上り詰める予定が小ワサビ谷に入ったらしい。
名前の通りワサビいっぱいでした。
仕方ないのでそのまましゃくなげ平付近に抜けました。
藪漕ぎは避けられない。
20230716 (1)
しゃくなげ平からモチガ壁の間、佐開からの分岐付近にぬけここでランチ。
一部メンバーはランチ後ピークに行くことに。
私もピークに向けて歩きだしたのですが、モチガ壁超えたくらいからもう汗が止まらずふらふっらに。
脚が全く前に出ない、、、
疲れと軽い熱中症!?
ちょーマイペースで何とかピークまで。
自分的核心はこの一般道登山だったかもしれない(汗)
みんなを待たせてしまいました(;´д`)トホホ…

下山は佐開コースも途中足が攣りそうになりコムレケア服用しゆっくりと。そのうちペースが戻り事なきを得ずでした。
ホント無時下山で良かったっす。
これも仲間のおかげ。
感謝感謝でございますm(__)m

ゴルジュ帯が美しく、いい感じの上れる滝もあるし厳しいながらも楽しい沢登りとなりました。
記憶にしっかり残る系やんな(笑)
もっと内容深掘りしたいけれどなんせ今今仕事もプライベートも忙しいのでこのくらいで。
ツギの沢記事はいつ書けるんやろか(汗)
ではまたです。
スポンサーサイト




Newer Entry2023.7.23倉の又山沢登り。 Older Entry2023.7.2経ヶ岳女神川沢登り。
Comments






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024