fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 荒島岳BC

Comment (0)  Trackback (0)

2023.2.15小荒島岳(白谷~一のカラ谷)山スキー。

どうも、、、
月末あたりに弱い寒気がくるかもしれないけれど、、、
それ以降の寒気は期待できそうもなく、、、
パウダーシーズンも終わりいよいよ春スキーになっていく模様。
完全にザラメ狙いになるまでのこの時期が自分としてはどのあたりを狙うべきか!?
引き出しがあまりにも少なすぎて悩みます(汗)





さて。




週の半ばに有給。
前日火曜に地元の山も多くはないだろうけど降雪もあり、パウダーが期待できる。
メンバーはOMさんと私の二人。
無理のない範囲でということで、荒島岳はしゃくなげ平からまだ滑ったことはない白谷左股と、小荒島に登り返して一のカラ谷を滑ってくることにしましたよ。

勝原7時過ぎスタート位。
20230215 (2)
天気は曇り時々雪かな。
駐車場には我々のみ。おそらく今日は誰も来ないかな~。

勝原旧ゲレンデは雪が積もった気配もなく、ガリガリの中ハイクアップ。
ラッセルもないのでその辺は楽ですが、斜面が急になってくると前日までのツボの高速トレースを追うのは滑って苦しい。
我々のスキーハイクでの斜度で上っていきます。
何度も滑ったりすると余計な体力使うので。

ガシガシと。
20230215 (3)

これはトトロの木ののなれの果てなのか。
20230215 (4)

それにしても。
20230215 (5)
20230215 (6)
樹氷が美しい。
雪もさらっさらのパウダーなのですが、ただ風に飛ばされているのだろうけど稜線上はあっても数㎝。
もっともっと降ってほしい。

しゃくなげ平手前の急登あたりからはクトーを。
やはりクトーハイクはそれなりに緊張する。
この週末またブログあげますが、クトーでのハイクアップが長くて大変だったけど、ここでちょうどクトーで上っていたこともありいい練習にもなりました。

しゃくなげ平で小休止後いざ。
念のためドロップポイントの確認を。
20230215 (7)
しゃくなげ平から少し小荒島のほうに落としたスッキリしたところからドロップすることにしました。

ハイク中はトレース跡などにたまった雪や吹き溜まり以外、ガリガリ音を立てて登っていたのですが、きっと谷は吹きだまっていい感じ!!
の。
はず!?

とりあえず私が滑り込んでみて。

はい!!ガリガリ君(汗)

といってもガリガリ斜面の上に乗った雪は稜線とは違って10~20cmはあると思う。
まあがっつりとした底付きパウダーって言えばいいのかな!?

ヒャッホーっと奇声をあげながら滑るほどではないな(汗)

OMさんもドロップイン。
底付きガリ斜パウダーをうまいこと、、、
20230215 (8)

ターン。
20230215 (9)
丁寧に丁寧に標高を落とす感じで今一歩ですかね。
ちょっと贅沢になり過ぎているかな(笑)

面ツルのとっても楽しそうに見える白谷の中。
20230215sssP2150059.jpg
雪の総量自体が少ないのか、そもそもこんなものなのか。そのあたりはわからないけれど、谷も150程落とすと狭小になったり地形が目立ったりと。
相変わらずガリガリ音を立てながら滑るだけだし、予定の850~900までは落とさずに支尾根に復帰上り返しました。
OMさんをトラバース復帰中一瞬見失ったけれどお互いトランシーバーがあり連絡取り合って合流。
銀杏峰の下山ではほんの目と鼻の先でつながらないこともあったけれど、今日はバッチリでしたよ。
でも所詮機械なので絶対はないので、そこはお互い視認できるようすべきだったと反省です。

上り返してランチ後は一のカラ谷。
上ってきた勝原登山道尾根スキーも考えたけれど、尾根上にはほぼ新雪は吹き飛んでなく谷筋以上のガリ斜をこなすだけだし、この日は気温も低く、谷でもそれほどまとまった降雪もない。
白谷を滑った感じでも雪崩の可能性も相当に低いと判断。
ガリ斜の狭い尾根を滑って万が一ターンミスで谷の深い方に落ちたりするリスクよりよほどましだろうな。
もしかしたら激パウが待っているかもしれないし、、、

期待しながら小荒島。
20230215 (11)
荒島岳はガスで何にも見えないから(汗)
滑走準備してドロップポイントに。
いざ、、、

はいガリ斜~(汗)
白谷とそう変わらなかった。。
それでもモナカや悪雪よりは私はよっぽど良かったです^^
20230215 (12)
20230215 (13)
丁寧に丁寧に2~3ターン重ねながら標高を落とし。
下部の方は割と楽しかったりもしましたよ♪

林道はバッチリ板も走って下山。
20230215 (1)
お疲れ様でした。

ほんとさらっさらの激パウダ―だったのに、如何せん雪の総量が少ない。
あとで聞いたところ加越国境のほうはそれなりに降雪あって、ここは取立北面とか狙ったほうが良かったのかなと。
まあそれも結果論ですけどね。
白谷左股は雰囲気もあって雪が良い時にまた滑りたいと思いました。
今日もお互いに良い経験値が積めました。
仲間に感謝です^^
ではまた。
スポンサーサイト




Newer Entry2023.2.18経ヶ岳山スキー。 Older Entry2023.2.12小白山山スキー。
Comments






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024