fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 経ヶ岳BC

Comment (2)  Trackback (0)

2022.2.12経ヶ岳山スキー。

三幸製菓。。。
大変なことになってしまいしたね。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
梅ザラメ柿の種大好物です。




さて。



山スキー。
土曜は経ヶ岳。
福井のビックマウンテン。上手いこと言うな~(笑)
冬の経ヶ岳にはいつか行きたいと思っていましたが、それが山スキーで来ることになるとは数年前には想像もしていませんでした。
BB兄さんに色々教えてもらうと、川の渡渉があったり、木々など目標物が何もない稜線上が広いのでガスのない時に行きたい。
等上るには中々条件そろった時じゃないと行きたく無い山らしい。
今回は終日晴れ確定。雪も豊富。
宇随天元的には譜面が出来上がったということか(笑)

早朝5時半奥越青少年自然の森集合。
本日のメンバーはGさん、Eさん、BT師匠、BB兄さん、私の五名。
10分程福井組遅刻してしまいました。ごめんなさいm(__)m
準備して6時過ぎくらいにスタートです。
まだ暗いのでヘッデン装備。
最初からカリカリのトラバースあってちょっとビビる。

BB兄さん先頭でガシガシ行きます。
2022sP2120002.jpg

杓子が岳直下の急になるところで、BB兄さんよりご指名を受け自分が先頭に。
いやいやここからが柱の出番ですよね(汗)
と思ったけれど、致し方ない頑張るしかない。

まずはクトーなしで挑むも結構なカリカリバーン。
エッジを踏み込んでクラストをたたき割って進むも、どうも割ることも出来ないくらいカリカリ斜面もあって(汗)
今更クトーつけれないし、気合いで安全にクトーつけれるポイントまで頑張ってクトー装着です。

柱であるGさんに後ろからアドバイスを受けつつ、なんとかカリカリ急斜面を稜線まで乗り上げてホッとしました。

中岳から経ヶ岳に続く稜線ドーン。
2022sP2120003.jpg
神々しい。
これが見たかったのです♪

さっきのカリカリ斜面こなしたし、まあ俺の仕事もう終わった感があったのですが、どうもこのまま先頭の空気感が場を支配していたため、まあ行くしかないか。
切窓までは中岳を上らずに、雪庇のやり過ごしやすいところから降りてトラバースしながら行けばいいよとのこと。
ドンドンいくよ。

雪庇の小さなところ探してのぞいたら落ちたΣ(゚д゚lll)ガーン
画像提供BB兄さんm(__)m
s20220212bbP2120275.jpg
ならもうそのまま切窓目指してトラバースしていってねとなり、みんなは尾根をそのまま上っていきました。
ひ、一人旅か。。
クトーつけたままだし、まいっか。
本来は無駄に登ることもなくトラバースで行くはずなので、このまま頑張る。
中々の迫力かつカリカリの場所もあったりのトラバースが続いてドキドキ。
しびれるトラバースでした。もちろん写真を撮る余裕などない(>_<)

切窓には私のほうが先に着くかなと思ったけれど、全くそんなこともなく遅れた。途中長いトラバースで足も痛くなって休憩したりしたからか。

みんな切窓に到着している。
2022sP2120004.jpg
しばし休憩します。

ここからが結構やばいらしく、カリカリでいつも怖いらしい。
BB兄さんがニコニコ進まないので、そこは負けずにどうぞーと行ってもらいました(笑)
今度こそ柱の真骨頂を見せつけてもらわないと( ̄ー ̄)ニヤリ

少々緊張するところらしい。
そこを初見の私に行かせようとは、、、鬼ですか(汗)

最初こそ少しカリっている所もあったけど、本日は適度に緩みもあって、Eさん曰く昨年と違って上りやすいとのことでした。
良かった、経ヶ岳デビューでしたので、優しく上りたい。

それでも無木立の斜面を緩み気味だったとはいえ、固いところは固いし緊張状態で上ります。
途中BB兄さんがテクニカルすぎるところに突入したので、自分でトレース引き直し先頭になり精神的に疲弊が。
やっと着いた。
2022sP2120006.jpg
白山が近い。
神々しい。
時間があればもっともっとまったりしたい。
素晴らしい景色でしたよ♪

能郷白山とか(適当)奥美濃方面であっているかな。
2022sP2120010.jpg

記念撮影。
画像提供Gさんm(__)m
s20220212gTRYT6636.jpg
白山がちょうど私の板の後ろ越しに見えるような配置で、私はストックで白山を指したのだけどよくわからん格好だな(笑)


では滑走準備していきます。

雪質的にカチカチとかモナカ雪の可能性が高くマジで不安なのだが。。

とりあえず北面に。
エントリーポイント。
2022sP2120012.jpg

まずはGさんが様子見で滑ってくれました。
予想以上にパウダーらしい。

どんどん行くよ~。
BT師匠。
2022sP2120017.jpg
Eさん。
2022sP2120025.jpg
ワイも続くよ。
画像提供Gさんm(__)m
s20220212erXSY0619.jpg

日があたっているところはカリカリなので、日陰を狙って。
それでもところどころモナカっぽくなったりと自分の足前的にはガンガン飛ばせるといった感じではないので、大胆には攻めれませんでした。

そんな斜面でもガンガン突破のGさん。
2022sP2120027.jpg
練習あるのみだな。頑張ろう。

お楽しみの北面はおおむねパウダー出し楽しかったです♪
私たちのシュプールでズタズタに。
2022sP2120031.jpg
そういえば先行のスキーヤーはいたのですよね。ただ中岳あたりからシートラみたいで、経ヶ岳もシートラ、そのまま滑らず北岳のほうに歩いているのを確認しています。
なので経ヶ岳からの一番で滑走したのは我々になります。あのスキーヤーはシールで歩かずにどこまで行ったのかな。

池の大沢のドロップポイント。
2022sP2120032.jpg
火口に向かって一気に滑る。
これが本当にしたかった。めっちゃ楽しみにしてはいたのですが、、、

様子見でGさんが見に行ってくれました。
2022sP2120034.jpg
お~お~ガリガリって。

慎重に斜滑降しながら良い場所を見つけつつ。
2022sP2120037.jpg
一気に滑りこんでいかれました。
Gさんよりガリガリ斜面なのでトラバース斜滑降でいいポイントまで移動してとアドバイス。
なので私はそのまま尾根を、Gさんが滑り込んだあたりの高さまで落としてから、雪庇の小さなところから池の大沢に滑り込もうと思ったけれど、BT師匠がそっちの雪庇大丈夫かなんて言うので。

私はどう見ても乗り越えれる小さな雪庇に見えたので余裕と思ったのですが、致し方なくGさんと同じようにそのまま池の大沢にドロップして斜滑降でいいポイントに向かうことにしました、いやなりましたと書こうあえてね。
斜滑降といっても薄いクラストの斜面を斜滑降するのが、エッジがかんで難しく失敗したな。。Gさんのようにうまく斜滑降ができない。難儀している自分を見てBT師匠たちは尾根を滑って、それも私が落とそうとした雪庇よりエントリー(汗)
ひどいわヽ(`Д´)ノプンプン
なんか本日二回目のトラップにかかりましたわ。

なんとか斜滑降とキックターンで滑走ポイントまで移動して。

上部は斜度もあるし、モナカだし板引っかかるので丁寧に。
斜度が緩くなってやっと攻めた滑りができました。
2022sP2120044.jpg
ズタズタになった池の大沢。

結構疲労したな。。

ご飯食べたい。。

しかし杓子が岳に登り返してからのランチとなり、もう気力で上り返しましたよ(汗)
2022sP2120045.jpg

お楽しみランチ(笑)
画像提供Gさんm(__)m
s20220212gXMGP6090.jpg
先にテーブルを作ってくれていました。感謝ですm(__)m
Eさんからのふかし芋がまた美味しかったです♪
何気ない話がいたく楽しいのですよね~^^

では滑走。
2022sP2120051.jpg
上りの杓子が岳の斜面をそのまま落とすみたいです。
緩んでなかったらどうしよう。。

2022sP2120058.jpg
しかし予想に反していい感じのクリーミー斜面に変わっていて楽しい♪

Gさん。
2022sP2120063.jpg

Eさん。
2022sP2120070.jpg

BT師匠。
2022sP2120075.jpg

BB兄さん。
2022sP2120086.jpg
池の大沢からの滑走に納得できなかったので、ここは良い感じだったので良かったです。不完全燃焼のまま経ヶ岳終わらなくて良かった~♪
ここでちょっと盛り返したよ^^

あっという間に林道合流地点。
2022sP2120088.jpg
ここからは。
THE・修行だ。
モナカだったりガリったり、でもちょっとパウダー残ってたりと。
全く歯が立たないわけではないけど、中々の厳しさでしたよ。
ただ今回は雪が豊富で渡渉が無かったのが良かったです。

無事到着。
2022sP2120090.jpg
ガリガリの凸凹雪の上を無理やり滑ろうとして師匠が転んでいました(笑)
私を偵察に使って置いていった罰だな(爆)
しょうがないので、ここから板を脱いで車まで戻りました。

今回中々チャンスがなく行けなかった経ヶ岳に遂にスキーで行くことができました。
北面もヒャッハーできるような(自分の足前的に)そこまでの好条件のパウダーでもなく、楽しみにしていた池の大沢への滑走も不完全燃焼。杓子の斜面は良かったけど、全般に滑りには納得できなかったな~。
もっと悪雪に強くならないと。
日々修行あるのみですね。

山行くとしては。
THE・Dayのドピーカン経ヶ岳最高でしたよ♪
次に行くときはどパウにあたりますように。
本日も導いてくれたお仲間に感謝です。
ありがとうございました。
またツギもよろしくお願いしますm(__)m

ではでは~。
スポンサーサイト




Newer Entryスーパーファットという選択。 Older Entry2022.2.10マゴ荒島&コアラ島一のカラ谷山スキー。
Comments


ゲンジさん、こんにちは。

相変わらず、ガンガンお山で遊んでブログ更新してますね。
僕は10月に倒れ、現在登山復帰を模索中です。

山だけど記事だと、山いけないと更新止まっちゃうから、ウォーキングや自転車とかいろいろ載せてくかな。

せっかく続けてきたブログだしね。

寒いけど足の状態は大丈夫ですか?

春山には戻りたいなーと思って徐々に運動再開してます。
Re: タイトルなし
やまびこさん
こんにちは。
えっ。。
更新がとまってるなとは思ったのですが、なんとお体の具合が良くなかったのですか、、
なんにせよご自愛くださいませ。

山にこだわらず、日常の事でも何でもいいのではと思います。ここまで続けてこられたわけですし。
お花のシーズンに間に合うといいですね。

私のほうは元気にやっていますよ~^^






プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2024