fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 銀杏峰BC

Comment (0)  Trackback (0)

2024.2.11銀杏峰山スキー。

NHKオンデマンド。
今は「真田丸」を視聴中。
私はミーハーと言われようと真田源二郎信繁(幸村)が大好きなのですよ。
「真田丸」の前は「真田太平記」を視てました。
太平記では幸村役は若かりし頃の草刈正雄さんで、真田丸では昌幸役。
どっちも素晴らしい!
やはり時代は戦国や幕末は楽しいですね。
でも今の大河「光る君」もしっかり見ています。






さてさて。







日曜は降雪後の銀杏峰に行ってきました。
ここはパウダーを大きく期待です。
BB兄さんと私とでガシガシ上るよ。

ちゃんとOMさんも頑張ってる。
20240211 (2)

出発時点で県外ナンバーのスキーヤーが準備していたのを見ていたので急ぎ準備。
トップは譲れないのです。
ピークは目指さす、狙いは志目木左俣!!
良かった、まだ誰も滑っていない!!

1本目!
少しガスがかかっていましたがすぐに視界は冴えわたる。
BB兄さんが最初の指標として滑ってくれます。

どパウだ♪
20240211 (3)

少し標高が下がると青空も見えた!
20240211 (4)

どんどん落ちていく。
20240211 (5)

最高だ!!
20240211 (6)

このまま登り返して右俣を滑る予定も、あまりにもの志目木の状態の良さにドロップPを変えてもう一本となりました(笑)
頑張って登り返し。

さあ二本目!
20240211 (7)
20240211 (8)
もちろんこちらのドロップPも誰も滑っていない。

20240211 (11)

最高!!
20240211 (9)

メンバー3名×2本滑った志目木谷はもうズタズタv( ̄Д ̄)v イエイ
20240211 (11)
間違いなく今シーズン一番を更新(´∀`*)ウフフ

再び上り返し。
画像提供BB兄さんm(__)m
20240211 (1)
ヘロヘロだが右俣が待っている。
ややもすれば誰も滑っていないかも。

上り返しの時出発の時準備していた県外スキーヤーが尾根上を滑走してきましたが、志目木谷左俣には入らず右俣のほうに進路を向けた模様。
流石に右俣は先に入られてしまったか。

右俣エントリーポイントよりドロップ。
上部はは誰も入った形跡はないが、、、
中盤にトラバースして登山道尾根に戻っているシュプールを見かけたのみで右俣もほぼほぼ我々のみ。
先ほどのスキーヤーは右股をトラバースして戻たのでしょう。

昨シーズン程の積雪はなく左に比べるとやや小ぶりではあるが、十分満足です(´∀`*)ウフフ

前山に上り返し。

前山からは右俣を滑った我々のシュプールがバッチリ見えました^^

北面滑って帰ろう。
北面はすでに滑られてしまっていたが、おそらく先ほどの2名の県外スキーヤーだけと思われまだまだ十分滑るべく余地は残っていましたよ^^
20240211 (12)
無時下山。

今回は志目木谷左×2と右俣。前山北面とめっちゃ贅沢かつ最高のパウダーを堪能することができて大満足でした♪
動画も何本かとってもらったのですが、YouTube化されてないため(他の掲載の仕方はわかんない汗)載せることできなくて残念。
もしかしたら後々Oチューブ化されるかもです(笑)

仲間に感謝m(__)m
谷は中々ソロでは入りずらいですからね~。
めっちゃ楽しかった~♪
ではまた~。
スポンサーサイト





プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

123456789101112131415161718192021222324252627282902 2024