fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 荒島岳BC

Comment (0)  Trackback (0)

2024.1.27荒島岳山スキー。

何かいい感じのスキーリーシュコードないやろか。






さて。






週末は土日ともに山スキーができました^^
まずは土曜の分を。
がっつり書きたいけれど、色々やることあって忙しいのでサクッと。
行き先は荒島岳です。
今シーズン初。

いつも頼りにしてますよBB兄さん(´∀`*)
20240127 (5)

土曜の天気ですが予定では朝から良かったはずなのに、いつの間にか昼から晴れ。それもまた変わって夕方から晴れ予報。
がっかりだけど山は登ってみないと分からぬよ。
先行のツボの二人組のトレースを追いつつ。
スタート地点から勝原のリフト残骸の中間くらいで追いつき、そのあとは終始先頭で。
BB兄さんに引っ張ってもらいOMさんと私がついていきます。
勿論微力ながら私もラッセルしましたよ。一応ね(汗)

モチガ壁。
20240127 (6)
今回初めてモチガ壁を板脱がずに上れた。ちょっとうれしい♪

ガスガスの稜線。
ピークとらずに橋掛の右俣からエントリーするか迷う。
しかしガス凄くて全く見えない。
今迄の経験上視界のないスキーは雪酔いするし楽しくないので、このまま稜線を下って一のカラ谷にかけたいと思ったけれど、OMさんがピークを取る!!
と気合が入っているので仕方なくピークを目指す。
20240127 (7)


結果いつものピークから橋掛谷へ。
視界が全く効かない橋掛はイマイチだったけれど、標高が下がるにつれクリアになっていきました。
雪に関しては重めのパウダーかな。っと私は思ったけれどBB兄さんもOMさんもめっちゃ良いと言っている。
私が贅沢になってしまっただけか。

快適に滑る兄さん。
20240127 (8)
20240127 (9)

OMさんも。
20240127 (10)
心配していた谷割れも。
ある程度予想はしていたけれど下部は厳しい、、、

いつものしゃくなげ平への上り返し地点の二俣まで滑れず。
ギリギリ行けるとこまで落として尾根をのっこす。
まずは渡渉。
20240127 (2)
尾根をのっこすのにOMさん手こずったので、BB兄さんに先にトレースを伸ばしてもらう。
結果しゃくなげ平まで残すところあと標高200の地点までソロラッセルをさせてしまったごめんなさいm(__)m
悪いのは尾根をのっこすのにめちゃめちゃ時間をかけたOMさんです(笑)
まあ、私も上り返しヘロヘロでまともに戦力にはならなかっただろうけど。
途中から雪の沈降もあってか、ラッセルらしいラッセルじゃなくなってこれは兄さんに絶対に追いつかないと思った。

最後の200急登は私とOMさんでラッセルさせてもらいました。

しゃくなげ平から小荒島に。
20240127 (3)
画像提供OMさん。

小荒島からの荒島岳。
20240127 (11)
やっぱガスやね。

一のカラ谷はと言うと、、、
橋掛がかすんでしまう位のどパウ(´∀`*)ウフフ
爆走BB兄さん。
20240127 (1)

パウダーをまき散らすOMさん。
20240127 (12)
20240127 (13)

ワイも爆走!!
20240127 (4)
画像提供BB兄さん。

一のカラ谷はほんとはずさないわ~♪
今シーズンも橋掛&一のカラ谷の贅沢山スキーができてほんと良かったです。
仲間に感謝m(__)m
渡渉スキルも上がったよ(笑)
完全燃焼も山スキーでした!!

日曜も頑張った(そこそこ笑)
またサクッと今度書きます。
ではでは。
スポンサーサイト





プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2024