fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 護摩堂山BC

Comment (0)  Trackback (0)

2023登り納め。護摩堂山山スキー。

色々と家の掃除やら用事をこなしつついったん休憩。
ここで今年最後の記事を書きます。




さてと。




今年の登り納めになる12月30日は山スキー。
雪はクリスマス前の寒波から増えることなく地味に減り続けている事と思う。
県内でも最も雪が多いであろうと思われる加越国境の護摩堂山で〆ることにしましたよ。

おいの水谷の駐車場には一台の車。
どうやらスノーシューのよう。
来る途中の取立山の国道沿いPは満車で路上にもすでにたくさんの車があったにもかかわらず、こちらは少ないです。

トレースもふつーにありました。
雪は期待できないし、滑走は安全に下りるだけだろう。ここは有酸素運動と思って。
20231230 (2)
林道から最初の杉林ショートカット。
ブッシュもなく、勿論ラッセルなどないし快適。
ただ新たな降雪もなくガリガリ、帰りが思いやられる、、、

トレースを追ったり適当に歩いたりして。
谷峠からの林道出合で、そのあとは判断しよう。
予想より藪がひどくなかったのでそのままピークとることにしました。

バッチリトレースがありましたが、ガリガリのツボ足のあともあってシールが効きずらいところも。
20231230 (3)
ここは苦労してたね(笑)

トレースも利用しつつ歩きやすきところを上手くすり抜けながら。

白山ばっちり。
20231230 (4)
帰りはこの画像の尾根を滑って林道に合流しよう。藪もうるさくなさげだし。

反射板みえた。
20231230 (5)

ピークv( ̄Д ̄)v イエイ。
20231230 (6)

奥の白山ビューの特等席に先行のスノーシューの方お二人が休憩されていました。
程なくしてピンクのヘルメットのスキーヤーとスノーシューのお二人組も登頂。
挨拶をかわし滑走準備。

予定通り南面の尾根を落とします。
20231230 (7)
雪も緩んでまだ滑りやすかったです。
2~3ターン程はできた(汗)
20231230 (8)


このくらいの藪でもうちょっと雪が良ければもっと攻めれたのですが、まあ実力的に無理することもなく。
ワンターンして斜滑降やキックターンで安全に。
途中から少しでも藪のうるさくないところ狙って林道に。
20231230 (9)
あのまま帰路を藪の濃い斜面を滑るよりは楽しかったと思います。
まあ藪濃いだろうし、林道使って護摩堂峠までのトレーニングになるかなと思ってたけどピークとれて満足です^^

林道には一本スキートレースが残っていました。

杉林の斜面は、、、

藪はないけど雪がガリかモナカで(;´д`)トホホ…
怪我しないように下りるだけといったものでした(汗)

でも天気も最高に良くって楽しい登り納めの山スキーとなりました。
雪が良かったら杉林滑走も楽しかったんだけどな~。
本日から明日元旦にかけてのプチ寒波に期待したいです。
仲間に感謝ですm(__)m

今年度を振り返ってみると。

やはり盆明け以降から12月に入るまでの期間。仕事が忙しく週末をつぶされたことで山に行けなかったりして、モチベーションも低下する悪循環に陥ったことが本当に勿体なかったと思う。
仕事あってこそのプライベートでもあるし、そのあたりは旨く折り合いをつけていかないといけないのだけど。
もう山に登らない間隔が長くなればなるほど、、、
どんどん体力が低下してしまう年齢なのだと自覚しているのですが。

まあ無理せずできる範囲でやるしかないそれだけなんだけど。
来年もマイペース堅持。
ブログもこんな感じで書いたり書かなかったりですが、無理のない程度でやっていこう。

それでは。
このような不定期ブログに今年度もお越し頂きありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
では皆様良いお年を!!
スポンサーサイト





プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2023