fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 沢登り

Comment (0)  Trackback (0)

2023.10.22山スキー偵察!?小葉谷沢登り。

白山も白くなりました。
日曜には白山に滑りに行った山岳会の方も。
SNSは立山での初滑りをあげられている方も見ました。
いよいよですかね~。
本格的にはまだまだですが、ほんと待ち遠しいですが!!






さて。





そんな私はというと。
沢登りに。
メンバーはBT師匠、MGさん、畳屋ジョーさん、私の4人。
畳屋ジョーさんはMGさんの後輩の方です。
今回の沢は小葉谷。
山スキーでも何度か滑っている銀杏峰の小葉谷です。
おそらく、、、
何にもない沢だろうな、
あってもエントリーポイントのクビのあたりが滝になっているくらいだろうな~。
そんな予想をしていましたが、どうでしょう。
何にせよ山スキーで滑る谷は一度は歩いてみたい。
昨年の志目木谷と同じコンセプト。
では行ってみよ~。
写真多めでざっくり行きますね。

小葉谷登山口の駐車スペースに車を停めショートカット登山して小葉谷入渓。
水は結構流れてました。
正直枯れ沢かもと思っていたふしもあったので(笑)
まあ良かったです。

グイグイ標高をあげます。
、、、、
予想的中か!?
何もないな。

ようやく出てきた3m程の小滝。
20231022 (2)
これ上っておかんともう何もないかもと思い上っておきました。

BT師匠やMGさんは巻きで。
ジョーさんはちゃんと上ってきましたよ。
20231022 (3)
ジョーさんは空手をされるらしく体格もがっちりしております。強そう。
ボルダリングもされるそうですが、よくよく聞くと山はほとんど登ったこともないみたいで、いきなりの山が沢(笑)
装備も杉魔人さんやMGさんから借りており先輩のお二人に誘われてのチャレンジ。
普段より運動はされている方ですが、いくら何もない小葉谷とはいえ、一般登山道とは違い不安定な上りになる沢に少々苦戦です。
それでも休憩を繰り返しながらしっかりとついてこられましたよ。

もうすぐエントリーポイントかな!?
山スキーではあそこから滑ってくるはずです。
20231022 (4)

途中の小滝がいっこあったほか特に何もない感じで藪漕ぎもさほどなく終わりました。
まあ、、、
予想通りです(爆)
でも。
あっ。ここ多分いつもエントリーしてすぐガリガリトラバースして~のワンターンするところじゃないですか~!?
等と。
小さな感動です♪

藪漕ぎは最短で。
ちょうど天竺坂の看板のところに。

ジョーさんは途中から遅れてしまい、見守るように後ろにいたBT師匠と二人は藪の中をぐいぐいと標高をあげていました(汗)
BT師匠お疲れ様です(´∀`*)ウフフ
20231022 (5)
ジョーさんも足が終わった感があったようですが、そこは根性の藪漕ぎでクリアされました。

このあと一応ピークに。
ジョーさんお疲れ様です♪
20231022 (6)
万が一のために熊スプレーも持ってこられていました。
それは先輩に買うように言われたのか!?
聞くの忘れた(爆)

前山でランチ。
紅葉は中々いい感じでしたよ♪
20231022 (7)
20231022 (8)

前山から小葉谷登山口付近に向け銀杏峰の新しい登山道ができたらしくここを歩いて帰ることに。
20231022 (9)
あの赤テープから。

中々の急登でトラロープが何本もあります。
20231022 (10)
登山道としては、まだできたばっかりなこともあってか少々不明瞭な箇所もあるかもlしれません。
山慣れしている方は問題ないかと思いますが、赤テープをしっかり確認しながら歩かないと道迷いの可能性もあるので注意が必要です。
これからたくさんの方が歩かれてどんどん踏まれていけば、ますます素晴らしい登山道になっていくと思います。
道を付けた銀爺さん様には感謝しかありません。

赤テープはしっかり確認です。
20231022 (11)

無時に林道に。
20231022 (1)
小葉谷からの良い周回コースになるといいですね♪


今回の小葉谷沢登り。
ある程度予想していたけれど、やはり山スキーで滑る谷を沢登りするっていうのも楽しいです♪
昨年の志目木谷や、今シーズン最初のほうの経ヶ岳北面とか。
個人的に俵谷沢登りしてみたいな~と。
来シーズンBT師匠に検討してもらおう。

初山登りが沢というジョーさんにとって中々ハードでしたが、楽しまれていたようで何よりでした。
仲間に感謝m(__)m
今回も楽しい一日となりましたよ♪
ではまたです。
スポンサーサイト





プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2023