fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: キャンプ・山道具等

Comment (4)  Trackback (0)

残雪期細板のビンディング決めました。

台湾産パイナップル流通されたらもちろん買いますよ~(´∀`*)



さて。



細板のビンディングですが、使い慣れたG3に決めましたよ。オクトス金沢にて購入し取付していただきました。

私のDPSの板はG3 ION12です。
最初からブレーキがついております。
カタログによれば重さは579gとなっております。

そこで。
スキーは流れ止めも使用していることですし、ブレーキはもう必要ないでしょうと言う事で、ブレーキ無しのION12。
こちらは重456gです。
100g以上の差がありますね。靴の100gは荷物の500gと言いますからね。この違いはハイクが長くなればなるほどひびいてくると思います。
ではION12ブレーキ無しかといえば、G3にはもう一つZED12もあります。こちらは重さ354gとさらに100g軽くなります。

IONとZED。
なにが違うのかといえば、メーカーの説明みてもワイにはさっぱりでして(汗)詳しく知りたい方は代理店のキャラバンのサイトなど見てくださいませ。
とまあ、そんなこと書いてしまえば身もふたもないはない話となってしまいます。
この二つ、重さのほかにもう一つ目に見えて違う点があります。

マイ板たち。複数形になりました(笑)
2021sP3040463.jpg
違いは色!?
まあもちろんそれもありますが、そこではありません。
ヒールリフターの高さが変わってくるのですよね。
2021sP3040465.jpg
これじゃよくわからないので、差し金当ててみます。

まずはION。
2021sP3040466.jpg
板の上面より。約90mm。

ではZEDはと言いますと。
2021sP3040467.jpg
約75mm。
両方とも二段階目(高い方)も高さです。
差し金の当て方で正確な数値は分かりにくいですが、実際は目線も同じ高さで見てますので、大体のところあっているかと思います。メーカーサイトなんかでもしか正確な数値がありましたらごめんなさいね。
それで、この15mmの差。
もちろんヒールリフターの高さが取れるIONの方が急斜面は楽になるはず。
重さを取るか高さを取るか、、、
ここは人それぞれだと思いますが、今はすこしでも足元を軽くしたい一心でZEDに決めましたよ。

ちなみに板の重量。
GPSの方は。
2021sP3040470.jpg
2.55kg

バックランドは。
2021sP3040471.jpg
1.59kg。
約1kg重さが違います(゚д゚)!
もちろん、板のサイズが全然違うし、使う用途・時期も違います。なので比較すること自体無意味なのかもしれませんが(汗)
ただ残雪期本番はバックランドを持っていくつもりですし、その時はきっと足取りも今より軽やかになっているはず。
そう信じたいところです。

G3のビンディングは他のメーカーのものとくらべ、どうもはめ込みやすいみたいです。つま先部を当て込むだけではまる。私は最初からG3だったし、これが普通だと思っていたので、違うメーカーのものにしてワンアクション手間が増えるのも面倒だなと思ったのもあります。もちろん慣れたらたいした差ではないとは思いますが。

なんにせよこれからの残雪期が楽しみです(´∀`*)ウフフ
週末土曜は休出ですが、その振休が月曜になったので、月曜はバックランドの試走にジャム勝でもいってこようかな。
まだ県民平日半額やっているのかな~。
調べてみようっと。
ではでは。
スポンサーサイト





プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2021