浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 取立山

Comment (12)  Trackback (0)

助っ人ふたたび。

広瀬すずさん、天海祐希さんも「チアダン」のからみで福井にきていたのですね。
長女に聞いてびっくり、福商チアリーダーすごいっす(*^^)v
福井県民として誇らしいですよ。


さて、日曜はもちろんお山に登ってきましたよ。
行先は取立山。
おそらく雪の取立山に行くのは今シーズンラストになると思うのですよね。
おもいっきり楽しんできました。

sP3050001.jpg
6時23分スタート。
駐車場はすでにかなりの車がありました。

いままで、雪の取立山に何度か来た際は、ほぼ林道を歩き夏駐車場。
そのまま夏道を登っていたのですが、今回はショートカットルートがしっかりあって、そちらを利用させてもらいました。
いつの間にか、夏用の駐車場をこえていました。
sP3050010.jpg

途中無駄に直登したりして、よけいな体力を使ってしまいすっかりヘロヘロ、足にきてしまった(^_^;)
ゆっくりペースで山頂を目指します。
今回は先は長いですからね~。
sP3050013.jpg

ツボ足で頂上まで行けると踏んでいたのですが、それも夏道から法恩寺山がばっちり見えるあたりまで。
ここでアイゼン装着です。
先行者にだいぶ追いついたとは思うのですが、ここからはまったく差が縮むこともなく、皆さん速いです。

sP3050018.jpg
天気は申し分ないです。

sP3050019.jpg
sP3050023.jpg
私が雪の取立山に登った中で、一番の積雪量だと思います。
いつもと違った取立山に感動。
そして頂上。
道標が埋まった頂上も初めて。
ここで、息を整えます。
そう、今日はここで終わりませんよ~。

すると、、、
sP3050026.jpg
ちょうど時を同じくして休憩されていた方に、ゲンジさんと声をかけられました。
もしかして、、、
しろべさんですね。
おうわさは、仲間の皆さんからたびたび聞いております。
正月の文殊山でお会いしました。
あの時は家族といっしょだったので、ご一緒することができませんでした。

今回しろべさんは、鉢伏山まで行かれるそうです。
奇遇ですな~、私も鉢伏山までは行こうと思っていました。
是非ともお供させてください^^/
快く承諾してくれましたよ^^
初めての山だし、冬山だし、ソロだし、心細いし、、、
しかし、ここにきてまたも助っ人登場、先週のとしパパさんといい、未熟な私を助けるために天から使わされてきたのでしょうかね~(´∀`*)ウフフ
なんにせよ百人力ですよ^^d

トレースはばっちり、行きましょう、鉢伏山!!
sP3050027.jpg

sP3050028.jpg
板取の頭かな~。

凄い、天気も良いし、風も穏やか。歩く先までばっちりトレースも見えるし。
sP3050029.jpg
良いときに来れましたねと、しろべさんとうなずいておりました。sP3050030.jpg

山の事や、仲間の話でもりあがり、疲れも吹き飛びましたよ。
しろべさんは、あつぷりさんと大体同じくらいから山登りされたようで、同期みたい。
経験豊富な方なので、道中も心強いです^^

ここで休憩。
sP3050032.jpg
この樹林帯を抜け、最後の上りをクリアすれば鉢伏山のはず。
遠くからこの辺りからの急登を見つつ、登れるかなとドキドキ。
しっかり休憩して最後の上りを頑張ります。
sP3050034.jpg
もうすぐ。

無事登頂。
といっても、なにか道標があるわけではないが、GPSからもここで間違いない。
白山もより近く見えて、素晴らしい景色。
sP3050035 - コピー
白山のガスもとれたところを見れたし、ここで贅沢にランチしましょう。
二人ともカップヌードルでした。
温かいものがしみますな~。

遠くに大長山までのトレースもみえる。
sP3050036.jpg
あつぷりさんが付けた道なのでしょうか。
あつぷりさんは、鉢伏からの往復で約3時間かかったみたいと、しろべさんに教えてもらいました。
この時、時計は10時半過ぎだったかな、今から仮に頑張れたとしても、下山は15~16時過ぎになりそうです。
今回はここまでします。
もっと朝早く起きて、なおかつ仲間といっしょなら、大長山まで来年はいけるかも。
手ごたえは感じました。

白山スゲー。
sP3050040.jpg
ここでテント泊も贅沢だろうな~っと名残惜しい気もしましたが、撤収しますか。
帰りはしろべさんの後ろを歩きました。
sP3050043.jpg
なんかしゃべりながら歩いているうちに頂上につきましたね。
帰りもそんな感じで、いい感じのペースで歩けたと思います。
ゆっくり歩いていただいたので、ほんと助かりました。

分岐までももどってきて、ここでしろべさんとはお別れです。
私はここで、スノーシューチェンジ。
sP3050044.jpg

しろべさんは、取立山に戻って下山です。
sP3050045 - コピー
ありがとうございます、短い時間の山行でしたが、楽しいひと時でした。
またどこかで、ご一緒しましょう^^/

sP3050046.jpg
戻って行かれました。

私はスノーシューですからね~。
そうなんです、これからゴマンドー経由で下山ですよ。
昨年、としパパさんと歩いた、そのスノーシューハイクロードを歩くのですよ。

まずは、こつぶり山。
sP3050048.jpg

ここからスノーシューロードですよ(*^^)v
sP3050052.jpg
sP3050053.jpg
地味な下りがありがたい。
しかし、下げた分、少し上げもありますがな。
sP3050054.jpg
反射板とらえた、しかし足はパンパンだΣ(゚д゚lll)

無事到着。反射板のあいだから取立山。
sP3050063.jpg
休憩を十分とってから出発。

慎重にGPS確認して。
sP3050064.jpg
そうそう、昨年もこんな林を抜けたと思います。

ゴマンドーから下山までの道は、なかなか踏みあともたくさんああって難儀しました。
来年は、もう少しゆきが閉まったときに、また来ようっと。

ここまで来るとホッとします。
sP3050065.jpg

無事下山しました。
sP3050068.jpg
GPSさまさまです。
ここは、時期にももちろんよりますが、スノーシューは必須な気がしますよ。

ここからの国道戻りはきついな~(´;ω;`)

ここにも車が。
sP3050069.jpg
取立山、大盛況です。

sP3050071.jpg
2時ジャストにつきました。
行動時間は7時間30分ほど。
いい感じで疲れました。
来年は大長山に行きましょ~^^
しろべさんも、是非行きましょうね^^/
終始天気も良く、もしかして、しろべさんは晴れ男なのかも!?
ベストコンディションの周回でした。
ではまた~。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017