fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: BROMPTON県外ソロ > 滋賀ブロ

Comment (2)  Trackback (1)

南近江ポタリング。

日曜は本当にいいお天気で絶好の自転車日和でしたね♪


今回は、先週走った滋賀県の近江高島から出発して、大津の辺りまで走ってみようと思っていました。もちろん歴史探検も忘れずに^^
と、思っていたのですが、土曜の夜に飲まないつもりではあったのですが、誘惑に負けて思わずガツリと飲んでしまい、早起きするつもりが寝坊してしまいましたorz
しかも子供の時間セットを間違えた目覚ましでおきました。これがなかったら、まだまだ爆睡していたところでしたよ。


JR西日本のおでかけネットで電車の時刻を確認、今から用意して電車に乗れる時間を考えても、近江高島の駅にはAM10時すぎです。寄り道したい場所を考えると厳しいので、もう少し先まで電車で行くことにして遅れた時間を取り戻すことにしました。
それで、今日はここからスタートです。
DSC04106_convert_20120624225043.jpg
JR堅田駅。お供は今日もBROMPTONです。それはなぜかというと、、、
ブロでまったりダラダラと走りたいからです<(`^´)>
私のブロはザクカラーですからね、歩兵のようにジワジワと偵察も兼ねながら行きますよ。ビューンと走りたい時はシャア専用カラーのtikitの出番、、、かな!?
結局のところ気分しだいってことです^^

駅に着いたのがAM11時前。
まずは腹ごしらえです。というのも出発時にも嫁さん起きていなく、炊飯ジャーも空っぽだったので、カップヌードルを見つけてわびしい朝食を取ったのみでお腹もすいていましたから。しかも昨晩のアルコールのおかげか、ちょっぴりお腹もゴロゴロ、トイレにも駆け込みたい><
案内板をみると、道の駅「びわ湖大橋米プラザ」が近いではありませんか。まずはここで補給と自己メンテ!?及び堅田の情報収集です。時間がなくて堅田のことわからなかったからちょうど良い感じです^^

おっと~いきなり、道の駅に着くまでに見つけてしまいましたよ。知らない街をポタリングする醍醐味ですよね。
DSC04108_convert_20120624225754.jpg
野神神社。勾当内侍のお墓がありました。勾当内侍とは南北朝の武将、新田義貞公の奥さんです。新田義貞は福井にも縁のある武将で、勾当内侍も南条杣山にも来ているらしく、杣山城には勾当内侍の隠れたといわれる洞穴もありました。
案内板によれば、足利尊氏に破れ、体制立て直しのため越前に向かった新田義貞に同行するつもりだったのですが、義貞に止められ、この地で隠れ住んだそうです。これが今生の別れになったらしく、義貞の死を知ったのがその3年後だったそうです。
、、、、あれっ!?私が福井南条の杣山城址で見た、勾当内侍の隠れた洞穴はなんだったのでしょうね。ちょっと不思議です、一度は越前までついて行ったのですが、現地で危険という事で返されたのでしょうか!?調べてみなければ(-_-;)

境内奥には立派なお墓がありました。音声案内もありましたよ。


ここからもう少し先に道の駅が。
近江牛ミンチカツカレーで朝食補完、兼昼食をとりトイレも済ませてこれで心置きなく近江の地を走れます。
さて、ここ堅田には浮御堂で有名な満月寺がありました。浮御堂はなにかで見たことがあったので、とりあえずここ見てくることにしました。

湖岸の細い路地をウロウロとゆっくり走ります。とっても雰囲気のある路です。すぐに「出島」の看板が。見に行くとこんな灯台がありました。
DSC04112_convert_20120624225946.jpg
もちろんハシゴを登っちゃいけませんよ。

さらに奥に進むとありました、満月寺。
DSC04118_convert_20120624230237.jpg
近江八景「堅田の落雁」の浮御堂。これで雁がいたらバッチリなんだけどな~
DSC04117_convert_20120624230443.jpg
湖には大きな鯉が泳いでいるのが見えました。琵琶湖の清々しい景色をご馳走になりました^^

堅田はまったり走るのにいいところですね、すっかり気に入ってしまいました。
このような教会も。
DSC04120_convert_20120624230834.jpg
ヴォーリズという建築家が全国で建築した現存する数少ない建物の一つだそうです。
そういえばozunu13さんの神戸ポタリング日記でも見た気がします。

今日は出遅れたので、ゆっくりもしていられません。次なる目的地、近江坂本に向います。実はBROMPTONを買ったときから行きたかった場所なのですが、なかなかチャンスがなく、今回やっと行くことができました^^v


途中、おごとを過ぎて見えてきました西教寺の看板。
西教寺は明智光秀公に縁の深いお寺です。

明智光秀、、、私が大好きな戦国武将、真田幸村に匹敵する武将なのです。ですから光秀の築いた坂本城や統治した坂本の街を是非見たかったのです♪
少し暑苦しかったですね、許してください。
さて、この西教寺、看板によれば1km少々。もうすぐじゃん!などど思ったのが甘かった><
国道から西教寺まで、残り1kmが全部坂、しかも後半にかけて勾配も激しい激坂Orz
3分の2ほどは頑張りましが、残りは自転車を押して上がりました。無理して踏み込んで膝痛くなるの嫌ですからね、そういうことにしておいてください(;´Д`)

さて登りきったところにあった西教寺。この総門は坂本城から移築されたものです。
DSC04123_convert_20120624231015.jpg
なかも本堂まで地味に坂が続きます(-_-;)

途中の宗祖大師殿。ここからの坂本とびわこの眺めが気持ちよかったです^^
時間を忘れて、まったりお茶でもすすりたい気持ちでいっぱいでした♪

あの電線邪魔><
DSC04129_convert_20120624232821.jpg
お猿も。
DSC04130_convert_20120624231221.jpg

本堂前には明智光秀一族のお墓がありました。
DSC04140_convert_20120624233051.jpg
光秀の奥さんの煕子の墓もありました。

本堂のお庭も少し。
DSC04143_convert_20120624233441.jpg
客殿も素敵でした。
ほか、明智左馬助の湖水渡りの際の馬の蔵も残っています。

帰りの参道を。
DSC04151_convert_20120624233712.jpg
別にモノクロじゃなくても良かったか(-_-;)気分ってやつで(^^;


西教寺は明智光秀が近江坂本の大名となった際、明智一族の菩提寺とすべく大檀那となり、信長の比叡山焼き討ちの災禍をうけた寺の復興に力を注いだそうです。

では、またまた長くなりそうなので次回に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2012