浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 白山連峰 > 白山釈迦岳

Comment (8)  Trackback (0)

山めしと秋の白山。

いや~、久々のブログアップになります。
申し訳ないですm(__)m
いろいろと忙しかったり、、、そうそう、ちょいとソロもいってきたんですよ。
まあその記事は後程。
まずは、お仲間との白山の記事から書きますね。


今回この記事を書くのに、お仲間の皆様に出遅れてしまい、さらり~と流す感じで書きますのであしからず。
け、けっして手を抜いているわけではないんだからね(>_<)

まずは。
恒例ですが、みなさま画像を多数お借りしておりますm(__)m

メンバーはとしパパさん、あつぷりさん、ツギロウさんのイツメンの皆様です。
発端は近々の吞み~の時のこと。
ツギロウさんのメスティンを今一度、日の光る場所に連れ戻そう。
ここが始まりでした。
それで、舞台は白山に。
市ノ瀬スタートの、白山釈迦岳~大汝峰経由の下山というコース取りです。

詳しくはお三方のブログを参考にしてね(^_^;)
としパパさん。ツギロウさん。あつぷりさん。の各記事です^^

釈迦岳前峰。
s2017924t0018_xlarge.jpg
ここまではなんとかぎりセーフ。
結構疲れた。
座り込んで休憩、あつぷり隊長にへたれっぷりのお叱り受けるも、ふてくされて赤袋のみながら応答中の画(ウソウソ)
しかし素晴らしいお天気でした^^

釈迦岳過ぎて、オオサクラソウ!?の群生手前のお花畑付近でタンマ。
休憩をお願いいたしまする~(>_<)
この日風も穏やかで、ポカポカ。
マットひいたら確実にお昼寝していましたよ。
結構な時間の大休止。

あまりにも休憩時間の長さも悪かったのか、この後はとしパパ鬼教官((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルについていくことができず、右太もも前が悲鳴を上げ、一気にスローダウン(;´д`)トホホ…
s2017924p0037_xlarge.jpg
距離が長くなればなるほど、皆様との実力差が顕著に表れます。
みんな速いんだって(涙)

初めての七倉の辻。
もうへばったんよ。
s2017924a.jpg

だがしかし、初めての御手水鉢に感動♪
s2017924t0077_xlarge.jpg
なによりも大汝峰をこちら側から見たことも初めてなわけで、そのたおやかな山容にうっとり。
ツギロウ兄さんの、
「北部は雄大。」この言葉が心に残る。
私の実力的に今年はもう厳しいかもしれませんが、来年は北部攻めてみようと誓いましたよ。

よかった、ぎりぎり足攣らないですんだ。
スローペースすみませんm(__)m
今年度初の大汝峰(∩´∀`)∩ワーイ
s2017924a0086_xlarge.jpg
s2017924y0091_xlarge.jpg

一年かけての三山登拝完了(^_^;)

素敵♪
s2017924p0063_xlarge.jpg


足攣るんいやなんで、御前峰は許していただきましたm(__)m
まきまき~の室堂に。
スローペースに業を煮やした教官鬼ダッシュー!!
s2017P9240081.jpg
おトイレダッシュらしい(笑)

室堂にてメインイベントのメスティン対決v( ̄Д ̄)v イエイ
そのまえに。
かんぱーい。
s2017924a0099_xlarge.jpg



この標高にしてこのクオリティ♪
s2017P9240094.jpg
あつぷりさん、おうちで米をしっかり水に浸して持ってきた模様。
アルコール燃料でご飯焚くのは初めてだったのでどうなるかと思ったのですが、完ぺきでした。
ただな~、米の量がパネエっすよ(笑)
焼肉も最高♪
あつぷりさんが、家焼肉でよく使うたれがまた美味しい♪
s2017P9240090.jpg
すき焼きっぽくてまあ~たまらん(´∀`*)
しか~し、
ここで食べすぎたのか、肉に火が通すのが甘かったのか、、、
このあと私のボディに異変がΣ(゚д゚lll)ガーン
まあこれは後程。

お腹一杯で撤収。
最短ルートで。
s2017924t0147_xlarge.jpg
お疲れ様でした~♪

私にしては結構なロングでした。
山めしも久々にめっちゃ美味かったです。
この企画は今後も続けたいですね~。
そうそう、メスティン対決ですが、ツギロウさんもパーフェクトに仕上げてきて、今回はドローでした。
これをきに、ツギロウさんの次回からの山行のご飯は、メスティンで炊いた白飯がメインになることでしょう(笑)
あつぷりさんのメスティンはLサイズ?ドカベンみたいで笑った^^

またみんなで上手い山めし企画を計画しましょうね^^
ではまた~^^/

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 白山連峰 > 白山

Comment (12)  Trackback (0)

2017.9.13.14南竜テン泊・別山

きたね、ミサイル。
まったく笑えない状況、真剣に国防考える時が来たのですよね。
ちなみに9条掲げて話し合いで。
そういった考えでは私はありません。


さて、勤務体制変更に伴い、水木とさっそくの平日休みの連休となりました。
なので、今年まだテン泊していない南竜に行くことにしましたよ。
sP20179139130001.jpg
前日は当然残業で遅いので、用意も当日の朝に行い、ゆっくりスタート。
9時半前位でした。
びっくりしたのは、別当のいつもの道路脇駐車スペースがいっぱいだったこと。
今年の白山はアツいですね。いがいに遅く出発となると平日でもそんなものかな。
この日は砂防~南竜です。
一気にはしょりますよ(笑)

甚之助避難小屋。
sP20179139130005.jpg
別山はガスってますね。
お天気ナビでは、この日も翌日も一応曇り晴れで悪くないです。
時間的に昼からはガスってくるのかな~。

荷物も朝に適当に詰め込んだこともあって、水食料込の12㎏弱。
ONEを担ぎました。
ONEの推奨パッキング重量をちょいとオーバーしています(^_^;)
しかしまあ、調子の悪いこと(;´д`)トホホ…
甚之助まで1時間50分と、次女と登った時より30分は長くかかっていますし、しかも余裕はまったくない。
なかなか進歩がないな~。
ゆっくり休んで出発。

当然南竜分岐でも大休止。
風もそこそこ。
雲の流れもあったし、結構休んで別山方向のガスが晴れるのまって写真撮りたかったのですが、なかなかガスは取れずに。
しびれを切らして出発。
sP20179139130008.jpg
やっとガスがとれた♪

久々の南竜。
セントラルロッジは無人。
受付等々は南竜山荘とのことで、受付済ましてテンバに。
sP20179139130010.jpg

おお~この花好きなんですよね(´∀`*)ウフフ
sP20179139130011.jpg
sP2017919130015.jpg
ミヤマリンドウであってますよね。

今日はヘリテイジfです。
sP20179139130016.jpg
シングルだけに設営は楽。
これはツギロウさんに教えてもらった、換気口のネット。
sP20179139130018.jpg
秀逸♪

ちょうどお昼どき。
sP20179139130017.jpg
てぬき、いつもの袋麺。
これがまあマズイっすよ(>_<)
サッポロ一番塩ラーメンは、袋麺の中で私は一番好きなのですが、どうも一品加えてで使っている市販のラーメンの具材、これの乾燥ワカメが悪さしている気がする、、、
サッポロ一番の良さを台無しにしている気がするので、次回からは乾燥具材のワカメ入りは使わないでおこうと思います。
この飯のまずさに嫌気がさした私。
お口直しに、、、
s2017913P9130020.jpg
この日はまったくこの後登る気なし(^_^;)
ついでに小屋飯まで頼んできました。

いったんテントに戻ってお昼寝2時間少々。
まったり~な時間が過ぎます。
小説一冊持ってきたのですが、読む時間がなかった。
17時から夕食。
sP20179139130022.jpg
カレー・味噌汁おかわり自由。
前にみんなと食べたときは激ウマだった気がしたのですが、この日はまあまあ美味しい位かな。
朝日小屋や赤岳山荘の小屋飯で、すっかり舌が肥えてしまったのかも(^_^;)

このあと夕日に照らされた御前峰方面をみながらしばしうっとりしつつ、またもそっこー爆睡Zzz
やっぱり疲れているのかな。
勤務体制変更のうまみはこれからです。
10月は結構休みが多いんですよね。代わりに11月はローテの関係で休みが少ないのですが、、、
これから今までの分、少しずつ体をいたわってあげたいです。

夜はですね、思ったより寒かったですよ。
今回はロングに備えていろいろと就寝のことで試したいことがあってのテン泊でもありました。

持っていった装備は、OMMマウンテンレイド1.6。
これにダウン(上)羽織って寝ましたが、夜中寒くて起きました。
そこにサーモリアクターをプラス。
かなり暖かくなりました。久々のサーモリアクター。+9°は盛過ぎだと思ってましたが、結構効果はあるんだなと実感。
また寝ます、、、
しかし2時間もすると起きてしまい、ダウンパンツをプラス。
このあとは爆睡Zzz
正確な気温が分からないので、何とも言えませんがもちろん氷点下はないはず。
日中が10度ほどだったことから考えれば、5度以下位でしょうか。

私にはこの位の気温なら、OMMマウンテンレイド1.6にサーモリアクター足すより、モンベルダウンシュラフの方がよさそうですね。
ちなみにマットは山と道5㎜に、新しく導入したエアマット。
こういったものの画像取るの忘れたので、また別記事にアップしますね。
この5㎜マットにショートエアマットのコンビは良かったです。
重さにしてZライトオンリーの方が軽くなってしまいますが、ここ使い方かな。
外付けできにくい山域では、このコンビでいくことにしよう。

2日目はいきます。

絶好の晴れv( ̄Д ̄)v イエイ
目覚まし無し起床。
それでも足音で5時半には起きました。
昨晩は何度か目が覚めたとはいえ、トータル10時間以上睡眠だったので、まあ悪くないです(笑)
朝食。
sP20179149140025.jpg
モンベル ガーリックリゾッタ。
3分で食べられるアルファ米。
味はまあふつーかな。
最近アルファ米すら食べたくないというわがままっぷり。
ロングの時のご飯どうしようかな(^_^;)

セントラルロッジにておトイレお借りして出発。
sP20179149140026.jpg
いいお天気だ。

以前にみんなと泊まった小屋はきれいに塗装されてました。
sP20179149140028.jpg

油坂の頭までがきついっすよね(^_^;)
sP20179149140030.jpg

ひーひーで登りきったそこは絵画のような感じ。
sP20179149140032.jpg
素晴らしい♪
別山待っていてくださいね。

ひとつ残念なことが、、、
sP20179149140033.jpg
この日はいていた靴は、ホカオネ トーア ウルトラ。
たしか使いだしてからしばらくした雨の銀杏峰、そのときに気持ち防水に不安を感じたのですよね。
そのあと何度天候不良でも使用していますが、イマイチ完全防水をうたっている割にどうなんだろうという事がありました。
ゲイターなしとか、そういった要因もあるし一概にも言えないのでそのままでしたが。
この日、今シーズンは初投入のホカオネ トーア ウルトラ。
ロングはこれを履いていくつもりでしたが、南竜から打波の頭までの朝露ですでにずぶ濡れに。
靴の中は濡れてしまっています。

あつぷりさんにも以前アドバイスを受け、一度ホカオネ代理店に防水について聞いたことがあるのですが、現在のホカオネ代理店ではトーア ウルトラは扱っていなく、今年のホカオネ代理店では対応してくれないのです。
こういったこともあるので、海外メーカーの製品は注意した方が良いですね。
アフターに関しても、代理店が変わったことで対応できないとなると困りものです。

軽量ミッドカットの完全防水枠として考えていたホカオネ トーア ウルトラ、、、
完全防水でない靴が濡れてしまえば、乾くのにも時間かかるし、ロングには使えないかな。
こうなるとアルトラ ローンピークの方で防水ソックスの方がましか。
今回逆に試せることができて良かったです。
ホカオネ トーア ウルトラ、今後出番はぐっと減ることになりました(;´д`)トホホ…

気を取り直しで。

天池。
sP20179149140035.jpg

下の方に雪もまだ残っているんですね。
sP20179140040.jpg

何度か小休止しつつ。
sP20179140041.jpg
もう少し。

お久しぶりです。
ssP20179140042.jpg
sP20179140043.jpg
いいお天気でした。
山頂すれ違いで3人組のおじさんたちとあったくらいで、静か山行でしたね。
帰路にあとソロの方二人と。
しばしまったり中。

これで今回の予定は終えたので撤収。

一気にテンバ(笑)
sP20179140048.jpg
白峰総湯にも久々に入りたいし、いそごーっと。

帰るころにはガスが上がってきました。
sP20179140049.jpg

水も最低限にしたし、2㎏は軽くなったかな。
上りはあまりにものふがいなさに、自己嫌悪しそうでしたが、下りはまあまあ。
そうそう南竜~別山。
最近教えてもらったヤマプラのコースタイムよりは速かったくらいの3時間半でした。

まあ自分のペースで頑張るほかない。
ただ11月のあの計画までにはもっと鍛えないといけないのも事実。
とにかく休日はできるだけ山に時間を振っていきます(`・ω・´)ゞ

sP20179140050.jpg
無事下山。

今回南竜テン泊では、いろいろと試せて良かったです。

就寝セットそれとホカオネ トーア ウルトラの見極めができて良かった。
背負ったザックのONEですが、はじめて京都で夏目さんに担がせてもらったときの感動が大きすぎたのか、あの時と比べイマイチ私的に良さをひきだせていない気がします。
背負う重量的に10㎏以下位で考えなおかつパッキングにも一工夫してこそのものなのかも。
ONE自体、容量40リットルほどですが、想像以上に入ります。
しかし、入れすぎても推奨重量オーバーになるし、今のところ私のレベルでは一泊程度の山行に使った方が良いのかもしれません。ロングのザックはタリマロかな~。
いったん発進してしまった後では、その後の山旅の面白さは半減してしまうし、リスクも伴いますからね。
ロングに向けてじっくり考えます。
ではまた~^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 白山連峰 > 白山

Comment (8)  Trackback (0)

2017.9.3 次女と白山(砂防ピストン)。

実は昨日誕生日だったんですよ(∩´∀`)∩ワーイ
夜勤だったので起きてから晩飯(朝飯ともいえる)を食べて、子供たちからささやかなプレゼントを頂いて。
冷蔵庫にショートケーキが入っていたのですが、帰ってから食べるわと言って仕事に行きました。

そ~れ~で。
朝帰宅してケーキを食べようかと箱を開けたら一個だけ残っていました。
おれっちの誕生日のケーキなのだが、のこりもん!?
好きなケーキを選ばせてはもらえなかったようです(^_^;)


というわけなのですが、気を取り直してブログを書きます。


日曜日。
ここは単発の休みだったし、ゆっくり起きて文殊山でも登って、あとは自己メンテ。
夜はご飯食べに行くことになっていました。

それで朝ゆっくり起きればいいものを、無駄に早起き6時起床。
一階に下りると次女も起きていました。
ちなみに、次女って今日部活じゃないのか?
っと聞くと、今日は休み~って。
ならば、白山でも行く?
いかない!
いこうぜ!
いかない!
っと何度かやりとりしているうちになんだかんだと次女参戦v( ̄Д ̄)v イエイ
ダイエットしなくていいんか?
この一言が効いたらしい(笑)

急いで用意して市ノ瀬に。
9時前ののバスに滑り込み。
20178903sP9030002.jpg
9時9分スタートでした。

槍ヶ岳を夏休みに登ってから、もう当分次女と山に登ることはないだろうな~って思っていたのですが、こんなに早く一緒に登れるとは。
何事もタイミングですね(*^^)v

先にも書きましたが、18時から集合がかかってましたから、この日の登山はマックス13時には下山と決めています。

砂防の下山専用道は通行止めになっていました。
2017903sP9030004.jpg

とりあえず中飯場まではゆっくり登りつつ、その後はそれなりに歩こうかと次女と話して。

2017903sP9030007.jpg
次女も調子は悪くなさそう。
なんだかんだと山好きなんじゃないの~って気もします。


別山方面は少しガスが。
2017903sP9030010.jpg
今年まだ別山登ってないんだよね。
機会見つけて登りたいのですが、そんなこと言っているうちに白山も雪降ってしまうな。

2017903sP9030011.jpg
甚之助避難小屋では大休止。
ここまで1時間20分ほど。
まあまあ良いペースです。

しっかり補給してスタート。

しかしいつものことながら、甚之助後はなぜかしんどい。
といっても私はめずらしくそれほどでもなかったのですが、次女は一気にきたらしい。
2017903sP9030013.jpg
南竜分岐。
もちろんここでも腰を落として休憩。

私は甚之助小屋でドーピング(赤袋)すみでしたが、次女がここでドーピングだしてって(笑)
2017903sP9030015.jpg
ちょっとだけ元気になりました(笑)

黒ボコはガスってきました。
2017903sP9030017.jpg
次女には黒ボコ岩で休憩して、そのあとはボーナスタイムの弥陀ヶ原。
とりあえず室堂まで行こうかということに。

やっぱガスガスだな。
2017903sP9030021.jpg
弥陀ヶ原はすっかり秋に突入って感じでした。
もう山は秋ですな~。

五葉坂から御前峰みるとガスもなく、時間的にももしか山頂いけるかも!?

次女は室堂までにしよっさっと弱気でしたが。
2017903sP9030024.jpg
お昼寝のお兄さん気持ちよさそう。
とりあえず休憩です。
2017903sP9030025.jpg
今日の次女の帽子は私の「山と道メリノキャップ」
ここのところは、マーモットのキャスケット紺を貸してあげて、何気に親子で色違いの帽子で山登っていたのですが、この前の槍のあと、洗濯したあと嫁さんがどこかに片づけてしまい、朝見つからず急きょ貸してあげました。


このガス無しの御前峰見たら行くしかないっしょ。
時間にしてまあギリでしたが、次女もしゃあなしやぞって感じでついてきてくれました。

まあまあ次女も疲れが見えていましたが無事登頂。
2017903sP9030032.jpg
う~ん、地味にガスってきました。

今年、大汝峰もまだ登ってないのよねん(>_<)
2017903sP9030030.jpg

室堂方面はガスってました。
2017903sP9030038.jpg
予定では、室堂でラーメン食べて下山だったのですが、時間的にラーメン食べている暇はないかも。
しかし、室堂のラーメンは美味しいのでなんとか食べてから帰ることに。
13時20分室堂出発なら間に合うかな~って計算してダッシュで下ります。

で~す~が、、
13時をほんのわずかにすぎていて、室堂の食堂は閉まっていました。
まさか13時までだとは思わずがっくりOrz
売店のお兄さんが、カップヌードルならありますという事で、こちらを頂きました。
200179003sP9030040.jpg

予定通り13時20分すぎに室堂出発!
こっからは気合で下山。
なんとか、帰りに白峰総湯に入ってから帰りたい~!!
甚之助避難小屋には13時50分すぎぐらいとハイペース下山。
何人もの登山者の皆さんに道を譲ってもらいすいません(^_^;)
次女もちょっと遅れては待ち~のと言った感じでしたが、平気平気ってふつうについてきました。
下りは親子ともども頑張れます(笑)

甚之助に14時前に着いたことで、下山の時間の予測が付いたので、ここからはぼちぼち位で。

中飯場からは渋滞に巻き込まれつつ、、、
2017903sP9030042.jpg
やっぱり週末の白山砂防道は混みますね(^_^;)
15時発のバスに滑り込みました。

総湯入って帰りたかったのですが、次女が髪乾かすの時間かかるしと言うので、そのまま帰宅となりました。

しまった欲張って山頂まで行かなければ、室堂でラーメン食べてお風呂入って帰れたのに~。
でも、そうするとやっぱり上っておけば良かったって思うかもしれないし、まあ結果オーライですね。
今回砂防ピストン、休憩込5時間49分でした。
私にしてはかなり上的です。
それにしても次女も成長したな~。
昨年の砂防~御前峰~大汝峰~観光新道下山の時はこんな感じでした。
来年も次女と白山に登れますように。
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 白山連峰 > 白山

Comment (8)  Trackback (0)

白山1300年開山登山。

いや~暑さがさらに増した感じですよね。
もう夏で良いですよ、梅雨の蒸し暑いのはもう勘弁です。
日曜は三女とプールにも行ってきましたよ。
山もいいけどプールや海も良いですよね~。
はよ梅雨あけろ!!


さて、この辺で本題に行きますか。

土曜日7月1日は白山の山開きでした。
しかも今年は白山開山1300年というプレミアムな年です。
あつぷりさんからお誘いを受けたのですが、金曜は残業で遅くなるし、土曜も休日出勤濃厚(;´д`)トホホ…
ですが、
ミラクル(∩´∀`)∩ワーイ
まずは土曜休日出勤が消えた。
でも、金曜の仕事はめいっぱいあるし、、、
御来光に間に合わすためにも、0時登山開始。
それだとフル残業だと間に合わない、、、
が、またもミラクル。
ちょっとだけ早く仕事が終わったんですよ。

ただ、家帰って風呂入って用意して別当出合まで車走らせて、、、
ちょっ、待てよ(キム〇ク風で)
オールじゃん(>_<)

まあいっか、1400年の節目には登ることはできないだろうし、ここはスペシャルなデーだわ。
少々寝なくたってなんとかいけるっしょ。
と、まあいつものノリと勢いで行ってきました。

暗いし手振れはご容赦くださいm(__)m
OMMでバシッと決めたAP隊長到着。
s2017710001_xlarge.jpg
おそい!!20分の遅刻ですぞ。
まあ、一回断ってるので、あつぷりさんはソロだと思ってたので仕方ないんです(笑)
最初、車で寝てるとこコンコンしてびっくりさせてやろうかと思ったのですが、路肩の駐車スペースに車なかったのでしかたなく別当出合のベンチで寝て待ってました。

まあサプライズは成功です(*^^)v
ではでは登山届出して出発です。
ナイトハイク中は雨で暗くてピント合わせにくいのもあって写真はあまりないです。
それと、、、
今回もあつぷりさんから多数画像お借りしておりますm(__)m


とりあえず雨だし、ゲイターは「クナイ」
先に行っちゃえば、雨には強くない感じ(^_^;)
s2017710003_xlarge.jpg
まあ見た目重視、ここ以外に大事です(笑)

ほんと途中の写真はほぼないです(^_^;)

まあ一睡もしてなし、白山いつ登ってもしんどいし、要所要所で休憩をはさんでいただきました。
中飯場でも別当覗でも。
甚之助小屋を覗くと、何名かの登山者が眠らてたので、そっとじ。
お外でレインパンツ装着。
タイミングよく雨脚も強くなってきました。

甚之助から南竜分岐までは、いつもしんどいのよね。
分岐に着くと座らせてもらい、そのまま気を失いそうに(寝ちゃうってことね)なったのですが、ここで寝たら割と死んじゃうかもしれないので頑張って起きました(笑)
相変わらずペース的には至って普通、あつぷりさんに合わせてもらっております。
ごめんね、おしかけておいてマイペースでm(__)m

黒ボコもスルーでボーナスタイムの弥陀ヶ原をこえ、最後の難関五葉坂はマイペース。
なんとかこれました室堂。
ここまで写真なし<(`^´)>
真っ暗だしね(^_^;)
あつぷりさんのレポの方で途中の雰囲気はつかんでください(`・ω・´)ゞ

室堂では濡れたシャツを着替えて、ホワイトランニングJKを着て保温。
御来光の時間調整していざ山頂へ。
最初、こんな雨の日、いや嵐の日にわざわざ登ってくる人は、そうそういないと思っていたのですが、そこそこそうですね~、30人位は室堂にいましたね。
sP2017717010019.jpg


御前峰山頂までは渋滞。
でもどうやら20人位先に登られていたおばあちゃんが、私に負けない位のマイペースを堅持して渋滞を引き起こしていたようです。
s2017710008_xlarge.jpg
奥宮に無事ここまで登れた感謝の気持ちをお伝えしました。

ちなみに御来光には間に合わなかったのか、ガスでさっぱりわからなかったのかは不明。

とにかくだ、記念撮影は今回は外せません。
だって1300年開山記念登山なんだもん(笑)
s2017710010_xlarge.jpg
しかし寒かった、というか雨が痛かった、雹かと思ったよ(>_<)
こんな天候でも頂上には結構な人出、100人はいたと思ったのですが、後から聞いたところ70人ほどだったそうです。

新聞社かTV局の方が分かりませんが、音頭を取って万歳三唱。
s2017710017_xlarge.jpg
s2017710018_xlarge.jpg

万歳三唱をおさめるあつぷりさん。
s2017710014_xlarge.jpg
こんな雰囲気。
sP2017717010015.jpg


いや~、これはいい経験ができました(*^^)v
天気はイマイチどころか過去最高にヤバイ気もしましたが、そんなことはもうへっちゃらです。
めちゃくちゃあくびもでたし、眠さも重なっておかしくなってたのかも(笑)

とりあえず急いで室堂いこ。
だってさ、寒いっすΣ(゚д゚lll)
室堂に着いたのは5時20分。
5時半から売店が始まり、そこでカップラーメンの販売もあるといういことで食べました。
s2017710022_xlarge.jpg
生還のガッツポーズ(爆)
大袈裟です(笑)
でも生き返ったす。

8時から祈祷所で祭事が行われる予定だったそうですが、さすがに冷えた体で二時間待つのはきびしいので撤収。

ガッスガスの弥陀ヶ原。
s2017710025_xlarge.jpg

十二曲がり突入。
s2017710026_xlarge.jpg
こんな雨でもお花は外せません(笑)

このトラバースはまじでビビった(((((((( ;゚Д゚))))))))
s2017710031_xlarge.jpg
s2017710034_xlarge.jpg
あの穴踏み抜いたらやべっすよ。
行きに通った時は風もあったし、、、はやく雪溶けてくださいね。

教えてもらったキヌガサソウ。
sP2017717010033.jpg
おお~、レンズの曇りが~~(>_<)

甚之助のあたり。
s2017710037_xlarge.jpg
川やね(笑)

途中気になってたワープゾーンに。
sP2017717010037.jpg
ぐぐっと林道あるいて中飯場に到着でした。

無事下山。
s2017710043_xlarge.jpg

あつぷりさん、楽しかったね♪
s2017710042_xlarge.jpg

天気が悪いのは百も承知の御前峰。
でも行かねばなるまいよ、1300年開山記念というこのタイミング。
ソロならまずもって考えもしなかった1300年開山記念御来光ハイク。
御来光はいまいちさっぱわからんかったけど、脳内では最高に輝いてましたよ。
仲間に感謝、またもいい思い出ができました。
あつぷりさん、またツギもよろしくお願いしますね。
ではまた~^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 白山連峰 > 白山

Comment (10)  Trackback (0)

2017年度、初白山。

仕事終わって帰っている途中、なかなかの稲光をみてびっくり。
竜巻注意報って、、、
ブログを書いている今もゴロゴロいってますよ~。
怖いっす(>_<)


さて、日曜にお仲間の皆さんは白山に登られていたのですが、夜勤明けにつきご一緒できませんでした。
白山行きたかったな~。
そう思っていたらですよ、これが週末急に来週残業調整で早く帰る予定の火曜、有休でもいいですよと言われまして、もちろん休むわ~って♪
いきなり言われても困るのですが、休めるのなら休むに決まってるやろ。
なので、急でしたが白山に登ることにしました。
sP20175300082.jpg
今年度白山に登るのはこれがお初です。
目標は砂防新道で御前峰。
いけたら大汝峰まで。
まあ無理せずに、のんびりと。
とにかくだ、
山に癒されたいんじゃ~~~!!
理由!?察してくださいね。

最近は次女に担がせることが多いエクスぺドの20リットルのザックに、アイゼンピッケル装備で出発です。
久しぶりの白山。
心躍るところですが、最初の石段ですっかりヘロヘロに。
最近は嫁さんに合わせてまったりばかりだったので、すっかりダメダメになっていましたよ(^_^;)

中飯場。
sP20175300083.jpg
トイレはまだ使えません。
こんなのあったかな!?
sP20175300085.jpg

ちょっとだけ休憩して出発。

まだしばらく夏道。
すると、、、
後からシャア並みのプレッシャーを感じ、振り向くと高速で男性が登ってきました。
すぐに道を譲ります。
んっ!?
もしか、、、
こうえいさん!?
sP20175300088.jpg
まさかまさか、なんとなく週の中でもっとも休みの人が少ないと勝手に思っている火曜日に、こうえいさんとばったり出くわすとは思ってもいませんでした。
軽く談笑。
こうえいさんは、七倉の辻まで行かれるらしく、寝坊してしまったのでおしているみたい。
私の実力では、とてもついていくことはできないのでご一緒はしませんでした。
さわやかに、登っていくこうえいさんを見送りつつ、マイペースで登っていきます。

sP20175300090 (1)
そのうち雪道に。
昨年も残雪期に登ったことがあり、そのイメージがあって雪は甚之助小屋あたりから少しずつ増えていくのかなと想像していたのですが、予想以上の雪にびっくりしていました。
sP20175300092.jpg
気温も高く、雪質はよくない。
もっとガチガチを想像していましたが、腐りつつある雪道でイマイチスピードに乗りきれず、むしろ足つりそう(>_<)
大汝峰はちょっと無理かな。
そう思いつつ、ぼちぼち登ります。

そろそろ甚之助小屋のはずだが、、

すると右前方に甚之助小屋。
ここまでいろいろトレースもあったのですが、最も踏み跡の濃いトレースを登っていたら、甚之助小屋はスルーでした。
まあ用事もないから別に良いのですが、、、
sssP20175300093.jpg
あれ、もしかして、、、
あのオレンジのまるで囲っている人は、、、
こうえいさんでした♪

さっきまたあとでとお別れしたのですが、まさかここで重なるとは(笑)

こうえいさんは、夏道は快調だったのですが、雪道になったらペースダウンしてモチべが下がった模様。
ストイックに攻めるのはやめにして、まったり登ることにしたらしい。
というわけで、まさかの平日休みの白山でこうえいさんとご一緒できるとは♪
私は速く登れないことを伝えますが、こうえさんは全然かまわない、まったり登りましょうとのことで、安心です。
合流したタイミングでアイゼン装着。
燕岳が今シーズン、最後のアイゼンかと思っていたのですが、残雪の白山をわすれていましたよっと。

さてさてこの後からは、、、
こうえいさんから撮ってもらった画像、たくさんお借りしておりますm(__)m
s20170003_xlarge.jpg

しかしホント調子も悪く、ゆっくりしか登れません。
夜陰明けで強行の取立山から中一日での白山は、私には相当ハードだったのかな。疲れが抜けきってないのか、、、
何回か小休止を挟まさせてもらいました。

余裕あまりなく写真もとっていませんが、こうえいさんがペースを合わせてくれ、しゃべりながらのまったり登山。
黒ボコ岩までの直登は厳しいものがありました、なんとか黒ボコまで。
sP20175300096.jpg
ザックを下ろして大休止。
最初大汝峰いけると思うよとこうえいさんも言ってはくれたのですが、ペースも上がらず、右太ももが頑張ると攣りそうな気配なので、御前峰に目標を定めます。

五葉坂は危なかった、、、
ほんとペース上がらず申し訳ない。
五葉坂でも二回ほど休憩する体たらくぶりを発揮してしまった(>_<)

やっとついた室堂にて思わずガッツポーズ(∩´∀`)∩ワーイ
ss20170004_xlarge.jpg
いや~まじで危うかった(^_^;)

とりあえず室堂小屋まで。
この前こうえいさんが白山登った時は、財布を車に忘れて室堂お立ち寄りしなかったそうですが、今回はばっちりお財布もってきたみたい。
コーラを買って乾杯です。
sP20175300090 (2)
かるく休憩して出発。
しかしイマイチ足の方は乗り切れないな(>_<)
ともかく、鳥居が手が届く位置に。
s20170005_xlarge.jpg
sP20175300105.jpg
二人して記念撮影(笑)

では行きます。
が、、
御前峰が遠い、、、
まあ私の場合、室堂から御前峰まではいつだってヘロヘロなのですが。
体力不足を痛感。
やっと半分の高天源。
s20175300006_xlarge.jpg
ここでコムレケアを飲みます。
足は一度つってしまうと、回復に時間がかかるので、予防が第一ですよね。
水分補給はしっかりしたつもりでしたが、やはり塩分不足!?
ツギはちゃんと梅肉持って上がろう。

ほんとまったりゆっくりペースでなんとか頂上。
s20170008_xlarge.jpg
まずは奥宮に無事来れたことを報告。

そして記念撮影v( ̄Д ̄)v イエイ
sP20175300111.jpg
写真をお願いしたハイカーの方が、なんとこうえいさんのお知り合いでびっくり。
偶然が続きます(笑)

このショットは外せません。
sP20175300112.jpg
う~ん、天気は晴れでしたが、黄砂かPM2.5なのかなんなのか、イマイチ展望は良くなかったです。
大汝峰たいして遠くはないのですが、太ももの具合はよろしくなさげなので、今日はここまでにしました。
今回の目的の一つ、コーヒー飲んでまったりしようを実行に移します。
これが、まあ偶然なのか、こうえいさんもまったりは外さないようコーヒー持参でした。
良い場所見つけて。
まずはランチ。
カップラーメンとおにぎり。
鉄板メニューです。
そして~、、、
大汝峰に。
sP20175300113.jpg


しかしいい感じに撮ってもらえました(´∀`*)
s20170010_xlarge.jpg
このランチタイム、ほんと長~くおしゃべりしていまして。
ここ最近の山行と言えば、ランチタイムもスピードハイク系。
久しぶりですな~、こんなに山頂にとどまったのは。
すっかり癒されましたよ、山に。そして、、、こうえいさんに(∩´∀`)∩ワーイ
もう一杯コーヒー飲んでもいいかなと思ったのですが、私のペースが遅すぎたので、これ以上はゆっくりもできません。
二人の会話の中で、下山後のお風呂は外せないと一致したので、お風呂に遅れてしまいます。
ここで下山して、お風呂入って帰宅、ちょうど17時ごろ家に着く感じ。
これでいきましょう^^/

下りは六地蔵を拝見してから、雪の上を。
sP20175300114.jpg
sP20175300115.jpg
この時期限定らしい。
山頂から見えていたはずなのですが、今迄全く気が付きませんでしたよ。

グリセード気味で楽しそうに下りて行くこうえいさん。
sP20175300117.jpg
BCの靴を修理中で、今日はスキー無しのこうえいさん、でもイメトレはばっちりですね。
私もイメトレ。
s20170011_xlarge.jpg
山頂でBCの話を聞いてますます興味がわきました。
が、やはり担ぐ荷は重いそうで、今の私の実力では程遠いな~。

下りは速いね。
室堂にてトイレ休憩、ではお風呂モードに切り替えて下山します。
s20170014_xlarge.jpg
sP20175300123.jpg
sP20175300125.jpg
s20170015_xlarge.jpg
黒ボコ岩からはしっかりアイゼン装着です。
雪は腐ってアイゼンの効きもどうかとも思ったのですが、ツボ足よりはいいだろうと。
安全第一、持ってるのに履かずに滑落とか笑えないですものね。

帰りは甚之助小屋経由。
sP20175300126.jpg

休憩して出発。
帰りもまったりモードで。
無事下山。
s20170016_xlarge.jpg
6時前に別当出合で、下山が15時前でした。
夏の白山を2時間で登ろうかという、こうえいさんに、まったりペースでお付き合いさせてしまいました(^_^;)
今年度初の白山は、御前峰まででしたが、とても有意義な時間を過ごせました。
こうえいさんに感謝。
ありがとうございました^^/

このあと天望の湯でも、長いことお風呂でおしゃべり(笑)
楽しかった~♪
ほんとストレス抜けましたよ(´∀`*)ウフフ
またツギもご一緒できたらいいですね。
楽しみにしております。

2017年度お初の白山は、こうえいさんにまったり遊んでもらいました♪
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017