浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 吉野ヶ岳

2017.5.14 吉野ヶ岳。

ギア記事書こうかなと思ったのですが、その前にこちらを。

14日(日)は夜勤明けになる休みだったので、ガッツもなく、、、
でもそのまま寝てしまうと、もったいないので、負荷の少ない里山。
ついでに越前五山スタンプラリーもという事で、吉野ヶ岳(蔵王山)に登ってきました。

嫁さん誘ってみると、行くとのことで、この日は夫婦登山です。
sP20175140003.jpg
場所が分からなくて、ググったらツギロウさんの記事が検索で出てきたので場所が特定できましたε-(´∀`*)ホッ
さすがは吉野ヶ岳人気復活委員会 福井支部長のムツギロウ氏。地図の画像があって良かった♪
もっと永平寺の方だと思っていましたよ(^_^;)

鳥居横の駐車スペースはすでに先客がいらしたので、ちょいバック。
sP20175140001.jpg
二台ほど止めれるスペースがあったので、停めさせてもらいスタート。
しかし登り始めて、奥の方に駐車場的な場所があるのに気が付きました。
sP20175140006.jpg
まあいっか。

今日も嫁さんのペースでまったり登山。夜勤明けだし疲れていたからちょうどいいです。
sP20175140008.jpg
歩き始めてこちらの石碑。
矢印!?
でもそちらは特に踏み跡はなさげ。でも昔道があったような気がしないでもないです。

こんな感じで残り何mとでるので、嫁さん的にも先が見えて良かったと思います。
sP20175140012.jpg

おお~、なんかの花。
sP20175140013.jpg

こんなのも。
sP20175140017.jpg
花にはさっぱりなので、今年はもう少し勉強したいです(^_^;)

これは多分、紫陽花なんだと思う(^_^;)
sP20175140018.jpg

思っていたよりも、しっかり整備されていました。
車の数からもかなりの人が登られているようです。
sP20175140023.jpg

一旦林道。
sP20175140026.jpg
ここも車いっぱい。
マイナーな山なんだと思っていましたが、なかなかどうして人気の山なのかな。
吉野ヶ岳人気復活委員会 福井支部長のムツギロウ氏の活動の成果がでているのでしょうか。

ここからは階段らしい。
sP20175140028.jpg
ボチボチ行きましょう。
嫁さんも疲れが見えますし。

一の花立地蔵。
sP20175140034.jpg
こちらで休憩。
距離的に長くなく、1時間もあれば登れてしまうようですが、嫁さんにとってはこれでも十分しんどいみたいです。
距離の割に標高が上がるからかもしれません。気のせいかもしれませんが。
富士写ヶ岳では下山でフラフラでしたが、こちらの方がキツイみたいです。
富士写は登り上りは何ともなかったし、悪いイメージはないとのことでした。

もうすぐです。
sP20175140041.jpg

蔵王大権現。
sP20175140058.jpg
立派なお宮さん。
地域の方がたくさん登られていて、草刈り機もって整備されていました。
だから車がたくさんだったのかもしれません。


とりあえず。
sP20175140043.jpg
スタンプ二個目(´∀`*)

せっかくなんで展望台に。
sP20175140045.jpg

展望もないのかと思っていましたが、なかなかの風景。
sP20175140049.jpg
親子連れの方や山ガールのかたも山頂におられました。
トレランの人もいたし、なかなかどうしていい山じゃないですか。
嫁さんは昼すぎから用事があるので、長居してられないのでとりあえず下山。
sP20175140059.jpg
ツギロウさんの記事にも出ていましたね。
3?ヨ?
今度聞いてみよう。

いっきに無事下山。
sP20175140061.jpg
蔵王山 開山1300年。

二時間ほどの山散歩でした^^
私は時間のないときには、いい山かな~と思ったのですが、嫁さんはしんどかったらしく、ここはもういいとのことでした(^_^;)
上り一辺倒だったからのようです。
トレーニングには良いと思うのだけどな~。

目的のスタンプもゲットできたし、夜勤明けの週末、疲れがピークの私にはちょうど良いボリューム。
また夜勤明けに来よう(笑)
文殊山、下市山、そして吉野ヶ岳(蔵王山)。
時間のないときは、この三本柱で行きますよ~(*^^)v
展望広場から、さらに奥の方に進む道が見えたのですが、これはムツギロウさんに一回聞いてみよう。
もしか周回できるのかもしれませ♪

ではまたです。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 文殊山

2017.4.29 モントレ

やっとGW突入です。
長かった、、、
開放されますぞー(´∀`*)ウフフ
なにからって!?
もう聞くな(笑)



さてさて、昨日はGW初日とはいえ夜勤明けスタート。
さすがに疲れてますので自己メンテの初日にしたかったのですが、帰宅すると次女が登山スタイルになって待っていました(゚д゚)!

片上地区・文殊山の「春たんぼ」のイベントが29日に行われており、長州小力がきているんだよと、まえに次女に話したら登る気満々になったらしい。
ガッツあったら行こうかと言っていただけなのですが、そこまで山に気合の入った次女をみることもなかったので、仕方なく頑張ることにしました(^_^;)
まあ、バンビラインが最終調整となっていたのが、もう一日山に登れたので、これはこれでよしとしよう。

11時すぎだったかな、そのくらい。
二上駐車場はいっぱいかと思いきや、まあいつも通り。
もちろん満員ではありますが、道路までと言った感じではなかったです。

今日はタイムトライアル。
次女に聞くと30分ぎりするらしい。まじですか(^_^;)
次女が気合はいっているのも、長州小力というより、よくよく聞くとダイエットらしいです。
そういうのが気になるお年頃なのですね。
sP4290002.jpg
スマホのストップウォッチをスタート。
まあ最初から走る走る(笑)

私もまあ急ぎではありますが、シャガがいっぱいだったので、そこは撮ってみました。
sP4290006.jpg

まだ走るか。
sP4290008.jpg
私が走らないので、途中止まっては戻ってきて。
そんなことしてるとすぐバテますよ。

案の定すぐに疲れたとなっていましたが。
それでも、、、
sP4290010.jpg
回復すると走る(笑)
ダイエットパワーは恐るべし((((;゚Д゚))))

それも岩清水手前くらいになると、さすがにパワーダウンでしたね(笑)
まあペースは悪くないです。
七曲りすぎて、私があおっても、もう走れないみたい。
文殊霊泉の案内板過ぎたころにはぶっちぎってやりました(*^^)v
sP20174290011.jpg

小文殊ではイベント。
小力さんはいないみたい。
sP20174290012.jpg
ラーメン売ってましたが、中途半端な朝ご飯だったので食べる気合いはなかったです。

大文殊到着。
気になるタイムは、、、
sP4290013.jpg
33分31秒。
おお~、次女にかまってあげ多分差し引けばまだ余力はあったのですが、それでも30分切るのは高い壁です(>_<)
次女は、、、
sP4290014.jpg
約1分15秒遅れの34分45秒。
あれ、もっとぶっちぎってやった気がしたのに以外についてきてました。
でもわが娘ながらやるな~と思います。
sP4290015 - コピー
山でこんなに汗かいたこと初めてといってました。
そうそう、ちなみにザックは次女に担がせて私はウェストポーチのみの空荷。
ハンデってやつです(^_^;)
そう考えると、、、
前半のペース配分と荷物を考えたら、次女の方が速いかもΣ(゚д゚lll)
まあいわんとこ。

白山開山1300年ということで、スタンプラリーのイベントあるそうです。
大文殊でカンバッチを購入したついでに用紙もいただきました。
たぶん用紙は無料配布だと思います。
sP4290017.jpg
スタンプ一個目(´∀`*)ウフフ
sP4290018.jpg
これは全部制覇しなくてはなりませんな。

下山はゆっくりと。
いい運動になりました^^

明日は私の力量にしては、かなり攻めた山行になると思います。
このブログを書き上げ用意をしたら仮眠して、深夜からの出発に備えます。
タイムは気にせず、一日かけてのんびり登る予定です。
膝に優しくいきますね。
では、しばらく留守にします。
コメクローズです。
ではでは^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > バンビライン

Comment (6)  Trackback (0)

2017.4.23 バンビライン

もう一息です。
GWまで踏ん張りますよ~。


さて、日曜はバンビラインに嫁さんと、次女と登ってきましたよ。
s2017P4230005.jpg
そういえば、この季節にたしか昨年登ったよな。
そう思っていたところ、としパパさんが、ついこの前登られたのですよね。
ここはそれほどしんどくなく、嫁さん的にもちょうどいいし、としパパさんがブログに載せていたミノコバイモなるレアな花も見れるかもしれない。
オチトレで酷使した膝を労わるためにも、ゆる~く登るにに良い感じなお山です。

桜、、、今年は全く縁がなかった(涙)
s2017P4230009.jpg

カタクリもたくさんありました。
が、ピークは完全に過ぎ去った感じでした。
他にもたくさんの花が咲いていましたが、ねらいはミノコバイモ。
名前をはっきり覚えていなくて、次女に赤の斑点のエイリアンぽい色味の花。
なんだっけ!?
コバイモー!?
そんなことを話しかけながら、探してと言っていたら、後ろを歩いていた女性の方が話し声が聞こえたのでと、教えてくれました。

s2017P4230014.jpg
カタクリが絶好調の時期にくると良いらしく、元気な姿は見れませんでした(>_<)
残念。
しかし、また来年もきっと咲くだろうし、その時は一番いいとき狙ってきたいと思います。


花はこの位にしておいて。
s2017P4230022.jpg
実は次女の調整のお山でもあります。
GW後半、次女と山に登るつもりだったのですが、部活があるから~っとかわされてしまったのですが、最終的にお山に登ることになりました。
私はGW前半も山に行くので、まあいいのですが、次女はここを逃すとぶっつけ本番。
なので、ちょっとだけ負荷をかけてRUNです。

s2017P4230024.jpg
s2017P4230025.jpg
ちょこちょこっと走ったりもしていましたが、これくらいじゃトレーニングにはならないな~。
当日は一日かけてまったり登ることにします。

頂上の展望台で休憩。
s2017P4230030.jpg
ライザップとのコラボか。
なんか効きそうです(笑)

ピストンではなく一応周回します。
比島。
s2017P4230033.jpg

基本下り基調なので楽ちん。
s2017P4230036.jpg
嫁さんも下市山よりは楽なようです。

バンビライン「鹿の細道」の案内板。
s2017P4230038 - コピー

さっくっと下山。
s2017P4230044 - コピー
次女はまだまだ余裕。
嫁さんはちょうど良かったみたいです。
次女にでは同じ道戻ろうかというと、それは絶対嫌だと断固拒否でした(^_^;)

道路をあるいて一駅分。
s2017P4230047.jpg
のどかでいいですな~。
春を感じますね。

比島駅。
s2017P4230052.jpg
でも電車は乗りませんよ。

お疲れ様でした。
途中ザックを次女に担いでもらおうと渡したのですが、汗臭いから嫌だと断固拒否で、ずっと手に持っていました(^_^;)
s2017P4230062.jpg
今日はそれほど汗はかかなかったのですが(>_<)
ったく容赦ない娘です。

帰りはとしパパさんのプランに決めていたのですよね。
s2017P4230064.jpg
s2017P4230066.jpg
「好太郎」
そば三昧いただきました。
これは美味かった(*^^)v
久々のヒットです。

としパパさんのプランに乗っかった、春のバンビラインでした(∩´∀`)∩ワーイ
ではまたです。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 越知山

Comment (12)  Trackback (0)

2017.4.20オチトレ(六所山まで)

鉄は熱いうちに打て。
ブログも熱いうち(気持ちがね)にかけ。
勝手に決めました(笑)
まあ、そうではなく書ける時間があるときに書いとかないと、、、
仕事のある平日はぐったりして書けないんじゃ~(涙)
わりと最近ブログのアップが少ないのはそんな理由もあるのですよ。
ギアの事も書きたいことあるのですが。
まあ無理なくボチボチ書いていきます。


今日は休み、といっても土曜出勤の振休です。
連休が欲しい~。
そんな休みなのですが、GWまでもうあとわずか。
トレーニングもしとかないといけないし、今日はオチトレです。

今日はタイムも気にしますよ。
小川登山口7時51分登り出し。
sP4200001.jpg
越知山~六所山ピストンです。
あつぷりさんがこの前、4時間34分でピストンしました。
な~の~で~。
まあ大体安全率とって倍の9時間あればなんとかなりそうですが、それはかかり過ぎかな~。
目標は6時間。
最大で7時間以内の帰還は必須とします。

二合目。
sP4200003.jpg
もちろん登りは古道コース。
帰りは林道のつもり。
前日天気が良くなかったのか、足元は悪く下りは特に気を付けないとすべりそうでした。

四合目。
sP4200005.jpg
登り初めにシャガとかも咲いていましたが、まあスルーです。
お花はみんなと登らないとよくわからないし(^_^;)

ピンボケでしたΣ(゚д゚lll)ガーン
sP4200007.jpg
でもピンクの花は撮りたいです。
コイワカガミ。あってますよね(^_^;)

六合目。
sP4200009.jpg
これといって調子が良いわけではないのですが、悪くはない。
このペースは維持していきたい。
ふと見上げると。
sP4200010.jpg
タムシバかコブシか。
よくわかりませんが、この花は覚えた。
あっ、どっちか分からない時点で覚えてませんね(^_^;)

途中ガサガサと前方から音がしたのですが、たぶん鳥だとは思います。
でも熊鈴忘れたし、今日はこの山域には私しかいなさそうだし。
怖いのでスマホで音楽かけてテンションあげます。
七合目。
sP4200011.jpg
あ~疲れた(;´д`)トホホ…
5合目くらいからしんどさがアップ。
この後のことを考え、大体越知山山頂で最初のピークになるように、赤袋チャージ。
気合入れなおし。

八~九合目はまあゆる~いとこもあって、まずは越知神社に。
十合目。
sP4200017.jpg
sP4200016.jpg
おお~、1時間半はぎりきりました。
おもったより歩けた。
ここまで時間かかったら、切り上げようかとも考えていたのですが、これなら六所山いっても15時までには下山はできるでしょう。
いったことないけど(笑)
小休止して出発。

冬期トイレは解放されていました。
sP4200018.jpg
この鎖を乗り越えるのかな。
むこうの別山の方からのぼるのだろうか。
迷ったのですが、まあ時間はありそうだしこのまま行ってみよう。

あっ、このお地蔵さんはみんなのレポで見たことがある。
sP4200020.jpg
とうことはビンゴですね。

展望台。
sP4200021.jpg
タイムも気になるし展望台には上らずスルー。

花立峠。
sP4200022.jpg
sP4200023.jpg
sP4200024.jpg
トイレもあるのですね。
でもここはまだ冬期解除されていませんでした。
トレイルの画像は撮っていなかったですが、越知山~花立峠までの道は好きだな~♪

ちょっと疲れが出てきたが、まだいける。
sP4200027.jpg

旧花立峠とか、いや~古くから使われてきた道なのですね。

林道もあったりします。
sP4200028.jpg

展望が良かった。
sP4200030.jpg


このあたりからだんだん体力的にも精神的にも追い込まれてきた、、、
しんどー(>_<)
小六所山手前の急坂で完全に勢いを失った、、、
もう座り込もうか迷ったのですが、なんとか小六所山。
sP4200032.jpg

ここで座り込んで休憩。
奥の手を出すか。

sP4200033.jpg

えへへ~newポールです<(`^´)>sP4200034.jpg
sP4200035.jpg
折りたたみ式のカーボンポール。
SINANOフォールダーFREE 115です。
あつぷりさんはフォールダーFREE 125。なっきーさんは同じ115を所有しています。
なので間違いない一品だと思っています。
初めてのカーボンポール。
BDトレイルの今のものが片方255グラムくらい。
私のBDトレイルも同じ重さとして、二本合わせて120グラムの軽量化。
わずかといえばそうかも知れませんが、ずっと振り続けるポールの重さになりますから、多分その違いは使う距離に比例して顕著に表れるはず。

下りで使うつもりでしたが、ここでそのポールから生まれる推進力にも頼らないと六所山までいけそうにないです(>_<)

ではいこう。体冷えないうちに。
sP4200037.jpg

ポールを使ったことで、一気に楽になった。
プチ4本足走行のようなものなので、やっぱり違うわ~(´∀`*)ウフフ
ここまで温存していたので、よりそんな気も(笑)
途中登山道を遮るかのような倒木。
sP4200038.jpg

小六所山~六所山までは気合の入り方が違いまっせ(*^^)v
sP4200039.jpg
今までしんどかったのはお前が遠いからやろ。
ちょっとまっとけや~!!
完全な逆恨みです(^_^;)

ポール使ってからの上りは調子よくなった。
その勢いで六所山初制覇(*^^)v
sP4200042.jpg
2時間55分。
おお~3時間切ったし。
山頂のお社に感謝感激を伝えます。
さっき生意気いったのは、ただの勢い。気合を入れなおすためです、お許しをm(__)m

では下山。
頑張れば5時間切れるかも。
途中の林道からみえる海。
sP4200043.jpg
のんびりみていたいが、今日は急ごう。

しか~し、、、
小六所山からの急坂の下りで右膝に違和感が(>_<)
これはやばい前兆だ。
ここはトレーニング。
無理してGWにひびいたら、本末転倒。
5時間切り、、、
あきらめよう。
上りで3時間切りだし、今日はここで満足しておこう。
まずは無事下山。
ここに目標を据えなおしました。

すると、、、

遠くから人影が。
なにやら立ち止まって風景の写真を撮りだしたぞ。
顔はとっても笑顔♪

なっきーさんだ~(´∀`*)ウフフ
sP4200045 - コピー
近日中にオチトレと言っていたのは知っていしましたが、昨日モントレしてたみたいですし、オチトレ変更だと思っていました。
ここでなっきーさんと軽く話をしたことで、なん元気がでてきました^^
なっきーさんは脅威の4時間切りを狙っているそうです(゚д゚)!

もちろんその記録のお邪魔にもなるし、ここからもう一度六所山までご一緒する気合もないので私は下山。
なっきーさん頑張ってください^^/
元気をもらったことでもう少し頑張ろうー。

花立峠戻り。
sP4200046.jpg
しかし、、、
なっきーパワーもここまで、、、
やっぱり膝が痛い(;´д`)
無理は禁物、下りはふんだんにRUNを取り入れるつもりでしたが今日は無理。
安全運転に専念。
別山に立ち寄って。
sP4200049.jpg

越知神社の前。
sP4200048.jpg
あと約一時間。
一時間以内の下山は厳しいな。
無理せず下山です。

予定通り、下山の二~三合目(だったかな)の古道コースは選ばず林道コース。
sP4200051.jpg
これで5分短縮。

無事下山(*^^)v
sP4200055.jpg
5時間18分。

右膝の痛みがなければ、下りのRUNとりいれて5時間切りいけたな~、惜しい。
でもちょっと走ると、だんだん右膝びっこひいた感じになるし、ちょっとした階段も傷むししんどかった。
本番はもう少しペースをおとさないと、今の自分には無理がかかるのだろうな。

このあとは泰澄の杜でお風呂。
お風呂から上がって駐車場に着くとふたたびなっきーさんと遭遇(爆)
なっきーさんは宣言通りの4時間切り凄い!!!
なっきーさんはなにか飲み物を買いに立ち寄ったらしく、私はこのあと織田に戻ってじんべいで飯食って帰るというと、お腹へったというのでご一緒することに。
しかし!!
じんべい到着も、ランチタイムは14時までだったようで無念Orz
なっきーさんここまで戻らせて申し訳ないですm(__)m
コーラ買って解散しました。

MAX標高698m(六所山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
469m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-505m/h
積算高度 上昇(m)
1232m
積算高度 下昇(m)
-1211m
行動時間(休憩込)
5時間18分

なっきーさんに教えてもらったのだが、多分膝蓋靭帯炎じゃないかと。
なっきーさんも下山で飛ばすとたまになるらしい。
膝蓋靭帯炎か、自転車でもなんかそんなのよくなったな(>_<)
普段からのストレッチが良いらしく、検索してみてとのアドバイスをもらいました。
GWにむけ、ストレッチ取り入れて調整していこうと思います。

6時間どころか5時間切りが射程内に入った気もしたし、膝裏横の痛みは気になりますが、いいトレーニングになりました。
ではまた~^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 鍋倉山・藤倉山

Comment (8)  Trackback (0)

第二回 しろべ杯!!

桜もいい感じで、春だな~。
そうは思っても、まだまだ寒いような気もしますよね。
しかしこの位が私にとってベストな気温。
年中このままで行って欲しいものです。


さて日曜はイツメンの皆様といっしょに「しろべ杯」に参加してきましたよ。

んっ!?しろべ杯とは!?
そうなりますよね。
「しろべ杯」とは、我らがAP隊長に勝るとも劣らずの勇者。しろべさんが主催する由緒正しい山イベントです。
あつぷりさんからその情報を聴き、ぜひ参加させていただきたく思い、飛び入りでみんなと行ってきました。
しろべさんが今回チョイスされたお山は、藤倉山と鍋倉山。
今庄にある山らしい。
はじめて登る山ですし、うれしさも倍増。
とっても楽しみです^^

あ、そうそう、、、、
今回も。
皆さんからの画像を多数お借りしておりますm(__)m
いつも助かっておりますよ~^^/

とりあえず今庄駅のホーム看板をバックに記念撮影。
s2017490002_xlarge.jpg
あれっ、
人数多くないですか!?
そうなんです、今回はとしパパさん、ツギロウさん、あつぷりさん、主催のしろべさんのほかに、しろべさんの山仲間である、ひろいちさんといっしーさんもご一緒なんですよ(´∀`*)
第二回「しろべ杯」は、しろべさん、いっしーさん、ひろいちさんの三人で行うところに、我々が突撃参加させてもらったわけです。
ひろいちさんといっしーさんは、しろべさんが利用されているヤマップのメンバーで、ヤマップを利用されている方々を、ヤマッパーと言うとか言わんとか。
ちなみにこの集合写真はいっしーさんからの画像提供です。

そんなヤマッパーのみなさんと、イツメンのみなさんとのコラボ企画となった「しろべ杯」スタートです。

今庄駅から登山口である湯尾峠までゆっくり歩きます。
s201749a0053_xlarge.jpg
今庄の街並みも素敵なんですよ。
天気は今一歩なんですが、防水ソックスのテストもしたかったし、逆に願ったりかなったりです。
ただ、しろべさんのゲイターやいっしーさんのワカンが気になる、、、
雪深いのか!?
ローカット非防水なのですが(^_^;)
まあなんとかなるでしょう。



藤倉山・鍋倉山の案内板を確認するしろべさんとひろいちさん。
sP20174090159.jpg
どんな山なんでしょうね~♪

一里塚跡。
sP20174090160.jpg
ということは、ここ旧北陸道ですね。
親鸞も蓮如も芭蕉も信長も秀吉も光秀公も。
み~んなここは歩いたのかな~。
そう想像するだけで胸アツですね。

湯尾峠口。
sP20174090162.jpg
いよいよ山に突入です。

イカリソウの花が赤い。
sP20174090167.jpg
猿山のイカリソウは白ばっかりでしたが、ここは違いますね~。

やっぱりみんなお花に夢中(笑)
sP20174090169.jpg
いっしーさんもばっちりお花を撮られていましたよ。

湯尾峠。
s201749a0064_xlarge.jpg
湯尾にこんな場所があったとは全く知らずちょっと興奮気味でした。
しかも、湯尾城跡もあるらしく、ちょっとお立ち寄りです。

sP20174090175.jpg
sP20174090177.jpg
郭って感じの平らな空間に当時はどのような建物があってどんな人たちが詰めていたのか想像してしまいます。

あまりゆっくりもしていられないので、ぼちぼち藤倉&鍋倉山。
いってみましょう。

s201749a0067_xlarge.jpg
ちょいちょいポケットに手を突っ込んで歩いていますが、決してイキっているわけではないんですよ。
今回パンツは「山と道」の5ポケットパンツを履いています。
これは「山と道」の夏目さんがポケットに手を突っ込んで歩くときにちょうど良いようにと、ポケットの場所を考えているらしく、実際に体感しているわけです。
ほんと良い場所にポケットがあって、気分は夏目さんなんですよ(∀`*ゞ)

まさかあつぷりさんが嘔吐するほどの激坂!?
sP20174090178.jpg
ではないです(笑)
あつぷりさんはなにやらべっぴんさんのお花を探しているようです。

山頂に行くまでにたくさんの石仏がありました。
s2017490019_xlarge.jpg
途中にある弘法寺への参道のようです。

sP20174090188.jpg
弘法寺はあの弘法大師にゆかりのあるお寺なのでしょうかね。
だから八十八か所の石仏なのかもしれません。

弘法寺をあとにして出発。
s2017490049_xlarge.jpg
ロングパンツのすそをめくり上げるのは、なっきースタイルです(*^^)v

猿山に引き続き、お花に夢中なあやしいオジサマがここにも(笑)
sP20174090196.jpg

鍋倉山山頂に向けゴーゴー!!
sP20174090198.jpg
GWにちょっとがんばるので、勢いで登ってしまいました(^_^;)
でも登りきった先は、山頂ではなかったらしい。
sP20174090200.jpg
騙しピークにやられた(>_<)
ついでにちょっと休憩です。

でもしばらくあるくと鍋倉山山頂でした。
sP20174090201.jpg

小休止しつつ。
どんどん歩きます。
地味にアップダウンしつつ、、、

雪。
sP20174090204.jpg
もしや、、、

sP20174090206.jpg
ここからは雪の上をあるくしかない。
まさかほんとに雪があるとは(゚д゚)!

としパパさんしろべさんの後に続きます。
sP20174090207.jpg
しかし、途中で道が分かり辛くなり、GPSで確認して直登で一気に夏道に合流しました。
その後しばらく歩いて山頂。

sP20174090209.jpg
到着。
藤倉山です。
三角点v( ̄Д ̄)v イエイ
sP20174090210.jpg

ここでランチタイムです。
ここまで来る途中、しろべさんがみんなにご飯まだ~とか、お腹すいた~とか言われていて面白かった(爆)
みんなの保護者、しろべさんです(笑)

まずはみんなで乾杯!!
sP20174090212.jpg
各自ノンアルビール持参です。
今後とも「しろべ杯」のますますのご発展をお祈り申し上げます^^/

鉄塔の下でランチ。
s2017490074_xlarge.jpg
雨で足元が悪いことを見越してか、イツメンの皆さんはしっかり椅子持参。
私はトレランザックで荷物もほぼなし(>_<)
予定ではアカン子にカップヌードルの予定も、トレランザックに入るには入ったのですが、シルエットがいまいちだったので却下。
お昼もおにぎりと行動食のみ。
寒かったし、これは失敗した~(>_<)

ツギロウさんの「ぶっこみ飯」
sP20174090214.jpg
「カレーメシ」の亜種のようなものでしょうか、興味津々。
sP20174090215.jpg
おじやみたいでした。
お湯が多かったのかな(笑)

ガスガスで展望はなかったものの、大人数のご飯はなかなか良いですね~。
これだけの人数で山めしも初めてでした。

では下山。
途中、燧ヶ城跡経由なんですよね~。
今庄にきて、もしか~っと思ったのですよ。
以前に三女と燧ヶ城跡には登ったことがあるのですよね。
そのときその先もっと上れば何かの山頂につくのは知っていたのですが、今回登った山がそれだとは。
まさか「しろべ杯」で登ることになるとは思ってもみませんでしたよ。

燧ヶ城跡からのJR線。
sP20174090219.jpg
ここはジオラマモードだね(笑)
まえにここまで来た時、撮り鉄の人が脚立持参で写真撮ってました。
ここは撮り鉄にも有名見たいです。

そのまましばらく気が付かず、ジオラマモードにしたままだった(>_<)
sP20174090223.jpg
としパパ兄さんとツギロウ兄さんもジオラマ。

藤倉山下山口はカタクリで有名らしいですが、まだちょっとが早かったです。
福井より少し雪深く標高も高いだろうし、その影響かな。
今週末はいい感じなのかもしれませんね。
無事下山。
sP20174090227.jpg

楽しかったのであっという間でしたよ~♪
遠足みたいで面白かった(爆)

帰りに今庄宿に寄り道。
sP20174090234.jpg
「酒蔵フェス」
sP20174090231.jpg
ちょっとが遅かったか。
でも日本酒の良さにまだたどりつけていないんですよね~。
もうちょっとまでそのうまさに目覚めそうなのですが停滞中です。

あつぷりさんとツギロウさんは焼鯖をゲットしていました。
sP20174090233.jpg

春はどこにいってもイベントも多く、ポタリングもしたくなりましたよ~。

今庄駅のパーキングに戻ってきました。
s2017490110_xlarge.jpg
お疲れ様でした~。
和気藹々と素敵な時間を過ごせました。
これもイツメンの皆様としろべさん・いっしーさん・ひろいちさんのヤマッパーの皆様のおかげです。
しろべさん、「しろべ杯」飛び入り参加させていただきありがとうございましたm(__)m
またツギもお誘いくださいね。
まったりとした山行につれて行ってください^^/

第二回「しろべ杯」完歩!!
忙しい仕事から解放され、心身ともにリフレッシュできました。
ありがとうございましたm(__)m
ではまたです^^

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017