浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 日野山

2017.7.16 日野山。

ここの所PCメールは欠かさずチェック。
とある荷物が届くのをもう何か月もまっていたのですが、ついに発送された模様(´∀`*)ウフフ
楽しみだ~。
えっ!?
教えません(笑)


さて、世間は三連休だったようですが、まあワイには全く関係なく、、、
日曜だけ休みだったのですが、白山というか別山行こうかどうか迷いつつ。
北岳頑張ったし、ちょこっと燃え尽き症候群的な感もあり~の。
なので弱気、、、またスタンプもらっていない日野山に登ってきました。

昼からは自己メンテに力を注ぐぞということで、やっぱり荒谷コース。

ここでまさかのカメラ忘れでテンション下がるわ~。
仕方ないのでアイフォンで撮影です。
s2017716IMG_20170277.jpg
なんだかんだと、今年初の日野山です。
そうなんですよ雪の日野山結局登れなかったのですよね。
日野神社にその旨を報告してからの登山です。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

それにしてもだな、日野山、、、
こんなにもしんどかったけか!?
足元はアルトラだし、荷物もスポドリお茶水混合で2.5ℓのほか、気持ち程度の行動食。
たいした荷物ではないのだがまったく足が上がらずに。

やっと尾根まで。
こちらは西谷コース方面。
s2017716IMG_0280.jpg
いつかは西谷の方からも登ろう。

ここまで来るのに、大寺跡で休憩していたおじさんに何時に登りだしたと聞かれ、時間伝えたら、ペース速いねっていわました。
ほんとか!?
へろっへろやぞ(>_<)

とりあえずスタンプ欲しいし、暑いし、しんどいし、虫ついてくるし。
アイフォンなので写真もあまりありません。

う~ん、急っす。萎えるっすよ。
s2017716IMG_0282.jpg

座り込もうかと迷いつつ、とりあえず北の社のすぐ直下の展望のいい場所までは踏ん張りました。
倒れ込むように座り込んで小休止。
あとちょっとが頑張れない。
体制を整えて山頂。
s2017716IMG_0283.jpg
1時間12分で登頂。

山頂には子供会か何かか、たくさんの子供達でにぎわっていました。
しばし休憩後下山。
下山中、常連の編み笠のおじさんとすれ違いました。
キンタ君はいなかった。
少しさみしかったです。

MAX標高795m(日野山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
516m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-711m/h
積算高度 上昇(m)
622m
積算高度 下昇(m)
-612m
行動時間(休憩込)
2時間12分

帰りは越の湯鯖江店で自己メンテ兼ランチ&かき氷で〆。
お昼からはまったりと過ごしていました。

それにしてもしんどかった。
私は猛烈な汗かきなのですが、この日はやばかった。
というのも、半パンにロングソックスで登ったのですが、下山するときにアルトラが汗でたぷんたぷんになっていました。
こんなに汗かいたのは、無駄に新記録かも(^_^;)
靴が雨に降られたようになるなんて、、、
里山は厳しい季節になりました。

ではまたです^^/
コメクローズで。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 銀杏峰

Comment (10)  Trackback (0)

今年もオオヤマレンゲ見に行ってきましたよ。

なんか太平洋側の地域は今日暑かったんでしょ。
梅雨でジメジメして暑いとなるとたまらんですよね。
仕事中は帰りにお風呂屋さん寄って帰るんや、っとそれだけを考えて乗り切ってやりましたわ(笑)


さてそんな私、月曜はお休みだったんですよね(∩´∀`)∩ワーイ
というのも、先週金曜に、来週どっかに有休入れても良いよと言われまして。
相変わらず急なのですが、それなら連休にということで月曜にしました。
そんなサプライズなお休み、もちろんお山に登ってきましたよ。

7時5分スタート。
sP20176260003.jpg
名松新道から、タイトル通りオオヤマレンゲを見るために銀杏峰周回です。
日曜に登ろうかなとも思ってたのですが、天気もイマイチということと、次女とお買いものの用事があったので。
日曜はツギロウさんも登られていたようです。
惜しい、ニアミス(>_<)

ここのところは、嫁さんと山とか、まったり登山とかそんなんばっかりだったので、この日はちょっと頑張るつもりで。


が、しか~し。
sP20176260005.jpg
と、とりあえず、羽衣の松で小休止。
やっぱり足が上がりませんの(;´д`)トホホ…
すっかりダメダメになっている気がする。

ギンリョウソウ発見。
sP20176260010.jpg
登山道脇に結構咲いていました。

この花はシライトソウ。ツギロウさんのブログで知りました(笑)
sP20176260014.jpg
なかなか花の名前は覚えられません。

割と真剣にペースが上がらず、仁王の松でも小休止。
sP20176260013.jpg
ここまで歩けないものか、、、

ヘロヘロで前山まで。
白山の上の方はガスはなさそう。
sP20176260015.jpg
ここでがっつりザックをおろし大休止。
赤袋にバームをぐびぐび、この前山登った時に買って余ったビスコもカリカリウメも食べて。
開き直ってまったりしたら、少し楽になりました。

まあまず前山までがしんどいので、この後はノリでなんとかなったりもします。

前山からは持ち直した。
sP20176260019.jpg
天竺坂越えればあとはもう、ほら、あれだ。
ゆる~りといけます。
って、すっかりまったりモードです(^_^;)

この辺りからだんだん風も冷たく感じられ、汗冷えしそうなのでシェル兼レインウェアのツルギライトを羽織り頂上へ。


おお~その前にいました。
プリティーなタマゴちゃん♪
オオヤマレンゲちゃん蕾モード全開!!
sP20176260020.jpg
奥の方に咲いてますが、こっちは向いてくれない。
sP20176260022.jpg
昨年はこの場所では時機を逸したか見れなかったのですが、今年は大丈夫でした。

とりあ頂上。
sP20176260023.jpg
2時間かかりました。

あれ、こんなのあったかな!?
sP20176260024.jpg

天気も回復傾向かな。雨はなさそうです。
sP20176260025.jpg
お地蔵さまにも感謝。

白山も良く見えます。
sP20176260026.jpg
では極楽平にいきましょう。

っとすぐに。
sP20176260028.jpg
おしい、もうすこし。

これは花開いてます^^
sP20176260029.jpg
今年は昨年よりたくさん遭遇してます(´∀`*)ウフフ

すこし陽もさし、風も収まると心地よい温かさです。
sP20176260030.jpg

希望の鐘ならしてきます。
sP20176260031.jpg
ガコガコ鳴らしておきました。
熊が近くにきませんように。

雪も沢筋に残っていました。
sP20176260033.jpg
小葉谷コースにて下山。
今年お初ニッコウキスゲに会えるかと思ったのですが、、
sP20176260035.jpg
これだよね、まだつぼみってます。
そして、花の部分がぽとりと落ちているものも。
sP20176260036.jpg
残念(>_<)
オオヤマレンゲに負けない位、ニッコウキスゲも見たかったのに、こちらはおあずけですね。

sP20176260038.jpg
いよいよ急峻な下りが始まります。
が、その前に一番メジャーな群生に。
sP20176260039.jpg
sP20176260046.jpg
もしかして、オオヤマレンゲも朝や夜は花が閉じてる系なのかな。
でも何気に、この美しいタマゴのような蕾の方が好きだったりもします。

お目当てのオオヤマレンゲも見れたし、この分ならお昼までには下山できます。
昼からやることあるし、なんとか時間作れそう。
ということで、撤収モード全開の下り。

ここで小休止。
sP20176260047.jpg
急いだので膝が砕けるかと思った(>_<)
平日にもかかわらず、ぼちぼちと登られてくるかたも。

鉱山跡石垣。
sP20176260048.jpg

オオヤマレンゲ目当ての場合は、小葉谷から登るパターンが主流なのですかね。

林道。
sP20176260051.jpg
昨年、間違えてここから少し林道下ったからな。
ペンキマークは見落とさずに。
sP20176260052.jpg
ここからまた登山道。
sP20176260053.jpg
遠目にカーブミラーで自撮り。

これが復活した水場ですね。
sP20176260055.jpg
整備されれいる方のおかげです感謝m(__)m

ここからはひたすら林道。
sP20176260056.jpg

sP20176260060.jpg
到着。
朝は私の車だけでしたが、この時間には2~3台増えていました。
みんなオオヤマレンゲ狙いですよね。

3時間46分。
昨年より20分弱タイムは縮まっていますが、自分的には全く納得の上りではなかったです。
やっぱり追い込むときも必要ですね。

これ新しく投入した「クナイ」と「ドッケ」
sP20176260063.jpg
八ヶ岳の帰りに買ったものでありません。
山では二回目の使用。
「クナイ」を外すと。
sP20176260064.jpg
「ドッケ」は七分。
足首まわりがいい感じで体温を下げている気がします。
ガンガン雨が降ると、ゲイターとして「クナイ」がどうなるのかは不明ですが、この日のように朝露にぬれる位ならへっちゃらで、透湿性もあるしよさげかな。
この組み合わせはありですね。

アルトラは朝露でべっちゃべちゃ。
ソックスは超速乾のドライマックスを履いていましたが、乾きそうにはなかったです。
ただ、もっと晴れの日ならいい感じで靴も靴下も歩いているうちに乾いていたかもしれませんね。
行動時間も短いしこんなものかな。

ともあれ、今年も「オオヤマレンゲ」見れたし、ドライマックス(靴下)の性能も確かめれたし。
満足な山行でしたよ。
ではまた~。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 越知山

Comment (10)  Trackback (0)

メオトザンと悲しい出来事。

月曜にいきなり水曜振休で、っといわれまして(^_^;)
急すぎやろ、でも嬉しくもあります(笑)
あの山も行きたいし、この山も行きたい。
が、
嫁さんに山行くか訪ねると行くとのことで、スタンプまだだし越知山に登ってきました。
早速のアップですよ~。
まあ、今日中にアップしたいことがあったのもあります。
理由は書いていきますね。


分校跡の駐車場に車を駐車。
私の前に、一台シルバーの軽4だったか小型車だったかがありました。
道路の方にも一台。なんの車だったかな。
小川登山口8時43分スタート。
sP20176140010.jpg
嫁さんはモスキートネットを装着。
虫対策は万全です。

しばらく歩くと、、、

sP20176140011.jpg
きもい(>_<)
これってヒルかなんかの類ですかね。
不気味です。

どんどん進みます。
sP20176140014.jpg
ペースはかなりのスローペース。
嫁さんの体力作りも兼ねていますし、急ぐ必要もないです。

急な古道コースは避け、林道コースにて。
sP20176140019.jpg
これはきっと名のある花だな。

おお~、なっきーさんがおっしゃられていた、首のすわりが気になるお地蔵様。
ばっちり座っています。
sP20176140022.jpg

何度か嫁さんに調子を聞くも、何とか大丈夫のようです。
ゆっくり行きます。

大休止。
sP20176140023.jpg
無理はしませんよ。

君はコアジサイだな、多分。
sP20176140026.jpg

越知神社到着。
嫁さんもかなり疲れたようです。
私はスタンプを押してもらいに神主さんを探します。
なかにおられて無事ゲット。
太鼓も叩くように言われ、18回とんとんとん。
かるくお祓いまでしてくれました^^
sP20176140030.jpg
このご神木に頭を付けていきなさいということで、私も嫁も。
パワーを頂きます。

奥ノ院。
sP20176140031.jpg
約2時間半。
登山口の大きな案内板によれば、2時間半がコースタイムのようで、ほぼほぼその通りで上がってきました。
sP20176140033.jpg
あかんこのお湯でコーヒーブレイク。
しばしまったりです。

では出発。
嫁さん結構しんどそう。
ちょっとが長かったかな(>_<)
下りだし頑張って。

途中ギンリョウソウ発見!
sP20176140036.jpg
上りでは気が付きませんでした。

ここからなんです。
ここまでは神主さんのお話も聞けたし、嫁さんは一気に調子悪くなったけど、まあいいお散歩登山、木々が日差しを遮ってそれほど暑くもなく気分も良かったのですが、、、


sP20176140037.jpg
わかりますか、首のすわりの気になるお地蔵様。
首無くなってました。
写真も撮ってますから当たり前ですが、上りのときは間違いなくありました。
まわりを少し探しましたが、見当たりません。

考えたくはないのですが、誰かが持ち去ったのでしょうかね。

上りの時は、追い越された60代位の男性の方、下山してきた50代から60代くらいの二人組の女性の方。60代位の女性のソロの方。
下山時にすれちがった人は、上りの60代位のご夫婦と思しき方と、すぐ前を60代位の女性の方だったと思います。
たしかこのくらいかな、今回山中で出会った方は。それと私たち夫婦。
もちろん、この方たちが関係しているとは思いたくないですが、記録として残しておこうと思います。
一気にテンションガタ落ち、嫌な気分に。
この後下山までずっと気になっていました、、、

とりあえず無事下山。
sP20176140042.jpg

休憩込4時間半近く。
上りはゆっくりですが、頑張れた嫁さんも、下りで一気につかれたようでした。
まだちょっとが距離的に長いのかもしれません。
何度も促したのですが、行動食を取らないのでハンガーノック気味なのかな。
もう少し強度的に優しいとことなると、、、
下市山か文殊山か。
まだしばらくは、嫁さんとはこのあたりまでにしておこうと思います。
でも良く頑張りました。

この後は予定通り、織田の「じんべい」でランチ。
泰澄の湯で汗を流し帰宅しました。

それにしてもお地蔵様の首、、、
後半ほんとやるせない登山になってしまいました。
無事戻ってきてくれることを祈ります。
ではでは。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 荒島岳

2017.6.4 荒島岳。

この時期ってどの辺の山に登ろうか、いまだに迷うんですよね。
別山に行こうかと思ったのですが、雪もまだたくさんあるのかなと思い、5月に登れなかった荒島岳に決めましたよ。

今日は無難に勝原コースで。中出コースとも迷ったのですが、人が少ないのもさみしいので。
そんな気分なのですよ。
あと別山だともう少しが早起きしないと、自分のレベルでが厳しいというのもあり、まだ多少は遅めに登れるというのも荒島にした理由です(^_^;)
sP20176040001.jpg
6時41分スタートでした。

カドハラ桜坂。
sP20176040005.jpg
この桜が大きく育って桜並木の素敵な登山道になるといいですね。

そんな桜坂をゆっくりと登ります。
地味に最初からきついっす。

リフト跡にて小休止して出発。
ブナ林に突入。
sP20176040007.jpg
森林浴に癒されつつ、無理なく。

トトロの木に7時32分到着。
sP20176040008.jpg
イマイチペース的にどうなのか分かりませんが、午前中のうちに下山できそうな予感。
なので、昼からは自己メンテに振れますぞ~。

勝原コースを選んだ理由の一つ。
モミモミの木の御利益にあやかること<(`^´)>
なっきーさんが、愛してやまないモミモミの木、一度は見ておきたいと思い探しますが、これが見つからない、、、
sP20176040009.jpg
これは違うよね(^_^;)

さっぱりモミモミの木が見つからずに。

ぼちぼち階段が出てきました。
sP20176040012.jpg
ということは、そろそろしゃくなげ平かな。
階段は急やし疲れるんですよね。
ここ下りも苦手です。

無事にしゃくなげ平到着。
ザックを下ろして休憩。
ここから山頂まではこいつの出番です。
sP20176040014.jpg
さすがに疲れたので、腕の推進力もプラスしましょう。

モチガ壁も終盤。
sP20176040015.jpg
天気も良く、山頂の展望も期待できそうなのだが、、、

稜線出るとガスが上がってくるのがよくわかりました。
sP20176040016.jpg
荒島岳もなかなかスカッとした晴れに出会った記憶がありません。
良くてちょい晴れかな(^_^;)

白山もガスってそう。
sP20176040017.jpg

山頂到着。
sP20176040019.jpg
3時間は切ったようですね。
sP20176040018.jpg
山頂は寒くてそく撤収しようか迷ったのですが、せっかく持ってきたカップラーメンですから、温まるためにも食べて帰りました。
でも、食べた瞬間そっこー撤収でしたよ(>_<)
下山したらお風呂入りに行こう。

グリーンシャワーが気持ちいい。
sP20176040022.jpg
下山はまったりと。

リフト跡のケルン、絶妙です。
sP20176040024.jpg
さすがに積むと崩れそうなのでやめました。

ここは後ろ歩きで。
sP20176040026.jpg
無事下山。
下山時も探したのですが、結局モミモミの木は見つからず。
純粋な心の持ち主にしか見えないのか、はたまた不純な心ゆえ見えるのかな(笑)
その辺りは、こんどなっきーさんに聞いてみようと思います。

休憩込で4時間38分。

お風呂につれて行けと昨日言っていた長女に電話しますが、夜ならいいけどこの時間ならいいやとのことでした。
なので帰り道のみらくる亭にてさっぱり。
いつもより長めに浸かって心身ともにリフレッシュ。
帰宅後はソファーで横になった瞬間爆睡してしまいました。
やっぱり疲れてるんだな~。
今度連休あったらテントかついでまったりしに行こうと思います。

この時期もう暑くてたまらんかなと思った荒島岳でしたが、まだまだ大丈夫、中出コースもトレーニングとして登っておきたいなと思いました。
ではまた。
コメはクローズします。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 取立山

2017.5.28取立山

なんすか、この暑さ。
梅雨通り越して夏ですか。
夏山は好きですが、暑い夏は嫌いです、いや暑いのが嫌いです(-_-;)


さて、日曜は夜勤明け。
帰宅し、風呂入ってそのまま寝てしまえば、おそらく夕方過ぎに起きてちびまる子ちゃん見ながら飯食って、また寝て月曜仕事、、、
あかんやん、まったくの負けパターンですやん。
さすがにもったいないので無理のない範囲の山に登ることにしました。

行先は取立山。
先週のうちに嫁さん誘ってみるとおkとのことで、しかも三女もクラブ活動もなくいっしょに行くみたいです。
が、、
当日三女は友達と遊ぶからとドタキャン(-_-;)
しかし、かわりに次女がついてきました。
なんだかんだと、次女は山に登りますね~。

林道にて500円取り立てられて駐車場。
着いたのは11時前。
予想通りの満員御礼。
sP20175280001.jpg

登山スタートは11時10分でした。
sP20175280002.jpg
こんなに遅くから山登り始めることは、まあ私の場合ほぼほぼないのですが、仕方ない。
それもこれも、、、
まあいわんとこ。

まさか帰宅して次女が山の用意しているとは思わなかったです。
sP20175280006 (1)
三女も登らないし、嫁さん思いなのですね~。

これが雪割草ではないことは学習済み(^_^;)
sP20175280008.jpg

大滝が見えてきました。
sP20175280010.jpg
今回は大滝コースから登って周回です。
まあ4時間~5時間位でしょうか。
嫁さんのペースですから楽ちんです。
ただ、、、
時折意識が遠のくような気がするのは、病気でもなんでもなく眠いから。
体調は必ずしも良くはありませんが、それでもペースが遅いから登れます。

岩場の上りは次女が喜んでいました(笑)
登りきって水場で遊んでいます。
sP20175280022.jpg
どおりで奥穂でも怖がらなかったわけです。
こういった縦方向の上りは好きなようです。

嫁さんは調子が悪く、絶不調のようです。
大休止。
顔色もよくなく、大滝見れたしもう帰ろうかと聞きますが、頑張るとのこと。
こつぶりまで登ってしまえば、あと上りは取立直下位だし、なんとかなりそうではあります。
しかし、下山ならここがいいタイミングでもあるのですが。
次女も帰ろうかと言うのですが、やはり頑張るとのことでした。
さらにゆっくり登ることにしました。

sP20175280020.jpg
次女は嫁さんが頑張るといった時はうれしかったらしく、本音は登りたかったから良かったって。
でもちゃんと嫁さんを気遣う優しさがあって良かった。
私にはまあまあ厳しいのですが(^_^;)

sP20175280006 (2)
稜線に上がって大休止。
ゆっくり登り出します。
もうすぐこつぶり山。
この距離は短いですが、稜線歩きは次女も大喜び。
山もず~っとこんな感じで歩けたらいいって(笑)
なかなかの我がまま感満載です。

こつぶり山到着。
2時間弱くらいかかりました。
sP20175280036.jpg
山頂には予想以上に人がまだいてびっくり。
ヘタしたら私たち親子が最終登山者になるかもと思ってしましたが、何のことはない。
最終はなさそうです。

白山。
sP20175280041.jpg
ガスかかっていますね。
この日はお仲間の皆さんが登っています。
大丈夫だろうか。
結果天気は悪くなかった模様。

お昼はもう少し後が良いという事で、少し休憩して出発。
この時期のお目当ての水芭蕉群生地に。

sP20175280042.jpg
たくさん咲いている!?
のか、イマイチよくわかりません(>_<)
sP20175280059.jpg
sP20175280057.jpg
sP20175280051.jpg
まあこんな感じです。

次女がお腹へったというので先を急ぎ、取立山に。
嫁さんも多少は体調を持ち直した感じです。
sP20175280071.jpg
こつぶりの方がたくさん人がいましたが、それでも後から後から登山者がきます。
私も嫁さんも暑さでカップラーメン食べる気がしなかったので、次女だけ。
サクッと食べて場所をあけます。

あとは下るだけ。
ここから駐車場までの道程、好きではないのですよね。
消化試合のようで(^_^;)
まあ歩くより仕方ないので、いきましょう。
sP20175280073.jpg

法恩寺山と経ヶ岳。
sP20175280076.jpg

ここまでくればもうすぐです。
sP20175280078.jpg

おつかれした~。
まあまあ車も減っていました。
sP20175280080.jpg
上りで大滝コースで下山してくる人、たくさんいましたが、そっちを下山コースに使う人が多いのかな。
いつもの夏道は面白くないから、案外大滝コースピストンが多いのかもしれませんね。

登山中、次女が北アの稜線歩きの話を聞きたがっており、なんかどうもまだまだ山行きそうな勢いです、わかんないけど。
日曜は部活だと思っていたのですが、よくよく話を聞くと大会前くらいしか日曜部活にならないらしく、基本日曜はないらしい。
なので上手く誘えそうです。
嫁さんはスローペースですがよく頑張ったと思います。
体力作りのためもあるのですが、無理のない範囲で山に登れたらいいと思います。

夜勤明けで白山に登れなかったことは残念ですが、チャンスは予想外に早く訪れました。
詳細は後日。
ではではまた。
コメクローズします。

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017