浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 文殊山

Comment (8)  Trackback (0)

2018.3.13 文殊山

ここのところすっかり暖かくなってきましたよね。
今日なんか車運転していて、窓締めていると暑かったです。
たんに暑がりだからかな~。



さてそんな今日は単発の平日休み。
火曜日は和泉スキー場がリフト券2000円とお得デー。
岩岳BC講習で学んだことの反復練習もしたかったので、スキーに行く気満々だったのですが、先週に起きた国道158号線の雪崩通行止めが、月曜に奥越土木事務所に確認した時点では、少なくとも火曜いっぱいは解除の予定はないと言われまして断念。

そこで、、、
s2018P3130010.jpg
ならば山スキー行こうかと、めちゃめちゃ悩んだのですよね。

日曜に銀杏峰行かれた方のヤマレコなんか見ていると、まだまだ、げなんぽいけるや~んって思いつつ。。
志目木滑走されている方の記事も見て、ものすごく触発されました。
ログも撮らせていただき、国土地理院から地図もダウンロード。
いろんな方の過去記事も拝見し、ログもみて。
ソロでもいけるのでは、、、
前日に準備し、板にもシール張って車に積んでおいたのですが、やっぱり勇気が足りず(涙)

でもだ。
過去記事観ていても、ソロで滑走されているもの見つからなかったのですよね。
やはり谷滑走はリスクも高いし、もし何かあってもソロでは致命的。
基本BCはソロはやめた方が無難なところ、谷筋は特にやめておいた方がと言われたし。
ここのところの昇温での雪解けも気になるし、、、
結局行かない理由ばかり頭に巡ってしまいました。

弱気やわ~、しかしこれでよかったのだきっと。
でもな~、先週半ばの志目木谷BCも雨で中止、今日の和泉ゲレンデスキーも無理、ソロ志目木谷BCも躊躇してしまい、とってもストレッサーな気分ですよ。


なので初心に立ち返り、心穏やかに文殊山に登って自分を見つめなおしてきました。
って大袈裟だな(笑)

ヒサモンだな。
s2018P3130019.jpg
二上駐車場には入れないんですね。

車はあんな感じで道路沿いに駐車でした。
s2018P3130018.jpg
もう市内道路には雪はなく、当然標高365mの文殊山。雪はたいしたことないはずと思っていたのですが、これは長靴が必要か。
ここ文殊山については、全くのリサーチ不足。
足元はホカオネΣ(゚д゚lll)ガーン
洗い場で長靴を洗っている方に、尋ねると雪はあるけど踏み固められていて大丈夫だと思うよとのこと。
まあ、防水靴下だし、いけるかとそのまま登ってみました。

s2018P3130021.jpg
予想外でしたが、教えていただいた通り、しっかり踏み固められていたので問題なく。

春らしくなってきてますね。
s2018P3130025.jpg

日当たりのよいところの雪は溶けていますが、おかげで足元はぐちゃぐちゃです。
そう言った意味でも長靴必須ですね(^_^;)

最近はこんな感じの斜面みると、スキーでいけそうやなって思うようになりました。
s2018P3130026.jpg
練習したいのですが、県内のスキー場も、そろそろ苦しい雪事情でしょうね。
次の休みは実家の用事頼まれているし、いっそ断ったろうかな(-_-;)
う~ん、う~ん、う~ん。。

とまあ、いろんなことを考えながらのんびりと。

御堂どうなっていくんだろう、、、
s2018P3130033.jpg

山頂では、あかんこに入れてきたお湯でコーヒー作ってまったりと。
白山も霞んでいますが見えました。
s2018P3130036.jpg
いつかは滑走してみたいです。

足元が悪かったので、奥ノ院まではいかず下山しました。
やっぱり山良いですね♪
もやもやした葛藤もずいぶん和らぎました。
急がず焦らず行きましょう。
ではまたです。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 銀杏峰

Comment (8)  Trackback (0)

2018.2.25 銀杏峰から~の。

いや~、すっかり春の陽気やないか~。
今日は休日出勤でしたが、仕事していて暑かったですよ(>_<)


さて、いい加減に記事をあげねば。。。
さくっと行きますよ~。

2月25日。
この日は、与太郎さんが遠征でこちらに来られるという事で、としパパさんとご一緒させていただきました。
行先は、銀杏峰です。
予定では、もうちょっと前に与太郎さんがこちらに来られるはずだったのですが、その時はあの豪雪の週でして、いったん計画は白紙に。
再びこちらに来られるという事で、今計画が実現することができました。
なかなか与太郎さんとご一緒できなかったのですが、やっとお会いすることができましたよ(´∀`*)ウフフ

AM7時。大野市のコンビニ集合。
キャンプ場前まで移動です。
車でいけるとは思っていませんでしたが、なんとか3台スペースを見つけて駐車。

凄い雪だ。
s2018P2250006.jpg
いきなり2m以上は積もった雪壁をよじ登って出発です。

与太郎さんとはブログを通して何度もコメントを頂いており、初対面とはいえ、まったく初めて感もなく(笑)
スキーの話をしながらまったり登りました。

s2018225P2250017.jpg
なんか雪がいつも以上に多いせいか、ちょっとが厳しく感じる。
ラッセルと言うほど大げさではないのですが。
それにしてもいつもより急な気がするな~(>_<)

まったりですよ~。ね、教官(笑)

話ながらなので、ペースもほどほどに。

前山。
s2018225t0027_xlarge.jpg
ちょっと寒くなってきた。。
スノーシュー装着。

与太郎さんはワカンです。
s2018225P2250024.jpg
としパパさんもスノーシューで、では出発。

前日がたしか晴れだった気がしていたので、きっとトレースもばっちりで踏み固められていると思いきや、そんなこともなかったです。

ゴーゴー!!
s2018225t0030_xlarge.jpg
s2018P2250026.jpg
天気も良い感じに晴れてきましたよ♪

もうちょっと。

目印の棒!?
s2018P2250034.jpg
えびの尻尾びっしり。
しかしさすがに寒いっす(>_<)

銀杏峰山頂到着。
s2018P2250035.jpg
何もかも雪の中かと思いきや、お社も看板も確認できました。
風が強いから雪も飛ばされてしまうのかな。

そうそう風も一気に強くなり、あわててシェルをきます。
手袋もテムレス単体から、インナー手袋してテムレス重ねで。
では行きますか。
s2018P2250037.jpg
決まってますやん!?
銀杏峰から~のぉ~~。
部子山に(´∀`*)ウフフ
時間は9時55分。
いける、これならいけるよ~、うんうんきっと(笑)
ビックチャンス、ガス無し、天気も良い感じ。
いけたら行こうねって話でしたよね(´∀`*)ウフフ

強引だったかな~、そんなことないですよね与太郎さん(笑)
まったりいきましょ~。

としパパ教官に連れられて(笑)
しかしな~、、、
まったりのはずなのだが、時間を気にしてか教官速くないすか!?
s2018P2250042.jpg

いや~しんど~、急登やないか~(涙)
s2018225t0065_xlarge.jpg

つ、ついた。。
s2018P2250047.jpg
部子山、ちょっとなめてた反省。
実は割とさくっと行けるもんだと思ってました。
帰りの上り返しを考えると、すでに萎える(>_<)

でも無事にこれました。
s2018P2250050.jpg
与太郎さんも、初めての雪の銀杏峰で、いきなりの部子山。
今になって冷静に考えたら厳しかったかも、、ごめんなさいm(__)m
でも、大丈夫でしたよね(汗)

ここでまったりといきたい気持ちをおさえての下山。
だって上り返しまってますからΣ(゚д゚lll)ガーン

しかし、こうやって見ると素晴らしい稜線歩きですな~。
s2018225t0085_xlarge.jpg
ただ、足終ったΣ(゚д゚lll)ガーン
まじでつらかったです。
まだまだ修行が足りませんね(>_<)
与太郎さんと歴史談義もしたりしながらだったので、なんとか戻ってこれました。
話しているうちに、いつのまにしんどいの忘れる作戦成功でしたね(笑)

銀杏峰山頂は通らず、下りに差し掛かるタイミングで私はスノーシューからアイゼンに。
おにぎりで補給も。

帰りもとしパパ教官に連れられて。

教官飛ばすな~。
s2018P2250061.jpg
って、途中、としパパさんが上るときこんなとこあったけ!?
となり、GPS確認してもらうと、一本尾根間違いΣ(゚д゚lll)ガーン
まじか~。。
かなり下ったよ(;´д`)トホホ…

間違ったトレースを追ってしまいました。

下りで左に折れて行くところを、ちょうどそのまままっすぐ下りて行く無数のトレースに誘われて、何の疑いもなく。
年配のパーティーの方が、下山ルート沿いのトレースの側でランチ休憩されていて、正規トレースを見落としてしまったというのもあります(>_<)
注意不足でした。

与太郎さんと志目木谷滑走って、あそこですよねって話ながら。
s2018225t0095_xlarge.jpg
いやいやこの場所からだと志目木谷ははっきり見えないはずなのですが、まったく思いもしなかった反省です。

天気も良く、下の方の堰堤も良く見えます。
無数のトレースはそのまままだ先に下ってます。
おそらくこのまま下っても問題なく帰れるとは思ったのですが、そこは教官が、セオリー通り上り返しましょうとなりました。

この上り返しは今回最高の厳しさだったな~。

与太郎さんに、お酒の話をいっぱいしてもらい、上っていることを忘れる作戦で乗り切りました(笑)

今度こそ下り一辺倒だ。
教官はしんがりに行ってもらい、私が先頭に。
なぜって!?
たまに間違うから(爆)

私と教官の師弟コンビはたまにやらかしますからね~。
六甲馬の背の時よりも激しいルートロスかも(笑)

無事下山♪
s2018225t0103_xlarge.jpg
しかし雪壁凄いですよね。
そりゃ豪雪になるわ(゚д゚)!

なんだかんだと、天気も良く、部子山縦走も出来たし良かった。
このあと夜の部で、与太郎さん、としパパさんとお疲れさん会を市内のホルモン屋さんで行いました♪

与太郎さん、今度は教官と師弟コンビで、嶺南、比良山系お伺いしますね。
部子山縦走よりも、怒涛の上り返しが良い思い出になった銀杏峰~部子山縦走でした(爆)
ではまた~^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 丈競山

Comment (6)  Trackback (0)

2018新年会 丈競山本戦。

そだねー。ナイスぅ♪
いいわ~、可愛いわ~♪
山もあのノリで笑顔を忘れず行きたいです。
苦悶の表情は無しでいきましょう。



さて、いい加減新年会の記事を。
もうあれから日が開いたことだし、、、
詳しくはお三方の記事を見てくださいねm(__)m

ツギロウさん
としパパさん
あつぷりさん


2月4日は、としさん、かぶきやさんはこれなかったのですが、残りのメンバーで丈競山に登ってきました。
冬の丈競山は初めてです。
山頂の避難小屋も気になるんですよね~。
冬に登られる方は少なく、トレースも期待はできません。
ハードラッセル間違いなしですな。

めっちゃダム凍ってた。
s201824g0013_xlarge.jpg

旧登山道よりスタート。
s201824P2040086.jpg
まずとしパパ教官が先に。安全なことを確かめてから登ります(笑)

ラッセルは5人で回します。
s201824g0051_xlarge.jpg

隊長格闘中。
s201824P2040105.jpg

天気が悪い予感もしていましたが、ふたを開けるとこんなに晴れ間も見えたり(´∀`*)ウフフ
s201824t0046_xlarge.jpg

終盤の激ラッセル。
s201824a0077_xlarge.jpg

稜線まで出ましたが、、、
s201824t0075_xlarge.jpg
とりあえず最後尾。疲れた、、、
顔伏せですが苦悶の表情。だめだめ~。

北丈競山最後の上りに差し掛かる鞍部にて、樹木の上に雪が覆いかぶさっている状態で、そこを通ることが危険なこと。
本日のタイムリミットである13時にあと5分程と迫っていたこともあり、予定終了。
南丈競山避難小屋確認どころか北丈競山山頂も踏めずでしたが、今回は昨晩温泉泊まりでスタートが遅かったこと。
9時過ぎだったかな。
危険個所を考えないとすれば、早立ちできていれば、十分いけたと思います。
ラッセルもみんなで回せば大丈夫。
とっても楽しかったです♪

記念撮影。
なっきーさんいつも三脚ありがとう^^d
s201824n0123_xlarge.jpg

では下山。
前を歩いていた兄さんの動きが止まった、、、
s201824P2040134.jpg
かなり長いこと動かない。
まるで電池の切れたおもちゃのように。
それともあまりの寒さで、たっ、立ったまま、、、、、、、、、、、、

ではない(笑)
先を歩くみんなのナイスショットを狙っていたのでした。
ツギロウ兄さんのカッコいい写真はこうやって、いい構図と言うのかアングルと言うのか背景というのか、タイミングを逃さず狙っていたのですね。
うしろ姿に感動しつつ震えが止まらなかったです。
あっ震えは寒い方ね(笑)

最後は、、、
ここから。
s201824g0121_xlarge.jpg

こうなった(涙)
s201824n0144_xlarge.jpg
転んだのはもっと下の段からなので大丈夫ですよ~。
受け身の練習しただけなんだからね(>_<)

ちょうど下山してから雪が降り出し、いい感じで天気も持ったし良かったです。
その分が、このあとの豪雪に上乗せされた感もあったりして(^_^;)

二日間にわたる新年会&山行無事終了。
またいい思い出ができました♪
またツギもよろしくお願いします^^/
ではまた~。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 下市山

2018.1.17メオトザン。

録画しておいた「グレトラ3 プロローグ」観たのですが、とっても良かったです。
北海道の雪山縦走訓練、厳しい結果でしたが、グッとくるものがありました。
そして無性に雪山テント泊がしたくなりましたよ。
田中陽希さんの新たな挑戦、無事成功してほしいです。



さて火曜なのですが、ここ夜勤明けでしたが天気もまずまずだったので、寝る前に下市山にお散歩に。
嫁さんといっしょに登ってきました。
s2018117IMG_0414.jpg
文殊山から眺める福井平野とはまた違った角度から。

いつかは涸沢。
少しずつですが、体力がついていけばと思います。


ここ滑れるやろかとか、いろんな妄想をしてしまいます。
s2018117IMG_0416.jpg
さすがに藪が凄いか。
標高が低いので、雪の状態は悪いですが、積雪自体は深い場所で4~50㎝程あるかもしれません。
今度雪降ったら、下市山スキー持っていこうかなと考えたりもします。

頂上。
s2018118IMG_0417.jpg
ちょうど同じ時間帯に登られた、年配の女性ソロの方としばし談笑。
20年ほど前、下市山に登山道を作ったメンバーの方らしく、いろいろ山のお話を教えてくれました。
短い時間でしたが、とても興味深く聞かせてもらいました。

お疲れ様でした。
s2017118IMG_0420.jpg
嫁さんに、冬山の雰囲気を味わってもらいたい、そんなところもあった雪の下市山でした。
下山時は足がふらついたらしいですが、いっぱいいっぱいという訳でもなかったようでなにより。
この位の雪の里山は、晴れより、ちょっとくらい雪が降っていた方が良いような気もしました。

ここの所、ゲレンデスキーばかりで、正月の文殊山以来の山登りでした。
ぼちぼち巣のシューハイクもしたいな。
ではまたです。
今回もコメクローズしますね。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

Comment (10)  Trackback (0)

2018.1.1 新年最初のお山です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^/


いろいろ自分の過去記事さかのぼってみたのですが、自転車<山にシフトしたのは、2015.5月の文殊山ソロの辺りからでした。
ということは、、、
まるまる二年以上、山にはまったことになるのですね~。
感慨深いわ~(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)

ちょこちょこ言い訳のように書いているのですが、自転車には乗りたいんですよ。
ただ晴れていればやっぱり山にいってしまうし、とにかく時間が足りないんです。
BROMPTON積んで歴ポタもしたいのだが。
tikitもすっかりスタンドに吊られ定位置に収まってしまった、、、
あかんあかん。

ということで、今年はtikitとはいわん、BROMPTONでご近所位は乗る!!
これはできるはず。

あとは、、、


もはや言うだけ番長(古い!?)になってしまったが、5㎏痩せる!!
今年こそ、今年こそは山行が楽になるよう自分を追い込んで頑張ります(`・ω・´)ゞ


もうひとつ。


スキー頑張る!!
これね、まだ具体的にどういった方向に進んでいくかはわかりませんが、冬山を楽しむ一つのツールとして取り入れていこうと思います。

こんな感じで2018年度も全力で遊び倒していく所存であります(∩´∀`)∩ワーイ


さて本年一発目のお山はと。

安定の文殊山
二上からスタートです。
sP2018111010001.jpg
6時20分ごろかな、まだ暗いのに結構な車でした。
車を停めて用意していると、となりの車には人が乗っており、びっくり。
toshi0113さんご夫妻でした。
すいません、ヘッデンで照らしあげてしまいましたm(__)m
ヘッデンを忘れたそうで、明るくなってから登られるそうです。
下山時にまたお会いしましたよ。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

年末遠征の疲れもあってかイマイチ調子が上がらない、というか、山初めてやがて丸三年が経とうとしているのに、今一歩進歩を感じられないのは気のせいか、、、
う~ん、これはイブのあたりからずっと続いている腹痛が体力を奪っているんだ。
そうだ、そういうことにしよう。
っと、無理やり納得。

下山中のあつぷり隊長ご夫妻と遭遇。
う~ん、ほんの半日前までいっしょに行動していたのは気のせいか(笑)
その記事は後日アップしますね。まだ画像の整理もできていないので(汗)
しばし談笑ののち出発。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

山頂はこんな感じ。
sP2018111010006.jpg
本堂は立ち入り禁止になっているので、簡易の御堂に安置されている御本尊に、昨年一年間無事に登山ができたことの感謝、そして新年の御挨拶を。

会議室にてお守りと、どこかの山で落としてしまった開山記念バッチを再購入。

下山中、しろべ隊長とお会いしました。
sP2018111010010.jpg
しばし談笑、しかしみんな大好き文殊山ですね♪
今年もよろしくお願いしますm(__)m

そういえばtoshi0113さんご夫妻とあつぷり隊長の写真を撮るのを忘れた(>_<)

としパパさんは来ると思っていたのですが、まだ会えず。
しろべ隊長の話だと遅めに登るらしい。
ツギロウさんは、、、
二日酔いかな(笑)

とまあこんな感じで今年もスタート。
本年も笑いと感動に満ち溢れた素晴らしく楽しい一年にしようっと
201811sP1010011.jpg
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2018