浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 城山(三峯城跡)

Comment (4)  Trackback (0)

歴山!三峯城址登ってきました。

台風がありえない曲がり方をして、日本列島に襲い掛かりそうですね(>_<)
あまりにもの進路変更にわらけてきましたわ。


さて、日曜は午前中、嫁さんと三女とプチ登山してきましたよ。
本来なら、もうすこしボリュームのある山に登るつもりでしたが、昼までには帰らなくてはならない用事があり、近場の低山、そうですね、文殊山、もしくはミルキングコースにしようかと思ったのですが、ふと、いかなくてはと思いつつ、すっかり先延ばしになっていた、三峯城跡に登ることにしました。


南北朝時代に南朝方の有力武将の新田義貞の弟である脇屋義助が立て籠もったお城です。
新田義貞が灯明寺畷で討死したあとも、脇屋義助はこの三峯城から劣勢の南朝軍を指揮し善戦したそうです。
脇屋義助は越前撤退後も、南朝方の主力として活躍するも、最終的に今治で病死してしまいました。
今治にはお墓もあります。しまなみ海道ついでに今治ポタしたときお参りしにいきました。
歴史好きな自転車乗りの方がおられましたら、しまなみ海道渡ったついでに今治で足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

そんな三峯城址は標高404mの山にあります。
車で行って半日で帰ってくるにはぴったりです。
三峯城址に行くには、三つの登山道があるのですが、今回はもっとも楽に登れる上戸口からにしました。
山道ですが、けっこうハードな山道で、こぶし大からこぶりなスイカくらいの石が道路に落ちていたりと、なかなかデンジャラスなので、もし行かれる方おられましたら、注意してくださいね。


山道を車で走ること、そうですね、、、10分くらいかな、急に道幅も大きくなり、車を駐車するスペースのある場所にでます。
そこは昭和初期に廃村になった三峯村の跡みたいです。
大イチョウ広場として整備されています。
これは三峯村のシンボルでもあった大イチョウです。
sP9210006.jpg
どうやら56豪雪のときに折れてしまい、この大イチョウはその折れた元の根っこから、また復活したもののようです。
とっても大きいです。

広場にあった子安観音堂の跡。
sP9210007.jpg

綺麗に整備され、ベンチもあったりするのですが、いかんせんここに来るまでのハードな山道考えたら、歴史マニアぐらいしかこないんじゃないか、そう思ってしまいます。

では登山道に。
sP9210010.jpg

最初は少しだけ階段です。この先には分岐が。
sP9210013.jpg

東大味町と、鹿俣町から上ってこれるのが分かりますね。
鹿俣町は分かりませんが、東大味町は明智神社のある場所です。
明智神社からさらに道路沿いに登っていけば、おそらく登り口がみつかるはず。看板でしかみたことないので要確認ですが(^_^;)
sP9210014.jpg

左、朝倉城とは一乗谷城のことでしょうか。
sP9210015.jpg

この草むらを進めば、きっと道があるのでしょうね、、、そんな勇気はありません(>_<)
sP9210017.jpg

しばらく進むと、、、
sP9210019.jpg

土橋!!
sP9210020.jpg
テンションあがります(笑)

さらに進みます。
大手口でしょうか。
sP9210023.jpg

堀切や土塁跡もありました。
竪堀のなかを進みます。
もう主郭はすぐそこです。
sP9210032.jpg

着きました♪
sP9210035.jpg
主郭からの眺め。
画像真ん中から右手の谷が一乗谷です。左手には福井平野が広がっています。眺めは抜群ですね。
そうですね、、、登り口からここまで、30分もかからなかったかも(^_^;)
もう少し時間かかるかと思ったのですが。
東大味町から登ろうと思って、調べてみたところ、けっこう草ぼうぼうだったみたいな記事を見つけたので、今回はオーソドックスな上戸口から登ったのですが、ちょっと楽すぎました(^_^;)
まあ、嫁さんはちょうどいいみたいでしたが(笑)

とりあえずコーヒーでも。
sP9210038.jpg
立派な石碑です。2.5tあるらしく、どうやって持ってきたのでしょうか、ヘリかな?
南朝方のお城ということもあって、しっかり整備されているのでしょうね。杣山城跡にいたってはトイレまでありましたからね。

み~つけた♪
sP9210040.jpg

三等三角点?
sP9210041.jpg
404.5m三峯城址制覇ですv( ̄Д ̄)v イエイ

登山というかトレッキングというか、なんにせよちょっと物足りないので、今きた道とはまた別から登ってくる道のほうに、滝があるらしいので、そこまで見に行くことにしました。
sP9210044.jpg

20分位かな下りたのですが、それらしい看板もなにもなく。
林道に出てしまいました。
sP9210049.jpg
ここが鹿俣町からの登り口なのかな?

結局、来た道を登って戻りました(>_<)

行きにはまったく気が付きませんでした。
追分地蔵。
sP9210056.jpg
sP9210057.jpg
分かりにくいですが、この先に道があって、どうやらそれが東大味町に続くルートのようです。
最初の看板のすぐ近くにあったのですが、朝倉城の石碑のさす道しか分かりませんでした(>_<)
追分地蔵とは、道の分岐にあるお地蔵さんの事みたいですね。
sP9210058.jpg
看板が折れて倒れていたため分からなかったです。

到着。
およそ2時間弱のお散歩でしたね。
ちなみに道路と三峯村があった場所はこんな感じになります。
sP9210008.jpg
土手の下に村があったのだと思います。私の写真のとり方が悪かったので分かりにくいですが、もっと広いです。

ちょっと走ると、たくさんの石塔がありました。
sP9210063.jpg
村の方のお墓?でしょうか、たしかにこの場所に人が住んでいた、それは分かりますね。
三峯村は古来より、坂の南と北を結ぶ交通の要所でもあり、藩政のころ、松平藩主の領内巡視で237人という一行がここで休憩したこともあると看板に書いてありました。

個人的にとても楽しい歴山巡りとなりました^^

この位のボリュームの低山は嫁さん的にも登れるということなので、機会があったらまた付き合ってもらおうかと思います。腰も痛いみたいなので、無理せず行きましょう、私も膝がなんともだし(^_^;)
ではまたです^^/
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017