fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 赤兎山BC

Comment (0)  Trackback (0)

2023.3.19赤兎山(予定!?)山スキー。

スノーピークの関連会社が福井に来るらしいよ。
とOMさんに教えてもらいました。
リユース事業を行う「スノーピークサーキュレーションコア」というみたいです。
スノピ製品に限った感じのようですが、他社製品は行わないのかな~。
使わないザックやマットなんかもあるけどメルカリだとやり取りや梱包なんか色々めんどくさいので。





さてさて。




日曜は赤兎山に山スキー。
BT師匠、MGさん、杉魔人さん、OMさん、私。
7時小原ゲートより。
林道を歩きます。
すぐ斜面をショートカット。
2023319 (2)
カリッカリで最後尾だったし私はクトー装着。
みんなはそのまま攻めていきましたが、最後の方林道に乗り上げるところ雪切れときわどい斜面になってBT師匠の板が外れそのまま板持って乗り上げ。
ツギのOMさんはそれでその斜面に取りつく前にシートラ換装。私はクトーしていたけど安全にシートラに。進退窮まるようなことが無いよう早めの判断に徹しましたよ。

その後林道を延々と。まあ長い。ラッセルはないからいいけれど。
伏拝登山口を越えさらに。
大舟山の北面のすそ野を回り込むようにして大舟山とP1362の鞍部を狙うように。
MGさんがガシガシ切り開いてくれました。思ったよりも雪が緩んでなくてガリガリトラバースやガリ斜もあって緊張しましたよ。

林道の段階でOMさん、足の靴擦れがひどくて何度かテーピング処理。長く固い林道歩きやトラバースでブーツの中で足がいつになく余計ぶれる事と、気温も厳冬期に比べ高いので汗もかくし足も蒸れたりむくんだりすることも原因だとは思われます。
鞍部に乗り上げるころには5か所テーピング処置しながらとなってしまう。。。
このあと大舟分岐~赤兎山と一時間くらいでしょうか?距離で2kmから2.5km程かな?標高で300mはない。
しかしまだ上らないといけないし、帰りの滑走もある、また上り返しも多少あるし、今回はここで断念。
BT師匠、MGさん、杉魔人さんは赤兎に。
私はOMさんと先に大舟山に行くことにしてそこで後程合流となりましたよ。

バックには赤兎山や白山、大長もばっちりでした♪
2023319 (3)

トランシーバーで連絡を取り合ってお互いの状況を確認。天気がいいことや間に遮蔽物もないこともあるのかもしれませんが、赤兎山頂のみんなと大舟にいる我々とのトランシーバーの応答はとてもクリアでした。
緊急時のツエルト他エマージェンシー関連は当然大事ですが、そこにトランシーバー(無線の免許の要らないもの)も必須アイテムになるかと思います。今回も大活躍です。

大舟山ピークで風よけの穴を掘ってランチ。風よけいらないほど風は穏やかでしたが。
赤兎山を凝視するOMさん。
2023319 (5)
少々凹んでいました(笑)
まあそういうときもあるよ。

大舟山からの経ヶ岳北岳に向かう稜線など。
2023319 (4)
この前滑った亥向谷は尾根に隠れて見えないけれど。
やっぱり経ヶ岳はかっこいい♪

分岐で別れてから一時間半程かな。
赤兎山からみんなが帰ってきましたよ。

バックの赤兎山がかっこいいね♪
2023319 (6)
2023319 (7)
合流。
赤兎からの谷を少し滑って尾根に入って戻ってきたみんな。MGさんに雪質を聞くとザラメだけど、すこしひっかかる感はあるな~っと。
なるほど。北面にあたるルンゼはどうなんだろう。
まだ赤兎の西面程緩んではなさそうだし、期待はできないな、、、

そう思いながら。
大舟山から北西に回り込むルンゼを林道まで滑ります。

これは、
極上ザラメ2歩手前(辛口で)。
雪はかなりいいぞ~(´∀`*)ウフフ
最初の斜面そうだな100m程かな。木立の中は良かったけれど。

笑顔がはじける杉魔人兄さん♪
2023319 (8)
この後ルンゼの中を滑るのですが雪は良いのですが、谷自体はハーフパイプのようでちょっとが窮屈でした。

ここは慎重に。
2023319 (9)
ノドのところはギリギリ雪が繋がっていました。

無時林道合流。
渡渉もなくがっつりとしたトラバースもなくそこは良かったですよ。

ルンゼの一番広かった場所。
2023319 (10)
斜度があるところでこのくらいの広さの斜面だったらなお良しでした。
でも雪も良くターンも決まる良ザラメだし楽しかったです。

無時下山。
2023319 (1)
今シーズンまだ一度も上ってない赤兎山にと気合乗っていた柱のMGさんに引っ張られ、何だかんだと14時半には下山。
もっと時間かかるかなと思っていたけれどラッセルのない春スキーということもあるし、やはり下るとなるスキーだし足が速いんですよね。林道も板が走ったし漕ぐようなことも少なくて良かったです。

BT師匠のコマ漫画はこちら↓
2023318sSGIX2121.jpg

今日も快晴の中。
まったりとした春スキーを楽しめましたよ♪
仲間に感謝ですm(__)m
ではでは。
スポンサーサイト





Category: バックカントリースキー > 赤兎山BC

Comment (0)  Trackback (0)

2021.12.26赤兎山BC。

年越し寒波もくるみたい(´∀`*)ウフフ
山だけよろしくですm(__)m



さて。



日曜は山スキー。
今回は赤兎山に行ってきましたよ。
メンバーはGさん、Eさん、BT師匠、BB兄さん、私の5人です。
今シーズン最強寒波が来ている週末。
どうなってしまうのだろうと不安もあったりしますが。


小原星の駅前Pに駐車。
4時52分スタートでした。

小原集落入口電話ボックス前。
20211226sPC260001.jpg
強雪。

林道は10kmあるそうです。
前半はBB兄さん、後半はGさんと最強の柱がラッセルをしてくれました。
なんとも頼もしい。
変わりますと言わないへたれっぷりをお許しくださいm(__)m

4時間近くかかって夏道の登山道に。
いつもならショートカットするところもあったりするらしいのですが、寒波襲来中とはいえ、まだ雪も足りずショートカットは一回だけでした。
ここからは私が先頭になるようGさんより指令が。
責任重大。。
ルートはまあ適当でいいらしい。
基本まだ雪が少ないので夏道で小原峠。そこから大舟分岐~山頂と基本夏道に沿う感じで行くことになりました。

GPS確認。
20211226sLLZJ7166.jpg
画像提供Eさんm(__)m

最初適当すぎて夏道外しましたが、すぐに起動修正。夏道復帰後サクサク進みます。
脛ぐらい、たまに膝あるかな?くらいのラッセルでしたが、雪がとても軽いパウダーのため、この前の護摩堂山に比べてかなり楽ではありました。
夏道を外さないように進むものの、歩きやすいところ選んだりしているとすぐに道をロスト。
GPSで確認もせず、ほんと適当に歩いてたら、調子に乗り過ぎて尾根を一本外していました(汗)
Gさんより、ぼちぼち軌道修正していこうとアドバイスを受け、トラバースして小原峠のほうに向かいますが、ある程度軌道修正したのちは、まあこだわらず、このままいけそうであれば尾根を上っていく感じになりました。

頑張っているよ。
20211226sFUNT9193.jpg

20211226sRYKO4970.jpg
画像提供Eさん(Gさんかも)m(__)m

ボチボチ疲れてきた。。

パッと見何でもないような斜面に見えたのですが、以外に角度があり、そこに20cmあるかないか程度の雪がガリガリの根雪の上にのっただけ。
中々突破できず、何度もジグ切っているうちに、自分の足元よりも1m程上くらいからさ~っと雪が流れ落ちました。
ごくごく小さな規模の点発生雪崩。
ちょうど真下にいたGさん、Eさんのところに。
雪崩というにはかなり大げさなのかも知れないけれど、それでもびっくりするぐらい綺麗にというか、さらさ~っと流れ落ちるスラフを見てかなりびっくりしました。真下にいたGさんのほうがよっぽどびっくりしたと思います。。。
その後もどうしても、この斜面を突破できそうにないため、BB師匠にバトンタッチ。
いけないのならこだわらず、こっちからいきなさいとあっさり攻める場所を変更。
その後は、BB兄さん、そしてGさんが山頂まで導いてくれました。
柱への道は遠い。。

頼もしい柱の面々。
20211226sPC260008.jpg


樹林帯ギリギリのところで、電熱ゴーグルに換装し稜線を進みました。

疲れも勿論あったけれど、それよりも、、、

あまりにも寒い(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

正直カメラを取り出そうという気も全くなく、ひたすら体を動かさないと寒さで凍え死ぬわ~。
そんな感じで歩いてました。
そういえば行きの車中でBB兄さんが一言。
「上空1500mにマイナス10~15°の寒気が来ているところに今まさに行くんやな」って。赤兎山頂は1500mちょっとか。
考えたら。。
正気の沙汰ではないな(汗)

ここよりもさらに標高の高いところに。もっと過酷な状況でも行く方たちも世の中にはいるわけだし、比べたらまだましなほうかもしれない。
しかし自分にとっては、寒さというところにフォーカスしたら今迄の山スキーの中で最も過酷な状況でしたよ。

ついたよ。
ここまでこれたのも、Gさん達が道を切り開いてくれたからであり感謝です。
冬の赤兎山山頂に立つことができました♪
20211226sPC260011.jpg

一瞬晴れ間も見えました♪
20211226sPC260013.jpg
それにしても寒い。寒すぎる。。
風も中々に拭いており、シールをかたずけるのにも難儀します。
一刻も早くここから脱出したい。
お腹もとてもすいた。。。
けれど何か食べるよりもとにかくこの山頂から脱出して樹林帯に逃げ込みたい。
話はそれからだ状態です。

救いはある。
雪は信じられないくらい軽いパウダー。これだけ軽い雪は初めてかも(´∀`*)ウフフ。
Gさん先頭で滑走開始です。
歓声が沸き上がる。
まだまだ仕上がっているとは言えない雪の量だそうです。
それでも藪の合間を縫うように。
パウダーをまき散らしながら落ちていく。

自分のスキーの足前ではまだまだ、丁寧に転ばないように滑るだけなのでガシガシ攻めたターンができているわけではないけれど、それでも浮遊感が楽しい♪

至福の時間♪
20211226sMNVS1601.jpg
画像提供Eさんm(__)m

ただ、、、
寒さは変わらず。
カメラを構えようという気にはなかなか起きない。

ちょうど後を滑っているBB師匠を捉えるチャンスがあったのでカメラを出してみました(笑)
20211226sPC260019.jpg
パウダーを豪快にまき散らしながら。
手前側はEさん。
女性ですが、全く疲れを感じさせず、また滑りもめちゃめちゃ上手い。
勿論BB兄さんも、Gさんもみんなめちゃめちゃ上手い。
何より楽しそうです♪
ただ、、、
写真を撮る気力というか、ミトン手袋から手を出したくない<(`^´)>
最優先事項がそれでした。とんだヘタレをお許し頂きたいm(__)m
ほんと凍え死ぬかと思ったくらいです。
山頂では真っ先に中間着として使っているノースのベントリックスをハードシェル脱ぐことが嫌だったのでそのまま上から着込んだくらいですからね(汗)

Gさんが帰りも滑走ルートを選定してくれて、無事途中からは上ってきたトレースに合流。
そのまま夏道登山口。
ここでランチタイム。
勿論寒すぎて震えが止まらんし、カメラなぞ出す余裕はない。

何よりも、、、
ただのお湯に甘みを感じている自分がいました(笑)
寒さと飢えでおかしくなったのかな(笑)
カップラーメンがこれほどうまいと思った瞬間はないかも。

そのあとは林道をサクッと。
と言いたいところですが、降りしきる雪のためトレースも消え。
また林道の斜度自体がないため帰りもラッセルという、どんだけ修行やねん(笑)
BB兄さん、Gさんとラッセルしてくれました。
が、さすがにそうはいきませんよ。
少しは頑張らねば。
Eさん、BB師匠、私もラッセルに参戦。
最後のほうは再びGさんに甘えてしまいましたが、みんなでラッセルを回して帰還。
帰路の林道も3時間以上かかりました(゚д゚)!

車に着いたときは本当にほっとしました(笑)
そのくらい寒かったんですよ~(涙)
11時間オーバーの行動時間。
久々の冬の10時間越えやばす。

あと最強寒波も舐めたらあかんです。

今回写真ほんといつも以上に撮れなくて悲しい。
もっと皆さんがガシガシ滑っているところを撮りたかったのですが。
ツギは寒さに負けず頑張ろう。
やはり嵩は張るけどビレイパーカー持っていこう。
大したことないけど、少しはルート考えながら上ることできたし、激パウを滑ることもできた。

自分にとってはとても記憶に残る素晴らしい山スキーになりました。
めっちゃ楽しかったです♪
導いてくれた皆様に感謝です。
もっともっとがんばろ~。
今年もあと少しですが、まだまだ行くかも(笑)
ではまたです。


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

123456789101112131415161718192021222324252627282902 2024