浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 下市山

2017.4.2下市山。

早速仕事の愚痴ですが、今月はやばすぎる、、、
この分だと来月も、、、
と、とりあえず今週末の休出は回避です。
一日くらい休んだくらいでは、疲れがまったく抜けないお年頃。
なんかいい方法はないですかね~(涙)


さて、日曜はまたも下市山に登ってきました。
というのも、土曜は夜勤で日曜は明け。
そして月曜から当然仕事ですから、無理はできません。
でも週一登山は行いたいし、手軽な下市山で手を打ったわけです。

が、

それだけではありません。

今回も嫁さんが一緒に登ることになりました。
涸沢に向けて体力をつけていくぞ大作戦継続です。
まったり登って早く寝るぞ~っと。
ssimoP4020001.jpg
この日は「かたくり祭り」も重なってか、みくりや清水登山口は車で一杯。
文殊山に負けない人出です。

次女は今回はついてこず、嫁さんと二人だけです。
嫁さんのペースでゆっくりと。
ssimoP4020003.jpg

第二展望台。
ssimoP4020005.jpg
この日も素晴らしいお天気。
もう春ですね。

ssimoP4020009.jpg
休憩もそこそこに。
先週登ったからか、今回は先週に比べると楽らしい。

このみくりや清水から登ると、一番急な階段。
ssimoP4020011.jpg
それほど長いわけではないですが、こういった階段はやっぱりきついものがあるらしい。
無理なくゆっくり。

カタクリの谷。
ssimoP4020015.jpg

まったくカタクリは咲いておらず。
みつけたけど蕾かな。
ssimoP4020016.jpg
おかしいな、今週は見ごろかと踏んでいたのですが残念。
とりあえず山頂に。

山頂はカタクリ祭りの関係で登山者が多いのか、私が今まで下市山に登った中で最高のにぎわいです。
ssimoP4020020.jpg
ssimoP4020021.jpg
ここでご近所の方とお会いしてびっくり。
しばらく談笑。

私たち夫婦は周回なので、今回も金屋町の方に。
前記事で金谷と書いたのですが、金屋の間違いですm(__)m

でもこの日は、金屋のほうにそのまま下りず、分岐で「かたくりの路」のほうにいきます。
ssimoP4020024.jpg

ため池口からの登山道にぶつかるはず。
ssimoP4020025.jpg

この道、言葉で上手く表現できないのですが、私好みでなかなか楽しい。
そうこうしているうちに、カタクリ咲いていましたよ。
ssimoP4020030.jpg
こちらの方は、たくさん咲いていました。
反り繰り返りすぎて、いい感じのやつを探しているうちに。
可愛らしい花発見。
ssimoP4020046.jpg
「キクザキイチゲ」
というらしいです。
今シーズン初イチゲちゃんですね(笑)

安居城跡経由。
ssimoP4020050.jpg

無事にため池登山口に下山。
ssimoP4020053.jpg

みくりや清水口に戻ると、さらに車の台数は増えていました。
下市山も文殊山に負けない位の人気の里山です。

今回嫁さんも前回より調子よかったらしく、ツギはもう少し強度のある山、そうですね、文殊山、越知山、日野山、このあたりを登ろうかと話しました。
まあ無理なく少しずつ、私とのタイミングもあったときに登っていこうと思います。

今回も2時間ちょっとのお散歩でした。
花がたくさん咲き始めて、春山って感じ。
冬とはまた違って、楽しい季節になりましたね。
仕事疲れのストレスは週一登山で発散するぞ~。
体力そのものの疲れは、、、どうしましょう。
お風呂に浸かってゆっくり考えます(笑)
ではでは。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 下市山

Comment (8)  Trackback (0)

2017.3.26下市山。

なんかまた寒くなりましたね。
もう春に気持ちは切り替えましたから、このまま暖かく推移して行って欲しいのですが。
だって雪山恋しいじゃないですか(^_^;)


さて、予定通り土曜は休日出勤となり疲れがたまった週末。
日曜は昼から天気も悪くなるし、モントレもしくはオチトレと思ったのですが、嫁さんに下市山でも登ってみる?
と聞くと良いよとのことで、そこは次女も無理やり誘っていってきました。
sP173260001.jpg
9時半くらいだったかな、すでにみくりや清水口駐車場は満員御礼。
山頂でお話しておじさんが言うには、三国方面からも登りに来る人多数いるみたいですね。
三国からだと文殊山は少しが遠くなるし、手軽な里山としては距離的にも良いのでしょう。

かたくり、咲いているかな~!?
登山口から歩いてすぐに、獣防止の電線。
sP173260005.jpg
前はなかった気がします。
春ですし、獣たちも下りてくるのでしょう。

sP173260007.jpg
嫁さんは早く歩けないので、ゆっくり。
次女はさすがに速いです。
空荷だし、雪山に比べたらちょー楽しょーだそうで。
雪山は寒いし、しんどいし、もうお腹一杯らしい。そう言わんとて(涙)

RUNする?
sP173260008.jpg
するするといって走り去っていきました。
まあ、すぐ疲れてるんですけどね(笑)

まえに三女と登った時に書いたメッセージノートはまだ残っていました。
sP173260011.jpg
この時はてっきり三女が山ガールになると思っていたのですが、次女のほうがついてきてくれるようになり。
次女も中学生になるし、さすがについてきてはくれないだろうし、三女に期待しているのですが、、、

いいお天気。昼から雨とは思えないですな。
sP173260013.jpg

め池、お池を通って。
sP173260019.jpg
桜発見!!

嫁さんはこういった急な階段になると関節にひびくらしくしんどいみたい。
sP173260023.jpg
今回、下市山に登るのもわけがあります。
嫁さんも涸沢まではやっぱり行きたいらしい。
毎年夏には上高地小梨でキャンプしている我が家ですが、最終目標は涸沢でテント泊でした。
昨年は次女とその夢をかなえたわけですが、そこには嫁さんはいません。
嫁さんも頑張りたい気持ちはあるのですが、ハードな山は厳しいのです。
しかし涸沢まで行くには、今のままでは厳しいので、少しずつトレーニングです。

ショウジョウバカマ。
sP173260024.jpg

かたくりの谷。
sP173260026.jpg
残念ながらまだカタクリ早かったみたいでした(>_<)

頂上到着。
sP173260027.jpg
嫁さんも体力的にまだ余裕はあるみたい。
次女はまったく余裕。
このあと文殊山行く?と聞くとそれは嫌だって(>_<)

下山は前と同じ金谷へ。
くるっと道路歩いて戻ります。
sP173260030 - コピー
遠くに見える獣の罠のオリを覗きこむ次女。
もう下山口になりますよ。

道路沿いの神社。
興須奈神社でいいのかな。
sP173260034.jpg
神事が執り行われていました。
来週の「カタクリ祭り」の神事でしょうかね。

sP173260035.jpg
無事到着。

2時間弱の行程でした。
まだまだ物足りなかったのですが、曇り空になってきたし、今日は嫁さん次女と登れたし満足です。
嫁さん的にも、涸沢に向けて山トレはして行きたい方向らしい。
来週も余裕があったら里山登りたいそうで、無理なく続けていけたらと思います。
多分、今年の上高地は次女がついてくるのは最後、三女ももう2~3年したらついてこないだろうし、それでも上高地行くか聞くと、行きたいとのことで、そうなったら涸沢はテントにこだわらず小屋泊でいいかな~。

なんにせよトレーニングは必要です。
私も、GWはちょっと頑張るし。
今週も土曜仕事だし、週末は里山だろうけど週一登山は欠かさず行きましょう。
ではまた^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 下市山

Comment (6)  Trackback (0)

2017.1.24下市山。

待望の雪が降りましたね。
地元福井市内は、さほどたいしたことはないのですが、先週からの寒波で山にはたくさんの雪が積もった事でしょう。

それで、週末だったのですが、、、
急きょ土曜が夜勤休日出勤になり、日曜はほぼほぼ寝ただけと言う、残念な休みだったのですよ(;´д`)トホホ…
かわりに振休ということでの火曜休み。
別日にしてほしかったのですが、それすらも叶えられず(>_<)
そんな休みの火曜だったのですが、一瞬晴れた気がしたので。急いで里山に登ってきました。

下市山ミルキングコース。
みくりや清水口の駐車場は、入れ違いで私だけでした。
sP1240001.jpg
先週からの雪で、がっつり積もっているのかな~。
そんな期待もしつつ、しっかりスノーシューは担いだのですが、使う事はあるのでしょうか。

第一展望台からの福井平野。
sP1240007.jpg
すこし晴れてきました。
この日の天気は曇り雪とか、そんな良くない感じだったのですが、土曜に働いたご褒美でしょうかね(笑)
sP1240012.jpg
平日ですし、誰かが登っているとは全く持って思っておらず、しかも里山とはいえ、それなりに雪が積もっているのかなと思ったのですが、そこまでの積雪はなく、トレースもしっかりあります。
毎日だれかしら登っているのですね。

こちらは寄品大明神経由の下市登山口からのコースに続く分岐。
sP1240013.jpg
メインルートではないので誰も歩いていません。
という事は、、、
新雪いただきです(人´∀`)
もちろんの突入です。
sP1240014.jpg
足首が埋まるくらいの積雪です。
ラッセルと言う大袈裟なものではありません。
sP1240015.jpg

トレースはなにかしらの動物のもののみ。
sP1240017.jpg
里山とはいえ、楽しいです♪
日がさしてきました。
ちょっとひらけた場所。
勝手に下市平と命名(笑)
sP1240020.jpg
こうやって見ると、開けたという感じはないですね(^_^;)

下市登山口からの分岐に到着。
sP1240021.jpg

すぐそばの寄品大明神に参拝です。
sP1240024.jpg

このあとは下市登山道、もちろんノートレースを歩かせてもらい、ミルキングコースまで。
sP1240025.jpg
sP1240027.jpg
sP1240034.jpg
スノーシューまでは必要なかったです。
でも里山でも十分楽しい。
もっと雪が積もらないかと期待です。

しっかりトレースのある道を歩かせてもらって頂上到着。
sP1240042.jpg
ちょっとまったり。
sP1240046.jpg

なんか山も久しぶりの気がする。
仕事、、、
忙しいのですよね。
しかしこれでストレス解消、今週も乗り切れそうです(笑)

まだ青空も見える。
sP1240049.jpg

帰りはこちらもよってみよう。
sP1240050.jpg
深谷方面。
しかし鉄塔行き止まりとなっています。
もしか周回的なことできるかも。

もちろんトレースは動物のみ。
sP1240051.jpg

ずんずん進むと沢がありました。
sP1240052.jpg

さらに進むと、結界!?
sP1240054.jpg
その先には鉄塔でした。
sP1240056.jpg

ここから本道に向かうには、かなり谷間を下って上る感じで、里山とはいえ初心者の私にはハードルが高くやめときます。
素直に来た道を戻りました。
これといって周回ができそうではなかったです。
やっぱり鉄塔行き止まりかな。

帰りは雄池に立ち寄り。
sP1240059.jpg

もちろん雌池も。
sP1240064.jpg

第二展望所到着。
sP1240065.jpg

銀杏峰方面。
sP1240066.jpg
早起きすれば行けたかも。
まあ、まだチャンスはあります。
あとは休みが晴れかどうかです。
こればかりは仕方ないです。

下の方はすっかり雪も溶けてきてどろどろに。
sP1240068.jpg
登山靴が汚れるというほどでもなかったです。

下山時には、登ってこれる方複数おられました。
文殊山に比べたらもちろん少ないですが、駐車場はいっぱいになっていましたよ。
このあと家に帰ったころには、すっかり天気も悪くなって、いいタイミングで登れましたね。
また来ようと思います。

週末晴れるかな~。
今週末は休日出勤拒否ですからね。
期待です。
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 下市山

Comment (6)  Trackback (0)

2016.11.26 シモントレ

関東等々で雪が降ったことで、あちらの山は、すっかり雪山になったところもあるみたいですね。
雪山、、、
おお~、、、
そうだ、もうすぐ雪山シーズンですね~(人´∀`).☆.。.:*・゚
楽しみであります♪


今日は休み、天気も最近はイマイチぱっとしないところ、今日だけは晴れだったので、早起きしたい気持ちもあったのですが、連日の残業続き、目覚ましに起こされたくない気持ちが強すぎたので、ゆっくり起床と行きました。


8時過ぎに起きたので、いまから頑張って用意して奥越などの山を目指しても、10時過ぎに上りだしになるし、ここは近場でリハビリ登山にしましょう。
だって先週頑張ったんだもん(笑)

シモントレ。

おっ、ついてるの気が付きました?
そうなんです、モントレの前にもう一山登ってきましたよ。
sPB260264.jpg
下市山。
ここも文殊山に劣らず、駐車場に車がいっぱい。
満員御礼でした。

リハビリ登山とはいえ、これからはいつものまったり登山ではなく、速さも意識していこうと思います。

私の時計はセイコーアルピニストで登高スピードが出ます。
公式でいうとこういったことです。


標高差の高い短い距離を上ると、登高スピードも一気に上がるのですが、地味にだらだらと長い距離を登る感じだとスピードは上がらないのだと思います。
なので、あくまで目安と言った感じではありますが、これが自転車でいうとサイコンみたいで面白い。
平均登高スピード 300m/hがおおよそのコースタイムになるらしく、いつもここは割らないように頑張っていたわけなのですが、仲間との京都トレイルでの上り登高スピード見ていると、だいたい600後半から700前半だったのですよ((((;゚Д゚))))

とまあ、いつもぬる~い山登りだったので、今後はできるだけスピードも、京都トレイルのペースに近いものを意識しつついこうと。
もちろん私の実力では、このスピードを永遠持続はできないので、まずは里山で登る距離的な感覚もつかめているところでは、無理して頑張ることにしました。
sPB260268.jpg
最近続いた雨で、足元はぐちょぐちょで、長靴で登られている方もいて、失敗したかなとも思いました(^_^;)
まあとにかくスピードを意識したからか、下市山頂上まですぐについた気がしましたよ。

歩きスマホ超危険、ということはここでもポケモンGOしている方がいるという事でしょうかね。
休憩もほぼ無しで、そのまま下山。

まえはこんな看板なかった気がする、、、
sPB260270.jpg
なので今日はこちらから下山です。

こちらのコースは、メインとなる、みくりや清水口からの道よりぬかるみもなく、落ち葉で滑りやすかったですが、快適でした。

分岐。
sPB260274.jpg
弘梓寺跡コースというのが、安居城跡経由の道だと思います。
そのまま金屋町白山神社まで。

猪のお風呂かな?
sPB260277.jpg

分岐。
赤い矢印の方から下りてきました。
sPB260278.jpg

このあとすぐ神社裏手に。
sPB260279.jpg
表に周って、無事下山したことのご報告。
狛犬がたくさんいましたよ。
sPB260280.jpg

神社下にマップが。
sPB260283.jpg
画像が小さくてわかりずらいと思いますが、新設されたコースのようでした。

sPB260285.jpg

みくりや清水口登り出しからここ金屋町白山神社口まで、55分かかりました。
ペースは上りの時は、かなり頑張ったので、600~700(m/h)は維持できたかと思います。
予想以上にはやく下山し、また体力もあったのでおかわりでも良かったのですが、頂上から先の登山道のぬかるみを考えると萎えたので、このまま車の停めてあるみくりや清水口まで戻り、文殊山へ行きました。

二上はいつもいっぱい^^
sPB260287.jpg
紅葉はもう終わった感がΣ(゚д゚lll)
sPB260289.jpg

まあいいのさ。
いちおうダブルヘッダーなので、無理せず大文殊まで。
sPB260291.jpg
白山は雪。一度溶けたらしいのですが、これはもう溶けないでしょうね。
また来年登りましょう。

今日の福井平野。
sPB260292.jpg
快晴です^^

もちろんペースを意識して。
大文殊まで39分でした。
この前としパパさんに、いつも大文殊までどのくらいで着くのか尋ねたら、30~35分までかなと。
これでも、私、ちょっとした下りポイントで走ったのですが(^_^;)
30分で大文殊ってやっぱり鬼教官は凄いっす(>_<)

気のせいかもしれませんが、京都トレイルを歩いたことで、少しレベルアップした気がする。
なんかふくらはぎが太くなったようなないような。
まあ、こんな感じですが、ちょっとずつ頑張ります。
では、つぎは京都トレイルの続きの記事をアップしますね。
ではでは^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 下市山

2016.1.30 下市山

この前の寒波で降った雪も、もうずいぶん融けた感じかな。
我が家の庭の雪も、もう無くなりそうな勢いです。
来週は、いちおう雪マークが続いていますので、期待したいところです。


今日は山にも、自転車にも乗る予定ではなかったのですが、天気も良くってもったいなかったので、下市山にお散歩偵察登山に行ってきました。
文殊山ほど人がいるような気もしないし、雪が案外残っていたりするかな、スノーシュー持っていこうかな。
少し期待して、一応スノーシューも車に乗せていきました。

sP1300057.jpg
みくりや清水口コースから。
駐車場が埋まるくらい車が停まっていて、びっくりしました。
予想外。
ちょうど、下りてこられる方が長靴だったし、スノーシューは必要なさそうと思い、スパイク長靴で出発です。

登山道は雪が溶けてドロドロだったので、スパイク長靴は正解。
sP1300061.jpg
第二展望所くらいからは、足元の泥もすこしは雪で隠れる感じになっています。

お池、め池のコースは、踏み跡も薄かったのですが、せっかくなので見に行くことに。
め池。
sP1300064.jpg

お池のほうは。
sP1300066.jpg
湿った雪の中を、スパイク長靴がずんずん進みます。
足首は埋まるくらいの雪ですね。
これは、雪がまた振ったら、スノーシュー履いて、まったりお散歩したいと思いました。
なかなか楽しい♪

本コースに合流。
下市山、みくりや清水口コース一番の急登!?を登って。
sP1300067.jpg

かたくりの谷。
sP1300071.jpg
今年はカタクリの季節に必ず登ろう。

頂上。
sP1300075.jpg
sP1300077.jpg
ホットドリンクでまったりと。
この日、アウターはファイントラックのレインウェア。アンダーにファイントラックのパワーメッシュ(袖なし)上下コンプレッションタイツに速乾シャツのいでたち。
登っているときは、ちょうど良かったのですが、休憩中はちと寒いです(>_<)
休憩中はインサレーションを羽織ればいいし、文殊山、下市山くらいの低い山なら、ハードシェルいらないかな。今後はそうしましょう。

いつもは安居城跡の方に下って行くのですが、今日は来た道を。
でも、途中、寄品大明神にお参りしてからにします。
sP1300081.jpg
こちらのコースは、さすがに人が歩いた形跡は薄い。
それでも、昨日今日の足あとが見えます。
赤いリボンもあるし、迷う事はありません。
念のため、GPSもあるし大丈夫。

無事に寄品大明神にお参りできました。
sP1300086.jpg

帰りは少し登りかえして、第二展望所付近に戻るコースを歩きます。
sP1300087.jpg
こちらは全く人が歩いた形跡はありません。
自分としては、ちょっとした冒険です。

犬!?鹿とか猪ではないですよね。
sP1300088.jpg

なんとな~く1~2週間から数日前にだれか歩いたのかな~、気のせいかな~、そんな感じもしますが、迷うことなく歩けます。
sP1300089.jpg
sP1300090.jpg

無事にコースに出れました。
sP1300093.jpg
しっかりとしたルートファインディング能力を身に着け、山の歩タリングができるようになりたいです^^

長靴を洗う場所もあって、ありがたいです。
sP1300095.jpg

山20160130下市bmp
1時間40分のお散歩でした^^

明日はルートファインディングを身に着ける練習があるかどうかはわかりませんが、雪山でお勉強してきます。
ではでは。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017