fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: バックカントリースキー > 大嵐山BC

Comment (0)  Trackback (0)

2022.12.28大嵐山山スキー。

いよいよ今年も終わりますな~。
個人的にきつかったのはやはりコロナに感染したことかな。
自分もそうだし、家族もかかって4週何にもできない日が続きましたから。
世の中的には戦争とか安部さん襲撃とか物価高とかなんかよろしくない事がたくさんあった。そんな2022年だった気がします。
でもサッカーワールドカップは良かった^^

2023年は暗いニュースより明るいニュースがあふれる。
そんな年になってほしいですね。
とりあえず個人的には山スキーもシーズンインしてからすでに5回いけてるし、この調子でガンガン攻めて2023年度もスタートダッシュ勢いそのまま失速することなく頑張ろうと思います。



さて。


大嵐山山スキーに。
クリスマス寒波の影響がいまいち地元に足りなかったので、ここは加越国境から~の大嵐山に行くことにしましたよ。
メンバーはMGさん、OMさん、私です。
林道はトレースが残っていました。

林道ショートカットは適当なところで行い、あとはルーファイしながら標高をあげていきます。
小さい沢もまだ見えているところがあって、帰りの滑走時は注意しないと。
20221228 (2)
ラッセルはくるぶしくらいかな。
降雪はここのところ期待できないと思っ最初の林道以外の箇所のトレースはほとんど残っていないくらいにリセットはされていました。
プチラッセルをOMさんと私で回しつつ、柱であるMGさんを稜線に乗り上げるちょっとメンドクサイところまで温存する作戦です(笑)

最後の仕上げは作戦通りMGさんにお任せしましたv( ̄Д ̄)v イエイ
20221228 (3)

この日終始青空が見える穏やかな天気で、ピークでも待ったりとランチタイムができ、滑走準備もこれでもかというくらい落ち着いてできましたよ。いつもこんな感じがいいのですけどね(笑)

ではドロップイン。
MGさん歓声をあげながらGO!
20221228 (4)
20221228 (5)
上部200mくらいでしょうか、雪は重たいながらもパウダーでめっちゃ楽しい♪

OMさんも。
20221228 (6)
20221228 (7)
シュプールをあげながら♪

いい斜面。こっちまで足を延ばしてよかった^^
おかわりしても良かったのですが、MGさんも私も翌日も山スキーだし、OMさんも多少の疲れもあるよう。雪質もそこまで良いかと言えばそうでもないのでここはあっさり撤収しましたよ。

中盤以降モナカに(涙)
気温が高めなんだろうな、、
もっと寒く雪も降ってほしい。

渡渉も。いいブリッジがあるよ。
20221228 (8)

適時ショートカットしつつ。
20221228 (1)
このあとは林道ボブスレーで。板が走って良かったです^^
お疲れ様でした~。
半日コースのいい山ですね大嵐山は。
年に一度は滑りに来たいです。
仲間に感謝m(__)m
天気もよくおしゃべりしながらの楽しい山スキーでした^^d

年内ラストの山スキーの記事をあげたかったけれど来年に持ち越しかな(汗)
それは後日。

それでは皆様。
今年一年ありがとうございました!
来年もボチボチマイペース堅持で頑張ります。
ではまた。
良いお年を!!
スポンサーサイト





Category: バックカントリースキー > 大嵐山BC

Comment (0)  Trackback (0)

2022.1.29大嵐山山スキー。

今日も山スキー。
帰りにコンビニで泡の出るアサヒスーパードライ見つけました。
なんか得した気分。
本日は山行が終わってからもTHE・DAYでした♪



さて。



今日も山スキーということは、、、
昨日も山スキー(爆)
OMさんと大嵐山に行ってきましたよ。
20220129tmsIMG_3709

天気的に午前中は何とか持ちそう。昼から少し雪かな。

OMさんまだクトーを使った事がない。今後残雪のシーズンになるとお世話になること増えるだろうし、ここいらで使用感をつかんでもらえたらと思います。
ちょうど橋を渡った最初のちびショートカットでクトー装着。
20220129tmsIMG_3710
クラストしてカリカリだったのでちょうどよかったです。
早速使用感は掴めたようです。

林道にてクトーを外して進みます。

林道ショートカット。
20220129tmsIMG_3713
ここはOMさんに任せます。
カリカリの斜面。クトーを使わなくても踏み込めばたたき割れる感じですが、それでもクトーがあると無しでは大きく違い、早速使っていこうとなりました。
クトー装着後のOMさんがガシガシ上っていくよ。

ここはクトーいらない。
20220129tmsIMG_3715

以前に581さんと上った時は林道を最後までショートカット気味に詰めて稜線に出てからP1017経由でピークを目指しました。稜線から行くと一部急で上りずらい場所があったことを覚えています。
今回はP673すぎくらいから直で稜線の等高線の詰まった適度な場所を狙います。
トレースも残っていましたが、利用するとこは使いつつも、自分たちで地形図とコンパスを使いGPSで時々確認しながら上っていきましたよ。

稜線に乗り上げるちょっとカリカリ急斜面はお互いにクトーが大活躍でした。

もうちょっとでピーク。
20220129tmsIMG_3716

ラッセルがあってもちびラッセル程度なのもあり、充分に時間に余裕をもってピークに。
前も大嵐山の看板(小さいと思われる)が見つからなくて、今回もGPSでピークを確認し周囲を探すけれどやっぱり分からない(涙)
しょうがないので自分たちで雪面に書いてみた(笑)
20220129tmsIMG_3723
ちょっとわかりにくいけど(笑)

OMさん曰く心身ともに美しい人には白山もしっかり見えるとのこと。
20220129tmsIMG_3724
ならば、お互いバッチリやんね(爆)

ガスがあったりするものの、雪も降っておらず風も穏やか。
久しぶりに滑走準備も余裕をもってできました。
20220129tmsIMG_3726
いざ滑走。

中々の良パウ。
20220129tmsIMG_3733_Moment
たまに固い雪面も混じったりするものの、条件は良いです。
お互いに動画を取り合いながら200m程落としました。
雪の良かったし天気も青空はないだけで問題ないし、ここは当然おかわり(笑)

OMさんもおかわりに慣れた模様(笑)
20220129tmsIMG_3734

第2ラウンド。
20220129tmsIMG_3737_Moment(2)
s20220129OMOINW6465_Moment.jpg
楽しい♪
頑張って登ってもあっという間にお楽しみタイムは終わってしまいますね~。
でもまあまあ良い感じのパウを頂いたし、今回はノーシュプールの雪面だったしよしとしましょう。
ではボチボチ下山。

落とすにつれ雪は悪くなるのは織り込み済みなので、慎重に行きましょう。
基本上りで使ったトレースを外さないよう、少しでもいい雪質や雪面見つけてワンターンでもとどん欲に(笑)

渡渉もあったよ。
20220129tmsIMG_3741
慎重にスノーブリッジを。

ガリガリバーンが続きます。
ターンにこだわらず安全運転で帰還しました。
20220129tmsIMG_3744

お疲れ様でした~♪
20220129tmsIMG_3745
半日コースでした。
もうちょっと時間がかかるかと思っていたけど、ラッセルもほぼなしに加え、OMさんが上りも滑りも上手になってきているのでとてもスムーズでした。
お互いにルーファイの練習もしつつ今回も実のある山スキーでしたよ~(´∀`*)ウフフ
経験値アップ。天気も持ったし。

帰りに久しぶりに白峰総湯にて汗を流し帰宅。
いいお湯でした♪
今回もありがとうございましたm(__)m
ツギもよろしくお願いします。
コンパクトながらとてもいいお山で楽しかったです^^d
ではまた~。


Category: バックカントリースキー > 大嵐山BC

Comment (0)  Trackback (0)

2021.1.2大嵐山山スキー。

正月休みがどんどん減っていく事に恐怖を覚えているのは私だけではないはず(汗)
まだまだ遊び足りないです(>_<)

さて今日は581さんと大嵐山に山スキーに行ってきましたよ。
はじめて登る山、しかも山スキーですからね~。
581さんお誘いありがとうございますm(__)m

ではいってみよ~。
sP2021121020459.jpg
除雪途中でしたので、作業されている重機に乗っている方に駐車の場所をお聞きしてからスタート。

脛ラッセルくらいでしょうか、思ったより雪少なくて、ラッセル的には良かったのですが、、、
ほぼほぼ。
95%以上581さんのお世話になってしまいました(;´д`)トホホ…
林道ショートカットのとき、ちょっと自分には難しい場所があってクリアするのに時間がかかってしまった。。
こういった事がものすごく疲れにつながり、その後もひびく、、、
ラッセルしてくれている581さんに、ノーラッセルの私は全くついていくことすらできず。。
圧倒的な実力差に途方にくれました(;´д`)トホホ…

一応少しは頑張った。
s202112IMG_2372.jpg

稜線乗り上げてからの細尾根。
sP2021121020461.jpg
581さんが、ガンガン切り開いてくれますからなんとかいけたようなものです(汗)
最後の方の急登で交代、頑張ったのですが、ジグを切って登る場所・タイミングがまだまだ分かってなくて、無駄にジグ切る回数も増えこれも疲れにつながる、、、
山頂までいきたかったのですがとても。
途中交代無念。。
しかしとてもいい経験、練習になりました。

山頂GPSで確認するも、看板が分からず諦めて滑走準備。
まず鞍部まで落とします。
雪も軽く楽しい♪
斜度もあるし、まじで面白かったです^^
そこからグネグネ林道の始まり地点に向け高度を下げていきました。
沢筋をすべるところがあり、581さんは颯爽と滑っていきましたが、私は雪崩れたらどうしようとビビり気味で滑りました。
もっと大胆に滑れば良かった(>_<)
s202112IMG_2373.jpg


渡渉ポイントもありました。
s202112P1020464.jpg
581さんのアドバイスに従い慎重にクリア。

あとはトレースを基本外さないように。
林道のショートカットも最後まで残さず楽しみました^^
sP2021121020469 - コピー

ヒールフリーでクロカンぽく林道滑って帰還。
sP2021121020479.jpg
上りはまったくダメダメでしたが、滑走は面白かった(´∀`*)ウフフ
雪が軽く自分的にはとても楽しめました。
581さんありがとうございましたm(__)m

しかし歩く練習まだまだ足りません。
体力だけの問題ではなく、考えて足さばきしていかないと無駄に疲れる。。
日々努力していくしかない。
今シーズンも地道に頑張ります。

最近足の皮向けですが、テーピングしていけばここ二回のゴマンドーは大丈夫でしたが、今日はダメでした。
上りの難しい斜面(自分にとって)の繰り返しでブーツの中で足が暴れているのが分かる。、あと汗もしこたまかいてしまい、テープがずれたのだと思います。
まいったな、、
ここまでくるとブーツそのものも合わないのかな、、、
購入する時、ディナフィットの山岳レース向けの軽いやつとマエストラーレ迷ったのですよね。
フィット感はディナフィットだったのですが、滑り重視でマエストにしたのですよ。
やはりフィーリング重視すべきだったのかと思ってしまいます。
私もブーツ欲しいな、、、

ちなみにポンも見せてもらいました。
sP2021121020484.jpg
フルロッカーの破壊力。
ほ、ほしい、、、
山も山スキーもお金がかかります(汗)
働くしかない。
全てにおいてただただひたすらに頑張ろう。
ではまたです。


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2024