fc2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 県外の山 > 鳳凰三山

Comment (10)  Trackback (0)

なんとかソロプスに間に待った。 その弐

土曜の夜勤明け仕事帰り、やたらと混んでるなと思ったら、国体障スポ大会の開催式だったのですね。
国体の方も含め、せっかく地元開催なので何かしらの競技は見てみたかったのですが、なんだかんだと週末は(汗)
今から行って来いって話なんですが、ちょいと二日酔い&週末に向けての準備があるので忙しく、、、
そうそう、記事も書きあげねばならないし、あとモンハンも(笑)。
なのでしょうがないんですよ~って言い分け御免なさい(^_^;)


まあ忙しいのは事実、なので続きもサクッと書き上げます。

昨晩はやっぱりちょっと寒かった。
家帰ってから私のモンベル3番透かして見たら、肩口のあたりはダウンが薄く他の箇所によってしまっていることに気が付きました。
そりゃ~寒いわな。
均一にしたいのですが、モンベルに問い合わせしてみようと思います。
もう5年以上使っているシュラフなのでしかたないのかもしれませんね。


周りの方たちが、早出するのでうるさかったらすいませんと言われましたが、そんなことはお互い様なんですよ~という事で。
翌日は6時スタートを考えてたのですが、周りの方の用意の音で目が覚め、私もぼちぼち用意することにしました。
なんだかんだと、5時過ぎには動きだしました。

前日のうちに地蔵岳に登ってしまっているので、この日は観音岳~薬師岳~中道コースの下山というルートになります。
今更気が付いたのですが、地蔵岳経由ではなかったので、CT8時間ではなく6時間ちょっとのCTでした(^_^;)

上りは、小屋から観音岳まで、あとは基本下り基調。なので焦らなくても大丈夫なはずなんですが、まあ下りの方が実はヤバイのは、何度もここ最近の記事で書いてある通りです。
とにかくゆっくり行きましょう。

小屋からすぐの沢を渡渉して登りだすわけなのですが、いきなり渡渉後から登山道をロスト?
すぐに引き返すと、すぐうしろには先に出発したはずの、福井のご夫婦さんが。そのあとには山と道のカップルさんもいました。
みなさん、テンバ撤収してから小屋周りで身の回りの準備をされていたようです。
BDさんは、地蔵岳経由なのでさすがにいなかったです。

もう一度登山道を確認してから、テンバご近所さんたちと渡渉して登山道取り付きです。
でも、登山道はいってからも、最初の分岐があって、正規ルートが倒木があり、ほんと迷った(^_^;)
まだヘッデンなしで歩けないし、テンバご近所さんたちもいて心強かったです。
山仲間のみんなは、行動時間も長く深夜から歩きだしても余裕の方ばかりなのですが、私はやっぱり暗い道はソロでは歩けないなと思いました。
みんなすごい人ばかりです。
暗いとよくわからん(涙)

観音岳までは急登で、すぐに上着を壱枚脱いでTシャツに。
カップルさんがそこから先にいってもらい、福井のご夫婦さんは私の後をゆっくり登る感じで、ばらけていきました。
いよいよソロです。当たり前だけど。

昨日の疲れが残っており、急登を何度も休みつつ稜線に。
もうヘッデンはいりません。
s20181008PA080073.jpg
あれは以前にみんなと登った北岳です。
北岳~間ノ岳~農鳥の稜線が丸見えです。
凄い!!

振り返ってズーム。
s20181008PA080076.jpg
地蔵岳です。
今日は最高のお天気だ♪

しばしその景色見惚れました。

では行こう、もう少しで観音岳です。
s20181008PA080077.jpg
頑張れ俺。

ここまで登れば、あとはほぼ平坦です。
s20181008PA080080.jpg
気持ちのいい稜線歩き。
森林限界を突破した稜線歩きはほんと楽しい♪

雲海が凄いことに。
s20181008PA080081.jpg

観音岳到着。
先についていた、山と道カップルさんの彼氏さんが、彼女さんの写真を撮ろうとしていたので、せっかくなので私がお二人を撮らせてもらいました。
その後私もとってもらい、、、
s20181008PA080085.jpg
白峰三山をバックに。

こちらは甲斐駒。
s20181008PA080086.jpg
いや~、頑張ってきて良かった。
やればできるもんだ。
時間さえかければ、なんとかなる。
また一歩全快に近づきましたね~(´∀`*)ウフフ

凄いな~♪
s20181008PA080090.jpg
雲海からひょっこり顔をだしているのは、富士山。

白峰三山の向こうは、光岳聖岳なのかな~。
s20181008PA080089.jpg

遠く赤岳も見える。
s20181008PA080091.jpg

甲斐駒、仙丈ヶ岳。
s20181008PA080092.jpg

歩いて来た稜線も。
s20181008PA080093.jpg




絶景に見惚れつつ、まったりしたのもヤマヤマなのですが、下りが本格的になると多分時間もかかるし程程に。
カップルさんとしばし談笑してここからは、先にいきました。
彼氏さんはティートンブロスのウインドシェル、彼女さんはパタゴニアのシェルでお二人とも山と道の5ポケット半パンツにタイツ&ローカットとバシッと決まってカッコイイ。
カップルさんもそうなのですが、テンバのローカスの三テンのお兄さんたちといい、またほかの人たちといい、南アルプスはオシャレハイカーが多い気がしました。
東京ほか関東から来られる都会のハイカーさんが多いからかな。

ちなみに観音岳道標。
s20181008PA080094.jpg


では、そろそろいこう。
観音岳から薬師岳はゆる~い下りで足にも優しい。

薬師岳でも。
s20181008PA080095.jpg


夜叉神の方から登られてくるハイカー多数。
s20181008PA080097.jpg
みなさん絶景に見惚れてましたよ。


もうちょっとが足に不安がなければ、まったりしたいのですが、ここからの下りも心配なので出発。
このペースならお昼には下山できるはず。

さすがに夜叉神の方に行くようなことはなく、しっかりと中道コースに。
GPSも起動させました。

さてさて下山道なのですが、こんな感じ。
s20181008PA080102.jpg
中道コースはドンドコ沢にくらべ、ゆるいと思っていたのですが、何のことはない激下りにまったく足がついていかない(涙)

この激下りでピンチが訪れます。

今回選んだ靴は、ホカオネトゥーアアルトラなんですが、サイズがジャストすぎてつま先が当たるのですよね。
なのでいつもなら、インソールも変え、かつ靴ひもをちゃんと結びなおしてがっちり足をホールドする、また指の爪をしっかり切るなどの対策をしていたのですが、インソールは冬靴に換装したまま、指の爪を切るのを忘れていた、靴ひもすら結びなおさなかったという、痛恨のミス。
すべては自分が悪いのですが、今となっては後のまつり。

多分、骨折した右足を自然にかばう癖がついているためか、よけいに左足に負担がかかり、左足の親指がめちゃめちゃ痛い。

さらにペースダウン(;´д`)トホホ…

もうしのぐように歩くしかなかったです。ほんと反省です。

御座石。
s20181008PA080103.jpg
だいたいこのあたりで、三分の一くらいは下りてきました。

ここから下はだいぶゆるくなってきました。
中道コースはおおよそ、2000m以降から薬師山頂までは急坂ですが、2000mから下は結構ゆるい感じです。

青木鉱泉までまだ2時間45分もかかるか、、、
s20181008PA080104.jpg

なかなか幻想的かつナイストレイルです。
途中から登山口までずっとこんな感じでしたよ。
s20181008PA080105.jpg
s20181008PA080106.jpg
s20181008PA080108.jpg

登山口到着。
s20181008PA080109.jpg
途中から優しい道になって助かった、、、
左足親指しんだわ。

でもここから今度は、林道までまだ標高にして数百m下げるのですよね。
真の登山口まではまだもうひと踏ん張りあるのですよ。
s20181008PA080110.jpg

ここから先は、、、
s20181008PA080111.jpg
倒木が道を塞いでいたり、、、

長いつづら折れの道。
s20181008PA080112.jpg
林業の作業道のような感じです。

まったく長い長い道で、脚も痛いし。
あっ骨折した右足ではなく自分の不注意が招いた左足親指なのですが、たまらんかったです。
s20181008PA080113.jpg
やっと下りきった、、、


ここ水場のようにもなっていましたが、パイプからはちょろちょろとしか出ていませんでした。
細い沢の真ん中にパイプを突っ込んだ感じです。
あてにはならないかも。
あと、さすがに残念というか、怒り心頭だったのが、この水場と思われる場所のすぐそこに、白いお花がありました。
この画像の真ん中の木の裏に。
誰がしたか、またそんな白い花をじっくり確認したわけでもないのでなんともはいえませんが、これが登山者の仕業ならマジで許せんわ。

水場近くでキジウチとか真剣にやめてほしいですね。


中道コースの登山者の車と思われます。
s20181008PA080115.jpg
トイレ等の設備は見当たらなかったです。
昔はお店もあったようで、廃墟と化した建物がありました。

ここから林道にして40分程もどって、やっと青木鉱泉に。
s20181008PA080116.jpg
戻ってまいりました。
二日目のCTは、しっかり平均CT通りでした(汗)
上りもやばいですが、下りはもっとヤバイっす(>_<)
でも無事下山完了。

今回は天気も恵まれ、激混みのテンバも逆に周りの方との距離が近くなって仲良くなり、山もテンバも楽しかったです♪

正直今シーズンはアルプスという名のつくところに登ることはできないと思っていたので、本当にうれしかったです。
春山、夏山と棒に振った今シーズンですが、秋山はちょっとは満喫できました♪
実は、今週末、ここはアルプスというのかな~、もうひと遠征するのですよね~。
秋山シーズンはまだこれから、今までの分を取り戻すぞ~。

こうして鳳凰三山周回は無事終了しました(´∀`*)ウフフ

ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト





Category: 県外の山 > 鳳凰三山

なんとかソロプスに間に待った。 その壱

福井の10月の特定の日にち数日分ですが、晴天率をTVでやっていまして、たまたま見ていたのですが、60%越えでしたよ。
ものすごく良いとは言えませんが、基本晴れの日が多いであろうということですね~♪
今迄台風でつぶされていた週末分を取り戻していきたいですね。
当たりますように。


さて世間は3連休。
私の会社は祝日は関係ないのですが、そんな中、体育の日と海の日だけは休みになるのですよね。
といっても大概休日出勤なのですが、今年は出勤になりませんでした。
そんなチャンスの3連休。
数日前から計画を練っていたのですが、やっぱり台風の影響は避けられそうにない。

白山大汝か別山に行きたかったのですが、日曜の午後以降からやっと回復していく見込みと判断しました。
北アも大体似た感じか、回復が遅れるかも。
そこで台風の影響の比較的少ないであろう南アルプスに。
なかでも初心者向けとされている鳳凰山に行くことにしました。

土曜は南アルプスも台風の影響があってベストではないので、土曜は移動日に。
午前中にゆとりのパッキング。
10時半ごろに出発。
16時すぎ登山口である青木鉱泉到着。
s20181007IMG_0534.jpg
10数台の車が既にありました。
しかしどうやら私と同じ車中泊ではなく、前日からの車のようでしたよ。

3日分の駐車料金2250円(750円/D)をお支払い。
なかなか高いな(^_^;)
お風呂も外来入浴1000円だったので、入浴し、デイリーヤマザキで仕入れた大量の焼き立てパンの数品を食べて就寝。


私が最近使っている山テンによれば、土曜の夜から早朝にかけて風が強まり、日曜の9時ごろには風の影響はほぼなしの予報。
降水確率も深夜で30%以下、日曜月曜ともに晴れマークが占めている割合が高いです。
明日はいいお天気だろうな、そんなことを考えているうちにウトウトと。
クロスビーをなんちゃってフルフラットにして、専用マットをひいたわけですが、やっぱり寝心地は快適とは言いずらいですね(汗)
コンパネ一枚カットして引けば完璧だろうと思うので、ツギはそうしようと思います。

夜風が強くなったようですが、まったく気にならず、一度折れた木の枝か何かがボンネットに落ちてきてびっくり。
また深夜から続々と車がやってきたので、気になってちょこちょこめがさめてしまった。。
それでも十分寝れた方です。

6時スタートの予定でしたが、予定より早く起きたこと、また周りの登山者の方がぞくぞくとヘッデンで出発し出していることから焦り出し、予定より早く5時28分スタートでした。

そうそう今回の計画。
初日は、
青木鉱泉~ドンドコ沢登山道~鳳凰小屋テント設営~地蔵岳ピストン~鳳凰小屋テン泊。
青木鉱泉から鳳凰小屋まで行動時間でざっくり6時間強を見ています。
ドンドコ沢登山道は、途中滝が何か所かあって見どころがあります。ただかなりの急登らしい。

二日目。
鳳凰小屋発~観音岳~薬師岳~中道登山道~青木鉱泉着。
行動時間は8時間。
中道登山道は比較的緩やかな登山道らしく、急峻なドンドコ沢を上りに、下りは中道を使う周回パターンは多いそうです。

とまあこんな予定の鳳凰三山の周回です。


登山届は前日に提出済み。
では行きましょう。

正午にはテンバで設営予定なのですが、テン泊装備の方が、もう何組か出発されているの見ましてテンバいっぱいになってしまうのではと焦るな~。

風ですが、全く影響はなく今日の晴れは間違いなさそうです。
しばらく歩いて、工事用の橋を通り一つ目の滝。
s20181007PA070014.jpg
おお~なんか人工的なやなっておい!
なわけはない、立派な砂防ダムでした。

この砂防ダムまでは緩い林道です。
ここをこえてからが登山道になりますね。

マーキングやらテープもあって迷う事はなさそうですが、これが意外に分かりにくい箇所もあって、結構最初の方で右に折れるところを左にいってしまいました。
細いトラバースがあったのですが、どうもおかしい。
後続の方に聞いてみるとこれであってるんじゃない!?
となったのですが、やっぱりおかしいので、戻るとさらに後続の方が、反対側にマーキングを見つけて戻りました。
先に書いてしまうと、翌日小屋から観音岳に登るときも、いきなり登山道ロストしたし、中途半端な道のような場所もあり、また台風の影響からか倒木が道を塞いでいて分かりにくくしている個所もあったので要注意でしたよ。

序盤はとにかく延々トラバースが多くて、しかもふみ外せば確実にただでは済まないです。
s20181007PA070020.jpg
分かりにくいですが、赤線のところがトラバースで、こんな細いトラバースが長く続き、まだ足に不安を抱えている身としてはかなり難儀しました。

そうこうしているうちに今度こそ最初の滝かな。
s20181007PA070024.jpg
なんの滝かは不明、とにかくイマイチペースも上がらずテンバが心配に。
すでに何人かの登山者に道を譲っています。
ただいずれも、日帰りもしくは小屋泊装備の方のようでした。
ちなみにテン泊装備の方はもう何組か抜いてます。なのでそこは安心^^

だんだんと本格的急登になってきます。
s20181007PA070026.jpg
こんな感じで、ちょっとが大きな段差もたくさんあって、脚の状態からまじでつらかったです。
手も使ってよじ登るような段差も何度もありました。
ドンドコ沢コースは、ポールはかえって邪魔かも。

渡渉も。
s20181007PA070027.jpg

台風での雨は全く降った様子もなく、この後も渡渉箇所何個かありましたが、問題なしでした。


s20181007PA070028.jpg
s20181007PA070031.jpg
こうやって滝までの案内柱もあったのですが、急登にすっかり心も体もやっつけられて滝を見ながら優雅に登る余裕もなく全スルーです。
鳳凰小屋への登山道は、ほかにもあるわけだし、テンバ埋ったらヤバイな、、、そんな焦りもありましたし。
ペースはかなりのスローペースで、毎時300mも標高をあげていない、、、
何度も立ち止まり、水分補給。
汗も止まらない。。
水分はポーラボトルに670mℓの麦茶に、水1ℓ、ペットボトル0.5ℓ。
もしかして足りないかもしれない、、、
そんな不安もできましたΣ(゚д゚lll)ガーン

ただ追い抜かれるのは日帰りもしくは小屋泊装備の方で、逆にテン泊装備の方が、この後も何組か抜くことができたので、そこだけは安心材料でした。

この滝は登山道からちょっとだけ歩くだけで見れたので。
多分白糸の滝。鳳凰滝だったかも。
s20181007PA070033.jpg
全く滝の説明ができず、ドンドコ沢ルートの解説には程遠く申し訳ないです(汗)

これは五色の滝で間違いない。
s20181007PA070038.jpg
滝壺まで下りれるらしいですよ。
もちろん私は登山道からズームで撮っただけです(>_<)

こ、これは、、、
黒もみもみの木か!?
s20181007PA070039.jpg
なっきーさんを思い出しました(笑)

五色の滝を越えたあたりからは、登山道も緩やかになることは、地図からもGPSからも先刻ご承知。
やっと乗り切った、、、
そして見えたぞオベリスク!!
s20181007PA070041.jpg
う~ん、なんか遠い。。

まだ小屋まであるんかな。


なんどもGPS確認しながら歩きましたよ(;´д`)トホホ…

ただ道は緩やか。
s20181007PA070043.jpg
s20181007PA070044.jpg

そしてやっと着いたよ鳳凰小屋。
10時11分着。
4時間49分でこれました。
滝全部見てまわったらほぼコースタイムだな(汗)

いきなりたくさんの従業員の方からお出迎え。
ようこそ~ってとってもほっこりしましたよ♪

テンバとトイレの利用料金を支払ってテンバの説明。

この日は一年で最も混む日らしく、伺うと、海の日と、この秋の三連休は毎年激混みで、本日テン場はペグ張り縄禁止でお願いしますとのことでした。
テンバも指定です。
s20181007PA070046.jpg
今日はカミナで。
テンバは風の影響もなさそうで、ペグもよくささりそうでした。
ちなみに私は3番目の到着で、余裕でした。

私の張らせてもらった場所は、小屋裏の方で場所的に混んだ時はなおのこといい場所らしいです。
写真に写りこんでいる、カラフルなシャツの兄さんのテントはローカスギアのクフで、後からしゃべって仲良くなりました。
ザックもハイパーマウンテンギア。あとでテント内を見せてもらって、マットもテンサー確認、なかりULに振れてましたよ。

私の後ろに張っていた20代後半から30代後半くらいのイケメン&べっぴんさんのカップルのかたは、山と道の半パンを着ていて、私は今回山と道のONEだったのを見て、すぐに声をかけてくれましたよ。

とりあえず一旦コーラで乾杯だ。
s20181007PA070050.jpg

小屋はこじんまりとした感じ。
働いている方々はほんと気持ちが良い人たちばかりで好感が持てました。
小屋周りの紅葉は素晴らしい。
s20181007PA070048.jpg
この日は、定員150人にたいして、予約170人みたいでした。
もちろんテンバもこの後に激混みになります。
通路が15cm取れればいいとのことで、張り縄なんてもってのほかなんですね~(^_^;)

明日テン泊装備で三山周回するという手もあったのですが、時間も思いっきりあるし、最近お腹もゆるいので、ビールでまったりも過ごせそうもないので、予定通り地蔵岳ピストンに出発。

距離は1kmと書いてあったのですが、、、、

s20181007PA070052.jpg
ザレッザレでまあ大変。
この砂場、怖いよ、、、
滑ったらヤバイっすよ。

一歩一歩ステップ刻む感じで、まるで雪山登るような感覚で登りました。
いや~、テン泊装備じゃなくて良かった。

s20181007PA070053.jpg
景色は良い感じに見えるんですけどね(^_^;)

賽の河原か。
s20181007PA070055.jpg

明日上る観音岳(角度で偽ピークだったらごめんなさい)。
s20181007PA070056.jpg

オベリスクには登れるそうですが、私はそんな気もなく、ここでやめておきました。
s20181007PA070058.jpg
すごく疲れたけど、ソロで今年中にアルプスと名のつくところに来れたことが真剣にうれしい。。
里山からはじまって、みんなと乗鞍岳や荒島岳いって白山、そして鳳凰山と。
順調に見えますが、いまだ走ることはできず、骨の折れた脛の辺りはひびくのですよね。
最近は膝ボルトも痛いのよね(涙)
ただ足首のつまり感は結構減りました。
テーピング無しで登れるし。

とにかく。
なんだかんだと前には進んでいます。
今年は季節的にも休日的にも、もうアルプスにくるチャンスはないかもしれませんが、この調子をそのままに山には登っていこう。
来年の秋にはもっと縦走するんだと。

あれは北岳か?
ガスが晴れないかとかったけど、寒いのでやめた(笑)
s20181007PA070059.jpg


いったんテンバに帰ろう。

帰りがまあまた怖いんやわ。
鳳凰小屋から地蔵岳はみなさん、気を付けましょうね。
思ったより手ごわいですよ。

我慢できずに一本だけ。
s20181007IMG_0537.jpg
昨日デイリーヤマザキで仕入れた焼き立てパンが多すぎて、朝食べきれず4個も積んできました。
そのうちのラスクをあてに。

テンバに戻ると大盛況。
s20181007PA070068.jpg
真ん中たりあいているけど、次期うまります。
違う角度からも。
s20181007IMG_0538.jpg



私の隣もうまりました。
s20181007IMG_0539.jpg
お隣の方は、30代後半の方で、テントはBDのファーストライト。
これはポールを内側から入れるタイプで、設営の時に中が濡れにくいという利点があります。
あつぷりさんは、おなじBDでもハイライトで入り口は長辺側になりますね。
ハイライトもポール内側から入れるのかな?
今度聞いてみよう。

この方は山と道の外付けバック(9ℓ)のやつも使っていて、私も持ってるんですよと声をかけて意気投合。
仮にBDさんとしよう。
このあとも、BDさんと外でいっしょに飯食べながら、いろいろ山談義で盛り上がりました。
山は10年くらい前からやっているのですが、子供が生まれてからはなかなか行く機会に恵まれず、今年は今日を合わせても久しぶりらしいです。
テントは、ずっとファーストライトを使っており、気になる結露を聞いてみましたが、慣れればと(笑)
一度、双六のテンバで凄い雨が打ち付けて、多分耐水圧を越えたのか、水がピシャピシャと天幕を突き抜けてきたときは、テント破れたと思ったそうです。
冬山用にシングル欲しいのですが、ファーストライト良いですね~。
ただ最近はダブルでも軽いの多くて、実際、ファーストライトよりカミナソロの方が軽いわけだし、ファーストライトもかなり古いテントになるので、そろそろ革新的に新しい素材の軽量なシングルウォールがでるのではと期待しているのですが、なかなか出ませんね。

グランドシートもタイベックだったし、テーブルもカスケードワイルドとおソロでした(笑)
カスケードはあつぷりさんも使ってます。
BDさんもお子さんともたまに登ることもあって、靴はなにを履かせてましたと聞かれたので、うちはモンベルのティトンブーツ一択で、残雪の蝶も、燕もティトンブーツでいきましたと答えました。
お子さんは、上が小2で、これからどんどんついてきてくれれば、山もまた行きやすくなりますね。
うちは次女がもう来てくれんからな~(涙)

そのうち一段上のローカスギアの兄さんの横に一張り残った場所に、アライのテントのご夫婦が。

私とBDさんの話を聞いていて、あなた福井の方かい!?
と言われそうなんですよと言うと、なんとそのご夫婦の方も、福井の方でした。
結局BDさんと、そのご夫婦のかたと、ご飯を外で食べながら、みんなで山談義。
ご夫婦のかたは、キレットは三つともいかれたことあり、おやっさんの方は、西穂からジャンも制覇している方でした。
貴重な山の話をお聞かせくれましたよ。

ご夫婦も、BDさんも、山と道のカップルさんも、ローカスの兄さんたちも、みんなドンドコ沢から明日は中道で下山と同じコース取りでした。みんがみんな、ドンドコ沢きつかったですよね~っと(笑)
道を見失っている人も何人か見ましたよと言われ、やっぱり分かりにくい箇所あったんだなと。
ソロの時は特に気を付けたいですね。

こんな感じで、テント間が近くなったこともあってか、思いのほかお隣さんたちと仲良くなり楽しかったです。
お腹が弱くなかったらな~、、ビールがすすむのにな~。
そんな素敵な一日目が終了です。

明日は、コースタイムからは本日より長丁場です。
基本下りになってきますが、今は下りの方が足にひびくので、コースタイムいっぱい時間を見ておいた方がいいので遅くとも、6時には撤収完了出発しよう。
マットは南竜の時同様、山と道極薄マットに、イナ-シャの合わせ技。
ここは問題なかったですが、寝袋はモンベルの3番では、ちょっと寒くなってきました。
この時期は、シートゥーサミットのサーモリアクターもあった方が良いかな、、
そんなことを考えながら眠りにつきました。

その二に続きます。
コメクローズします。


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2023