浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 文殊山

2017.3.19文殊山。

今週も来週も土曜が仕事で、すっかりふてくされている次第ですヽ(`Д´)ノ
春山の妄想でもしながら頑張ることにします。


さて、日曜は次女と文殊山に登ってきました。
最初一人で登るつもりでしたが、一応次女にダイエットのつもりでいきます~!?
って聞くと、ついてきました。
そういうの気になるお年頃なんですね~。


二上駐車場につくと、靴を洗っているとしパパさん発見。
としパパさんは二日連続の文殊山のようです。
この季節にしか咲かないレアな花の情報を教えていただきましたよ。


この日は、ローンピーク3.0のためし履きがしたかったのですよね。
sP3190001.jpg
冬山用の靴は重たかったからな~。
さて足に羽が生えたようになっているのでしょうか。

七曲りまで行く前に、けにぃさんと奥様にお会いしました。
sP3190002.jpg
みんな大好き文殊山ですね~。
レアな花もちゃんと見てきたそうです。

次女は雪山と違って、相当楽らしく、走る!?っと何度も聞いてきました。
もともと奥ノ院まででしたが、レアな花を求めてもう少し先まで歩きますから、ほどほどにしましょう。
ローンピークの方ですが、まあ可もなく不可もなく、ただ足の裏が痛い。
これもゼロドロップにまだ慣れないからかもしれません。

とりあえず小文殊。
大杉にタッチ。
sP3190003.jpg
sP3190004.jpg

なかなかハイペースです。次女も余裕っぽい。
トラバースして奥ノ院。
小休止して橋立山に向かいます。
しかしなかなかレアな花はみつかりません。
次女がご機嫌斜めになってきました(>_<)

これはオウレンですよね。
sP3190005.jpg

としパパさんは橋立山も越えて、酒清水まで下りてまた登ってきたと思うよというと、最初は時間あったら行こうよっと言っていたくせに、花も見つからず疲れてきたのか、もう行く気はないらしい。
まったくすぐにおこになるんですよね~(^_^;)
sP3190006.jpg
sP3190007.jpg
橋立山までは来ました。
まあ戻りますか。
トレーニングにはなったし。

っと帰り道にこれ~!?
っと次女が見つけました。
sP3190008.jpg
そうそう、多分。
日がさしてると花開くんだっけか、たしかそんなことを聞いたような聞かないような。
よ~く探すと、、、
sP3190013.jpg
sP3190016.jpg
ヒロハアマナみっけ♪
たくさん咲いていましたよ。

見つからないかと思っていたので良かった。
次女も少しだけご機嫌になった(笑)
では下山。
大文殊経由。
sP3190024.jpg
この日の福井平野。
sP3190026.jpg

そうそう、こんなものコンビニで見つけたので買っておきました。
sP3190025.jpg
やるな~亀田製菓。
しかし次女は要らないって言うので食べずに下山。
今度食べよっと。

下山後は銭湯でさっぱり。
アマナも見れたし、いいモントレになりました。
ローンピークもいつの間にか、足裏の痛みもなくなって、いい感じ。
もうちょっと履きこんでいきたいと思います。

MAX標高365m(文殊山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
520m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-543m/h
積算高度 上昇(m)
645m
積算高度 下昇(m)
-667m
行動時間(休憩込)
2時間36分

まあまあかな。
この位のペースは常に維持できるようには頑張りたい。
しかしながらまあいっぱいいっぱいでありました。
雪山の成果があったかどうかは、今年も微妙(^_^;)
足に羽が生えたような感覚にはまだ達しないな~(笑)
まあぼちぼち頑張ります。
ではまた。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 文殊山

2017.2.12 文殊山

先週から全国的に天気が悪い日が続きましたね。
もれなく福井も雪雪雪。
といっても、まあこんなもんかて感じでした。

さて土曜出勤なので、貴重な週一の休み。
天気は悪いしな~、、、
そんな時はやっぱり大好き文殊山です(笑)

sP2120002.jpg

二上駐車場は、、、
sP2120003.jpg
これまたなかなかの盛況っぷり。
こんな天気でも皆さん登られるんですね。

sP2120005.jpg
雪だるまも。
ちょっと犬のおしっこかけられているのかな(>_<)

登山口分岐。
今日は半田コースの方から攻めてみましょう。
sP2120007.jpg

下りで一回使ったくらいですが、しっかりトレースはあります。
半田コースとの合流。
sP2120009.jpg
少し晴れ間も見えてきました。
いくらトレースあってもだれも通らないかと思っていたら、ご夫婦の方が前を歩かれてました。
追い抜かせていただき先を急ぎます。
小文殊の大杉にタッチしてから大文殊。

この日の福井平野はこんな感じ。
sP2120014.jpg
晴れたのも少しだけ、やっぱり曇り空です。

奥ノ院も考えましたが、今日はほかにやることがありまして。
急いで下山。

下山途中でけにぃさんとばったり。
今日はプリティーな奥様とはご一緒ではなくソロ山行でした。
しばし談笑してお別れです。
sP2120017.jpg

七曲りを過ぎたころに、、、
としパパさん登場。
sP2120018.jpg
今日はワカン装備で奥ノ院、いや~きっと橋立山まではいくな。
そんな感じでした(笑)

みなさん天気悪くても登りますね~。
私も頑張ろ~。

昼からは来週の準備とコースのイメトレ&計画。
そうなんです、来週はイベント。
遠征いってきます<(`^´)>
装備等の準備は大丈夫だとは思うのですが、山に登る体力の準備はどうだろう。
この前、皆さんとの医王山&鞍掛山から、二週間ぶりの山でしたが、イマイチ調子が出ない。
文殊山がこんなにつらかったかな~、、、
そんな感じでした(>_<)
仕事疲れだ、きっとそうだ、そういうことにしておこう。

もう少し標高のある山に登っておきたかったのですが。これでは準備不足な感も否めない(^_^;)
まあ無理なく、安全第一でいってきます。
でもな~多少は頑張らねば、ご同行してくれるPPAPいや違う、PBAP隊長に怒られる~(笑)
PBAP隊長!?
そう、彼は更なる進化を遂げパーフェクトボディを手に入れたようです。
なので略してPBね(´∀`*)ウフフ
お手柔らかにお願いしますm(__)m

ではまたです。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

2017.1.15 モントレ

最強寒波来ましたね。
雪が降るのはとっても楽しみでしたが、雪害も各地であったようですし、素直には喜べませんね。
雪かき雪下ろし、車の運転もそうですが、普通に歩くにも十分気を付けたいですね。


さて、日曜は雪が積もったと思われる文殊山の様子を見てきましたよ。

午前中は天気が悪く、山に行くこと自体迷ったのですが、お昼頃から時々太陽も顔を出したのでここは行くっきゃないと。
sP1150001.jpg
こんな天気でも、そこそこの車。
みんな大好き文殊山です。

ほんの入り口ですが、雪があるとまた違った味があって良いですね~。
sP1150002.jpg

岩清水にはつららも。
sP1150004.jpg

岩清水からの福井平野。
sP1150005.jpg
雪はまだ降る感じ。
しかし、市内の主要な道路は、ほぼほぼ雪も溶けています。
最強寒波と言っている割には、私が子供のころに比べたら、まったくへなちょこ寒波なのかもしれません。

七曲り。
sP1150006.jpg
里山でも、雪があるとまた素敵です。

小文殊の大杉にタッチ。
この辺りから雪がまた強く降ってきました。
大文殊に到着。
sP1150009.jpg
sP1150010.jpg
sP1150011.jpg
展望無し、人影もなし(>_<)
でも、ここまで来る間、下山してくる人は10人くらいはいたかと思います。
気温0℃
sP1150012.jpg
寒いっすよ(>_<)

今日はここまで。
この天候ですし、素直に下山しました。
帰りはショートカットルート。
sP1150014.jpg
左の道です。

ショートカットの方も、しっかり踏み跡ついて、とっても歩きやすいです。
sP1150015.jpg
下山途中に太陽は顔を出したのですが、駐車場につくころには雪が降り出してました。

MAX標高365m(文殊山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
568m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-879m/h
積算高度 上昇(m)
391m
積算高度 下昇(m)
-293m
行動時間(休憩込)
1時間08分

下りはめっちゃ走ったから、25分かからなかった気がします。
雪の文殊山、とっても楽しかったです。
今度は橋立山の方にも行ってみようと思います。
ではでは。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

Comment (18)  Trackback (0)

2017.1.1 新年最初のお山です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^/

さてこの正月休み。
のんびりと過ごしているわけですが、、、
何か体が重くなったような、、、
このぐうたら感が、お腹周りにしっかり跳ね返ってくるのですよね(>_<)


そうそう2016年度の目標に、体重5kgダウンを掲げていたのですが、、、
結果は、、、



未達でございますΣ(゚д゚lll)



無念。



夏休みまでは順調だったのですが、、、
そこから増えてしまい、その後は減ることもなく現状維持。
この正月休みでさらにやばいことになった気がします(>_<)
まったくあかんやつですが、この目標は今年も継続!!!!!
今年こそは頑張ります(`・ω・´)ゞ


では、切り替えまして本題に。

今年最初のお山は。


文殊山です<(`^´)>

振り返ったら、昨年もそうでした(笑)
いや今年は、長女の高校受験がありまして、文殊の知恵を長女に授けていたたごうと、次女三女と元旦登山をするつもりでしたが、なんと嫁さんも参加すると言いまして、長女を除く親子登山となりました。

6時20分ごろだったか、まだ二上駐車場は真っ暗で、しかも満員御礼。
なんとか一台車を停めるスペースを見つけて出発。
雨のしとしと降る中、ヘッデンを付けて歩きだします。
sP1010270.jpg

しかしまあ、この雨の早朝に嫁さんがいっしょに登るといいですとは、これも受験を控えた長女を想う気持ちがそうさせるのでしょうね。母は強しです。


ストックを忘れるというミス(>_<)
sP1010274.jpg
私は使うつもりはなかったのですが、嫁さんのことを忘れていました。
なので、適当な木を拾って。
出発の時に言ってくれれば、二上登山口にいい感じの杖やら常備されているのですけどね(^_^;)

足元はぐちゃぐちゃ、長靴必須です。
sP1010277.jpg
すでに下山されてくる人多数で、中には登山靴や、ローカットの方もいました。
洗うのが大変だったことでしょう。

途中で下山中のあつぷりさん発見。
さすが隊長は早い。
ツギロウさんやとしパパさんは、どうもまだらしいです。
家族写真を撮ってもらって、あとでメールで送ってもらいました。
ありがとうございます^^

ペースはかなりゆっくりです。
山登ったりと無理すると関節が痛む嫁さんのペースに合わせて。
でも、順調に大文殊到着。
sP1010282.jpg
凄い人でしたよ(゚д゚)!
しっかり長女の祈願をさせていただきました。
よろしくお願いします。

最初、山頂で暖かいものを飲もうと思って、アカン子(山専ボトル)にお湯入れてきたのですが、雨降っていたし、山頂で休憩することもないと思っていたので、車においてきましたが、山頂についたころには止んでおり、何人かのかたは、おもちを焼いていたり、ちょっとした朝ご飯を作っていたりと、正月気分満載な感じ。
しまった、まったりコーヒー位は持ってくるべきでしたよ。

私はここで下山でも良かったのですが、次女三女は奥ノ院へのリクエスト。
嫁さんの体調も悪くないようなので、行くことに。

奥ノ院でもしっかり祈願させていただきました。
これで長女にはばっちり、文殊の知恵が授かったかな。

奥ノ院まで行く人はあまりいないらしく、すれ違った方一名、戻りで2名ほどでした。
大文殊には戻らず、トラバースを歩いていると、後ろからゲンジさんの声。
振り返ると、としパパさんでした。
sP1010289.jpg

そして上には何故かあつぷりさんも。
sP1010291.jpg
下山中のあつぷりさんは、登ってこられたとしパパさんに拉致されておかわりみたいでした(笑)
また、けにぃさんと奥様、それとお初になります、のぶーさんもおられました。
家族には先にいってもらってしばし談笑。
家族登山でなければ、私もおかわりしたかったのですが、また今度の機会に。
しかし、やっぱりみんな大好き文殊山ですね^^

おいついた。
sP1010292.jpg
すがすがしい朝の雰囲気になってきました。

小文殊ではtoshi0113さんご夫妻とばったり。
みんな登られてますな~(´∀`*)

このあと、三女が転んでお尻に泥がついて、プンプン(笑)
逆切れ!?怒って先に行ってしまったので、次女がフォローでついていきます。
sP1010303.jpg
私は、ゆっくりしか歩けない嫁さんについてのんびり下山。
途中、マサさんと彼女さん(奥様!?)、ここ今度聞いてみよう。
とばったり。
お二人は八ヶ岳も行くらしい。
おお~、私もチャレンジしたいです。

さてだれか忘れてやいませんか!?


ツギロウ兄さん登場。
sP1010305.jpg
おっそい(笑)
さては、大晦日吞み過ぎましたね~(笑)
もう、例のあれはないかもしれませんよ。
まだ間に合うかな~と、兄さんは登って行かれました。

さて、あれとは、、、

sP1040270.jpg
十二支の置物。
私はこれが初めてで、コンプリートするにはあと11年、文殊山元旦登山となりますね。
がんばろ~っと。

年の初めから親子登山できたし、今年もいい感じのスタートが切れました。
では、こんな感じでまったりと、ゆる~く今年も行きますね。
あらためまして、よろしくお願いします。
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

Comment (8)  Trackback (0)

2016.11.6モントレ。

2017年度の越前時代行列のお市の方役が、相田翔子さんに決まったそうです。
是非とも見に行きたいですね~。
今年の越前時代行列はたしか休出で見に行けなかったので、来年は仕事でないことを祈ります。



さて、日曜はモントレしてきました。
本当はもう少し標高の高い山に紅葉ついでに登りたかったのですが、寝坊してしまい、、、
ちょっと疲れがたまっているのですよね~。
ふー。
やっぱ睡眠が一番ですかね(^_^;)

まあ、そんな感じだったので、近場のモントレです。
その代りに、+αと行きますよ。

sPB060263.jpg
紅葉はまだ少し早いかな。

いつものように大杉にタッチして。
sPB060264.jpg

トラバースで大文殊をスルーして奥ノ院。
そしてその先橋立山に行きましたよ。
途中、鯖江方面に展望が開けて。
sPB060266.jpg
奥ノ院から先は、人がまったくいなく(この日は誰とも合わなかったです)心細さも感じますが、橋立山に向かう道はなかなか楽しいです。
sPB060267.jpg
なんかの基地?
これをこえると橋立山山頂。
sPB060268.jpg
もちろん、酒清水まで行っちゃいます。
猪のお風呂?
sPB060269.jpg
前もありました。

展望が開けた。
sPB060270.jpg
そうそう、鉄塔があって、もう酒清水はすぐのはず。
が、
あれ?
ピンクリボンはあるのですが、前にあるきたときと雰囲気が違うな~、そう思いつつ下っていくと。
sPB060273.jpg
違った場所にたどり着いた(^_^;)

酒清水より少しだけ北の方に下山。
ちょっと戻ります。
どこで道を間違えたのだろう?
sPB060275.jpg

酒清水。
sPB060276.jpg
1時間49分で到着。

しか~し、ちょっとお腹の調子がいまいち(^_^;)
このまま近くの高速西鯖江PAまで歩いておトイレ。
お昼だし、あったかいそばでも食べようかな。
sPB060277.jpg
が、まさかの財布を車におきっぱでした(涙)
仕方ないので、酒清水まで戻ってランチ。
sPB060279.jpg
トイレ休憩合わせて40分近く。
では戻ります。
sPB060280.jpg
ここで間違えたようです。
赤い矢印が正解なのですが、そのまままっすぐ黒い矢印の方向に下ってしまったようです。
前も同じ場所で迷った気がするのですが、この日はいっこも迷うことなく真っ直ぐ下ってしまった(^_^;)

sPB060281.jpg
29分で橋立山まで登り返し。
これが速いのか遅いのかさっぱりわからない。

この大きな木、主だったっけ、なんか名前がついていたようなないような。
sPB060282.jpg

sPB060284.jpg
奥ノ院まで約一時間。
これもタイム的にどうなんだろう?
かなりヒーヒーです。

大文殊お立ち寄り。
この日の福井平野。
sPB060285.jpg
sPB060286.jpg
白山は雪が積もっているような感じですね。
どうやら、この前の別山が今年の白山麓のラストになってしまったかな。

では下山。
七曲りをすぎて二上に向かいます。
結構下ったところで、前を歩く方を抜いた際に、ゲンジさんと声をかけられまして、ふりむくと、けにぃさんでした。
お久しぶりです。
雪の富士写ヶ岳で偶然お会いしたとき以来です。
けにぃさんはプリティーな奥様と登られていました。
うらやましいですな~。
奥様と同じ趣味を共有できるなんて理想的ですね、うちの嫁さん、最近付き合ってはくれないです(>_<)
sPB060287.jpg
けにぃさん、またどこかの山でご一緒しましょうね。

MAX標高365m(文殊山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
469m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-563m/h
積算高度 上昇(m)
941m
積算高度 下昇(m)
-958m
行動時間(休憩込)
4時間16分

平均登高スピード的には、そこそこ歩けたようです。
GPS持っていたので、平均時速も見て見ようと思います。
まだつないでないけど(笑)
Xデーはかなりハードな山行が予想されるので、最低このくらいのペースで歩けないとだけなんだろうな。
ちなみに今日歩いたコース4回分が初日の予定らしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
大丈夫だろうか、、、
週末もトレーニングしてきます。
ではまたです^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017