FC2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 文殊山

Comment (0)  Trackback (0)

2021.6.23モントレ。

最近ガリガリ君グレープフルーツ味に、はまっております<(`^´)>



さて。


今日は平日お休み。
目覚ましはかけていないのですが、無駄に早起きしてしまった。
しょうがない。
会社の同僚にすすめられた呪術廻戦の動画を見てからゆっくり目のスタートで久々の文珠山。

七曲りをこえてしばらく進むと。
懐かしい方にばったり。
ほんと元気そうで何よりです。
息子さんR君もお初でした。パパに負けない山男になるかな~^^d
s2021623IMG_2717.jpg
マサさんの奥様とご長男Rくんでした~♪

近況などを話していると、これまたお久のとしパパさんも。
ちょうど今としパパさんの話をしていたんですよ(笑)
しばし談笑後、上られてきたとしパパさんと大文殊に。
下山途中の奥様とR君とはお別れです。また落ち着いたら皆で呑み(山じゃないんかい笑)行きましょうね~。

s2021623IMG_2718.jpg
奥の院行って大正寺まで下りてから二上戻ろうかなと思っていたのですが、せっかくなのでとしパパさんとゆるりとそのまま下山することにしましたよ。
コロナのワクチン接種のこととか近況など。色々話をしながら。
みんな元気で何よりです。
私も何とかボチボチとやっておりますぞ(`・ω・´)ゞ

ワクチンが仮に全国民にいきわたったとしても、もしかしたら以前のような社会には戻らないかもしれない。。
ですが、必ず好転していくと信じて頑張ろうと思います。

明日もお休み。
今日よりは明日のほうが天気がよさげなので、明日は白山か別山でも行ってこよっと。
ではでは。
スポンサーサイト





Category: キャンプ・山道具等

Comment (0)  Trackback (0)

雨降りだし自己メンテと道具メンテでも。

ワクチン接種についての書類が届いておりました。
基礎疾患の有無の確認と、それに伴う優先接種についての内容。該当しないので関係はなかったのですが、いよいよワクチン接種が近づいてきた感があります。
接種については、一抹の不安はあるけれどするつもりです。
ですが、もしか接種しないという選択もあり得る。。



さてさて。


今日はお休みでしたがあいにくの雨模様。
三の峰・別山。または別当まで開通したことだし白山もそろそろ登りたいなと思っていたのですが、雨でそこまで登るモチベーションがわきません。長い夜勤週からの休みはまったく元気がないのですよね(>_<)
ちょっとさぼって自己メンテにしようっと。

お風呂&整体。この整体は大失敗、、痛いだけで全然よくなかったです(涙)この店は次はないな。
自己メンテはイマイチな感じで、疲れを残したまま明日日曜からまた仕事になるな~(-_-;)

この前の沢登りで沢ザックとしてリニューアルしたバークハウスのフリーフロー30。長い間使っていなかったこともあってか経年劣化?腰ベルトを締めた際バックルが破損したのですよね。山行中は何とか持ちましたが。
s2021P6190002.jpg

ベルトの幅みるとモンベルで同じ幅の変えバックルがあったので購入して付け替えました。
ここが抜けない(>_<)
s2021P6190003.jpg
どう頑張ってもベルトの折り目がバックルを抜けないのでバックルそのものを破壊してやりましたよ。

付け替え完了。
s2021P6190005.jpg

我が家の上高地小梨平テン泊専用機。ステラリッジ4型のポールのコードが伸び伸び。直すのも伸び伸びだったのでこの機会にやっとテンション調整。

こんなにコード余る。
s2021P6190007.jpg

適当にぶった切って。
s2021P6190008.jpg
付けなおし。
バッチリうまくいきました。次伸びたらコード自体交換かな。
その後は山道具の整理をしたり、鬼滅の刃「無限列車編」のブルーレイを見たりとダラダラと。

でもまた来週は半ばに休みがあるので、その時はちゃんと山いこうと思います。
が、
なんか天気悪そう、、、
北陸とっくに梅雨入りしたと持っていたら、ついこの前からだったのですよね。
早く梅雨が過ぎ去ってほしいです。
ボチボチと頑張ろう。
ではでは。


Category: 沢登り > 越山

Comment (4)  Trackback (0)

沢登りデビュー戦&激藪県境歩き。

iPhone12にしてからPC側からアイフォン側、またその逆もなんですが画像を転送するのに苦労しております。。
また小一時間ほどPCと格闘していました(涙)


さて。


昨日日曜は特殊勤務体制になってからの貴重な日曜休み。
ばっちりタイミングあって、6月の例会山行に参加してきましたよ。
今回は福井岐阜県境の越山。
沢班7名と藪班4名とにわかれてスタート。山頂である越山にて合流という計画です。
もちろんわたくしは沢班にエントリー。
決して、、、げ、激藪にびびったわけではありませんから(汗)

ではいってみよう。
福井某所に集合。途中大野某所でも待ち合わせして、二台で目的の越山登山口に向かいます。
といっても登山口などないけれど(爆)

まず温見峠から越山を目指す藪班スタート。

現地直で来られた杉魔人さんと合流し、そこから7名の沢班はMGさんと私の車で下山予定ポイント付近に一台を駐車し、もう一台で入渓ポイントに向かいます。
2021sP6130459.jpg
皆さん準備万端です。
私は初ハーネス。購入時家でつけ方を練習したのですが、イマイチもたついてHCさんに教えてもらいました(>_<)

いよいよ沢デビュー戦スタートです。
2021sP6130461.jpg
一般登山しかしていなかったので登山道ではない沢の中を歩くのは勿論初めて。探検している感覚がぐっと上がりますね^^d

とりあえず小っちゃい滝。
2021sP6130464.jpg
これは余裕でクリア。

堰堤脇から上り、堰堤から降りるポイントにトラロープがありました。すごく助かります。過去に沢登に来られている方、もしくは釣り人なんかが設置したのでしょう。
2021sP6130467.jpg

沢登りだからといって、常に沢の中を歩くわけではなく(当たり前か)歩きやすい場所を見つけて歩きます。
それが水の中か石や岩の上かというだけです。沢靴を履いているので勿論沢の中でも滑りにくいとは思ってますが、なんせ初めて故に慎重に。

このような場所もバシバシと。
2021sP6130476.jpg

割と最初のほうで大き目の滝が現れました。(私にとって)
画像はHCさん提供m(__)m
2021614hcIMG_2700.jpg
水も流れていますし、見た目以上に簡単に上れません。MGさんがそこはサクサク上って行かれました。

私が二番手に上ってみたのですが、ちょうど画像のMGさんの右足のとこまで上がった場所からどうあっても上に行けない。
上からMGさんがロープを放ってくれました。
しかしそのロープをもらっても中々上がれず、いったん下おりるかろMGさんに言われましたが、もうちょっとで行けそうだったので気合で上りました。

その後MGさんのロープを使って皆さんが上ってこられます。
2021sP6130478.jpg
HCさんとBT師匠はロープ使わず上ってこられました。
あとでHさん、Tさんに教えてもらったのですが、ロープの使い方がそもそもが間違っていたようです。
まずロープの末端を自分のハーネスと繋げて上で引っ張ってもらい常にロープのテンションは張ったままであること。
その状態で上っていかないといけない。私がしたことはロープを手繰り寄せるように片手でロープを引いて上ったので、ロープを持った片手からロープが外れたらその手繰った分だけ落下するということ。
なのでそもそもがビレイループにカラビナを確保用につけとかないといけない、そこから間違っていました。大体にしてロープとハーネスがつながっていないので、今回の場合手繰った分どころか下まで落下する。。
(私がそう理解したので間違っているかもしれません)
色々と勉強になります。
すぐカラビナをビレイループに付けました。

今回の滝、MGさんが突破したから上からロープをの放ってくれたので良かったのですが、もし誰も突破できない滝はどうするのですかとMGさんに聞いたら、高巻きしていくと。その高巻き事態が厳しかったら?と聞くとハーケン使ってロープ掛けて突破していくなど色々手はあるらしい。
道なき道を進むということは相応のスキル(体力も)が必要なのだと改めて感じます。


このくらいの優しい感じでお願いします(汗)
2021sP6130481.jpg
HCさんやJさんなんかは滝がなくて物足りないみたいです。私はデビュー戦でもあるし内心どきどきです(>_<)

冷たいけど、暑がりなのでいける(笑)
2021sP6130490.jpg

難しそうなところも、先行で上っている先輩たちのルートどりをよく見ておこう。
2021sP6130496.jpg

Jさん。
2021sP6130502.jpg
HCさんと続きます。
2021sP6130504.jpg
皆さん軽々と突破していきますが、私は結構ドキドキしつつ。
HCさんJさんは室内クライミングもいかれるようで、やっぱりクライミングしているとどこ上るかとかわかるもんなのですかと聞くと、わかったりわからなかったりとのことです。全部につながるわけではないけれど、通じる部分役に立つ部分は勿論あるようです。
ロープワークも含め勉強になるだろうしチャレンジしてみようかなと~。


沢の中ももちろん一本の本流となる沢が山頂までつながっているわけではないので、所どころ分岐となる沢にあたります。先輩たちが地図をみて正解の沢を進みます。
今回の例会山行テーマ「県境を歩く」シリーズはGPSはピンチの時以外使用禁止なので、紙地図とコンパスでルートを決めます。普段よりGPSだよりなのでほんと覚えないといけないな(汗)

心配していた滝も結局序盤のロープを使った一か所のみで、いよいよ沢細く水流もなくなってきました。
そうなる前に、沢班で記念撮影です♪
2021sP6130498.jpg
滝あれよりすごいの出てきたらどうしようとビビっていたけど、無くてよかったε-(´∀`*)ホッ
でもあればあるで頑張るんだけどね、上らなきゃたどり着けないし<(`^´)>

これはワサビの葉。
2021sP6130505.jpg
Tさんに教えてもらいました。
でも掘ってもワサビの根っこはほとんどないらしい。根っこが育つには急斜!?すぎるようです。

集合写真の後いよいよ沢枯れかと思ったのですが、また復活。しかしそれも長くは続かず最後まで滝は現れませんでした。
滝が無くてほっとしたような、もう少し攻めたいような。
でも初の沢はほんと楽しかった。このアドベンチャー感ははまる人はがっつりはまるのはわかる。山スキーにはまる感覚といっしょですな~♪

最後は道なき道。急斜面の藪を手足をフルに使って突破。MGさんがガシガシ切り開いていきます。杉魔人さんにMGさん速いっすねというと、MGさんにとってこのくらいはアスファルトを歩いているようなものなんだろうねと言ってました(゚д゚)!

ルーファイばっちりで山頂近くの稜線乗り上げて、山頂めざします。
稜線に乗り上げたところでBT師匠が藪班に無線連絡。
2021sP6130508.jpg
あと一時間ほどで山頂到着の模様。

心配していた雨も、天気予報のように小雨で推移してくれてよかった。逆に幻想的な雰囲気。
2021sP6130509.jpg
さて山頂行きましょう。
登山道!?そのようなものはない(汗)
ここからは藪漕ぎ不可避(>_<)
2021sP6130510.jpg

稜線乗り上げて10分ほどか、山頂付近に到着。三角点を探します。少し開けた感じの場所があったのでそちらをメインに探したのですが、まったく別の藪の濃い中に三角点が。
Tさんが見つけてくれました。
2021sP6130512.jpg

おっと山頂名の看板も。
2021sP6130513.jpg
TさんとJさん。
私にとっては沢を詰めて初めてとったピークになります。感無量v( ̄Д ̄)v イエイ
ふつーに嬉しい♪

あとは藪班と合流です。ランチを食べながら待ちましょう。

待ちましょう。

待ちましょう。

待ちましょう。。。

全く藪班が来る気配はありません。
無線も応答がない。
おそらく激藪に阻まれて難儀しているから無線に応答もできないのかも。
さすがに体が冷えてきました。
HCさんがツエルトをタープのようにしてくれ屋根を作ります。
しかしまだ藪班が来る気配もなく、エマージェンシーシートをJさんと私が出して皆で。
2021sP6130516.jpg
ちょっとした遭難中(笑)
待ち時間にBT師匠に今までの山行の中でピンチの時の話などをしてもらいました。
若い時に、同じ山岳会のKさんと温見峠から県境尾根の厳冬期1週間縦走のとき食料をデポした一斗缶の回収地点に中々たどり着けなかった時はまあピンチといえばピンチだったかな~っと。
一週間厳冬期ラッセルとかその時点で私なら大ピンチですよ~(゚д゚)!


やっと無線がつながりました。
激藪に難航し、しかも尾根間違いをしてロス発生まだ一時間以上はかかるとのこと。我々も山頂で一時間以上待っており、これ以上は体温低下もあるし、藪班からも山頂ではなく手前の1208ピークで落ち合う案はということになり、お互いの班が1208ピークにむ毛前進となりました。
歩ける~。

紙地図でルートを選定するBT師匠のコンパスを持つ手が寒さで震えているのをを見て、師匠最大のピンチは今回だったのではと不覚にも爆笑してしまったことをお許しください(汗)
ルートも定まりいざ出発。
2021sP6130517.jpg
最初こそ、そんな大した藪ではないよねなんて皆が言っていたけれど、、、


おっ県境の杭を見つけた。
2021sP6130519.jpg

後にも先に越山から1208ピークまでに撮った画像はこれだけ。
それほどまでに激藪。
1208の山頂直下なんか藪というより壁か!!というくらい藪に跳ね返されつつ上りましたよ(涙)
1208ピークにはすでに、藪班の4名の方が。
HKさん、TKさん、YKさん、Kさんが。こちらも2~30分ほど先について待っていてくれました。皆が寒い寒いと(笑)
TKさんにもらったドライマンゴーがチョーうまかったです(´∀`*)ウフフ
こちらのピークにはとくに三角点などもなく、皆で集合写真だけ。画像は会のFBにそうのうちあがるかな~。
藪班の皆様は、ここから激藪を突破して越山に行くより寒い思いして待っていたほうがよかったと笑っていられました(爆)
そのくらい強烈な藪でした。

沢班リーダーのBT師匠と藪班リーダーのKさんとで下山ルートを選定。
基本尾根を下るルートですが藪次第では沢にエスケープもありということになりました。
2021sP6130520.jpg

ルート間違えてトラバース尾根一つ戻ります。
2021sP6130522.jpg
下山は文明の利器(GPS)でいこっさ~と重鎮のHKさんがおっしゃっていましたが、KさんがGPS捕捉しませんとなっちゃったと言っていて笑えた。
まあまあ激しい下山という状況でも笑っていることができる安心感がここにはあります。

無事国道と並走する川に出た。
2021sP6130524.jpg
あとは国道まで藪漕ぎして乗り上げるだけです。

無事到着。
2021sP6130525.jpg
最初の予定では藪・沢合流してから越山から最短の尾根を伝って下山の予定でしたが、1208ピーク付近からの尾根で下山となったので予定の車のポイントより大きくづれています。
車のある場所より、杉魔人さんの車を置いてきた温見峠への上りのほうが距離も近いので、そこまで杉魔人さんとMGさんと3人で歩き、ほかのメンバーは下りで道路沿いを車まで言ってもらいます。我々のほうが先に杉魔人さんの車につくはずなので、杉魔人さんの車でMGさん、私の車を取りに行き途中歩いているであろうみんなを回収です。

しかしまあ、温見峠までの上りもまあまあしんどい。ショートカット藪漕ぎ&プチ沢登りもして最後まで気の抜けない濃い山行でしたよ。MGさん、杉魔人さんはやはり強かった。最後のほうはさすがにシャリバテ感がでました。

ガスガスの温見峠。
2021sP6130526.jpg
ついた~。

ここでザックの中の万が一着替え(上のみ)と履き替えようのランシュー(今回終始沢靴)に着替え、杉魔人号で車に。予想ではまだまだ皆さん車に向かって下山中のはずだったけど、すでに車の前で待っていました。
みんな強い。
私より一回り以上先輩も何名もおられるし、女性の方もいますが、皆さん誰一人遅れることなく無事完遂です。
本当に強い人たちだと思いました。

沢デビューも上々、県境歩きもできたし、激藪こぎもした。
内容もものすごく濃い、ソロでは私は絶対にしないものです。
帰りの車でも雑談に盛り上がり最後まで楽しい例会山行となりました。
ご同行の皆様には感謝です。ありがとうございましたm(__)m

勤務体制が変わったことで、適当に振休が入ったり日曜土曜が不意に、まあほぼ全部みたいなもんだけどつぶされるようなことはなく、休みの日程も最初から決まっている日曜休出以外かちっと決まった半面、週末の休みが確保しずらくなったことで師匠に鍛えていただくチャンスが減ってしまった。
また例会山行などの参加もタイミング的にも厳しいものがありますが、自分にできることを頑張っていこうと思います。
体力づくりと、エイトノットくらいは完ぺきにできるようにしておこう。
クライミングもちょっと考えてみたいともいます。
ではまたです。


Category: 福井の山 > 銀杏峰

Comment (2)  Trackback (0)

2021.6.8銀杏峰周回。

アイフォン12になったじゃないですか。
それでアイフォンの画像をPCに入れようと思ったら何かの不具合からか認識しないのよね。
一度iTunes削除して再インストールしようとしたら、PCのOSが7なもので、もうダウンロードできませんと(;´д`)トホホ…
結果10を購入。
まあそのうちしなければとは思っていたのですが手痛い出費。。
で、
インストールしようと思ったらCドライブ容量足りなくて、これまたインストール不可Σ(゚д゚lll)ガーン
四苦八苦して容量確保してやっとインストールできましたよ。
iTunesもダウンロードできてやっとすべての問題解決ができました。
なんだかんだと3時間くらいPCと格闘してましたよ(-_-;)

もう今日の記事アップはこれでいいやと思いましたが、、、そうはいかないのでさらっと書きますね。

今日は平日お休み。
明日から長めの連勤になるので午前中で下山できる奥越の山。
銀杏峰にしました。
sI202168MG_2669.jpg
数張りキャンプ場にテントもありました。
平日ではありますがキャンプブームですかね。

いつものように名松から小葉谷に下山の集会です。
しかし最初から全くイケてませんな。
足が上がらない、、、
全く前に進まんのです。疲労困憊!?なぜ!?
勤務体制が変わって間もないからか、昼勤と夜勤の切り替えが短かったり長かったりとバラバラなので体が追い付いていないのか、それとも毛勝山の疲れがまだ残っているのか、、、

途中足の重り外そうか、ポールだそうか。
迷いつつほんとフラフラで前山まで。
sIs202168MG_2676.jpg
腰を下ろして大休止。
インスティンクト忘れて心拍もわからんけどバクバクいってるからかなりのもんでしょう。
息を整え、ポールは出しました。
さすがに重りまでは外さずに。

この後は何とか持ち直しそこそこのペースで登ることはできました。それにしても弱いな~悲しい、、、

サンカヨウ(であってるよね)咲いてました。
ssI202168MG_2678.jpg

山頂には3名ほど。
どうも皆さん小葉谷側からかな。
名松からは誰とも会わずここまで来たもので。
軽く写真撮ってそそくさと。

コバイケイソウ(これもあってるよね)。
ssI202168MG_2682.jpg
ホワイトコーンのようでかじりたくなったり(笑)

小葉谷に差し掛かる頃には続々と登山が。平日でも人気の銀杏峰ですね。オオヤマレンゲはまだみたい。
名松新道は人気ないのかな!?

小葉谷登山口。
sI202168MG_2691.jpg

林道下って予定終了。
s202168IMG_2692.jpg
前にソロの方追い付いたので多分周回かな。
帰宅準備していると山頂にいたソロの方も歩いてきたので、この方も周回のようでした。
おにやんま君初投入でしたが、なんとなく効果は感じられましたよ。もうちょっと使っていこうと思います。
はっきりした時間はわからなかったけど、4時間近くはかかったかも。とにかく前半はやばかった(>_<)持ち直したからよかったけどまだまだ歩きこみが足りない模様。頑張ろうっと。

あ宝らんどいったら定休日!?しまっていてショックでした。
午後からの時間は週末の準備とPC格闘してたらあっという間に終わってしまった(涙)
明日から連勤続き。
気温もすっかり上がってきたけれど何とか踏ん張ります。
ではでは。


Category: tikit

Comment (2)  Trackback (0)

tikitで疲労抜きサイクリング!?

毛勝山からの筋肉痛が半端ない(涙)
いまだに太腿にきます。どんだけ使ってなかったんだ太腿といった感じです(>_<)
しゅ、修業あるのみ(汗)


さて。


連休二日目の木曜は疲労抜きということで文殊山でもと思ったのですが、山登りは例え里山でもぷるぷるきそうだったので、違う筋肉を使おうという事でひさびの自転車に。
tikit発進です。
前日は帰宅後爆睡で、早朝無駄に4時起き。いろいろ用意したり朝飯自分で作ってみたりして6時ごろには出発できました。

目を閉じれば4重5階の天守がみえる。。はず!?
2021sP6030459.jpg

行先は何も考えず朝倉氏遺跡かな。
堤防をひた走り、途中東郷の街中に。
いつもの河童君はこれといっておめかしはしていませんでしたね。
2021sP6030460.jpg

朝倉氏遺跡唐門。
2021sP6030461.jpg
山に比べると負荷は低い。といっても追い込んでいるわけではないので語弊があるかも。でも16インチの小径でAV20㎞以上は頑張っているつもりです。
わりと汗かいたし(^_^;)

自販機で買った珈琲飲んで帰宅。

帰りは東郷によらずすぐに堤防。
するとこんな看板が。
2021sP6030462.jpg
そうか永平寺から国道364使って周回という事もできるわけか。一度チャレンジしてみようかな。

すぐそばで。
2021sP6030463.jpg
福井ののほほんとした見慣れた風景。
まあ嫌いじゃないんですよね~。

堤防を余計に走って遠回り。40km弱ほどの距離にして帰宅しました。
久々の自転車もいいな。
連休のときは、山と翌日自転車はありですね。
あとコロナにめどがつけば、BROMPTONで見知らぬ街をポタしたいなと。

このあとは朝風呂いってからスマホをアイフォン12に機種変更。三女がアイパッド壊してしまい、あまりにも可愛そうなので私のお古にアイフォン8をあげようというのもあったので。
大きな出費でしたが仕方ない。高級コンデジを買ったと思います。
なにより三女の喜ぶ顔が見れたのでよし。末っ子には甘いな~(汗)

また数日働くと平日に休みがきますので、今週は週末日曜も仕事だけど頑張ろうっと。
ではでは。


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2021