FC2ブログ

浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 銀杏峰

オオヤマレンゲの様子見でも。

Apple WatchにヤマレコMAPに対応しましたよね。
あれって便利ですよね、ね!
ってお~い、いいな~、気になる、迷うな~、高いな~(>_<)
心拍計機能も備えているようですし。

やっぱり心拍数が数字で見れた方が良いと思ってしまいました(汗)
なので買い替えしようと検討中なのですよね、スマートウォッチってやつ。
もうちょっと考えよう、LED表示だけではイマイチだったゆえ。。


さて昨日もちゃんと山登ってきましたよ。
タイトル通りの偵察です。
なんだかんだとこのお花は確認しに今までも登っているのですよね。オオヤマレンゲ。
ではいこう銀杏峰に。

7時半きっかりのスタート。
キャンプ場前からの出発です。

しかしなんか調子がいまいち上がらない。
前回の時は心拍計つけていて、心拍あがらないようある程度抑えつつ上っていたのですが、この日は未装着。
普通に登っているつもりでも、急ぎ過ぎてしまったのか、名松新道登山口につくまでにヘロヘロ。
仁王の松につくころには、いっぱいになってしまいました(涙)
良かった、重り着けて登らんくて、、

s2019623P6230104.jpg
ブナ林に癒される。。

とりあえず前山まで。
s2019623P6230106.jpg
雨が降らないだけまし、まあ雨でも登るつもりではありましたが。
汗が半端じゃないです。
発汗と速乾の関係が他の方たちと違うので悲しい(;´д`)トホホ…
しっかり休憩をして再スタート。
前山過ぎれば、あとは何とか頑張れます。

山頂手前のオオヤマレンゲは、、、
s2019623P6230107.jpg
この小さな蕾いっこ確認。
まだ早い!?のか。

山頂は。
s2019623P6230109.jpg
ガスガス。
まあ想定内だし、秒でスルー。
2時間かかりました。

極楽平に踏み込んですぐは、、
s2019623P6230110.jpg
こんな感じ。
蕾も何個かありましたよ。

では先に。
希望の鐘ちゃんとありました。
ガイ~ンと一発。
s2019623P6230111.jpg

小葉谷の方にいつものように周回で。
s2019623P6230114.jpg
これ一個だけ開きつつあります。
もしか、もう頑張りきったあとかも。
全体的に蕾はいっぱいありましたよ。

s2019623P6230115.jpg
オオヤマレンゲの花の寿命は短いみたいですね。
3日ほど!?
日が照ってくると花開いて夜閉じる系なのですかね?
バシッと咲いているところを見たところはないのですが、時間が早いからかな。
個人的に今にも咲かんとする寸前の蕾が好きです。

爆発寸前の蕾は見れませんでしたが、もう1週間ほど早いのかもしれませんね。
詳しくないので適当なことは言えませんが(汗)
では下山。
相変わらず、小葉谷側からの登山者の方がたくさんでした。
花だけを考えたら、こちら側からの方が良いのかもしれませんね。

鉱山跡下の林道からすぐ下の登山道にササユリ(であっているかな)がたくさん咲いていましたよ。
s2019623P6230117.jpg
林道歩いてゴール。
キャンプ場に親子連れがたくさんおられました。
デイキャンプかな~。

時間は3時間37分と前回よりは速かったのでちょっとびっくりしました。
まあ下りが前回より飛ばしたからかな。
ほんと上りはグダグダでしたね。まだまだあかんわ~。
とりあえず、今のところ週一ペース以上では山登れているし、体重もこのままいけば今年こそは目標達成できそう。
今できることを、無理なく頑張りましょう。
ではでは。
今回もコメ無しで。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 文殊山

2019.6.22モントレ。

モンハンフロンティアが今年度いっぱいでサービス終了するみたいです。
いや~随分昔、1年ほどのめり込んでやっていたんですよね。
当時は楽しかったな~^^
今となってはいい思い出です。



さて、昨日は雨も怪しかったのですが、なんとか降らずに済みそうだったので、昼から文殊山だけは登っておきました。
いつもの二上に到着して用意をしていたら、としパパさんもちょうど来られたのでご一緒に登りましたよ。

しゃべりながらのペースで。
s2019622IMG_1026 (1)
大文殊到着。

せっかくなので、南井より一旦下りて、大正寺より上って下山することにしました。
ss2019622IMG_1026 (2)
南井コースを歩かれている方は少ない感じでしたね。
この南井、なんて読むのかはっきりわからなかったのですが、「なおい」と読むみたいですね。

サクッと下りてしばらく一般道を。
s2019622IMG_1026 (4)
ちょうど真正面少し左の鞍部になっているところが、岩題目の案内板がある辺りかな。

大正寺登山口。では登りましょう。
s2019622IMG_1026 (5)

百階段さえ凌げば、素敵な優しいトレイルです。
大正寺ルートに雪が降ったら、今冬はこちらも歩いてみたいです。

小文殊到着後、ちょっと寄り道して二上下山。
s2019622IMG_1026 (7)
この天気だとさすがに車は少ないですね。
私は全くわからないのですが、としパパさんのお知り合いの常連の方たくさん登られていましたよ。

としパパさんにいろいろと文殊山のレア花についてご教授いただきました。
ちょっとが遅かったレア花や、まだもう少し先に咲くレア花のことなど。
いろいろ聞いたのだけど、花の名前はなんやったかな(汗)
場所はわかったので、またトレーニングついでに見に行こうと思います。

2時間20分ほどかな、としパパさんと楽しいトレーニングができましたよ。
今度は遠征の計画もしましょうね。
ではでは。
コメクローズします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


Category: 白山連峰 > 三の峰・別山

Comment (6)  Trackback (0)

2019.6.18別山。

最短最速のアップですよ多分。
だってさ~、明日から地獄ウィークやし(涙)
天国ウィーク連休最終日。ブログ書きあげて明日からの仕事に備えます。
仕事も、、、ちゃんと頑張るぞ。


今日は上小池から別山に登ってきましたよ。
昨年は御存じのとおり右脛骨腓骨骨折により夏山シーズンは棒に振ったので別山登れていないのですよね。
それで過去記事見てみたら、上小池からは2016年以来、、、なので3年ぶりなのか(゚д゚)!
昨年どころではなかった(汗)
別山そのものは南竜からも登ったりしているので、登っていない感はなかったですが以外でした。。
怠けず頑張ろう。

4時41分上小池駐車場スタートです。
s2019618IMG_0949.jpg
これは下山してからのお楽しみ。って先にかくと下山後ペットボトルの飲みさしのお茶がっつり余ったので買わなかったけど(汗)

この時間は車はこの位でした。
s2019618IMG_0950.jpg

そう言えば久しぶりな気もするし、しなかったりもする。
一番の思い出は次女との三の峰小屋泊・別山~やっぱり。
いろいろ胸にこみ上げてくるものが。
では。
s2019618IMG_0951.jpg

本日は週末の雪!?のこともあって、足元はスポルティバ ドランゴキューブ。
アルトラでも良かったのですが念のため。
久しぶりでしたが、がっちりホールド感があって頼もしかったです。重さもあまり感じませんでした。

次女と登った時は死ぬ思いで六本檜まできたな~。
s2019618IMG_0958.jpg
三の峰待っていなさい。
1時間程で到着。割と良いペースでした。

しばらくはボーナスゾーン。
s2019618IMG_0961.jpg

こまめに小休止しつつ補給もまめに。
なかなか軽快です。
あれよあれよと剣ヶ峰。
s2019618IMG_0963.jpg
ザックを降ろして休憩します。
記憶ではここで登られてくる登山者の方に、三の峰までどのくらい!?的なこと聞いた覚えがある、、、
記事を振り返るとまだまだ第三関門、第四関門がまっている、、、だってΩ\ζ°)チーン
あの時に比べるとかなり強くなった気がしますよ、一応

まだ先があるので、無理はしませんがそこそこ頑張る。
s2019618IMG_0965.jpg
いいお天気。
画像では見えていませんが別山も実は見えていてこの時点でガスっていました。

第一イチゲちゃん発見♪
s2019618IMG_0966.jpg
うきゃ~テンションあがるわ^^

素敵。
s2019618IMG_0971.jpg
イチゲがこんなにも好きになったのは、やっぱり北岳のイチゲが圧倒的だったからかもな~。

ここまで来ると三の峰はすぐそこ。
s2019618IMG_0975.jpg
次女と登った時はもういっぱいいっぱいで、ここでもがっつり休憩しました(>_<)

小屋み~えた。
s2019618IMG_0976.jpg

別山は、、、やっぱりガスってます。
s2019618IMG_0978.jpg
でもそのうち晴れそうな気も。

ここまで2時間40分切りました。
あの時は6時間かかったみたい(-_-;)
ま、まああの時は18kgほど担いだし、今日はね、まあ水分2.5ℓ&飯、他日帰りセット、そうだな~6~7㎏位ですからね。その分差し引けばそんなもんかも。今も同じ荷物ならたいして変わらんかったらどうしよう。
まあ良いペースではありました。

別山のガスが晴れるよう、急がずペース配分しつつ上ります。
s2019618IMG_0980.jpg
これかな、としパパさんが言っていた危険なトラバースザレ場。
無事クリアです。
それにしても雪はどうやら降らなかったかな。
まったくそんな気配はなかったです。
結果論だけどアルトラで来ればよかったかな。

ガス晴れろ~。
祈りつつ、これまたとしパパさんからの宿題のハクサンコザクラ探しながら登ります。

別山平。
s2019618IMG_0984.jpg
ニッコウキスゲはまだなし。
ガスはかかったまま。

別山平抜けると。
イチゲちゃんがガンガン出てきました。
s2019618IMG_0990.jpg

この主張している黄色いお花は!?
s2019618IMG_0986.jpg
似たような黄色いお花たくさん他にもあったけど、これだけちょっとでかい気がする。

ダメだ、、、ガス濃くなってる。
s2019618IMG_0991.jpg

別山に続くビクトリーロードとイチゲちゃん。
s2019618IMG_0992.jpg

無事別山到着。
ゆっくり来たつもりでしたが、そこそこでした。
とりあえず山頂に二人組の方がおられ、その方たちもガス晴れるのまっているようで、私もがっつり大休止してまちます。
風が強いのでウインドシェルの上にホワイトランニングJKも。
這いつくばるように寝ころび、風をしのぐこと15分強。。

あきらめた(涙)
s2019618IMG_0996.jpg
これが一番ガスが晴れたときかな。
御前峰は残念ながら見る事かなわず(;´д`)トホホ…
久しぶりの別山でしたが、ガスだけは無念であります。
でも、単純に来れたことがとてもうれしい♪

あの御前峰の上にかかっている雲がなんかエヴァっぽい。
s2019618IMG_1002.jpg
めちゃめちゃ汗かきやから、汗冷えしてきたし低体温なったらいややし、なにせ自分の汗臭いのでゲーでそうやし撤収。
別山、また来ますね^^/

途中、三の峰とイチゲちゃん。
s2019618IMG_1009.jpg

寄るつもりはなかったけど、やっぱり一応。
s2019618IMG_1010.jpg
御手洗池とイチゲちゃん。
さかさ別山はまた今度。

途中でホワイトランニングJK脱いで小休止。
風がないと暑いっす。

小屋見えた。
s2019618IMG_1014.jpg
結局かなり頑張ったけどハクサンコザクラ様は見る事かなわず。。
まだ早いのかな。

結構曇ってきたし、もう鳩ヶ湯入ることで頭いっぱいなので気合で下山です。

ガシガシおります。
s2019618IMG_1016.jpg
こうやって見るとなかなかにカッコイイな。

かなりいいペースで六本檜到着。
s2019618IMG_1018.jpg
また来るね。

しかし下山は足の裏にきます。
こうやって考えるとホカオネの分厚いソールは足の裏にも優しい。
えぶり差岳の下山はまったく足裏にも影響なかったし。
でも、ソールやわらかいのですぐに痛みそうです。
決戦用だな。
基本はアルトラかな。もうだいぶ傷んで今シーズンで引退かもしれないけど。
ドランゴキューブもソール減るし、できるだけ縦走やテン泊の時しか使いたくないです。足の裏痛なるし(汗)
長女・次女同時に受験やし、今までのように予算振れないから締めるところは締めなきゃヤバイっす(-_-;)
ホカオネ トゥーアアルトラのサイズミスがなければな~、、、まだはけるだけにもったいないから近場用にしますけどね。
登山靴は来年以降まで我慢だ。

結構足の裏にひびくし、六本檜からの下りも足の置き場に気を付けながら下りました。

途中苔むした岩の上に何故かさくらんぼ。
s2019618IMG_1019.jpg
周りを見てみると結構落ちていました。
サクランボの木!?でもあるのかな。

とにかく無事下山しましたよ。
時間は7時間39分と自分としてはかなり速かったと思います。
別山でだいぶ晴れ待ちしたし、まだ上りで多少の余力はあったのでツギは7時間切れるかな~。
次女様、4年前に比べたら、とおちゃんは強くなりましたよ<(`^´)>
また一緒に山行きたいんですけどね~。全く最近は乗り気でない次女様悲しいです(涙)

例のジュースは買わずに一目散に鳩ヶ湯に。
s2019618IMG_1023.jpg
前来た時より泊まる場所で来ていてパワーアップしていました。
お風呂は以前と変わらずこじんまりとした、昭和感あふれるお風呂。
じっくり疲れを癒しましたよ。
明日から地獄ウィークゆえに。。

めちゃめちゃお腹すいていたのですが、鳩ヶ湯でなんか食べようと思って行動食途中から我慢していたのですよね。
s2019618IMG_1022.jpg
舞茸山菜天ぷらおろしそば。だったけか。
油もんが欲しかった(笑)
あと大根おろしめちゃめちゃ欲してましたよ。
おいしゅうございました。

久しぶりの別山。
しっかりお参りもできました。
ガスが晴れることはなく、ハクサンコザクラ様にもお目にかかることはできませんでしたが、それでもイチゲちゃんはピークといっても良い位元気に咲いていたしとても良かったです。
いいトレーニングにもなりました^^
明日からの仕事も頑張ろ~。
ではまたです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

2019.6.17モントレ(二上~奥ノ院~大正寺)

7月号の山と渓谷で、三人の作家が描いた槍ヶ岳・穂高岳という記事がありました。
深田久弥氏は「日本百名山」、新田次郎氏は「槍ヶ岳開山」、井上靖氏は「氷壁」。
全部持っているのですが、「日本百名山」だけは、自分が登ろうかなと思ったところしか読んでいません。
昨日一昨日みたいに天気の悪い時こそ、じっくり本を読むチャンスでもあったのですが、、、
最近本読んでないな。
雨の日に限らず、暇があったらちゃんと活字の本も読もうっと。


さて今日は軽めにモントレしてきました。
違う山に行きたかったのですが、天気も回復したばかりだし、登山道もいろいろとぬかるんでいそうだし。
文殊山なら長靴でまず大丈夫でしょうということで。

いつもの二上。
s2019P6170103.jpg
平日でもこの天気なら相変わらずの人気です。

明日ちょっとは高い山に登るかと思っているので、今日は有酸素ゾーンを意識してガツガツいかずに脂肪燃焼狙ったのですが、、、
s2019P6170104.jpg
油断すると無酸素心拍突破ゾーンになってしまいます。
ゆっくり目を狙っているのだけどな。

ガチガチに考えず、まあできるだけ抑え気味で登りました。
s2019P6170105.jpg
紫陽花。青い花は好きです。

今日の福井平野。
s2019P6170107.jpg
小休止。
奥ノ院いってから初めての大正寺コース下りてみようと思っているので、しっかり補給も。
こういうのはうれしいですね♪
s2019P6170108.jpg


奥ノ院まで行きますよ。
ここ最近胎内くぐりしていなかったので今回はちゃんと。
s2019P6170110.jpg
善人なので岩が閉まることはなかったです^^d

奥ノ院。
s2019P6170111.jpg
しかしむしむしと滝汗です(汗)
溶けるかも、、、

袋みたいな花。
s2019P6170114.jpg
ちゃんと調べないと(^_^;)

本日はここ下りてみます。
s2019P6170115.jpg
奥ノ院ピストンだけでは物足りない。でも酒清水ピストンまではしたくない。そんな時のために。

はじめてですが、なんか走りたくなるような良い感じの道です。
s2019P6170117.jpg

途中階段を下りて。鉄塔が見えてきました。
s2019P6170118.jpg

こんな場所も。
s2019P6170120.jpg
岩題目。
なんだろう!?
でも行こうとは思わないな(^_^;)
行く手を阻んでいます。

すぐに林道にぶつかりました。
s2019P6170123.jpg
一瞬林道を下るのかと思いましたが、看板が見つかって良かった。
岩題目の案内板もあって良かったです。
日蓮上人のお孫さんが、ここ文殊山に来ていたことに感動です。

しばらく歩くと谷筋を工事していました。砂防ダムかなにかかな。
無事下山。
s2019P6170126.jpg

ちゃんとトイレもあって、数台車を停める駐車場もありました。
s2019P6170127.jpg
では、しっかり補給して上り返し。

この階段、百階段というらしいですが、なかなか上り返しには萎えるなあ~。
s2019P6170128.jpg

ユリ(多分)
s2019P6170129.jpg

小文殊に戻り、天狗杉からパワー注入後、下山。
はじめての大正寺コースでしたが、とっても登りやすく素敵な登山道でしたよ。
同じ文殊山でも新しいコースだと何か新鮮です。
今度は奥ノ院から南井でおりて、大正寺から登って戻るとかもしてみたいと思います。
なかなか楽しかったです♪

明日どうしようかな~。
頑張るか、、、頑張るまいか、、、
無理せずゆっくり行こうかな。
ではまたです。
コメ無しで。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


Category: 県外の山 > 杁差岳

Comment (6)  Trackback (0)

自分的最北限更新!!

週末は結構な大雨になりそうですね。
白山には雪も降るらしい(-_-;)
地元を含め、各地に被害が及ぶことがないことを祈るばかりです。



さて事のはじめは、お仲間との吞み~の時。
最近膝を痛めていたあつぷり隊長が、トレラン大会は断念したけど山ならもういける!!
と言われたので、ちょうど週末から遠征するつもりだったし一緒に行きますかと。
どうも、その時は酔っぱらっていた(まあいつも笑)らしく、はっきり覚えていなかったらしいが。

行先ですが杁差岳。
予定ではそこから南下しつつ、2座、3座と別の山域を巡って福井に帰るつもり。
そこにあつぷり隊長がお供してくれることとなり、まあ山に登ってみて、隊長の膝のご機嫌が途中悪いようなら、三鷹のULの聖地とも呼べるお店にでも行先変えればいいかなと。
山にこだわらない旅でもいい。

さて決行の週末の天気が大荒れ予報。
しかしこれが今週の仕事ローテは天国ウィークで水木連休。
ちょうどピンポイントで天気が良かったので、強引に変更し杁差岳に絞って行ってきました。

AM7時に福井を出発。
長い長い移動です。
その距離なんと片道、、、480km(゚д゚)!
計画の段階でルートラボひいたところざっくりこの距離となり、さすがにこの距離を運転してから登る体力気力はないので前泊。
夕方に前泊予定地の関沢森林公園無料キャンプ場につくように、一般道・高速織り交ぜてできるだけ費用削減です。

それにしても新潟は長くでかい。
福井から糸魚川までの距離より、糸魚川から胎内市の登山口までの距離の方が長いんだもんな~。
そんなことを話しながら走って胎内市に。
事前に隊長が下調べしてくれたお風呂屋さんにて旅の疲れを癒し関沢森林公園に到着。
s2019613IMG_0944.jpg
ここがまあ無料キャンプ場とは思えない手入れの行き届いた綺麗なキャンプ場でした。

コンビニで晩飯購入しささやかな前夜祭。
ss2019613IMG_0941.jpg
明日は事前予習によれば行動時間14時間コースらしい。
大体登られた方のレポ見ると、10時間から14時間強って感じです。
私は昨年の骨折後から考えると初めてになる行動時間二けたコースになります。
気合入れよう!!
深夜2時起きで撤収、登山口4時スタートなので、早々と眠りにつきました。


翌深夜予定通り2時起床。
サクッと準備してお世話になった関内森林公園キャンプ場を出発。
奥胎内ヒュッテ手前の無料駐車場に移動。
3時40分スタートでした。

林道を歩くこと3km強。
足ノ松尾根登山口から登ります。
歩き出してすぐに木の根が厄介な登山道になりました。
s2019P6130057.jpg
しかもかなりの急登が続く、、、
というかほぼ全部急登と思っていいと思います(涙)

膝に不安の残るあつぷり隊長でしたが、全くそのそんなことを感じさせないいつもの登りっぷり。
ついていくのがやっとです。

姫子の峰。
s2019P6130058.jpg
ここまでくると一気に展望も広がって素敵。
先は長いし補給して出発。

こんなところもあります。
s2019P6130065.jpg
下りは膝にまともにくるし、慎重にいきましょう。
お互い無事クリア。

滝見場。
s2019P6130067.jpg
この辺りから猿の群れに遭遇。
もう登山道にうんち君トラップをガンガン仕掛けられているのでたまりません。
やつらはなかなかに賢くて、足をおきやすいような場所を狙い澄ましたかのようにトラップを仕掛けてきます。
隊長はがっつり引っかかっていました(爆)
なので下ばっかり見ながら登りましたよ。

イワウチワ。
s2019P6130076.jpg
そういえばそんな名前の花あったな~。
「イワカガミってこんなに花開くんやね。」
っと隊長にずっと聞いてましたわ(笑)
イワカガミちゃうっちゅうねんて(汗)。

雪渓も歩きますよ。
s2019P6130079.jpg

森林限界を超えてくると周りはこんな感じで。
s2019P6130082.jpg
s2019P6130085.jpg
ゼブラ模様。結構雪が残ってます。
やっぱり福井よりだいぶ北なので寒いのかな。

西の峰。
s2019P6130087.jpg
順調に来ていたのですが、この手前くらいで隊長の膝に痛みが再発。
ちょっと休憩。
痛みもすぐに治まったようで良かったです。
無理せず、下るところはちょー慎重にゆっくりいきましょう。

大石山到着。
s2019P6130092.jpg
ようやく足の松尾根は終わりです。

s2019P6130090.jpg
3時間半きってます。
なかなかハイペースでした。
ここでウィンドシェルを着込みました。風思ったよりあり一気に冷えます。
補給もして出発。

さあ~てここからがお待ちかねのご褒美タイム♪

君たちに会うために、はるばるやってきたんですよ~。
s2019P6130095.jpg
うきゃ~。イチゲちゃん祭りでさ~!!

ハクサンイチゲ咲き乱れてるんですよね~(´∀`*)ウフフ
s2019P6130110.jpg

否が応でもテンションあがりますわ~。
s2019P6130127.jpg

むむっ。撮られた(/ω\)
s20196130051_xlarge.jpg


こんなお花も。
s2019P6130131.jpg
イワウチワではない。白いのなんやったけかな~、教えてもらったんやけどな~。

めちゃめちゃスキーしたい。
s2019P6130133.jpg
s2019P6130134.jpg
もしかして山スキーも盛んなのかもしれませんね。
素敵な斜面です。

目指す杁差岳。
s2019P6130146.jpg

間違いさがし。
s2019P6130159.jpg

ピークは少し過ぎた感はありますが、まあなんとか間に合いましたよ。
s2019P6130166.jpg
s2019P6130171.jpg
鉾立峰上って下って杁差岳。

小屋前の群生。
s2019P6130183.jpg
s2019P6130186.jpg

全く前に進みませんね~(笑)
ss2019P6130187.jpg

小屋による前に杁差岳に登ってしまおう。
その前にもまだくるか。
s2019P6130193.jpg

いや~凄いよ♪
s2019P6130194.jpg

山頂。
s20196130076_xlarge.jpg
天気も良くって、歩く稜線が見渡せる素晴らしい景色を堪能中。
でも今日はイチゲちゃんデーです(笑)

戻って小屋前でランチ。
久しぶりにカップラーメンを山で食べました。
画像はないのですが、小屋はとてもきれいでトイレもあります。
トイレも綺麗でしたよ。(紙無し、純和風)

9時半ぴったりに下山開始でした。
s2019P6130203.jpg

まだ撮ります。
s2019P6130206.jpg

名残惜しいきもしたり。
ss2019P6130210.jpg

大石山までのアップダウンも問題なし。でも油断せず膝にひびくし、ゆっくり行きましょうね。

大石山からは本格的に下りに。
s2019P6130213.jpg

s2019P6130217.jpg

上りで華麗にかわしたモンキートラップですが、悔しかったのか、数をましかなり仕掛けられています。
でも踏まない<(`^´)>
隊長の膝、下りでちょっと痛みがはしる場面もあったのですが、すぐに収まって良かった。
ゆっくり慎重に。

長い長い木の根だらけの登山道がやっと終わった。
s2019P6130218.jpg
自転車が複数台。
皆さん林道は自転車ですね。私も今後を見据えてMTB探さなきゃな。

林道を歩きゴール。
奥胎内ヒュッテの自販機で祝杯のコーラ。
s2019P6130221.jpg
トラブルなく無事に下山です。

10時間ちょっとの行動時間でした。
ここ最近では最も長く歩きました。
距離的には、びっくりするほど長い訳ではないのですが、木の根急登の連続はかなり厳しく、ここいらが行動時間が長くなる一因ですな。
とにかくあつぷり隊長の膝に問題がほぼなかったのが良かったです。
私も術後行動時間二けたは初めてだったし、今回膝も心配ではあったので、新しいホカオネの靴を投入していました。
ソールの分厚いホカオネは、個人的にもトゥーアアルトラで実績があるので心配してはいなかったのですが、予想通りクッション性は抜群でした。
もちろん膝・足ともに問題なし。

帰りに胎内市のホテルで日帰り入浴。
かなり長めに。じっくり疲れを癒します。まだまだ登山が終わっただけで、このあとも長いぞ。
長岡まで一般道。
随分昔に長岡に来ることがあり、その時に長岡ラーメン背脂ちゃっちゃ麺を食べさせてもらい、美味しかった記憶があったので晩飯は長岡ラーメンに。
ググって一番上にヒットしたお店に行ってきました。
美味しかったのですが、昔の記憶とはちょっと違うな、、、私のテイストではなかったな(^_^;)

割と元気も残っており、けちけち一般道で結局新潟縦断して、富山突入してから高速で帰宅しました。
新潟の道路はとても快適でした^^

いや~今回は山もそうですが移動もロングでしたね~。
総移動距離は今までのなかで最長更新。
ソロなら車中泊ですが、仲間と一緒なら移動は経費・行動を含めできるだけ一台でいきたいし、無料キャンプ場をベースにしていろいろな山行を計画するという初めてスタイルになったとは思います。

あつぷり隊長ありがとうございました。
良い旅になりましたよ♪
イチゲちゃんも素晴らしかったし、ロングドライブも楽しかったです。
また杁差岳を含め、飯豊連峰という新しい山域にとても興味を持ちました。
標高もアルプスほどあるわけでもないのに、すかっと今から歩くトレイルが見渡せる素敵な山域。
周回もがっつりできるるようですし、またじっくりいろいろ攻めてみたいです。
ものすごくいい収穫がありました(´∀`*)ウフフ

ではまたです^^/
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2019