浪漫自走

タイヤのちっちゃな自転車のこと。歴史のこと。キャンプのこと。山のこと。日常のことでも。

Category: 福井の山 > 越知山

Comment (12)  Trackback (0)

2017.4.20オチトレ(六所山まで)

鉄は熱いうちに打て。
ブログも熱いうち(気持ちがね)にかけ。
勝手に決めました(笑)
まあ、そうではなく書ける時間があるときに書いとかないと、、、
仕事のある平日はぐったりして書けないんじゃ~(涙)
わりと最近ブログのアップが少ないのはそんな理由もあるのですよ。
ギアの事も書きたいことあるのですが。
まあ無理なくボチボチ書いていきます。


今日は休み、といっても土曜出勤の振休です。
連休が欲しい~。
そんな休みなのですが、GWまでもうあとわずか。
トレーニングもしとかないといけないし、今日はオチトレです。

今日はタイムも気にしますよ。
小川登山口7時51分登り出し。
sP4200001.jpg
越知山~六所山ピストンです。
あつぷりさんがこの前、4時間34分でピストンしました。
な~の~で~。
まあ大体安全率とって倍の9時間あればなんとかなりそうですが、それはかかり過ぎかな~。
目標は6時間。
最大で7時間以内の帰還は必須とします。

二合目。
sP4200003.jpg
もちろん登りは古道コース。
帰りは林道のつもり。
前日天気が良くなかったのか、足元は悪く下りは特に気を付けないとすべりそうでした。

四合目。
sP4200005.jpg
登り初めにシャガとかも咲いていましたが、まあスルーです。
お花はみんなと登らないとよくわからないし(^_^;)

ピンボケでしたΣ(゚д゚lll)ガーン
sP4200007.jpg
でもピンクの花は撮りたいです。
コイワカガミ。あってますよね(^_^;)

六合目。
sP4200009.jpg
これといって調子が良いわけではないのですが、悪くはない。
このペースは維持していきたい。
ふと見上げると。
sP4200010.jpg
タムシバかコブシか。
よくわかりませんが、この花は覚えた。
あっ、どっちか分からない時点で覚えてませんね(^_^;)

途中ガサガサと前方から音がしたのですが、たぶん鳥だとは思います。
でも熊鈴忘れたし、今日はこの山域には私しかいなさそうだし。
怖いのでスマホで音楽かけてテンションあげます。
七合目。
sP4200011.jpg
あ~疲れた(;´д`)トホホ…
5合目くらいからしんどさがアップ。
この後のことを考え、大体越知山山頂で最初のピークになるように、赤袋チャージ。
気合入れなおし。

八~九合目はまあゆる~いとこもあって、まずは越知神社に。
十合目。
sP4200017.jpg
sP4200016.jpg
おお~、1時間半はぎりきりました。
おもったより歩けた。
ここまで時間かかったら、切り上げようかとも考えていたのですが、これなら六所山いっても15時までには下山はできるでしょう。
いったことないけど(笑)
小休止して出発。

冬期トイレは解放されていました。
sP4200018.jpg
この鎖を乗り越えるのかな。
むこうの別山の方からのぼるのだろうか。
迷ったのですが、まあ時間はありそうだしこのまま行ってみよう。

あっ、このお地蔵さんはみんなのレポで見たことがある。
sP4200020.jpg
とうことはビンゴですね。

展望台。
sP4200021.jpg
タイムも気になるし展望台には上らずスルー。

花立峠。
sP4200022.jpg
sP4200023.jpg
sP4200024.jpg
トイレもあるのですね。
でもここはまだ冬期解除されていませんでした。
トレイルの画像は撮っていなかったですが、越知山~花立峠までの道は好きだな~♪

ちょっと疲れが出てきたが、まだいける。
sP4200027.jpg

旧花立峠とか、いや~古くから使われてきた道なのですね。

林道もあったりします。
sP4200028.jpg

展望が良かった。
sP4200030.jpg


このあたりからだんだん体力的にも精神的にも追い込まれてきた、、、
しんどー(>_<)
小六所山手前の急坂で完全に勢いを失った、、、
もう座り込もうか迷ったのですが、なんとか小六所山。
sP4200032.jpg

ここで座り込んで休憩。
奥の手を出すか。

sP4200033.jpg

えへへ~newポールです<(`^´)>sP4200034.jpg
sP4200035.jpg
折りたたみ式のカーボンポール。
SINANOフォールダーFREE 115です。
あつぷりさんはフォールダーFREE 125。なっきーさんは同じ115を所有しています。
なので間違いない一品だと思っています。
初めてのカーボンポール。
BDトレイルの今のものが片方255グラムくらい。
私のBDトレイルも同じ重さとして、二本合わせて120グラムの軽量化。
わずかといえばそうかも知れませんが、ずっと振り続けるポールの重さになりますから、多分その違いは使う距離に比例して顕著に表れるはず。

下りで使うつもりでしたが、ここでそのポールから生まれる推進力にも頼らないと六所山までいけそうにないです(>_<)

ではいこう。体冷えないうちに。
sP4200037.jpg

ポールを使ったことで、一気に楽になった。
プチ4本足走行のようなものなので、やっぱり違うわ~(´∀`*)ウフフ
ここまで温存していたので、よりそんな気も(笑)
途中登山道を遮るかのような倒木。
sP4200038.jpg

小六所山~六所山までは気合の入り方が違いまっせ(*^^)v
sP4200039.jpg
今までしんどかったのはお前が遠いからやろ。
ちょっとまっとけや~!!
完全な逆恨みです(^_^;)

ポール使ってからの上りは調子よくなった。
その勢いで六所山初制覇(*^^)v
sP4200042.jpg
2時間55分。
おお~3時間切ったし。
山頂のお社に感謝感激を伝えます。
さっき生意気いったのは、ただの勢い。気合を入れなおすためです、お許しをm(__)m

では下山。
頑張れば5時間切れるかも。
途中の林道からみえる海。
sP4200043.jpg
のんびりみていたいが、今日は急ごう。

しか~し、、、
小六所山からの急坂の下りで右膝に違和感が(>_<)
これはやばい前兆だ。
ここはトレーニング。
無理してGWにひびいたら、本末転倒。
5時間切り、、、
あきらめよう。
上りで3時間切りだし、今日はここで満足しておこう。
まずは無事下山。
ここに目標を据えなおしました。

すると、、、

遠くから人影が。
なにやら立ち止まって風景の写真を撮りだしたぞ。
顔はとっても笑顔♪

なっきーさんだ~(´∀`*)ウフフ
sP4200045 - コピー
近日中にオチトレと言っていたのは知っていしましたが、昨日モントレしてたみたいですし、オチトレ変更だと思っていました。
ここでなっきーさんと軽く話をしたことで、なん元気がでてきました^^
なっきーさんは脅威の4時間切りを狙っているそうです(゚д゚)!

もちろんその記録のお邪魔にもなるし、ここからもう一度六所山までご一緒する気合もないので私は下山。
なっきーさん頑張ってください^^/
元気をもらったことでもう少し頑張ろうー。

花立峠戻り。
sP4200046.jpg
しかし、、、
なっきーパワーもここまで、、、
やっぱり膝が痛い(;´д`)
無理は禁物、下りはふんだんにRUNを取り入れるつもりでしたが今日は無理。
安全運転に専念。
別山に立ち寄って。
sP4200049.jpg

越知神社の前。
sP4200048.jpg
あと約一時間。
一時間以内の下山は厳しいな。
無理せず下山です。

予定通り、下山の二~三合目(だったかな)の古道コースは選ばず林道コース。
sP4200051.jpg
これで5分短縮。

無事下山(*^^)v
sP4200055.jpg
5時間18分。

右膝の痛みがなければ、下りのRUNとりいれて5時間切りいけたな~、惜しい。
でもちょっと走ると、だんだん右膝びっこひいた感じになるし、ちょっとした階段も傷むししんどかった。
本番はもう少しペースをおとさないと、今の自分には無理がかかるのだろうな。

このあとは泰澄の杜でお風呂。
お風呂から上がって駐車場に着くとふたたびなっきーさんと遭遇(爆)
なっきーさんは宣言通りの4時間切り凄い!!!
なっきーさんはなにか飲み物を買いに立ち寄ったらしく、私はこのあと織田に戻ってじんべいで飯食って帰るというと、お腹へったというのでご一緒することに。
しかし!!
じんべい到着も、ランチタイムは14時までだったようで無念Orz
なっきーさんここまで戻らせて申し訳ないですm(__)m
コーラ買って解散しました。

MAX標高698m(六所山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
469m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-505m/h
積算高度 上昇(m)
1232m
積算高度 下昇(m)
-1211m
行動時間(休憩込)
5時間18分

なっきーさんに教えてもらったのだが、多分膝蓋靭帯炎じゃないかと。
なっきーさんも下山で飛ばすとたまになるらしい。
膝蓋靭帯炎か、自転車でもなんかそんなのよくなったな(>_<)
普段からのストレッチが良いらしく、検索してみてとのアドバイスをもらいました。
GWにむけ、ストレッチ取り入れて調整していこうと思います。

6時間どころか5時間切りが射程内に入った気もしたし、膝裏横の痛みは気になりますが、いいトレーニングになりました。
ではまた~^^/

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト


Category: 福井の山 > 鍋倉山・藤倉山

Comment (8)  Trackback (0)

第二回 しろべ杯!!

桜もいい感じで、春だな~。
そうは思っても、まだまだ寒いような気もしますよね。
しかしこの位が私にとってベストな気温。
年中このままで行って欲しいものです。


さて日曜はイツメンの皆様といっしょに「しろべ杯」に参加してきましたよ。

んっ!?しろべ杯とは!?
そうなりますよね。
「しろべ杯」とは、我らがAP隊長に勝るとも劣らずの勇者。しろべさんが主催する由緒正しい山イベントです。
あつぷりさんからその情報を聴き、ぜひ参加させていただきたく思い、飛び入りでみんなと行ってきました。
しろべさんが今回チョイスされたお山は、藤倉山と鍋倉山。
今庄にある山らしい。
はじめて登る山ですし、うれしさも倍増。
とっても楽しみです^^

あ、そうそう、、、、
今回も。
皆さんからの画像を多数お借りしておりますm(__)m
いつも助かっておりますよ~^^/

とりあえず今庄駅のホーム看板をバックに記念撮影。
s2017490002_xlarge.jpg
あれっ、
人数多くないですか!?
そうなんです、今回はとしパパさん、ツギロウさん、あつぷりさん、主催のしろべさんのほかに、しろべさんの山仲間である、ひろいちさんといっしーさんもご一緒なんですよ(´∀`*)
第二回「しろべ杯」は、しろべさん、いっしーさん、ひろいちさんの三人で行うところに、我々が突撃参加させてもらったわけです。
ひろいちさんといっしーさんは、しろべさんが利用されているヤマップのメンバーで、ヤマップを利用されている方々を、ヤマッパーと言うとか言わんとか。
ちなみにこの集合写真はいっしーさんからの画像提供です。

そんなヤマッパーのみなさんと、イツメンのみなさんとのコラボ企画となった「しろべ杯」スタートです。

今庄駅から登山口である湯尾峠までゆっくり歩きます。
s201749a0053_xlarge.jpg
今庄の街並みも素敵なんですよ。
天気は今一歩なんですが、防水ソックスのテストもしたかったし、逆に願ったりかなったりです。
ただ、しろべさんのゲイターやいっしーさんのワカンが気になる、、、
雪深いのか!?
ローカット非防水なのですが(^_^;)
まあなんとかなるでしょう。



藤倉山・鍋倉山の案内板を確認するしろべさんとひろいちさん。
sP20174090159.jpg
どんな山なんでしょうね~♪

一里塚跡。
sP20174090160.jpg
ということは、ここ旧北陸道ですね。
親鸞も蓮如も芭蕉も信長も秀吉も光秀公も。
み~んなここは歩いたのかな~。
そう想像するだけで胸アツですね。

湯尾峠口。
sP20174090162.jpg
いよいよ山に突入です。

イカリソウの花が赤い。
sP20174090167.jpg
猿山のイカリソウは白ばっかりでしたが、ここは違いますね~。

やっぱりみんなお花に夢中(笑)
sP20174090169.jpg
いっしーさんもばっちりお花を撮られていましたよ。

湯尾峠。
s201749a0064_xlarge.jpg
湯尾にこんな場所があったとは全く知らずちょっと興奮気味でした。
しかも、湯尾城跡もあるらしく、ちょっとお立ち寄りです。

sP20174090175.jpg
sP20174090177.jpg
郭って感じの平らな空間に当時はどのような建物があってどんな人たちが詰めていたのか想像してしまいます。

あまりゆっくりもしていられないので、ぼちぼち藤倉&鍋倉山。
いってみましょう。

s201749a0067_xlarge.jpg
ちょいちょいポケットに手を突っ込んで歩いていますが、決してイキっているわけではないんですよ。
今回パンツは「山と道」の5ポケットパンツを履いています。
これは「山と道」の夏目さんがポケットに手を突っ込んで歩くときにちょうど良いようにと、ポケットの場所を考えているらしく、実際に体感しているわけです。
ほんと良い場所にポケットがあって、気分は夏目さんなんですよ(∀`*ゞ)

まさかあつぷりさんが嘔吐するほどの激坂!?
sP20174090178.jpg
ではないです(笑)
あつぷりさんはなにやらべっぴんさんのお花を探しているようです。

山頂に行くまでにたくさんの石仏がありました。
s2017490019_xlarge.jpg
途中にある弘法寺への参道のようです。

sP20174090188.jpg
弘法寺はあの弘法大師にゆかりのあるお寺なのでしょうかね。
だから八十八か所の石仏なのかもしれません。

弘法寺をあとにして出発。
s2017490049_xlarge.jpg
ロングパンツのすそをめくり上げるのは、なっきースタイルです(*^^)v

猿山に引き続き、お花に夢中なあやしいオジサマがここにも(笑)
sP20174090196.jpg

鍋倉山山頂に向けゴーゴー!!
sP20174090198.jpg
GWにちょっとがんばるので、勢いで登ってしまいました(^_^;)
でも登りきった先は、山頂ではなかったらしい。
sP20174090200.jpg
騙しピークにやられた(>_<)
ついでにちょっと休憩です。

でもしばらくあるくと鍋倉山山頂でした。
sP20174090201.jpg

小休止しつつ。
どんどん歩きます。
地味にアップダウンしつつ、、、

雪。
sP20174090204.jpg
もしや、、、

sP20174090206.jpg
ここからは雪の上をあるくしかない。
まさかほんとに雪があるとは(゚д゚)!

としパパさんしろべさんの後に続きます。
sP20174090207.jpg
しかし、途中で道が分かり辛くなり、GPSで確認して直登で一気に夏道に合流しました。
その後しばらく歩いて山頂。

sP20174090209.jpg
到着。
藤倉山です。
三角点v( ̄Д ̄)v イエイ
sP20174090210.jpg

ここでランチタイムです。
ここまで来る途中、しろべさんがみんなにご飯まだ~とか、お腹すいた~とか言われていて面白かった(爆)
みんなの保護者、しろべさんです(笑)

まずはみんなで乾杯!!
sP20174090212.jpg
各自ノンアルビール持参です。
今後とも「しろべ杯」のますますのご発展をお祈り申し上げます^^/

鉄塔の下でランチ。
s2017490074_xlarge.jpg
雨で足元が悪いことを見越してか、イツメンの皆さんはしっかり椅子持参。
私はトレランザックで荷物もほぼなし(>_<)
予定ではアカン子にカップヌードルの予定も、トレランザックに入るには入ったのですが、シルエットがいまいちだったので却下。
お昼もおにぎりと行動食のみ。
寒かったし、これは失敗した~(>_<)

ツギロウさんの「ぶっこみ飯」
sP20174090214.jpg
「カレーメシ」の亜種のようなものでしょうか、興味津々。
sP20174090215.jpg
おじやみたいでした。
お湯が多かったのかな(笑)

ガスガスで展望はなかったものの、大人数のご飯はなかなか良いですね~。
これだけの人数で山めしも初めてでした。

では下山。
途中、燧ヶ城跡経由なんですよね~。
今庄にきて、もしか~っと思ったのですよ。
以前に三女と燧ヶ城跡には登ったことがあるのですよね。
そのときその先もっと上れば何かの山頂につくのは知っていたのですが、今回登った山がそれだとは。
まさか「しろべ杯」で登ることになるとは思ってもみませんでしたよ。

燧ヶ城跡からのJR線。
sP20174090219.jpg
ここはジオラマモードだね(笑)
まえにここまで来た時、撮り鉄の人が脚立持参で写真撮ってました。
ここは撮り鉄にも有名見たいです。

そのまましばらく気が付かず、ジオラマモードにしたままだった(>_<)
sP20174090223.jpg
としパパ兄さんとツギロウ兄さんもジオラマ。

藤倉山下山口はカタクリで有名らしいですが、まだちょっとが早かったです。
福井より少し雪深く標高も高いだろうし、その影響かな。
今週末はいい感じなのかもしれませんね。
無事下山。
sP20174090227.jpg

楽しかったのであっという間でしたよ~♪
遠足みたいで面白かった(爆)

帰りに今庄宿に寄り道。
sP20174090234.jpg
「酒蔵フェス」
sP20174090231.jpg
ちょっとが遅かったか。
でも日本酒の良さにまだたどりつけていないんですよね~。
もうちょっとまでそのうまさに目覚めそうなのですが停滞中です。

あつぷりさんとツギロウさんは焼鯖をゲットしていました。
sP20174090233.jpg

春はどこにいってもイベントも多く、ポタリングもしたくなりましたよ~。

今庄駅のパーキングに戻ってきました。
s2017490110_xlarge.jpg
お疲れ様でした~。
和気藹々と素敵な時間を過ごせました。
これもイツメンの皆様としろべさん・いっしーさん・ひろいちさんのヤマッパーの皆様のおかげです。
しろべさん、「しろべ杯」飛び入り参加させていただきありがとうございましたm(__)m
またツギもお誘いくださいね。
まったりとした山行につれて行ってください^^/

第二回「しろべ杯」完歩!!
忙しい仕事から解放され、心身ともにリフレッシュできました。
ありがとうございましたm(__)m
ではまたです^^

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 県外の山 > 猿山

Comment (8)  Trackback (0)

雪割草に会いに。

福井市も桜満開だと思うのですが、今日は雨が。
一気に咲いた分、散るのも早そう。
週末までは見ごろが続きますように。
花見するガッツがあるかは別として(^_^;)


さて天気の悪かった週末。
桜キャンプは流れましたが、かわりに違うお花を見に遠征です。
花はまだまだ勉強中で、何が何だかわかりませんが、あつぷりさんに誘われて雪割草ってやつを見に行ってきましたよ。
sP20174080001.jpg
いきなり海です。
ここは能登半島。
猿山まできました。
雪割草の群生で有名だそうです。

天気は雨、次第にくもりになる予報。
レイン装着して~の。
こんな天気ですが、足元はみんなローカット。
あつぷりさんはモントレイル。
sP20174080003.jpg

そしてこのお方もモントレイル。
sP20174080005.jpg
なっき~軍曹す(∩´∀`)∩ワーイ
sP20174080008.jpg

あつぷり隊長に加え、レジェンドなっき~軍曹か、、、
やばい、やばすぎる、この面子((((;゚Д゚))))
花を見るだけで済むのか、、、
なんか山のボリューム的に足りないし、おかわり5杯くらいするとか言っていたし、地味にあせっております(>_<)

そんな心配をしつつ登りだし、、、
しばらくして振り返ると海もいい感じです。
sP20174080016.jpg
これで晴れていれば文句なし。
でも、これでも十分。
山と海をセットとは贅沢ですからね~。

どんどん進んで、ちらほらとお花も目につくようになると、、、

sP20174080017.jpg
sP20174080018.jpg
sP20174080056.jpg
夢中になってるやん(爆)

基本今回の猿山では、終始こんな感じで心配をよそにまったりした山行でした(笑)
おめあての雪割草は花が下向いているものが多く、なかなかべっぴんさんに出会えないのですが、猿山頂上に向かうルートの分岐を過ぎると、素晴らしい群生がありましたよ。
sP20174080065.jpg
sP20174080068.jpg
地元のボランティアさんの話では、もう今年は終わりかけらしく、もう少し早ければ一面雪割草になっていたらしいです。
全体を写した良い写真がなかったので伝えづらいのですが、終わりかけと言われたこの日でも、十分に一面お花畑に見えましたが、ピークはもっとすごいのでしょうね。
来年ピークの猿山に行ってみたいと思いました。

猿山灯台をすぎ。
sP20174080077.jpg

これはエンレイソウ。
sP20174080080.jpg

おうせばしを渡ってしばらく歩くと、階段があって猿山頂上に向かう道があるらしいのですが、崩落していて通行止めらしい。
道はくるっと回って周回コースにもなっているのですが、残念ながら来る途中にあった分岐も通行止めになっていたので、今回はピークはあきらめました。
sP20174080084.jpg


ピストンして同じ道に戻るころには、すこし日も照って温かくなり、さっきまで花が開いていなかったものも目立ったのですが、すっかり可愛らしいお顔を見せてくれていました。
sP20174080098.jpg

帰りももちろんこんな感じでなかなか進みません(笑)
sP20174080144.jpg
べっぴんさを探すのに夢中なお二人。
隊長と軍曹の二人に連れられて、どんな目にあわされるかドキドキもしていたのですが、終始和やかにまた~りとお花を愛でるお散歩登山でした(´∀`*)

下山後は猿山から近いお風呂屋さんで汗を流し、次回、次々回の山行の話題でもりあがり、その後は美味しいお蕎麦屋さんをあつぷりさんが調べてくださっていて、そこに。
sP20174080152.jpg
店の名前は失念しましたΣ(゚д゚lll)
門前町の中のどこかです。

もうすっかり雪山から春山シーズンに切り替わりましたよ。
この時期はどこに登って良いのかイマイチ分かっていないので、いいお山につれて行ってもらえて良かったです^^
猿山は、福井市から180kmオーバーの距離で、おとなり石川県とはいえ、とっても遠い。
ソロではなかなか行ける距離でもないところ、あつぷりさんに終始運転していただき、ありがとうございますm(__)m
帰りの車の中では、なっきーさんと二人して睡魔にとらわれていました(^_^;)
APロマンスカーの乗り心地が最高だったから許してくださいね(笑)

近くにはNHK連ドラ「まれ」のロケ地もあったらしく、来年は観光もしっかりしつつピークな猿山に行ってみようと思いましたよ~。

ではでは^^/

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 文殊山

2017.4.6モントレ。

一気に桜が咲きましたね。
桜ポタリングまったりしたいところです。


さて、木曜は土曜休出の振休でした。
仕事疲れは相変わらずですが、そこは負けていられない。
モントレかオチトレはしておこうと思ったのですが、としパパさんに文殊山にレアなあいつが咲いている情報を頂いたので行ってきましたよ。


時間も気にして。
モントレ~ですからね。
sP4060058.jpg
9時17分二上駐車場出発でした。
30分を意識していたのですが、角原分岐で30分たってしまった(>_<)。
まあまあ速かった気がしたのですが、これが現実。
大文殊到着はさらに7分後の9時54分。
37分は多分前回よりも遅いペース。
まいった、頑張れねば。

この日の福井平野。
sP4060062.jpg

そのまま奥ノ院目指します。
で、ばっちりありましたよ(*^^)v
sP4060065.jpg
シロハナカタクリ。
目立つから、きっと皆さんも見つかると思いますよ。
お仲間の皆さんの話だと、昨年も同じ場所に咲いていたらしいです。

シロハナカタクリもみたし、撤収しますか、、、ってそうはいかない。
まだまだトレーニングは続きます。
sP4060068.jpg
橋立山。

分岐は間違えないように。
sP4060075.jpg

酒清水。
sP4060079.jpg

赤袋チャージ。
sP4060080.jpg

帰りは大文殊よらず、トラバース使って。
そうそう大文殊手前のカタクリはたくさん咲いてますよ。
sP4060085.jpg
酒清水ピストンで3時間11分でした。
後半速かったのかな、結構疲れた。

MAX標高365m(文殊山山頂)
平均登高スピード 上り(m/h)
548m/h
平均登高スピード 下り(m/h)
-589m/h
積算高度 上昇(m)
876m
積算高度 下昇(m)
-852m
行動時間(休憩込)
3時間11分

このペースをあと4倍の距離でも維持していかないとダメなのだが、そんなことできるかな、、、
トレーニングあるのみ。
意識して頑張っていきたいです。

週末はお仲間と桜キャンプの予定で休出は断っていたのですが、天候不良で別イベントになりました。
2日ともお山でしたよ(´∀`*)ウフフ
ただ、、、
ブログをアップしている時間がない。
ぼちぼち頑張ります(`・ω・´)ゞ
ではまた。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 福井の山 > 下市山

2017.4.2下市山。

早速仕事の愚痴ですが、今月はやばすぎる、、、
この分だと来月も、、、
と、とりあえず今週末の休出は回避です。
一日くらい休んだくらいでは、疲れがまったく抜けないお年頃。
なんかいい方法はないですかね~(涙)


さて、日曜はまたも下市山に登ってきました。
というのも、土曜は夜勤で日曜は明け。
そして月曜から当然仕事ですから、無理はできません。
でも週一登山は行いたいし、手軽な下市山で手を打ったわけです。

が、

それだけではありません。

今回も嫁さんが一緒に登ることになりました。
涸沢に向けて体力をつけていくぞ大作戦継続です。
まったり登って早く寝るぞ~っと。
ssimoP4020001.jpg
この日は「かたくり祭り」も重なってか、みくりや清水登山口は車で一杯。
文殊山に負けない人出です。

次女は今回はついてこず、嫁さんと二人だけです。
嫁さんのペースでゆっくりと。
ssimoP4020003.jpg

第二展望台。
ssimoP4020005.jpg
この日も素晴らしいお天気。
もう春ですね。

ssimoP4020009.jpg
休憩もそこそこに。
先週登ったからか、今回は先週に比べると楽らしい。

このみくりや清水から登ると、一番急な階段。
ssimoP4020011.jpg
それほど長いわけではないですが、こういった階段はやっぱりきついものがあるらしい。
無理なくゆっくり。

カタクリの谷。
ssimoP4020015.jpg

まったくカタクリは咲いておらず。
みつけたけど蕾かな。
ssimoP4020016.jpg
おかしいな、今週は見ごろかと踏んでいたのですが残念。
とりあえず山頂に。

山頂はカタクリ祭りの関係で登山者が多いのか、私が今まで下市山に登った中で最高のにぎわいです。
ssimoP4020020.jpg
ssimoP4020021.jpg
ここでご近所の方とお会いしてびっくり。
しばらく談笑。

私たち夫婦は周回なので、今回も金屋町の方に。
前記事で金谷と書いたのですが、金屋の間違いですm(__)m

でもこの日は、金屋のほうにそのまま下りず、分岐で「かたくりの路」のほうにいきます。
ssimoP4020024.jpg

ため池口からの登山道にぶつかるはず。
ssimoP4020025.jpg

この道、言葉で上手く表現できないのですが、私好みでなかなか楽しい。
そうこうしているうちに、カタクリ咲いていましたよ。
ssimoP4020030.jpg
こちらの方は、たくさん咲いていました。
反り繰り返りすぎて、いい感じのやつを探しているうちに。
可愛らしい花発見。
ssimoP4020046.jpg
「キクザキイチゲ」
というらしいです。
今シーズン初イチゲちゃんですね(笑)

安居城跡経由。
ssimoP4020050.jpg

無事にため池登山口に下山。
ssimoP4020053.jpg

みくりや清水口に戻ると、さらに車の台数は増えていました。
下市山も文殊山に負けない位の人気の里山です。

今回嫁さんも前回より調子よかったらしく、ツギはもう少し強度のある山、そうですね、文殊山、越知山、日野山、このあたりを登ろうかと話しました。
まあ無理なく少しずつ、私とのタイミングもあったときに登っていこうと思います。

今回も2時間ちょっとのお散歩でした。
花がたくさん咲き始めて、春山って感じ。
冬とはまた違って、楽しい季節になりましたね。
仕事疲れのストレスは週一登山で発散するぞ~。
体力そのものの疲れは、、、どうしましょう。
お風呂に浸かってゆっくり考えます(笑)
ではでは。
コメクローズです。

にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

ゲンジ

Author:ゲンジ
夏は好きですが暑いのは嫌い、寒いのはまだ耐えれる方ですが、寒すぎるとダメ、適温の幅が極端に少ないんです。。

最新トラックバック
カテゴリ
人気ブログランキング
FC2
Amazon
楽天
サマーウォーズクロック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017